TOP > 不動産売却の基礎知識 > 店舗を売る方法!飲食店の居抜き売却相場はいくら?

店舗を売る方法!飲食店の居抜き売却相場はいくら?

このエントリーをはてなブックマークに追加
店舗を売る方法!飲食店の居抜き売却相場はいくら?

今経営している店舗を閉める時、または今の店舗を売って新しい店舗を借りる時は、売ってお金にするのがおすすめです。

ただ、店舗を売るにはどうすれば良いのか、また店舗の売却相場はいくらぐらいなのか検討をつけるのは難しいですよね。

そこで今回は、店舗を売る方法や売却相場を詳しく解説していきます!

特にはじめて店舗売却にチャレンジする方は参考になると思うので、ぜひご覧ください!

不動産を売るには?はじめて売る時に最低限知っておきたい基本知識

飲食店を手放したい!店舗を売るメリット

飲食店を手放したいと思った時、知り合いに譲渡するなどのやり方が思い浮かびます。

ただ、お得に処分したいのであれば、売ってしまうのが絶対にお得です。

ここからは、なぜいらない店舗を売ってしまったほうが良いのかを解説していきます。

店じまいにかかる費用を回収できる

店舗を閉店する際は、こちらのようなコストがかかります。

  • 解体費・原状回復費
  • 処分までの空家賃
  • 保証金+保証金期間内償却

一般的な飲食店の売場面積を30~50㎡とすれば、閉店にかかる費用は少なくても500万円以上になります。

閉めるお店を高く売れば、この費用を回収することができます。

維持費・税金などのコストを丸投げできる

店舗経営は賃料、清掃費、税金など様々な費用がかかってきます。

いらない店舗を誰かに貸し出したとしても、所有者が変わらない限り一部のコストはかかり続けてしまいます。

一方、売却をすれば所有権ごと買い手に譲渡できるので、コストから何かあった時の責任まで丸ごと回避することができます。

店舗を売る際は居抜き売却がおすすめ!

店舗を売る時の基本的な方法が居抜き売却です。

これは、店舗の設備などを撤去せずそのまま売る方法で、設備の処分費を節約し、撤退コストを減らすことができます。

その他にも、居抜き売却には以下のようなメリットがあります。

造作譲渡料によって利益がアップ

造作譲渡料とは、居抜き物件に残る内装、設備のために買主が支払う費用となります。

インテリアにお金をかけていれば、造作譲渡料はその分高額になるため、出費が無駄になりません。

また、撤去費を節約することもできるので、売主にとっては一石二鳥ですよ。

原状回復をする必要がない

通常、店舗を退去する際は原状回復をしなければいけません。

原状回復ですべきことは以下のような作業です。

  • 看板・設備などの撤去
  • 店舗内の修繕
  • 内装解体工事
  • スケルトン仕上げ
  • 廃棄物処理

作業が多くて複雑ですが、居抜き売却では原状回復工事をする必要が無いので、コストを抑えられますし楽です。

店舗を居抜き売却する方法は2通り

居抜き売却は個人で手続きをして買い手を探す方法と、居抜き売買業者という仲介業者と契約する方法の2通りがあります。

それぞれ手続きの流れが異なるので、注意しましょう。

①個人で店舗を居抜き売却する流れ

  1. 解約予告・造作譲渡の承諾
  2. 買い手の募集
  3. 売買条件の交渉
  4. オーナーへの紹介
  5. 造作譲渡契約
  6. 賃貸借契約
  7. 引き渡し・決済

