TOP > 不動産売却の基礎知識 > 不動産売却に必要な期間はどれくらい?

不動産売却に必要な期間はどれくらい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
家とカレンダー

不動産売却は、適正価格でしっかり売り出された場合は、およそ3ヶ月以内の短期間で売れるというのが一般的です。

とはいえ、その時々の不動産マーケットの状況によって期間が変わってくるので、注意が必要です。

また、なかなか売れないからといって必ずしも物件に問題があるわけではありません。

タイミングによって売れるまでの期間は変わるものですし、売れるまで長くかかったからといって必ず損をするともいえません。

余裕を持って売却スケジュールを立てておきましょう。

不動産売却期間の目安

ここからは、不動産売却において、物件が売れるまでの目安をどのように考えればいいのか見ていきましょう。

購入希望者は、多くの場合まず物件の相場を参考にします。

→不動産売却時の相場の調べ方!

そのため、相場よりも安い物件は早く売れやすく、より高い物件は手が出にくくなります。

とはいえ、物件の価値は、購入希望者の個人的感覚に左右される部分が大きいので、無闇に相場より安い価格設定をするのがいいとも限りません。

損を防ぎ利益がでる不動産売却をするつもりなら、6ヶ月ほど希望者の出入りを見ておくのが理想的です。

必要以上の値下げは逆効果

通常、相場よりも値段を低く設定することで、短期での不動産売却が行えます。

しかし一方で、値下げを必要以上に繰り返すと、購入希望者は更なる値下げを待つようになり、売却期間が伸びてしまうということもあります。

また、宣伝活動を積極的にしすぎても「これだけプッシュされているのには何か裏があるのでは?」と思われ、裏目に出てしまうというケースが少なくありません。

こうした状態は不動産業者の質が悪い場合によく起きます。こうしたリスクを防ぐためにも、一括査定サイトなどを利用して不動産会社をじっくり選びましょう。

不動産売却期間の内訳

  1. 査定
  2. 不動産業者との媒介契約
  3. 不動産売却開始
  4. 内覧の受け入れ
  5. 条件交渉
  6. 売買契約
  7. 決済、引き渡し

不動産売却は、3つの段階に大きく分かれます。

目安としては、査定から売却開始までが1~2週間、内覧受け入れから交渉成立までが3~5ヶ月、そこから引き渡しまでが2週間~1ヶ月となります。

査定から契約までを見積もると、約4ヶ月~6ヶ月くらいに考えておくといいでしょう。

勿論、物件の状態や購入希望者の要求によって大きく変わりますが、次の住まいの購入資金にしたい方などは、売却の計画が必要になってくるので早めに家を売り切る予定を立てたいですよね。

①-③査定から不動産売却開始まで

はじめに不動産業者に査定を依頼し、査定額が高く信頼もできると感じた業者と媒介契約を結びます。

この業者選びが、実は予想以上に時間のかかる作業でもあります。

より多くの業者に素早く査定してもらうためにも、一括査定サイトを積極的に利用しましょう。

その後、業者と媒介契約を結ぶと、価格を決め、売り出しを開始します。

この際、「○週間売れなかったら値下げする」「○○の期間まで、○○円まで値引き交渉に応じる」といった詳細な取り決めをあらかじめ決めておくと、より短期でステップを進めることが可能です。

④-⑤売り出しから買い手がつくまで

売り出しから買い手がつくには平均で3~5ヶ月程かかります。

売り出しが始まると業者が物件の宣伝を行います。

この宣伝の効果で「内覧を行いたい」という申し込みがあれば、日程を決めて、内覧の受け入れを行います。

この際、部屋を片付けておくのはもちろんですが、同じくらい購入希望者が気にするのがご近所との関係です。

関係の悪い所に越して来ることに抵抗がある方も多くいるので、内覧を機に関係を親密にしておきましょう。

購入希望者が現れるタイミングは相対的なものなので何とも言えませんが、入社、入学を控えた1~3月、転勤の多い9~11月は一般的に売れやすいと言われています。

⑥-⑦売買契約から引き渡しへ

内覧で問題がなければ、売買契約を結びます。

契約後、購入者が住宅ローンを利用するのであれば、ローン審査(2週間~1ヶ月ほど)を待ちます。

この審査が通ると、引き渡しができるようになります。

この、契約から引き渡しまでの期間に新居の購入を並行して行うとスムーズに住み替えを行うことができます。

それより前に購入手続きを行っても目安のタイミングがわからないので、計画の立てやすいこの期間を目安に、物件選びを行っていきましょう。

長期間の不動産売却は計画と根気が大事

不動産売却にかかる期間は、査定から契約まで短ければ3~4ヶ月、長いと半年から1年以上もかかります。

長期間に渡って細かい手順を踏まなければならないので、あらかじめ手続きや費用についてしっかり計画を立てておくことが肝心です。

また売却期間が伸びていくなかで自分が満足する金額で不動産を売るためには、根気が必要になります。あらかじめ早く高く売れるタイミングで、査定申し込みをする計画を立てることをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

マンションを高額売却!契約書で注意すべき事前チェック
マンションを売却するときは、契約書の事前チェックを行うことをお薦めします。記載項目を調べることで、…
不動産売却では坪単価を気にしない方がいい?
坪単価とはそもそもなにか、売却のときに影響してくるのか紹介しています。
マンション売るなら売却と買取どっち?メリット・デメリット
マンションを売る方法として、売却と買取という2つのやり方があります。殆どの人は売却を選びますが、間…
マンション売却でキャンセルがおきた場合の対処法
マンション売却でキャンセルがおきた場合の対処の仕方は、段階によって異なります。まだ売買契約を結んで…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定の評判って本当のところどうなの?サイトの特徴・口コミを厳選して紹介
不動産の一括査定サービスってご存知ですか?今回はその魅力から、利用者の評判をもとに実際に利用したい…
一括査定サイトは不動産売却に必要不可欠!メリット・デメリットを一挙紹介
不動産一括査定のメリットとしては、複数業者から査定を受けられる事の他にも、地域に対応している業者を…