TOP > 不動産売却時にかかる諸費用・税金 > 路線価って何?その内容と不動産価格への影響

路線価って何?その内容と不動産価格への影響

このエントリーをはてなブックマークに追加
路線価のイメージ

路線価というものは土地を相続したり、贈与したり取引する際の基準となるものです。

これについて少し知っているだけで将来役にたつことがあるかもしれません!

ここでは「そもそも路線価ってなに」「相続税に関わるってどういうこと」のような疑問を解消できるような情報を公開していきます。

なお、路線価を知ることで不動産を査定することもできてしまいます!

詳しい方法を知りたい方は、こちらの記事を参照してください!

不動産を路線価から査定する方法

路線価とは

路線価は路線(道路)に面した標準的な宅地の1平方メートルあたりの評価額のことで、路線価が定められている地域の土地などを評価する際に用いられるものです。

この路線価で有名なのが東京の銀座5丁目で、1平方メートル当たりの価格は4032万円となっており、日本で1番路線価の高いところです。

また、路線価が定められていない地域もあるのですが、その地域については評価倍率表というものを用いるのですが、今回は路線価について紹介していきます。

路線価の目安

路線価は地価公示価格のおよそ80%の額が目安とされています。

なので、土地公示価格がわからない地域も路線価からだいたいの額がわかるということになります。

路線価はどんな時に使うの?

地価の価格や売買データ、不動産鑑定士によって決められる路線価は、相続税や贈与税の課税額を決めるための指標として使われます。

土地の面積に路線価をかけることによって、土地の相続税・贈与税の課せられる額が算出されます。

なので、これは私たちも知って置くべきことと言えます。

次は路線価と相続税との関係について考えましょう。

路線価と相続税の相違点

路線価は土地の相続の際に必要になるものと言いましたが、もうすこし詳しく紹介していきます。

どのように相続税が決められるのか説明していきます。

相続時の土地評価の決め方

相続における土地の価格評価は、路線価で行うように決められているので、土地を相続するときに支払う税金はその土地の価値によって金額が変わってきます。

土地を相続する際、相続税路線価というものが適用されます。

はじめに、国税庁のホームページや各地の国税局や税務所にて、相続する土地について路線価が決められている道路に面しているか調べてみてから相続税の計算をすることになります。

この際、路線価の設定がなかった場合は、特定路線価というもので路線価を決めることができるので、納税地の管轄である税務署にて書類を記入・提出するか、国税庁のホームページから書類をダウンロードして事前に記入してから申請してください。

この路線価の評価までは約1ヶ月必要となるので、なるべく早めに申請しておきましょう。

土地は現金に比べて相続税がかからない

先にも書いたように、路線価にて評価される土地の価格は公示価格の80%ほどの価格になります。

現金の場合は財産の評価が100%となるのに対し、土地を相続する場合は80%ほどの価格になるので、土地の方が相続税がかからなくて済むのです。

路線価の調べ方

路線価はインターネットにてすぐに調べることができます。

産評価システム研究センターのサイトにて、全国地価マップを開くと日本地図が表示されるので、あなたの調べたい場所を選んでください。

場所の決定は地名や住所、緯度・経度からも検索できるので簡単ですよ。

場所を選ぶと路線価が表示され、この価格に自身の土地の面積をかけることにより土地の評価額を計算することができます。

土地に関する申請や取引の際に一つの指標となるものなので前もって調べておきましょう。

路線価と取引される価格の関係

土地の取引を行う際、地価公示価格や路線価は土地の売買における価格を推測するときに役立ちます。

ほとんどの場合、実際の取引価格は土地の公示価格、路線価以上の額になり、おおよそ路線価の130%ほどが取引の際の価格となります。

路線価と全くかけ離れた価格設定

前で書いたように路線価だけが価格を決めるものではありませんので、売る人と買う人がお互い納得していればどんな価格設定でもいいのです。

しかし価格を自由に設定できると、極端に安くしたり、高くすることで贈与税を回避して財産贈与することができてしまいますよね。

たとえば1億円相当の土地を子供に1万円で売るなどです。

これは売買だから贈与税なんて関係ないというのは残念ながらできないようになっています。

このような取引をするとみなし贈与というものの対象となり、結局贈与税を課せられてしまうことになってしまうので注意してください。

路線価だけが値段を決定するのではない

路線価は土地の価格を決める際大切になるものですが、そのほかにも土地の価格を決める要因になることがあると頭に入れておいた方がいいかもしれません。

たとえば、土地を売りたい人がすぐにお金を手元に入れたい場合は、土地の値段が下がることが予想されますし、反対に余裕を持っている売主で、購入希望者が多い場合は値段が高く設定されると予想できます。

このように、路線価だけが大切な基準になるのではなく、その時の状況も価格に影響するという面があるのが土地の価格なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

入居者が住んでいる賃貸アパートはそのまま売れる?
入居者が住み着いている賃貸アパートも、「オーナーチェンジ」という方法で売ることができます。今回は、…
ビルの査定方法を徹底解説!価格の決まり方とおすすめ査定サイト
ビル査定の方法を徹底解説!価格を算出する方法「収益還元法」からおすすめの査定サイトまで詳しく紹介し…
不動産売却時の税金は5年で大きく減少!それでも5年以内に売るべき理由
不動産売却で課される税金は、売り出し物件の所有期間が5年以上であるかで金額が変わります。ただ、控除…
家を売る時のよくある失敗事例と絶対失敗しないポイント4選
家を売る際は悪徳業者にあたることなども多々あり、実際に体験談も多数寄せられています。こうした体験談…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2019年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…