解約予告・造作譲渡の承諾

店舗を退去する際は、まずオーナーに解約の予告をしましょう。

この時、造作譲渡(居抜き売却)を出来るかどうかの許可をもらいます。

物件によっては、備え付け設備などの影響で居抜き売却ができない可能性もあります。

買い手の募集

業者の仲介を挟まない場合、自分で募集をかけなくてはいけません。

募集は店舗のHPなどを通じておこなったり、知り合いを通じて募集をかけたりするのが一般的です。

売買条件の交渉

購入希望者との間で、売買条件の交渉をしていきます。

そのまま売ることはできるのか、 設備の修繕は必要か、修繕費用がかかるなら負担はどちらがするのかといった話し合いを進めていきます。

オーナーへの紹介

店舗にオーナーが存在する場合は、売主が仲介して購入希望者をオーナーへ紹介します。

場合によっては、3者面談をおこなうケースもあるようです。

造作譲渡契約

居抜き売却が成立したら、造作譲渡契約という契約を結びます。

契約時は売主と買主、行政書士などの立会人のもと、契約書の読み合いをおこないます。

契約書のフォーマットは自由ですが、こちらのような重要項目は記載が必要です。

  • 造作譲渡する品のリスト
  • 造作譲渡料
  • 引き渡し日
  • 代金の支払い方法・支払い期限
  • 途中キャンセルの罰則 など…

読み合わせた上で納得をすれば、契約を締結します。

賃貸借契約

賃貸借契約は、造作譲渡契約が終わった後におこなうのが一般的です。

造作譲渡契約を結ばないと正式に借主と貸主という関係が結べず、賃貸借契約ができません。

引き渡し・決済

全ての契約を終えたら、決めた日時に店舗の引き渡しと代金などの決済をおこないます。

売却代金は、店舗引き渡し後に振り込まれるのが一般的です。

②居抜き売買業者と契約した場合

居抜き売却には、専門の仲介業者がいます。

時間に余裕のない方や手続きが不安な方は、彼らに依頼してしまったほうが良いでしょう。

最初から最後まで居抜き売却をサポートしてくれる

仲介業者と契約すると、広告作成や販売営業といった販売活動を一手に引き受けてくれます。

その他にも税金や契約の相談にも乗ってくれるので、文字通り最初から最後までサポートしてもらえるのです。

個人売買よりトラブルが少ないのが魅力

「手続きの仕方なんてネットにも載ってるし、カンタンだろ」と思う方もいるでしょう。

確かに手続き自体は何かを参考にすればできます。ただ、最も注意すべきは法的なリスクのほうです。

自分の中では経営の延長線上で良かれと思ってやったことも、不動産業界では認められていないというケースが多々あります。

もし、こうしたルール違反をしてしまうと高額賠償をする羽目になりかねません。

トラブルを起こさないためにも、業者と契約してしまうことをおすすめします。

仲介手数料が発生するのが難点

仲介業者に依頼する大きなデメリットが、仲介手数料です。

不動産売却の仲介手数料はいくらが相場?なぜ払うの?根拠・計算方法

仲介手数料は、売却価格に比例して上がっていきます。計算式は以下の通りです。

取引額 仲介手数料(法定の上限額)
200万円以下 売却額×5%
200万円超400万円以下 売却額×4%+2万円
400万円超 売却額×3%+6万円

仲介業者に依頼する際は、手数料の存在もしっかり考慮しましょう。

店舗の居抜き売却は100万円~250万円ほど

居抜き売却の相場に関しては、買主が店舗展開の費用をいくらと考えているかで変わります。

ただの引っ越しとは違い、事業は設備や材料の仕入れなどをまずおこなわなければいけません。

こうした必要最低限の費用を支払い、残ったお金で店舗を決めていくのが一般的です。

店舗の居抜き売却の相場は、現在100万円~250万円ほどとなっています。

居抜き売却市場拡大にともない売り手市場から買い手市場へ

居抜き売却は、以前はポピュラーではなく空き店舗を売買するよりお得というインパクトもあったので600万円ほどの高値が付きました。

しかし、現在は居抜き売却を仲介する業者が増え、コストを抑えられるメリットも浸透したことで多くの売主が実施をすることになりました。

周辺地域でも数件の店舗が居抜き売却で出されているというケースが珍しくなくなり、結果的に相場が下がってしまったのです。

相場以上で売れる店舗の特徴

居抜き売却の相場は下がってしまいましたが、それでも高く売れる店舗というのは存在します。

では、相場以上で高く売れる店舗とはどんなものでしょうか?

