TOP > 家を高く売る > プレハブ・ユニットハウスの売却・買取の方法!解体するのも一つの手

プレハブ・ユニットハウスの売却・買取の方法!解体するのも一つの手

このエントリーをはてなブックマークに追加
プレハブ・ユニットハウス

使わなくなったプレハブ・ユニットハウスを売りたいと考える方も多いと思います。

ただ、いざ売りたいと思っても、何から手を付ければ良いか分からないというのが正直なところですよね。

今回は、そんなプレハブ・ユニットハウスのお得な処分方法を紹介していきます!

不動産売却の流れ全8ステップを徹底解説!

プレハブとユニットハウスの違い

プレハブとユニットハウス。混同しがちな2つの不動産ですが、意味は若干異なります。

プレハブの本来の意味は、あらかじめ製作した部材を現場で組み立てる工法のことを指します。

ただ、プレハブ工法で建てられた物件(プレハブ住宅)のことをプレハブと呼ぶこともあります。

一方、ユニットハウス(ユニット住宅)とは箱型のユニットを組み合わせて建てる住宅のことを指します。

つまり、プレハブ住宅の中にユニットハウスに含まれるということです。

プレハブ・ユニットハウスは仲介売却できるのか

家やマンションなどは、業者の仲介で全国の不特定多数に売り出す仲介売却という方法で売ることが多いです。

仲介売却は売主が希望する条件を下げずに希望者とのマッチングを図る方法で、成約まで時間はかかりますが高く売れます。

プレハブ・ユニットハウスも仲介売却を依頼することはできますが、おすすめは出来ません。

なぜなら、中古のプレハブ・ユニットハウスがほしいという層が非常に少ないからです。

多くの場合は、買取業者にそのまま買い取ってもらうことをおすすめされます。

最近は事業者がプレハブ・ユニットハウスを買うケースも多い

ただ、最近は店舗経営者などがプレハブ・ユニットハウスを購入するケースも増えています。

一風変わった出店を運営したいというニッチな需要の増加がその理由です。

まだまだ需要が高いとは言えませんが、仲介売却に挑戦する価値は十分あると言っても良いでしょう。

プレハブ・ユニットハウスは専門業者に買い取ってもらうのがおすすめ

プレハブ・ユニットハウスは、専門の買取業者がいます。

仲介売却に比べて時間もかからず、すぐ換金できるのでおすすめですよ!

買取相場としては、4坪タイプが15万円ほどとなります。

下手に仲介売却で売り出すと、何年も売れ残るリスクがあるので注意しましょう。

不動産買取とは?家の買取と仲介を徹底比較

敷地ごと所有しているならプレハブ・ユニットハウスを解体してしまうのも手

もともとは更地を所有しており、どう活用するか悩んだ結果プレハブ住宅を建てたというケースもあります。

この場合、プレハブ住宅を解体して更地に戻して売ったほうが高値は付きやすいです。

まず、更地にすることで用途が一気に増えます。

十分な広さがあればマイホームや店舗の新築が可能ですし、面積が狭くても自販機やコインランドリー経営、太陽光パネル設置といった活用法を試すことができます。

土地活用の方法を一挙解説!あなたにおすすめの方法はどれ?

アクセスの良い土地なら、数千万円で売れるのも夢ではないですよ!

土地を売る時の17の注意点!高く売却したい方必読

プレハブ・ユニットハウスは自分で立て壊すとお得!解体方法を解説

プレハブ・ユニットハウスは、自力で解体することも可能です。

解体作業は、以下の流れで進めていきます。

  1. 屋根を撤去
  2. 内装の撤去
  3. 側壁の撤去
  4. 床面の撤去
  5. 基礎や残骸の撤去

解体前に準備するもの一覧

プレハブ・ユニットハウスの解体は非常に危険なので、ヘルメットや安全靴なども必要になります。

解体前に準備すべきものは、こちらになります。

  • ヘルメット
  • 安全靴
  • 作業着
  • 軍手
  • バール
  • ハンマー
  • ハツリ機

解体時に建物の柱を切断する必要があれば、別途でチェーンソーも準備しなければいけません。ただ、柱の切断は手練でないと危険なので、素人はやめておきましょう。

80㎡なら解体前に申請が必要

プレハブ住宅の体積が80㎡以上になる場合は、建設リサイクル法に基づく届け出を自治体にしておく必要があります。

届け出の条件は自治体によって若干異なるので、必ず確認をしておきましょう。

初心者はプレハブ・ユニットハウスの売却を専門業者に依頼しよう

解体作業を自力でやれば解体費用はかなり節約できますが、危険性も伴います。

無理に自分でやるよりは、専門家に頼んで解体してもらいましょう。

ただ、解体費用はサイズによって数万円から数十万円かかってしまうので注意が必要です。

また、安価な下請け業者に解体を依頼すると、解体した残骸の処理をしっかりせず、いざ敷地を売るとなった時に「土に異物が混ざっている」と言われて価値が大幅に下がることもあります。

解体業者選びには十分注意しましょう。

プレハブ・ユニットハウスを高く売るには業者選びが重要

プレハブ・ユニットハウスを売ろうと思っても、実際に広告掲載や販売営業をしてくれるのは契約した不動産会社です。

つまり、売却を成功させるためには良い不動産会社と契約するのが必要不可欠なのです。

最寄りの不動産会社に相談にいき、そのまま契約してしまう人もいますが、売却を成功させるにはなるべく多くの業者に査定を依頼し、比較するようにしましょう!

1社1社に連絡を取るのは時間がかかりますが、最近は一括査定サイトのような便利なサービスを使ってスピーディに複数社へ査定依頼をすることができます。

一括査定サイトの詳しい使い方はこちらにまとめています。ぜひ参考にしてください。

不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産売却前の物件調査の内容・やり方を徹底解説!
不動産調査は、売却する不動産の訪問調査というイメージがありますが、実はそれ以外にも4つほどの調査が…
空き地の査定方法を解説!査定の注意点・抑えるべき5つのポイント
空き地の査定方法を徹底解説!賢い査定の依頼の仕方から、誤った査定を見抜く方法まで分かりやすく紹介し…
実家を売るのは悲しい!寂しい!処分したくない方におすすめの方法
いくら空き家になった実家といえ、売るのは寂しいし悲しいものです。しかし、放置をしても損をするだけで…
仲介と媒介の違いとは?混同しがちな不動産用語の意味をわかりやすく解説
不動産についてしらべていると仲介と媒介という言葉がでてきて戸惑いますが、基本的に意味は同じです。媒…

おすすめ・特集記事!

【2019年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…