TOP > 不動産売却時にかかる諸費用・税金 > 不動産売却では坪単価を気にしない方がいい?

不動産売却では坪単価を気にしない方がいい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
坪単価のイメージ

高いお金を払って買った家を売却する際、「坪単価が高かったから高く売れるはず」「そもそも売却のときに関係あるのか」と考えている方も多いと思います。

しかし、高く売れる場合と値段が下がってしまう場合があるのが実際のところです。

では坪単価と売却時の値段の関係性はどのようになっているのでしょうか。

今回はこのことについて紹介していきます。


不動産価格に関わる要素はほかにも!

路線価って何?その内容と不動産価格への影響

坪単価とは

坪単価とは、家を建てるときの1平方メートル当たりの建築費用のことをいい、建物本体の価格を延べ床面積で割った数値のことです。

約3.3㎡が1坪とされていて、家を建てる際の一つの目安として参考にされています。

建設時に良い材料、良い設備を使用・設置すると坪単価は高くなるということですね。

坪単価はメーカーによって変わる

坪単価は建築費用のことと説明しましたが、いったいどの範囲まで費用として含まれているのでしょうか。

結論として、その家を建てるメーカーによって変わってくるようです。

一般的には工事費や諸経費にかかるお金が建築費用として含まれるのですが、会社によってはエアコンやカーテン、照明のような設備も費用として計算することもあるようです。

家を建てる際は、これにどの費用が含まれているのか確認した方が良いでしょう。

使う材料・手間が坪単価に大きく影響する

まず、木造か鉄骨かで大きく値段に違いが生まれます。

また、床にどんな素材を使うか、壁の材料はどうするか、トイレや洗面台などの設備をどれくらい設置するかなどで良い素材・材料を使うと単価は高くなり、風呂やトイレ、洗面台が複数設置されているような大きな家や二世帯住宅の単価も同じく高くなるのです。

要は施工や工事に手間のかかる場所だったり、材料費の高いものを使うと値段が高くなるということです。

家が狭いから単価が安いとか、広いから高いとは一概に言えないということがわかりますね。

というか、[坪単価=本体価格÷延床面積]なので面積が狭いと高くなる可能性の方が高いです。

狭いからお風呂を設置しないのなら話は変わってきますが、必要なものをなくすわけにはいかないと思うので高くなると考えましょう。

坪単価はあくまで目安

購入のときに住宅メーカーのホームページに載っていた広告やテレビCMに載せられていた値段と現在の坪単価が違っているという方も多いのではないでしょうか。

それは、建築の段階でご自身がどのようなデザイン、形にしたいかで大きく値段が変わってしまうというのが理由です。

広告と現在の単価が違っている方はデザインを変えたりしたのではないでしょうか。

地域によって大きな差があることも

目安というのには地域によって坪単価が差があることが理由としてあります。

五大都市に近づくほど高くなり、離れるほど安くなるという傾向があります。

なぜなら大きな都市周辺は単価の平均が高いためです。

東京は土地代が高いですから、大きな土地はなかなか買えないというのが影響して地方に比べて延床面積が狭くなり、坪単価が高くなってしまうのです。

家の売却額に関しては、坪単価だけにとらわれないこととが大切です。

売却のとき坪単価は関係あるの?

家を売却するときの価格に坪単価は影響するのか気になりますよね。

坪単価は確かに不動産価格を決める基準ではありますが、時期や好みによって価格が変動することがあります。

家を建てるときの目安として用いられるものなので、取引の際は参考程度にしておくことが良いようです。

坪単価は一軒一軒違う

同じ土地にある家だとしても、その広さ、周りの環境や地域の用途によって違いが出てくるのです。

たとえば、どのような道路に面しているか、方角、日照の良し悪しなどが挙げられます。

道路の接し方についてはどれくらいの長さの道路に、どれくらい土地が接しているかで、土地の用途は、都市計画や建築基準法によって商業用・工業用・住居用と分けられています。

この土地の用途によって、周辺環境は変わるという理由で、坪の値段に影響してくるのです。

売却を考えている家がどの用途の土地になっているか知っておくほうが、売却後のトラブルを避けることにつながります。

売却のとき坪単価にとらわれない方が良い

たとえば、面積は狭いけど中の設備や材料にこだわった家を売ることになった場合、建てたときの坪単価がかなり高かったからという理由で売る値段を高く設定したとしても、狭い家に大きなお金を払う人は現れないかもしれませんよね。

売れないとなると、高い坪単価を誇る家でも希望の値段で売却することができないかもしれません。

不動産売却はタイミングや買い手との相性もあるので、値下げの可能性もあります。

だから、家を建てた当時すごくこだわって建てたからいい値段で売れるだろうと考えている売却を予定している方は、売却時にギャップを感じないように、このことは頭に入れておいていいと思います。

坪単価がすべてではない

まとめとして、購入時の値段が高いからといって、売却するときの値段が高くなるわけではないと言えます。

売却の際は、そのときの家の状態や、周辺の環境、購入希望者との交渉が大きく値段に関わってくるのです。

以上のことから、取引の際、坪単価は参考程度に考えておくのがいいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産の売却代金・手付金はいつ入金される?タイミング・金額を徹底解説
不動産の売却代金は、売買契約時と物件の決済・引き渡し時の2回にわけて入金されます。1回目の入金は全体…
失敗しない家の売り方を限定公開!売却が絶対成功する7つのポイント
家の売却の流れを紹介。どこで清掃を依頼するか、どこで費用がかかるかといった見通しを付けておきましょ…
土地売却の注意点を徹底解説!絶対に知っておきたいポイント5選
土地売却に関する注意点は、大きくわけて、土地について詳しく知ること、コスト負担について明確にするこ…
不動産売却は同意書(合意書)が不可欠!書き方・ひな形と注意点を解説
不動産売却は売買者間の話し合いで進むことも多いですが、この時に同意書の作成が必須となります。これを…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2019年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…