TOP > 不動産査定 > 不動産一括査定サイトの選び方を解説!評判の高いサイトを賢く見分ける

不動産一括査定サイトの選び方を解説!評判の高いサイトを賢く見分ける

このエントリーをはてなブックマークに追加
選び方

不動産の一括査定サイトは現在30以上あり、それぞれ特徴が異なっています。

査定に対応している不動産タイプや地域も若干異なるので、最初にどのサイトを選ぶのかしっかり選ぶ必要があります。

何より登録会社がそれぞれ違うので、Aのサイトで良いと思って契約した会社が、Bのサイトでは見つからないこともあります。

契約する不動産会社が変われば最大300万円以上売り上げが変わることを考えると、最初のサイト選びは非常に大切なのです。

そこで今回は、賢い一括査定サイトの選び方をわかりやすく解説していきます。どこも同じように見える不動産査定サイトですが、これを読めば考え方が180°変わりますよ!

※一括査定サイトの詳しいサービス内容などは、こちらにまとめています!
【2018年】不動産一括査定サイト33社を比較!評判・口コミで選ぶ最新おすすめランキング

あなたに合った不動産一括査定サイトの選び方!状況に応じて使い分けよう

一括査定サイトは前述の通り少しずつ性能が違ってきます。変わったタイプの物件も査定できる、全国対応している、匿名で査定依頼できる…などの性能を、状況に合わせて使い分けると便利です。

今回は、それぞれの状況別におすすめできる一括査定サイトをまとめてみました。どのサイトを使えばよいか迷っている方は、ぜひ参考にしてください!

地方・郊外に住む方は登録社数の多いサイトを利用しよう

一括査定サイトは基本的にどこも全国対応しています。

ただ、これは査定フォームで47都道府県を選べるようになっているだけで、実際には対応する業者がいないことも多いです。

首都圏以外だと地方都市や各県の県庁所在地は辛うじて依頼できる業者がいますが、地方の更に郊外となると1社も対応していないことがほとんどです。

不動産仲介業は仲介した物件のアクセスが良いとその分高く売れ、会社にも利益が入るので、全国規模の大手も地方に対応していないことは多いです。

こうした地域の物件を査定したい場合は、なるべく登録業者数の多いサイトを利用しましょう。

サイト(ページリンク) 登録会社数
SUUMO 2,800店舗以上
ライフルホームズ 1,678社
home4u 約1,000社
アットホーム 約1,800社
スマイティ 約1,500社

こちらの5サイトは、一括査定サイトの中でも特に登録者数が多いです。

ダントツ1位のスーモはもちろんですが、アットホームも独自の登録会社が多いので地方の方にとっては利用しやすくなっています。

これらのサイトを使えば、田舎の家も複数社に一括査定を依頼しやすいですよ。

田舎の家を売却するときの注意点・ポイント

農地・事務所・倉庫など変わったタイプの不動産を査定するコツ

どのサイトも、マンション・土地・一戸建ての3種類には査定対応しています。

ただ、それ以外の農地や倉庫などの査定対応は、サイトによってマチマチです。

分譲マンション 戸建て 土地1棟マンション・アパート 事務所 店舗・工場・倉庫 農地
SUUMO
ライフルホームズ
home4u
アットホーム
スマイティ

※〇:記載あり・△:記載なし

こちらは大手査定サイトの対応状況をまとめたものです。

事務所・店舗・工場・倉庫が査定できると明記しているのはライフルホームズ・home4u・スマイティのみで、更に農地の査定も可能なのはスマイティのみとなっています。

その他のサイトだと、農地や事務所は「その他」をチェックして査定依頼することになりますが、依頼した不動産会社が本当にこうした不動産タイプを査定してくれるかはわかりません。

ある程度の実績がある仲介業者なら、いつも農地の売却をしていなかったとしても、できないということはないでしょう。

ただ、農地売却が得意じゃない業者に無理やり査定を依頼しても、恐らく良い結果にはなりません。

変わったタイプの不動産を査定してもらうときはそれぞれのサイトの査定フォームをチェックし、ピッタリ合う選択肢があるかを確認しましょう。

優柔不断な方におすすめ!一括で10社以上に査定依頼できるサイト

一括査定依頼できる業者の数は、平均で最大6社ほどとなります。

ただ、なかには6社以上にも一括で査定依頼できるサイトがあります。

  • リガイド(最大10社)
  • 不動産広場(最大10社)
  • スモーラ(最大9社)

サイトによってそれぞれ登録会社が違っていたり、サイトから査定依頼をしても「他にも良い会社があるかも…」と不安になり、どこと契約すればよいか決断できない方は多いです。

こうした方は、依頼数の多いサイトを利用することで、業者選びがやりやすくなりますよ!

リガイドのメリット・デメリットと実際に利用した方の評判・口コミ
不動産広場のメリット・デメリットと実際に利用した方の評判・口コミ
スモーラのメリット・デメリットと実際に利用した方の評判・口コミ

それでも迷ったらお得なキャンペーンで選ぶのも一つの手!

それでもどのサイトを使えば良いか迷う方は、各サイトが提供している季節ごとのキャンペーンで選ぶのも一つの手です。

過去には、以下の4サイトがキャンペーンを実施しました。

サイト キャンペーン名 キャンペーン内容
SUUMO プレゼントキャンペーン 成約後にアンケートを答えると、先着で景品をプレゼント
オウチーノ 不動産売却応援キャンペーン オウチーノ経由で契約・成約した方に現金5万円をプレゼント
イエリコ 売却応援Wプレゼントキャンペーン 訪問査定を依頼した業者1社につき5,000円のギフト券をプレゼント
ノムコム 住みかえ応援キャンペーン ノムコム経由で専任媒介契約を交わした方に季節ごとの豪華景品をプレゼント

こうしたキャンペーンだけで選ぶのは危険ですが、どうしても決めきれないのであれば、自分が欲しい景品で選んでも良いでしょう。

不動産売却・査定キャンペーンを総まとめ!

