TOP > マンションを高く売る > マンション査定の準備をしよう!やっておきたい4つの施策

マンション査定の準備をしよう!やっておきたい4つの施策

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンション査定の準備

マンションを売る際は、不動産会社に査定をしてもらう必要があります。

中古物件には定価がないので、いくらで売れるかの見積もりがないと売り出すことができないからです。

いきなり査定を依頼するよりは、しっかりと対策をした上のほうが正確な査定額を算出することができます。

今回は、マンションの査定を依頼する前にやっておきたい準備を、4つに分けて紹介していきます。

マンション査定の方法ガイド!高く売るポイントと失敗しない注意点

①まずは知識武装から!マンション売却の基本的な知識を学ぼう

マンション売却に向けて走りだす前に、まずはマンション売却の基本的な知識を頭に入れておきましょう。

特に頭に入れてほしいのが、流れ・かかる税金の2つです。

これを事前に知っておくのとおかないのでは、今後の展開や結果に大きな違いが生まれますよ!

マンション売却の流れは8ステップ!平均3~6か月かかるので注意

マンション売却の流れは、こちらの8ステップとなります。

  1. 査定
  2. 媒介契約
  3. 売り出しの開始
  4. 内覧
  5. 購入の申込み
  6. 売買契約
  7. 決済と引き渡し
  8. 確定申告

マンションが売れるまで、トータルでかかる期間は3~6か月ほどです。

不動産売却の期間は3~6ヵ月!短縮する方法はある?

成約まで時間がかかることを見越して、早めに手続きを進めていく必要があります。

また、買う人がいなければ成約を結ぶことはできないので、売れるまでのスケジュールはかなり曖昧に設定するしかありません。

売れ残りのリスクも常に考えていかなければいけません。

マンション買取なら最短1ヵ月弱で売れる!ただ価格が4割減になるので注意

3~6か月かかるのはマンションの仲介売却(不動産会社の仲介のもと、第三者へ売り出す)ですが、業者に買い取ってもらえば最短1ヵ月弱で成約可能です。

いつ契約をしていつ引き渡すかも、相談初日に不動産会社から詳しいスケジュールを教えてもらえます。直近で引っ越しの予定がある方などは、買取を使うことをおすすめします。

ただ、買取は売却に比べて価格が4割程度落ちるのが難点です。これは、買取後にリフォームをして再販する費用を差し引いている方です。

価格と時間のどちらを取るか、じっくり考えておきましょう。

【2018年】マンション買取業者ランキング!買取再販戸数・保証を比較

マンション売却にかかる税金・費用は総額100万円以上になることも!

マンション売却にかかる費用は、代表的なものでも9つほどあります。

  1. 仲介手数料
  2. 印紙税
  3. 抵当権抹消登記費用
  4. 譲渡所得税
  5. 測量費用
  6. 不用品の処分費用
  7. 各種書類の発行費用
  8. ハウスクリーニング費
  9. リフォーム費

マンションの売却価格によってもかかる税金は上下しますが、低く見積もっても総額100万円前後の費用は覚悟しなければいけません。

お金がいくら手元に入るかシミュレーションする際は、こうした費用のことも必ず考えなければいけませんよ

不動産売却にかかる税金・費用一覧!いくらかかるのか解説

②査定前にマンションの売却相場を調べてイメージをつかもう

自分のマンションはいくらで売れるか、その概算値を自分で事前にイメージする必要があります。

「そんなの不動産会社に査定してもらえばいいじゃないか」と思われるかも知れませんが、不動産会社の査定額は1社1社異なりますし、必ずしも正確な査定額を算出してくれるわけではありません。

中には査定額をあえて吊り上げて契約を取ろうとする悪徳業者もいるので、事前に相場を調べておけばどの業者と契約すれば良いかが分かりやすくなります。

相場を調べる方法は、大きく分けてこちらの2通りです。

  • スーモなどのポータルサイトや折り込みチラシで現在の売出物件情報を調べる
  • 国交省の「土地総合情報システム」などを使って過去の成約事例を調べる

※マンション売却相場の詳しい調べ方はこちらにまとめています。

不動産売却相場の調べ方を一挙公開!マンション・家・土地のタイプ別おすすめ方法は?