ここから解説していきます。

最も重要なのは立地の良さ

店舗の価格を決める最も大きな要素が立地です。

同じ事業をおこなうにしても、立地によって利益は何十倍にもなります。

居抜き売買業者も立地の良い店舗を仲介しようと考えているので、相見積もりをすれば好条件で売ってくれる可能性が高いです。

不動産見積もりの注意点!相見積もりにはリスクもある

面積は10~15坪が最も人気

店舗の面積というのは、広ければ広いほど良いわけではありません。

設備の規模によっては広すぎると上手く稼働しないものがありますし、事業によっては集客できる見込み数にも限りがあります。

カウンタータイプの店舗で、10~15坪ほどのものが人気は最も高いです。

客席・厨房の清潔さも価格に影響

飲食関係だと、焦げやこびりついた汚れなど、プロに頼んでも完璧にキレイにはできない部分が出てきます。

こうなってしまうと売却価格はガクッと下がってしまうので注意しましょう。

経営時にいかにキレイに使っていたか、汚れてしまった時の対応をスピーディにおこなったが、店舗売却では重要となります。

スムーズに成約を取るなら店舗買取がおすすめ

上で紹介した2つの方法は、どちらも不要な店舗を第三者へ売る方法ですが、ここで注意したいのが相手も事業に携わっているということです。

事業内容・規模・持ち込む設備によって買いたい空き店舗も変わってくるので、早く高く売れるかは運・タイミングも重要になります。

最初に売れる時期を知りたい、一刻も早く処分したいという方は、店舗を業者に買い取ってもらうのがおすすめです。

業者買取なら、どんな物件でも価格を付けてくれる可能性が高いです。また、早ければ持ち込んだ当日に査定・契約をしてくれるので、スケジュール管理がしやすくなります。

居抜き売却に比べて価格が下がるので注意

業者に買い取ってもらうデメリットとしては、利益が4割ほど下がってしまうという点です。

買い取った店舗はリフォームした上で再度売り出します。

この時にかかるリフォーム代分が利益から引かれているのです。

ただ最近は独自の工法でリフォーム代を節約し、その分売主に還元しようとする買取業者も増えています。

どこに買い取ってもらうか、じっくり選ぶことをおすすめします。

不動産買取とは?家の買取と仲介を徹底比較

店舗売却は業者選びが重要!一括査定サイトを活用しよう

店舗の居抜き売却を業者に依頼する際は、契約先を慎重に選ぶことが何より重要です。

営業マンの広告コストや営業範囲などは、業者の実績・モチベーションによって大きく変わります。

仲介業者が得られる利益は仲介手数料ですが、販売コストをかけても利益が変わらなければ赤字になってしまうので、敢えて営業で手を抜く業者も多いのです。

こうした業者と契約しないためには、まず複数社の査定結果や、担当者の実績・人柄も比較した上で絞り込みましょう。

一括査定サイトは60秒で最大6社へ査定依頼!

業者を比較しようと思っても、まず何社が対応してくれるか分かりません。また、1社ごとに査定を依頼していると時間がかかり過ぎてしまいます。

こうしたデメリットをスムーズに解消できるサービスが、一括査定サイトです。

店舗の簡単な情報を約60秒で入力すれば、最大6社以上に一括で査定依頼ができます。

査定結果を比較すれば、どこと契約すべきか一目瞭然ですよ!

一括査定サイトを使えば、契約までにかかる時間が約1週間短縮でき、価格は最大300万円も高く売ることができます。

利用料は無料なので、気軽に利用してみましょう!

※一括査定サイトの詳細内容はこちらにまとめています!

不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

家を売却するときの査定方法
売却する家を査定する時は、土地やマンションとは違い、個別性をしっかりと調査できる方法をとることがお…
家の売却でかかる税金を控除する方法まとめ!適用条件に注意
家売却で税金がかかった時に利用できる特例控除を一挙解説!適用の条件がややこしいので、注意しましょう。
空き家売却の税金は「3000万円の特別控除」特例でお得にしよう!
空き家を売却した際、譲渡所得税が発生することができます。この時に利用できる特例控除の内容と条件を詳…
相続した不動産はどう評価される?相続税評価額を簡単に計算する方法
相続した不動産の評価額は、基本的に土地についています。基本的には路線価方式で導き出されますが、一部…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2019年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…