TOP > 土地を高く売る > 再建築不可になった旗竿地(敷地延長)を売る方法とは

再建築不可になった旗竿地(敷地延長)を売る方法とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
旗竿地(敷地延長)

「安いし購入するのは簡単だったのに、売るのは難しい・・・」

旗竿地はメリットもありますが、それを上回るデメリットが多いため売れにくいです。

さらに基準法に引っかかってしまうと、再建築不可の物件となってしまうこともあります。

再建築不可の物件になってしまうと、今ある家を取り壊しても新しく家を建てることができません。

でも使わない家は管理も大変だし、手放したいですよね。

今回は旗竿地の中から再建築不可となってしまった物件を売る方法についてご紹介していきます。

土地を簡単に売る方法!いらない土地は国や自治体に売却できるって本当?

旗竿地(敷地延長)ってそもそもどんな土地?

旗竿地(はたざおち)とは土地の形が旗のようになっていて、細長い道路があってその奥に家があるような土地のことです。

別名「敷延(しきえん)」と呼ばれます。

次の画像の青の部分が旗竿地と呼ばれる土地です。

画像をみて分かる通り、旗竿地では車を横に駐車することができず、縦に駐車しなければいけません。

形の整った正方形や長方形の土地は人気が高いため、価格も上がりやすいですが、形の整っていない旗竿地や三角の土地は価格が低くなっています。

旗竿地のメリット

価格が安い

価格が通常の土地に比べて7割~8割ほど安くなります。地域によってはもっと割合が低くなるでしょう。

「どうしても世田谷区にすみたいけど土地が高い・・」

予算的に無理だと思っていた地域でも、旗竿地であれば家を建てることができます。

交通の面から小さい子供にも安心

旗竿地は目の前に道路がない分、安全であるとも言えます。

小さいお子さんがいる家族にとっては、すぐ前に車が通らないので安全ですね。

事故を心配することなく、庭で遊ばせることができるのではないでしょうか。

奥に家があるので外から見えにくい

日当たりや風通しが良くても、周りから見られるのが嫌で、カーテンを開けられないという家は意外と多いです。

旗竿地は土地が奥まっているため、人の目を気にする必要がなく、プライバシーを保つことができます。

駐車スペースを作る必要がない

旗竿地の竿の部分に車が止められるだけの幅があるなら、駐車場として利用することができます。

庭と駐車場を分けたい方にとっては、駐車スペースを作る必要がないため庭を広々と使うことができます。

旗竿地のデメリット

通路が狭いので緊急事態に対応できない

旗竿地の通路は狭いため、大きな重機が入りません。

そのためもし火事になってしまったり、病人がでて救急車が必要な際にすぐ対応することができません。

解体費用が2~3倍になる

今の家を解体して新しい家を建てようと思ったら、取り壊しが必要になります。

普通は重機で解体しますが、旗竿地は重機が入らないため、人の手で解体しなければいけません。

一般的な木造住宅は解体費用が平均150万~200万円なのに対し、旗竿地の解体には人件費がかかる分費用が2倍~3倍になってしまいます。

また新しく家を建てる場合も、建設は手作業になってしまうので、費用がかかってしまいます。

車の出入りがしにくい

旗竿地の竿の部分に十分な幅がない場合は、駐車するのに一苦労です。

車を横に駐車することができないので、後ろにある車を動かす時に、わざわざ前の車を動かさなければいけないこともあります。

車を持っていないのであれば、竿の部分が2メートルぐらいの土地でもかまいませんが、車を持っている方は2.7メートル以上の幅がないと不便でしょう。

日当たりや風通しが悪い

前に家が建っているため、風通しや日当たりがよくありません。

日当たりは多くの人が、重要視するポイントなので、日当たりを気にする方にとっては評価が下がるでしょう。

好きな間取りの家が建てられない

正方形や長方形の家だと家を建てる際に、自分の好きな間取りで家を考えることができますが、旗竿地の場合はできる間取りが限られてきてしまいます。

水道・ガス・電気などのライフラインの整備費が高い

道路から家までの距離がアプローチによって長いため、通常の住宅よりもライフラインの整備にお金がかかります。

例えば水道の引き込み工事は30万円~50万円が相場ですが、旗竿地の場合は40万円~60万円の別途費用が必要になることも。

いらない旗竿地は早めに売ろう!放置しておくデメリット

現在所有している旗竿地がいらないと感じたら、できるだけ早く売ってしまうことをおすすめします。

「使わないなら放っておいて良いんじゃないの?」と考える方もいますが、実は放置しているだけでコストがかかったり、犯罪に巻き込まれてしまったりするのです。

ここからは、旗竿地を放置するデメリットを解説していきます。

維持費がかかる

空き家は家の痛むスピードが早いため、月に1回のペースで管理していく必要があります。

電気代・ガス代の基本料金がかかるほか、換気、通水、庭の手入れなどを管理する必要があります。

税金がかかる

家は使っていなくても所有しているだけで、固定資産税・都市計画税が将来にわたって課税されます。

旗竿地を売却しないことで、使っていないのに毎年税金を払わなければいけなくなるので注意しましょう。

防犯の面からみても危険

空き家のまま放置すると、放火の危険性が高まります。

管理していないと、思わぬところで犯罪に巻き込まれてしまい、近隣の人にまで迷惑をかけてしまうので気を付けましょう。

再建築不可の物件に注意しよう