③マンション査定・売却に必要な書類を事前に準備しておこう

マンションの査定を依頼する前に、必要書類を出来るだけ準備しておきましょう。

マンション売却に必要な書類は、査定依頼から媒介契約前に準備したいものと、買主との売買契約・引き渡し前に準備したいものがあります。

いくつかの書類は発行に時間がかかるケースもあるので時間に余裕を持って揃えておきましょう。

査定依頼から売買契約前に準備したい書類まとめ

最初のうちに揃えておきたい書類は、以下の通りです。

  • 身分証明書
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 登記事項証明書(登記簿謄本)
  • 登記済権利書または登記識別情報
  • 固定資産税通知書
  • 固定資産税評価証明書
  • 固定資産税評価証明書
  • 土地の測量図
  • 建物の図面
  • 固定資産税評価証明書
  • ※マンション情報が確認できる書類
  • その他書類(お持ちの場合提出)

マンションを1棟まるごと所有しているなら、オーナーが書類を全て集められます。

ただ分譲マンションの場合は、重要書類を自分が持っていないことも多いです。

この場合はマンションの管理会社に連絡し、書類を発行してもらう必要があります。

売買契約・引き渡し前に準備したい書類まとめ

売買契約や引き渡しには、こちらの書類を不動産会社や買主に提出する必要があります。

  • 本人確認書類
  • 印鑑証明書・実印
  • 登記済証または登記識別情報
  • 固定資産税関連書類
  • 建築協定書
  • 印紙代
  • 仲介手数料の半金
  • 建築確認通知書
  • マンションの管理規約等

マンションは戸建て物件と違い、独自の管理規約(喫煙不可、ペット不可、同居不可など)が定められています。

マンションを売る際は、こちらの規約条項も一緒に引き渡す必要があるのです。

※各書類の詳しい内容・取得方法はこちらにまとめています!

【完全版】不動産売却の必要書類と取得方法を徹底解説

④訪問査定の前に出来るだけマンション内の掃除をしておこう

「掃除をすれば査定額が上がる」という意見もありますが、実際のところの関連性は薄いです。

査定で見るのはアクセスや築年数、面積といった部分が主で、ちょっとしたキズや汚れは価格にそこまで影響しないのです。

ただ、実際に買主を探す時は十分に掃除をする必要があります。

売買する相手も不動産に関しては素人なので、見た目の良し悪しが買うかどうかに大きく影響するからです。

また、いくら査定には影響がないといっても、担当者が訪問してきた時にあまりにも部屋が汚いと「協力的ではない」と見なされて販売を後回しにされる可能性があります。

最低限の掃除は準備段階でやっておくようにしましょう。

マンションの掃除をする際のポイント
場所 ポイント
キッチン コンロやシンクを優先的に磨き上げる。生ごみのニオイはしっかり消臭
浴室・洗面所 カビ・水垢・鏡の曇りを清掃。内覧時には全体が乾いた状態になっているようにする
トイレ におい、カビ、水垢やホコリを清掃
リビング・ダイニング ものを整理整頓し、広い印象を与える
玄関 靴・傘はしっかり収納。床(三和土)は水拭きしておく
ベランダ・バルコニー 洗濯物はすべて取り込んでおく。床を拭き掃除し、余計なものは置かない
窓ガラス ガラス・網戸を拭き、日光がより入るようにする
クローゼット・ロフト 中を見られることも想定して整理整頓。荷物を押し込まない

マンション査定は売主の協力なしでは出来ない!積極的に準備をしよう!

ここまで、マンション査定の準備段階でやっておきたい4つの施策を紹介しました。

こうした準備は自分のためという意味もありますが、その他に査定をする不動産会社のためという意味もあります。

正確な査定額を算出するのは、不動産会社だけでは出来ません。売主の協力も不可欠なのです。

こちらの知識や準備した情報が多ければ多いほど、査定額が正確になり、その後の売却もスムーズになります。

査定を不動産会社任せにせず、積極的に協力をしていきましょう!

不動産一括査定サイト33社を比較!2018年おすすめランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

家・マンション売却の内覧で失敗しないポイント・注意点
家・マンションの内覧前には掃除をするべきというのは、注意点として良くいわれますが、その他には、買い…
分譲マンション売却の流れと賢いスケジュールの組み方
分譲マンションを売るには、流れ・手順やスケジュールの組み方を知っておく必要があります。特に住み替え…
八王子の一戸建て・マンション・アパート・土地査定・売買のコツとおすすめ不動産会社
八王子の不動産相場は地域によって大きな相場があるので、市全体ではなくエリアごとに細かく調査をしまし…
不動産売却で特別控除を受ける方法
不動産売却の譲渡所得税は特別控除を利用することで免除を利用することが可能です。マイホームであれば利…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2018年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…