TOP > 不動産売却時にかかる諸費用・税金 > 不動産売却でかかる税金はいつ払う?支払い時期について解説

不動産売却でかかる税金はいつ払う?支払い時期について解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
家と電卓

不動産売却によってかかる税金は、印紙税・譲渡所得税・住民税の3つです。

これらの他にも仲介手数料などの諸費用がかかりますが、これらは業者に支払えば良いものなので、タイミングもわかりやすいです。

不動産売却にかかる費用のまとめ

ただ、税金の中には不動産を売却してから納税しなければならないものもあるので、注意が必要です。

この記事では、不動産売却時に課される上記3つの税金をどのように納めれば良いかについて解説します。

不動産売却でかかる印紙税はいつ払う?

印紙税とは、「国が不動産売却の安全性や経済的な利益を保証しているので、その利益に預かった者に相応の負担を求める」という意味がある税金です。

具体的な納税理由がわかりにくく、国会でも必要性が議論になることの多い税金ですが、とりあえず現時点ではしっかりと支払う必要があります。

納税方法としては、不動産の売買契約時に、お互いが契約書に印紙を貼って提出することという手段がとられます。

不動産の売却代金と納税額の関係

印紙税の金額は以下の表のように、不動産の売却代金が高くなるのに比例していきます。

代金印紙税額
100万円以下500円
500万円以下 1,000円
1,000万円以下5,000円
5,000万円以下10,000円

不動産の種類によってもいくらで売れるかの相場は異なりますが、マンション・家といった物件を売る場合は、築10年前後であれば1,000万円は超えると予想できます。

自分の控えも準備するので、基本的に印紙税は2万円の負担だと考えておくと良いでしょう。

納税方法の工夫で印紙税を半額に!

印紙が貼り付けていることで売買契約書は効力を発揮しますが、この書類が必要になるのは主に買い手なので、売り手は控えをコピーで済ませることも可能です。

ただ、コピーをする分やはり効力は下がってしまいます。

不動産引き渡し後に売買契約の内容で食い違いがおきた場合などは、しっかりと印紙税が貼られている書類が信頼性は高いです。

不動産売却でかかる譲渡所得税はいつ払う?

譲渡所得税とは、不動産売却で利益が出たときに課される税金の通称です。

この税金は所得税と住民税に上乗せされるので、これら2つの税金を納めることで譲渡所得税も納税できます。

譲渡所得税の金額は以下の式で求められるので、事前にシミュレーションすることも可能です。

譲渡所得税={譲渡価格-(取得費+売却費用)

※譲渡税納付に必要な確定申告の方法・流れはこちら!

不動産売却後の確定申告の流れ!申告時期から必要書類の書き方までわかりやすく解説

物件所有年数を基準に税率が変化

不動産売却時にかかる譲渡所得税の税率は、物件所有年数が5年越えるかどうかで以下のような違いがあります。

短期譲渡所得(所有年数5年未満)長期譲渡所得(所有年数5年以上)
所得税 30% 15%
住民税 15% 5%

所有年数は不動産の取得日から引き渡した年の1月1日までを計算するので、取得日から引き渡し日までの期間が5年以上6年未満の場合は長期譲渡所得が適用されません。

多くの人が勘違いしている部分でもあるので、注意しましょう。

確定申告を忘れずに

不動産売却によって利益が発生した場合、翌年の3月15日までに確定申告をおこなわなければなりません。

確定申告を期限内にしておかないと、譲渡所得税が納められないだけでなく、遅延金が発生してしまいます。

不動産売却でかかる住民税はいつ払う?

不動産売却後に確定申告をおこなうと、その翌年6月から住民税を支払うことになります。

5月ごろに送付されてくる住民税納付書が届き次第、必要事項を記入して納めるだけです。

納税のタイミングは年4回に分けられ、6、9、10、2月の末日が期限となっています。

ただ、月の末日が土日の場合は週明けの月曜日が納期となります。

不動産売却の支払時期を知っておくメリット

不動産を売ることで新たに課される、あるいは値上げされる税金は前述の3つですが、そのほかにも国民保険料など、税金以外の費用が値上げします。

かなりの額の副収入が突然はいるので、年収を基に算出される費用は軒並み値上げすると考えておいたほうが良いでしょう。

ただ、値上げや新たに課された費用をトータルで計算するとかなりの額になってしまい、一気に準備をするのは難しいです。

そのため、納税タイミングを知っておき、効率よく資金を準備しておくのをおすすめします。

少額でも節税をしていこう

不動産売却にかかる税金・費用は少額のものもあり、これらを節約するメリットを見いだせないこともあるでしょう。

しかし、少しずつでも出費を抑えていくことが、結果的には利益を得ることにもつながります。

不動産売却は大きな利益が入る取引でもありますが、同時に多額の出費がかかるものでもあります。

そのため、少しずつ出費を減らすことがトータルの収益を増やすことになるのです。

また、大きな利益を得られるとはいえ代金が振り込まれるのは一度だけなので、翌年以降かかる費用をしっかり払うためにも節税は必要なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産の販売活動とは?活動内容・流れをわかりやすく解説
不動産売却では、売り出し後の販売活動が重要となります。宣伝、清掃といった作業は売り手でも積極的に協…
土地の価格見積もりの賢い方法を解説
土地の見積もりは、不動産会社が運営している情報サイトや国土交通省のサービスを利用するのがおすすめで…
不動産売却において抹消登記をおこなう重要性
不動産売却において、抵当権の抹消登記は必須作業よなっています。この手続きをしておかないと、ローン完…
空き家査定の注意点!遠方の空き家も自宅から査定依頼できる?
空き家査定の注意点を詳しく解説!査定前には何をすればよいのか。田舎の空き家は自宅から査定依頼できる…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2019年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…