TOP > マンションを高く売る > マンション売却の上手なスケジュール設定

マンション売却の上手なスケジュール設定

このエントリーをはてなブックマークに追加
スケジュール

マンションを売却したいとお考え中のあなた。

でもマンション売却ってなにすればいいのかわかりませんよね。

なにもわからないまま不動産会社に頼むととても損する可能性もあります。

そこで今回は納得のいくマンション売却ができるように、一連の流れをわかりやすく解説します!

マンション売却は6つの注意点を抑えておこう

マンション売却の大まかなスケジュール

マンション売却のスケジュールは一般的に以下のようになります。

  1. 売却の相談
  2. 査定の依頼
  3. 仲介業者の決定
  4. 販売価格の決定
  5. 内覧(物件案内)
  6. 買付証明書
  7. 価格交渉
  8. 売買契約

最短で買い手が見つかったとしても2ヶ月はかかります。

それでは以下で順番に解説していきます!

1.売却の相談

上記しましたが、どの不動産会社に仲介を依頼するかで、価格は大きくかわってきます。下手すると損する可能性もあります。

家が近所だから、より安いから、などといった安易な考えではなく、インターネットなどを通して主体的に調べることが大切です。

2.査定の依頼

ある程度気になる不動産会社が見つかったら、査定依頼をしましょう。

この時点では査定も簡易なため何社に依頼しても大丈夫です。

3社から5社が相場ですが、10社に依頼しても問題ありません。

また、いくつもの不動産会社に査定を依頼するのが手間である場合はネットの一括見積もりできるサイトで見積もりを依頼してみましょう。

あらかじめ売りたい価格、売れるであろう価格、売ることができる価格の3種類の価格を決めておくとスムーズに手続きが進みます。

3.仲介業者の決定

査定依頼した複数の不動産会社から、今度は一社に絞ります。この時にポイントとなるのは上記した3種類の価格です。

売りたい価格とはいうまでもなく希望価格です。このくらいで売ることができればいいな、という価格です。

売れるであろう価格というのは相場価格です。

査定依頼を参考に相場価格を決めておきましょう。

相場価格には±150万円ほどの幅を持たせておくことをおすすめします。

最後の売ることができる価格というのは最低価格です。最低価格とはこれ以下では売りたくない、売らないという最低ラインの売値を指します。

実はこの最低ラインを決めるのが一番難しいと言われており、買取専門業者の査定価格の1割増しくらいが妥当です。

こうした3つの価格をもとによく吟味した上で不動産会社を決めます。

4.販売価格の決定

不動産会社が決まったら、次は販売価格を決定します。

早ければ媒介契約をしたその日に売り出し価格を決定する業者もいますが、ほとんどの場合数日要します。

少しでも早くマンションを売りたいのであれば、媒介契約を結ぶ日までに不動産会社と契約しながら売り出し価格を決めておきましょう。

5.内覧(物件案内)

マンション売却において最も大切なのは内覧であると言っても過言ではないほど内覧時の対応は重要です。

ここでは少し内覧時のポイントをまとめたいと思います。

  • 部屋を広く、明るくみせる
  • 水回りはとくに清潔に
  • 近隣事情について說明する
  • 買い手はあくまでお客様

まず簡単なところとして、少しでも広く明るく見えるように家具の配置や証明に気をつけましょう。

また、内覧時にもっとも重要と言っても過言でないのが水回りです。

トイレやキッチン、お風呂などは特に綺麗に清潔にしておきましょう。

他にも、近所での付き合いがうまくいかず、引っ越しを考える家庭も少なくありません。近くのスーパーやドラッグストアなどの情報もこの時に伝えられるとポイントが高いです。

最後に、買い手はお客様であるという意識をもって内覧に挑みましょう。

6.買付証明書

内覧が無事成功して、物件を気に入ってくれれば買付証明書を発行してくれます。

この証明書には買い手側が希望する購入価格、引き渡し時期、手付金の額などといった重要な情報が数多く記載されています。

この買付証明書を受け取ってからが交渉開始です。

7.価格交渉

マンションの売買には必ずといっていいほど値下げ交渉が行われます。

3種類の価格を参考に、不動産会社とも相談しながらきちんと見極めましょう。

8.売買契約

買い手売り手ともに合意に至ればいよいよ売買契約となります。

ほとんどは不動産会社が代理で作成してくれますが、書類の提出も必要なので早めに準備をしましょう。

マンション売却の上手なスケジュール設定

マンションに限らず、不動産売却はしっかりとスケジュールを設定する必要があります。

上記の流れを把握して、半年~1年間程度の余裕を持って進めていきましょう。

ただ、不動産取引は相手の需要やお金の準備があってのものなので、自分の都合だけでスケジュールを決めることはできません。

ガッチリとスケジュールを設定してしまっても身動きが取れなくなってしまいますが、だからといって計画を立てなくては上手く売却することはできません。

それでは、どのようにスケジュールを立てていくのが適切なのでしょうか?

半年ほどのスケジュールで大まかな流れを決めよう

仲介業者の契約は専任の場合3か月で更新されます。

売却すべき期間の目安としては、2回更新がおこなわれる半年となっているので、最短ではなく半年以降を目安にするのが余裕もあり、適当でしょう。

また、不動産売却の目的によってもスケジュールの立て方は大きく変わり、特に住み替えの場合は中古マンションの売却と新居の購入のどちらを優先するかは確実に決めておかなくてはなりません。

計画をしっかり立てて悔いのないマンション売却を!

マンション売却までのスケジュールを時系列で追ってきました。

今まで自分が住んでいた家、住んでいないにしても思い入れのある家を売るのは、人生のなかでも大きな出来事だと思います。

主体的に調べて損をしないようなマンション売却、選択をしてくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産売却で見学前に注意するポイント
不動産売却で実は重要なのが、物件見学前の準備。見学で与える印象によって不動産の価格が変わることもあ…
土地を売る前に地盤調査するべき?
土地を地盤調査することで生まれるメリット、怠ってしまうことで背負うことになるリスクについて紹介して…
土地売却の相場を知るための5種類の評価額の違い
土地には、5つの評価額があります。このうち、売却時に参考になるの評価額は3つあります。これらは、一括…
不動産売却事例はどのように参考にするべき?
不動産売却事例を参考にするのは、仲介先を決める上でも、手続きのイメージをふくらませる上でも重要です…

おすすめ・特集記事!

一括査定サイトは不動産売却に必要不可欠!メリット・デメリットを一挙紹介
不動産一括査定のメリットとしては、複数業者から査定を受けられる事の他にも、地域に対応している業者を…
不動産一括査定の評判って本当のところどうなの?サイトの特徴・口コミを厳選して紹介
不動産の一括査定サービスってご存知ですか?今回はその魅力から、利用者の評判をもとに実際に利用したい…