TOP > 不動産売却の基礎知識 > 不動産売却に関するニュースはチェックすべき?

不動産売却に関するニュースはチェックすべき?

このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産関連ニュース

住み替えから相続、あるいは離婚まで…。不動産の売却を希望する理由はさまざまだと思います。

ただひとつ言えるのは、もともと不動産に関して詳しいという方はほとんどおらず、必要に迫られながらも少しでも知識を増やそうと、本やWEB記事を通して学習しているという方が多いことです。

このときに疑問なのが、どこまで不動産について学習するべきなのかです。

平易な文章で書かれたものの他にも、不動産に関するニュースを集めた新聞やポータルサイトはいくつかありますが、こうしたものまでチェックしておくべきなのでしょうか。

詳しい不動産売却ニュースはプロの業者向け

日経BPが提供している不動産ニュースなど、タイムリーな業界情報を提供しているネット・紙媒体はいくつかあります。

不動産売却を検討しているのでこうした情報を参照して見たが、内容が難しすぎてチンプンカンプンだと言う方も多いのではないでしょうか。

それもそのはず。これらの情報は主に業者が参考にするものです。

個人でこうした情報を参照している方もいますが、その多くが投資家のはずです。

投資用不動産を売却するコツ・注意点

WEB記事は不動産初心者にピッタリの難度

このように、売買をはじめておこなう方にとって、専門的なニュースは難しすぎるどころか、目的も異なっています。

そのため、こうしたニュースを読むことが高額利益に結びつくわけではないのです。

不動産売却の成功が希望であれば、当サイトで提供しているような「不動産売却を成功に導くコツ」系の記事を読むことをおすすめします。

そもそも、売る側も素人であれば、購入する側も素人であることが多いです。

そのため、こうした知識を蓄えるよりは、買い手が喜ぶような物件の見せ方などをWEB記事を参考に考えたほうが相手の需要に応えるので、結果に繋がりやすいです。

業界ニュースと売却のコツは全く違う

当たり前の話ではありますが、業界のニュースを読んだところで高額売却のコツを知ることはできません。

そもそも、不動産売却は業界全体でいえば売買仲介業という中の更に一部での出来事であるので、業界情報を見ても売買仲介業に関する情報はあまり掲載されていません。

詳しい知識を入れるのは良いことではありますが、変に偏りがあることで失敗してしまうということも十分ありえます。

何でもそうでしょうが、知識を付けるには段階を踏まなければならないということですね。

不動産売却はニュースを読まなくてもできる?

では、不動産関連のニュースを全く調べなくても良いかというと、そうとも言えません。

例えば、2020年の東京オリンピックによって首都圏を中心に都市開発が進むが、その後は急激な少子高齢化がおき、不動産関連事業は全国的に下火となるというニュースがあります。

この内容は日本全国の業者に影響を及ぼすことでもあるので、チェックしているに越したことはありません。

ただ、自分が住んでいる地域では不動産売却が上手くいっていないというニュースがあったとしても、たまたま売ったタイミングで転居者があらわれさえすれば良いのですから、傾向を参考にするのが必ずしも良いとはいえません。

売却サービス関連ニュースをチェック

どこの不動産が購入された、売却されたというニュースは個人にはあまり関係のないことではあります。

一方、ポータルサイトや日経の紙媒体では、業界の情報として、売却斡旋する新サービスについてなども掲載しています。

たとえば、査定依頼できるアプリのリリースなどです。

このような情報は売却を検討している方の結果に直結するものですし、細心の情報を取り入れることで周辺地域の競合相手を出し抜ける可能性も高くなります。

こうしたサービス情報などを積極的に取り入れるほうが、効率は良いと思われます。

不動産売却は正に「百聞は一見にしかず」

ここまで、不動産を売る時にニュースを有効活用するべきなのかと、その方法について解説しましたが、特に初心者にとっては、そこまで役立つものではないということが分かったのではないでしょうか。

しかし、現実にはこうしたニュースのみを参考に、誰にも相談せずに売ったという方が増えているそうです。

ニュースを参照するのは非常に大事ですが、これでは労力の無駄ですし、高額利益を逆に遠ざけてしまってもいます。

複数業者へ相談すべし

不動産売却のリアルで有意義な情報をしっているのは、仲介業務を実際におこなっている業者です。

そのため、彼らへなるべく多く相談をすることが、良い結果を得るためには不可欠となります。

彼らへコンタクトをとるおすすめの方法が、一括査定サイトの利用です。

これは、物件の簡単な情報を入力するだけで複数業者へ査定依頼できるサービスとなっており、その流れで相談することもできるので、知識の習得・仲介先の見極めに役立ちますよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

後期高齢者が不動産売却をするときの注意点
後期高齢者が不動産をおこなう場合、扶養に入れない、保険料が値上がりするという二点に注意する必要があ…
家のローンが払えない場合は任意売却がおすすめ
家のローンが原因での売却なら任意売却を検討しましょう。任意売却は競売に比べて、経済的、精神的にもメ…
家を売却する期間を短縮するには?
家を査定してから売却するまで、最低でも半年くらいの期間が必要となります。どうすればより短期間でお得…
分譲マンションの1階は売れにくい!高額売却するコツを紹介
マンションは高階層のほうが人気があり、一回は売却しにくいのが一般的です。ただ、売り方に気をつければ…

おすすめ・特集記事!

【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの業者…
【完全無料】不動産一括査定サイトおすすめランキング!評判・口コミ徹底比較
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…