TOP > 家を高く売る > 家の査定はネットで依頼しよう!おすすめ4サイトを紹介

家の査定はネットで依頼しよう!おすすめ4サイトを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
家の査定をネットでおこなう女

家の査定がネットから簡単に依頼できるのはご存知でしょう。

一括査定サイトと呼ばれるサービスで、60秒程度の情報入力をするだけで複数の不動産会社に査定額を依頼できる優れものです。

登録されている不動産会社の広告費によって運営されており、利用料は完全無料となっています。

一括査定サイトは全部で30サイト以上あり、どれを使うか迷ってしまいがちです。今回は、特に戸建ての査定におすすめのサイトを詳しく紹介していきます!

家の査定はどこを評価する?よく見られる6つのポイント

家の査定におすすめのサイト4選!家のタイプ・状態に応じて使い分けよう!

ここからは、家の査定におすすめの、こちらの4サイトを紹介していきます。

  • HowMA(ハウマ)
  • 不動産買取ドットコム
  • すまいValue
  • home4u

それぞれ特徴があるので、自分のケースに合わせてサイトを選ぶことをおすすめします。

それでは、ここからおすすめサイトを一つ一つ紹介していきます。

HowMA(ハウマ)はAIが自動査定!匿名で依頼ができるおすすめサイト

ハウマは、不動産会社への査定依頼を仲介するのではなく、搭載されている人工知能AIが自動で査定をしてくれるおすすめサイトです。

AIは依頼した物件情報をもとに、関連する成約事例、現在の市況、国土交通省の公示地価など膨大なデータを参考に、一瞬で価格を算出します。

個人情報を入力する必要がないので、流出の心配が一切ありません。

家を実際に売るには不動産会社へ査定を依頼しないといけません。そのためハウマは今すぐに家を売りたい人にはおすすめできませんが、「取り敢えずいくらで売れるのか知りたい」という方は利用をおすすめします。

AI不動産査定のHowMa(ハウマ) !実際に利用した方の評判・口コミ

不動産買取ドットコムなら買取価格と売却価格を同時に査定できる

不動産買取ドットコムはその名の通り、不動産買取の査定依頼に特化したサイトですが、仲介売却の査定も同時におこなうことができます。

不動産買取と仲介売却の比較まとめ
売却方法 仲介 買取
内容 仲介業者に販売活動を依頼 不動産会社に買い取ってもらう
長所 高額で売れやすい 成約の可能性が高く、現金化も早い
短所 売れるまで時間がかかる(平均3~6ヵ月) 利益が低い(仲介の2割減)

上記にあるように、買取と売却はその性質が異なります。

簡単に言えば、じっくり高く売りたい方には売却が、価格が多少安くなっても早く処分したい方には買取がおすすめです。

ただ、古くてボロボロの家などは仲介売却を申し込むことはできますが、結局買主に嫌がられて売れ残ってしまいかねません。

一方、買取は査定額が付けばそのままの金額で必ず買い取ってもらえるので、売れ残る心配がありません。

どちらが良いかお悩みの方は、それぞれの違いをしっかり調べることから始めましょう!

不動産買取とは?家の買取と仲介を徹底比較

大手と契約したいならすまいValue!日本のトップ6社の査定額を比較できる

すまいValueは通常の一括査定サイトとは違い、こちらの不動産会社6社によって共同運営されています。

  • 三井不動産リアルティ(三井のリハウス):2017年仲介実績1位
  • 住友不動産販売:2017年仲介実績2位
  • 東急リバブル:2017年仲介実績3位
  • 小田急不動産
  • 野村不動産アーバンネット:2017年仲介実績4位(野村不動産グループ)
  • 三菱地所ハウスネット:2017年総合売上高3位(三菱地所グループ)

いずれも日本を代表する超大手仲介業者ですが、彼らは他社の一括査定サイトに登録することは滅多にないので、この6社に一括査定を依頼できるのはすまいValueだけです。

他の査定サイトと違い選べる会社が少ないのがネックではありますが、大手と契約できる安心感がありますし、個人情報が洩れる心配もありませんよ。

すまいvalueで不動産売却査定!実際に利用した方の評判・口コミ

home4uはNTTグループが運営!優良厳選1000社から選べる!

home4uはNTTグループが運営しており、大手ならではの安心感があります。

さらに、査定サイトの中でも老舗の部類に入るサイトで、不動産会社とも信頼感を結んでいます。

すまいValueは大手6社のみのサイトでしたが、home4uは全国規模の大手から地域密着型の中小まで厳選して登録されています。

大手は確かに保証やPR力に優れていますが、その地域の魅力を本当に知っていたり、最初から最後まで会社をあげてサポートしてくれたりするのは中小のほうです。

どちらにも魅力があるので、home4uで両者に査定依頼をし、比較した上で選ぶことをおすすめします!

home4uで不動産売却査定!実際に利用した方の評判・口コミ

※紹介した4サイト以外の紹介や、査定サイトの詳しい使い方はこちらにまとめています!