メリットもデメリットもある旗竿地ですが、「再建築不可の物件」の取り扱いには十分注意しましょう。

再建築不可の物件とは、今の建物を取り壊してしまうと二度と家を建てることができない土地の事です。

建築基準法の接道義務によって、都市計画区内に建物を建てる際は「幅が4メートル以上の道路に、2メートル以上接した土地でなければいけない」と義務付けられています。

これは地震や火災のときに、避難経路や救急車両を確保することが目的です。

しかし接道義務がなかった時代に建てられた家だと、この義務を満たしていなくても家が建てられてしまうため、現在は再建築不可の物件となってしまうんですね。

再建築不可の旗竿地を売却するコツ

旗竿地の売却はただでさえ売れにくいのに、さらに再建築不可の物件となるとますます売れにくくなってしまいます。

ここからは再建築不可の物件でも売却する方法についてご紹介していきます。

土地を売る時の17の注意点!高く売却したい方必読

路地部分に隣接した土地を一部買い取る

再建築不可の物件になってしまった物件を通常のように売るには、接道義務の基準を満たしている必要があります。

接道義務をクリアするために、「路地部分に隣接した土地を一部買い取る」という方法があります。

例えばお隣さんが引っ越すときに売ってほしいとお願いするなどです。

タイミングと資金が合えば、隣の土地を丸ごと買い取って自分の旗竿地と合わせて売ることができます。

難しいですが変形した土地でない分、土地の評価は上がるでしょう。

土地付き一戸建てとして売りに出す

家を取り壊してしまうと、建物を建てられないため、「リフォームして売りに出す」という方法で売却を検討してもいいでしょう。

しかしリフォームするのにもお金がかかります。重機が入れないのでリフォーム費用も通常よりかかるのも避けられません。

費用もかけてもリフォームする価値があるのか、売却額と照らし合わせてから決めましょう。

旗竿地に強い不動産会社を探す

旗竿地などの変形した土地の売買を、得意としている不動産会社も増えてきています。

旗竿地は通常の土地よりも安く購入できるため、仕入れを強化している会社も増えてきているのです。

通常の不動産ではなく、旗竿地に強い不動産会社を探してみると売却の確率も上がります。

【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較

一括査定サイトで売却査定を出してみる

旗竿地を売るには「売りたい」「買いたい」と思ってくれる不動産会社をみつけることが重要です。

積極的に旗竿地に対応している不動産会社を探しましょう。 インターネット上の一択査定サイトならわざわざ不動産会社を回る手間が省けます。

※一括査定サイトの詳しい内容はこちらにまとめています。

不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング

旗竿地を売る際は専任媒介契約がおすすめ

不動産業者は取引が成立すれば仲介手数料をもらえる仕組みです。

不動産売却の仲介手数料はいくらが相場?なぜ払うの?根拠・計算方法

複数の業者に売りに出してしまうと、ライバルが多く、報酬を貰える可能性も減ってしまいます。

特に人気の物件や、売却額が高い物件なら成功報酬も高くなるので、不動産の営業の人も気合が入るのですが、旗竿地はそうはいきません。

売れたとしても安い成功報酬しか手に入らないので、モチベーションもあまり上がらないのです。

そのため、仲介会社には専任媒介を結び、その物件が売れたら確実に報酬が手に入るという状況にしておくことで、不動産会社もやる気を出してくれる状況にすることができます。

専任媒介がおすすめ!不動産売却の媒介契約について解説

旗竿地は高く売れにくい!業者に買い取ってもらうのも一つの手

買取業者に依頼するメリットは「仲介手数料がかからないこと」「買い取り先が業者なので、ローンが通らなかったといって解約される心配がないこと」です。

買い取り業者の中には、再建築不可の物件専門の買取業者もあります。

売却利益は少し下がってしまいますが、忙しかったり、売却を急いでいる場合は検討してもいいのではないでしょうか。

不動産買取とは?家の買取と仲介を徹底比較

売れにくい旗竿地でも売却は可能です!

旗竿地は売れにくい土地ではありますが、放置しておくと金銭的にも防犯の面からみてもよくありません。

再建築不可の物件だったとしても、ここでご紹介した方法を使って、放置せず、できるだけ手放すことをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

浦安の不動産を査定する方法と売買におすすめの会社を紹介!
娯楽だけでなく住宅エリアとしても人気をあつめる浦安。今回は浦安の不動産情報や査定の方法、売買仲介を…
ネットで不動産査定をした後の流れは?連絡は電話?メール?
不動産査定をネットで依頼したら、その後はどうなるのでしょうか。今回は結果がいつどのように届くのか。…
不動産売却時に相談すべき相手をタイミング別に紹介!
不動産売却の手続きは複雑なものが多く、どこの専門かもそれぞれ違うので、対応している専門家にしっかり…
マンション査定の注意点!査定前に掃除やリフォームは必要ない?
マンション査定の注意点を4つ紹介!査定前の掃除・リフォームは必要かなど、気になるポイントを分かりや…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2019年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…