3つのポイントで良い不動産一括査定サイトを選ぼう!

一括査定のシステム自体は、ある程度の知識とWEBスキルがあれば1人でも作成できます。

高利益が見込めることもあり、大小さまざまなIT企業が一括査定サービスを提供しはじめていますが、その多くは不動産知識が全くない素人が運営しています。

素人が運営しているサイトは登録されている不動産会社と連携が取れていないことが多く、「今は売却を検討している段階」と言ったはずなのに、不動産屋の営業マンがガンガン勧誘してくることも良くあります。

不動産査定サイトの数が増えた現在、しっかり登録会社を監視しているか、登録会社と提携しているかなどを見抜くのが難しくなっています。

サイト利用のトラブルを無くすために、これから紹介する3つのポイントをしっかり抑えておきましょう。

不動産一括査定サイトのデメリットとは?失敗した人の口コミ・リスクを回避する方法

サポート体制があるかどうかで選ぶ

WEBページ内で唐突に外部の査定サイトを紹介したり、記事の下部に広告が貼ってあったりするようなものはあまり信用ができません。

査定サービスの質だけでなく、その他の電話問い合わせサービスなども提供しているところを選ぶのがおすすめです。

こちらは査定サイト「イエイ」のトップページですが、この会社は査定サービスのほかに電話相談サービスや個別相談デスクを提供しています。

このように、スタッフが不動産に対する知識があると、営業や記事内容のチェックも比較的しっかりしています。

もちろん電話サービスを利用すれば、第三者として中立のアドバイスを貰えるので、単純にためになる部分も大きいです。

イエイで不動産売却査定!実際に利用した方の評判・口コミ

査定できる不動産タイプが少ないサイトは利用しない

サイトの中には一戸建て・マンション・土地の3種類しか査定対応していないところも多々あります。

マンションと言っても居住用の分譲マンションか投資用の一棟マンションかによって査定額は大きく異なるので、一緒くたに査定依頼をしても正確な価格は算出できません。

選べる不動産タイプが少ないのは未だ規模が小さいか、運営者が不動産に関して良くわかっていないケースが多いので、利用はおすすめできません。

おすすめなのは一戸建ての他に店舗や倉庫があったり、マンション(分譲)の他にマンション(一棟)やアパート(一棟)が選べるサイトです。

不動産の仕組みをある程度わかっていればこのように居住用と投資用で物件をカテゴリ分けするので、素人が運営しているのではないとわかります。

大手の登録社数で選ぶ

査定サイトは、最初のうちは小規模の業者だけ登録されており、規模が拡大してくれば大手業者から営業が来て契約を交わす…という手順を取ることが多いです。

そのため、登録会社に大手が並んでいる場合は、ある程度規模が大きく、プロの不動産屋にも認められるクオリティだと考えて良いでしょう。

例えば、有名な5査定サイトにはこちらのような大手業者が登録されています。

主な大手登録会社
SUUMO
  • 野村不動産アーバンネット
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
  • 長谷工リアルエステート
  • 三菱地所ハウスネット など
ライフルホームズ
  • ソニー不動産
  • 大成有楽不動産販売
  • センチュリー21
  • 近鉄不動産 など
home4u
  • イエステーション
  • ポラス
  • みずほ不動産販売
  • 京王不動産
  • 三菱UFJ不動産販売 など
アットホーム
  • 朝日住宅
  • 大成有楽不動産販売
  • 三菱UFJ不動産販売
  • 任意売却エージェント.com など
スマイティ
  • 野村不動産アーバンネット
  • 大成有楽不動産販売
  • 東京建物
  • 住友林業ホームサービス
  • 住宅情報館 など

最初から「ソニー不動産に査定を依頼したい!」などと思っているならその会社に直接査定依頼する方がスムーズですが、一括査定サイトを選ぶ際にも自分が目星を付けている大手がいるかどうかは一つの指標になります。

選び方を間違えると大きなリスクも!一括査定サイトは慎重に選ぼう

間違って質の低い一括査定サイトを選んでしまうと、以下のようなリスクがあります。

  • 個人情報が流出する
  • 査定額をつり上げられる
  • 依頼通りに対応してくれない

ただ、そんなリスクのある一括査定サイトですが、不動産を高く売る際は利用が必須なのも事実。実際にサイトを利用した方には最大で相場より300万円高く売れたという声もありました。

そんな便利な一括査定サイトですが、逆にサイト選びに失敗すると出足からつまずいてしまうので、上で挙げたポイントを参考にして、慎重に選ぶようにしましょう。

【完全版】家売却の方法を徹底解説!売れ残った場合の対処法はある?
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産一括査定サイト33社を比較!2018年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【完全版】不動産売却の必要書類と取得方法を徹底解説
不動産売却に必要な書類は、大きく分けて本人確認用書類、権利書、固定資産税の納税通知書の3つとなって…
別荘を売りたい!高額で売却する方法と売却できないときの対策
別荘は管理が行き届かず、売却時に値下げされがちです。人気の高い立地ではあるので、売れないときは更地…
マンション査定の方法ガイド!高く売るポイントと失敗しない注意点
マンションの査定方法から見られるポイント、気になる疑問を徹底解説!これからマンションを売りたい方に…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2018年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…