不動産一括査定サイト33社を比較!2018年おすすめランキング

家の査定をネットでおこなう3つのメリット

家の査定は実際に不動産会社に来店してその場で依頼することもできますが、ネットで依頼するとこちらの3つのメリットがあります。

  • 複数の不動産会社を比較できる
  • 査定依頼の手間・時間が大幅カットできる
  • 優良業者を見逃さない

ここからは、それぞれのメリットを見ていきましょう。

【メリット①】複数の不動産会社を比較できる

家の査定をネットでおこなうメリットとして、まず複数社の比較ができるという点が挙げられます。

査定額は、それぞれの会社が出す「うちならこれくらいで売れます!」という見積もり額です。

つまり、複数社を比較して高値を提示したところと契約すれば、それだけで高く売れる可能性はアップします。

比較ができるのは査定額だけではありません。複数社の営業マンと接することで、「この人は信頼できない…」「この人なら高く売ってくれそう!」と気づくことがあります。

最寄りの不動産会社1社にだけ査定を依頼し、そのまま契約してしまうとそれが損なのか得なのか分からないまま終わってしまいます。

こうした事態を防ぐためにもネット査定は有効なのです。

【メリット②】査定依頼の手間・時間が大幅カットできる

従来通り電話で来店予約をし、査定依頼するというやり方を1社1社やっていくと、かなりのタイムロスになります。

一括査定サイトはたった60秒程度の情報入力で最大6社以上に査定依頼ができるので、時間の大幅短縮になります。

余った時間は相場調査や書類集めに使えるので、かなり効率よく手続きをすすめることができます。

【メリット③】優良業者を見逃さない

それでも電話で問い合わせて複数社に査定依頼をすることはできますが、どうしても家の近くにある不動産会社にとどまってしまいます。

日本に不動産屋や7万店舗以上あり、他県の物件査定に対応している会社なども存在します。

自力で優良業者を探そうとしても、他県の不動産屋まで見つけることはほぼ不可能でしょう。

一括査定サイトを使うと査定に対応する全ての登録業者が最初に一覧で表示され、それから依頼したいところにチェックを付ける仕組みになります。

そのため隠れた優良業者を見逃しませんし、一括で依頼できる数を超えた業者が表示されたとしても、良さそうなところには別途査定依頼すれば良いだけの話です。

家の査定をネットでおこなう2つのデメリット

家の査定をネットでおこなう際には、注意点もあります。それは大きく分けて以下の2つです。

  • 家の査定額を高く吊り上げられる
  • しつこい営業電話がかかってくる

このデメリットは、新興の小規模サービスになるほど顕著なので、信頼できるサイトを確実に選ぶようにしましょう。

不動産一括査定サイトのデメリットとは?失敗した人の口コミ・リスクを回避する方法

【デメリット①】家の査定額を高く吊り上げられる

複数社に査定依頼をしてその金額を比較すると、高値で査定してくれたところに飛びつくのが人の心というものです。

ただ中には、あえて査定額を吊り上げて契約を取ろうとする悪徳業者もいるので注意しましょう。

仲介売却は成約時に売主から売上の一部を仲介手数料としてもらうのが収益源になります。仲介手数料を得るためには何としても契約を取らなければいけないので、こうした作戦を取るのです。

悪徳業者の中には適正価格の2割増で査定をするところもあります。

高値で査定してくれたところと契約すればお得なのは確かですが、あくまで常識の範囲内で選ぶことを意識しましょう。

複数社の中で飛びぬけて査定額の高いところは契約候補から外すか、事前にスーモの売出物件情報などで相場のイメージをつかんでおくと騙されにくくなりますよ。

家の売却相場と築年数・立地の関係!築10年から価格が付かない?

【デメリット②】しつこい営業電話がかかってくる

「売る気はないけど大体いくらになるか一応知っておきたい」と思ってネットで査定依頼をしても、後から家を売りませんかという営業電話がかかってくることがあります。

こうした報告はサイト利用者から多数報告されていますが、必ずしも業者に非があるわけではありません。

まず、不動産会社によって査定に必要としている情報は違います。対して一括査定サイトは簡単さを重視して最小限の項目しか設けられていないので、その情報だけでは査定ができないという会社もあります。

こうした会社が足りない情報を聞き出すために電話をかけてくる可能性もあります。

また、「家の査定・売却をおこなうためには重要なルールを共有しないといけない」と考える業者もいます。

そもそも、申込者のほうは「まだ売却は検討中」と考えていても、不動産会社のほうが「今すぐ売りたいから依頼してきた」と取るかも知れません。

こうした齟齬がないように、申込フォームの自由自由記入欄に自分の意思をしっかり書いておきましょう。

ただ、査定依頼をしていない会社から営業電話がかかってくるというケースはサイトや業者に問題があるため、厳しく対処しなければいけません。

対処法はこちらにまとめているので、ぜひ参考にしてください!

不動産屋のしつこい営業電話を断りたい!迷惑電話を撃退する意外な方法とは?

家のネット査定は注意して安全におこなおう!

ここまで、家のネット査定におすすめの4サイトと、そのメリット・デメリットを詳しく解説しました。

現在、家を高く売った人の9割以上がネット査定を利用しているともいわれており、現在の不動産売却には欠かせないツールと言えます。

ただ、すでに述べたように利用時にはリスクもあります。

使う際は注意して安全に利用するよう心がけましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産売却時の専任媒介と一般媒介の違いをわかりやすく解説
不動産売却は、一般的に専任媒介契約を選んだ方が良いです。理由としては、業者のモチベーションが高くな…
築10年のマンションを売却するコツ
築10年のマンションは、売却しても需要が高く、短期で売れやすいです。ただ、競合の数も多いので、希少性…
都市計画区域・市街化調整区域とは?特殊な土地売却のコツをわかりやすく解説!
調整区域の土地は、インフラが整っていないことが多く、売却が上手くいきにくいです。宅地であれば売れる…
任意売却はローンの払えない家を売る方法!売った後も住み続けられる!
家のローンが原因での売却なら任意売却を検討しましょう。任意売却は競売に比べて、経済的、精神的にもメ…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2018年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…