TOP > 不動産売却時にかかる諸費用・税金 > 不動産の税金対策はこうする!

不動産の税金対策はこうする!

このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産の税金対策イメージ

不動産を保有していると固定資産税や都市計画税がかかりますよね。

中でも、使用していない土地や建物の税金対策に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

節税に役立つ知識や対策がいくつかあるので、今回は不動産の節税対策について紹介していきます。

土地をお得に売るために!知っておきたい税金の節約法

固定資産税と都市計画税は重くのしかかる

はじめに、固定資産税と都市計画税はどのような税金なのでしょうか。

この2つの税金にはどれくらいの税率なのか、どのような税金なのか紹介します。

固定資産税は市町村によって税率が異なる

固定資産税は毎年1月1日時点での不動産所有者に対して、標準税率1.4%で市町村に対して支払うものとなります。(東京23区は区からの課税ではなく、東京都からの課税となっています。)

税率は、どの地域も1.4%と決まっておらず独自に決めることができるので、各市区町村によって違う場合があります。

支払いは一括か4回に分けて支払う方法があり、都市計画税と一緒に納税することになります。

固定資産税評価額をもとにした課税標準×1.4%

以上が固定資産税の計算方法となります。

固定資産税評価額は固定資産税、都市計画税などを算出する際に基準になるもので3年に1度見直されます。

額は、公示価格の70%になるように設定されています。

街の設備を充実させるための都市計画税

都市計画税は毎年1月1日時点で不動産の所有者に対し最高限度0.3%以内で市区町村が課税するものです。(東京23区は東京都が課税)

これは道路や公園などの施設・設備を充実させるために支払うものとなっています。

こちらも最高で0.3%となっているので、各市区町村のよって税率が異なる場合があります。

固定資産税評価額をもとにした課税標準×0.3%

以上が都市計画税の計算方法となります。

不動産の課税には特例がある

都市計画税は自分の住む街のためにお金が使われるし、固定資産税に比べて高いものでないからまだいいけど、「固定資産税高すぎ!」と嘆いている方は多くいるかと思います。

そんな方にすこしだけ固定資産税を軽減する特例があるので紹介します。

住宅用の土地や新築住宅は税金対策になる

住宅用の土地は200㎡以下であれば課税標準が1/6に軽減され、200㎡以上の場合は課税標準が1/3に軽減されます。

平成30年3月31日までに建てられた新築住宅であれば、課税床面積については3年間にわたり固定資産税が1/2となるのです。

これには、

  • 3階以上の耐火構造住宅、準耐火構造住宅は5年間固定資産税が1/2
  • 店舗併用住宅は居住部分が1/2以上必要
  • 居住部分の課税床面積が50㎡~280㎡以下でなければならない

というように条件がいくつかありますが、建物が建っていた方が固定資産税は安く済むのです。

不動産を空き家にしておいても税金対策にならない

更地にしてあるより建物が建っている方が固定資産税は安く済むのですが、これを利用してボロボロの家を壊さずにずっとそのままにする人が多くいるのです。

これが問題視され、居住のための使用が基本となっていないものや倒壊の危険があるもの、景観を損なっているなどと判断された不動産は減税の対象外となるので気をつけてください。

今後も空き家については課税対策が強化されると思われます。

住宅用地は都市計画税も軽減

200㎡以下は課税標準が1/6になり、200㎡以上は課税標準が2/3に軽減されます。

このように、税が軽減される例を利用することで、利用していない不動産の税金に悩んでいる方は少しはラクになるかもしれません。

親族に家を建てたいという人がいたりする方は、すぐに実行できるかもしれませんね。

売却や賃貸アパートを建てるのも税金対策の一つ!

家建てても住む人がいないから課税軽減の特例を受けられないという方も多いと思いますが、まだ不動産の税金対策はあるので安心してください。

賃貸物件を建てる

不動産を賃貸物件にした場合、更地で土地を所有しているより固定資産税評価額が上で説明したように1/6か1/3で済むようになります。

賃貸の場合は収入もありますから、それ以上に税金の納入が軽くなることも十分考えられます。

注意しなければならないのが居住部分の面積です。

賃貸物件の1戸の面積が200㎡以下の場合だと固定資産税の軽減が大きくなるので注意しましょう。

売却ならこれから税金をとられることがない

相続や譲渡で不動産を受けとったけど正直利用方が見つからないという方がほとんどなのではないでしょうか。

不動産を売却すれば所得税や仲介手数料を支払ってしまえばこれから先固定資産税や都市計画税に悩むことはなくなりますよ。

使用していない土地や建物を通して収入を得ているわけでもないのに、無駄に多額の税金を払っているのはばかばかしいと感じていた方は不動産の売却や賃貸物件の経営などを考えてみてはいかがでしょうか。

自身の考える最適な方法で税金対策をしてみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産売却の税金を節税するには?計算方法・特例控除の使い方
不動産売却において、3つの税金が売り手にかかります。これらの税金をお得に支払うためにも、節税の方法…
不動産をオークション(入札)売却する流れとメリット・デメリット
不動産売却には、オークションによって売る方法もあります。値下げ要求を下げることができる、期間内の最…
土地活用を検討する人は知っておきたいコンパクトシティ
コンパクトシティは地方都市を中心におこなわれている施策で、宅地と市街地の再設定という意味合いが強い…
不動産売買契約書の書式・記載内容と作成時の注意点
不動産売却時に作成する売買契約書は、作る流れがあります。これを事前に知っておくと参考資料の準備など…

おすすめ・特集記事!

【2018年】不動産一括査定サイト33社を比較!評判・口コミで選ぶ最新おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの業者…