TOP > 土地を高く売る > お墓として利用されている土地の売却

お墓として利用されている土地の売却

このエントリーをはてなブックマークに追加
お墓が密集する土地

近年、実家を離れた、仕事が忙しいという理由で先祖のお墓の管理をする時間や余裕がとれず、荒れた墓地が増えているということが大きな問題になっております。

そのような事情のためにお墓の管理ができないのであれば、お墓およびその土地を売却してしまうのが理想です。

ただ、実際にお墓とその土地を売却するときはどのような手続きがおこなわれるのでしょうか。

今回はお墓や、その土地を売却する方法や注意点を解説します。

土地を高く売るには簡単にできる5つのコツをチェック

お墓の売却時に重要な土地の“永代利用”

お墓を購入した際には永代使用権と永代使用料といわれるものが深く関係しております。

永代使用権とは墓地のもともとの所有者と契約することによって得ることができる、これから代々墓地として使用することができる権利のことです。

また、永代使用料はこの権利を得るために支払う代金のことです。

ただ、購入するのは、お墓の占有区域の土地そのものではありません。

お墓を買うというのは、お墓のその区域の土地をこれから永代にわたって使い続けていくことができる権利を購入するということを指します。

永代使用権とはどのようなものか

ただし、この墓地の所有者と購入者との間で契約によって取り扱われている永代使用権というものは、法律によって認められている権利というわけではありません。

永代使用権は、民法や公法、私法の条文には記載されていない用語です。

民法の点から考えると、永代使用権は地上権や貸借権、または使用貸借権とも考えることができます。

または、慣習上にある特殊な権利とも見ることができます。

また、永代使用権という言葉は以前から慣習として使われてきた用語です。

そのため、契約内容や規定、売却についてはそのお墓によって異なりますので、契約時には契約内容をきちんと確認することにしましょう。

永代使用権はお墓の利用状況により消滅することも

永代使用権はこれ以降永遠に保証されているものと思われるかもしれませんが、そういうわけではありません。

法的に強制力や拘束力があるわけではなく、契約にすぎませんので、契約解除や使用権の取り消しもありえます。

多くの場合、永代使用権に関して取り決めがあり、名義人がいなくなる、無断での譲渡、墓地以外の使用、そして名義人の改宗などがあった際などに永代使用権が消滅します。

お墓の土地を売却するには更地化する必要あり

万一お墓を管理できる人がいなくなってしまい、お墓を売却するなどして手放さなくてがならなくなった場合、まず前提として、永代使用権は代々受け継いでいくものになっているので、他人に譲渡したり貸与することができません。

つまり、お墓を他人へ譲渡、転売、贈与することは原則的には認められていないということです。

また、お墓はお墓として使うことしか認められていないので、例えばそこに新築物件を建てるといった行為は認められておりません。

改装などで要らなくなった墓地は、墓石を建てる前の更地に戻して、墓地の管理者に土地を返還するのが原則です。

それでもお墓を売りたい場合は所有権を購入

管理しきれなくなった墓地を売りたいという場合、その墓地の所有権の有無が重要なものとなってきます。

墓地を手放す場合、一旦墓地をもとの更地に戻す必要がありますが、このときに所有権についての契約内容をよく確認しておく必要があります。

自分がその土地の永代使用権の契約を結ぶ際に、墓地の所有権も購入していて、持っていれば土地売却ができます。

もし墓地を売りたいと考えた場合、その土地の永代使用権とは別に所有権もあるか、さらに所有権登記をおこなっているのかということをきちんと確認するようにしましょう。

永代使用料は払い戻されない

何らかの事情によってお墓が不要になってしまい、所有者に使用権を返還することになったとしても、永代使用料は原則として返還されることはありません。

基本的に、一度納めた使用料は返還されません。

そのため、使用権の取り消しなどで損にならないように注意することが必要です。

お墓の売却件数は増加の傾向

自分の家の墓地の手入れが困難になってしまった方は年々増え続けている傾向にあります。

また、お墓の管理者がいなくなってしまった無縁墓も増え続けており、大きな問題になっております。

そのような中で不要になったお墓の土地を売却してしまいたいと考えている方も多くいますが、そこには永代使用権と所有権が契約の際に分離されているため、墓地を売るためには所有権を保有している必要があります。

墓地を売りたいと考えている方は是非、墓地の所有権の有無に関して確認してみるとよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

タワーマンションの低層階を売却するポイント
タワーマンションの低層階は売却しづらいと言われています。超高層であることの良さが反映されていないの…
不動産売却において重要な抵当権について
住宅ローン付き不動産についている抵当権は、売却時に抹消する必要があります。付いたままだと引き渡しが…
名古屋のマンション売却!相場やコツは?
名古屋でのマンション売却についてまとめました!相場や、高く売るためのポイントを紹介していきます。
土地売却における仲介業者選びのポイント
不動産売却は仲介業者選びが何よりも重要ですが、土地売却は手続きが複雑なので、特に重要になります。選…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定の評判って本当のところどうなの?サイトの特徴・口コミを厳選して紹介
不動産の一括査定サービスってご存知ですか?今回はその魅力から、利用者の評判をもとに実際に利用したい…
一括査定サイトは不動産売却に必要不可欠!メリット・デメリットを一挙紹介
不動産一括査定のメリットとしては、複数業者から査定を受けられる事の他にも、地域に対応している業者を…