TOP > 土地を高く売る > 土地査定は無料で出来る?コスト0で査定依頼する方法・注意点

土地査定は無料で出来る?コスト0で査定依頼する方法・注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加
無料で土地査定

土地を売る際は、査定をして見積もりを出す必要があります。

土地には定価というものがなく、その価値は時期や周辺地域の状況によっても変化します。

そのため、査定を依頼して正確な価格を算出する必要があるのですが、ここで気になるのが「お金はかかるのか」ということでしょう。

土地を売る際はさまざまな税金・費用がかかってしまうので、せめて査定だけは無料で実施したいですよね!

今回は、土地査定の気になるコスト事情を紹介していきます

土地査定の方法!価格が決まる仕組みとネットで簡単にできる相場の調べ方

土地査定は無料・有料の2種類がある

土地査定の方法は、無料と有料の2種類があります。

無料査定は一般的な不動産会社がおこなっているサービスで、有料査定は、不動産鑑定士と呼ばれる国家資格を持った人たちがおこなう鑑定調査となります。

本来、土地の査定は鑑定士に依頼する必要があるのですが、費用がかかるため市場の活性化が生まれにくく、だんだん不動産会社が無料におこなうようになりました。

有料査定を依頼することはほとんどない

不動産鑑定士による有料査定は、公式書類に評価額の記載が必要だったり、国の建築物の価値を見極めたりする際に利用されます。

精度がかなり高いと言われていますが、個人による土地売却に使われることはありません。

鑑定費用は各事務所によって決められていますが、どこも総じて高い費用設定になっています。

以下がその一例です。

            
鑑定費用 宅地または建物の鑑定評価 農地または林地の鑑定評価建物+土地(敷地)の鑑定評価
500万円以内 181,100円 362,000円241,000円
1000万円以内 181,000円 422,000円 271,000円
1500万円以内 196,000円 513,000円 316,000円
2000万円以内 226,000円 573,000円 347,000円
2500万円以内 249,000円 618,000円377,000円
3000万円以内 264,000円 648,000円407,000円
4000万円以内 286,000円 693,000円452,000円
5000万円以内 316,000円 738,000円497,000円
6000万円以内 346,000円 768,000円 527,000円
8000万円以内 392,000円 814,000円573,000円
1億円以内 439,000円 861,000円 620,000円
3000万円以内 264,000円 648,000円407,000円

※出典:株式会社横浜不動産鑑定HP

費用は鑑定額に比例して高くなっていますが、土地売却が失敗する可能性もあります。

この時は費用を回収できないリスクも出てくるので注意しましょう。

また、個人への土地売却なら正確な有料査定を依頼しても、その良さを生かすことができません。

なぜなら、土地を買う相手も不動産知識のない素人なので、果たして価格が正確かどうか見抜くことができないのです。

後述しますが、最終的な売り出し価格は売主の希望も考慮されるので、ほとんどの場合は無料査定で十分なのです。

不動産査定の方法には無料と有料がある!かかる日数・査定額の違い

土地の無料査定の依頼方法は3種類

土地の無料査定を依頼する方法は、主に以下の3通りとなります。

  • 不動産会社に来店して申し込む
  • 不動産会社の公式サイトから申し込む
  • 一括査定サイトを使って申し込む

ここからは、それぞれの方法をわかりやすく解説していきます。

不動産会社に来店して申し込む

不動産会社に来店をして査定をしてもらうことも出来ます。

来店による査定は、最初に不動産会社に電話をして来店日時の決定と簡単な土地についてのヒアリングをおこない、実際に来店した時には査定結果の共有と、次のステップの確認をおこなう流れのところもあります。

また、来店時に登記簿謄本や測量図の持参を依頼されることもあります。

不動産査定の必要書類はこちらにまとめているので、ぜひ参考にしてください!

不動産査定の必要書類一覧!全20種類の内容と提出のタイミングを徹底解説!

不動産会社の公式サイトから申し込む

不動産会社の公式サイトから査定申込が出来るところもあります。

※上は三井のリハウスの公式ページ

公式サイトから査定申込をするメリットは、他社に情報流出する可能性が低いこと、情報伝達が早いことなどが挙げられます。

すでに査定・契約を依頼したい業者が固まっている時は、この方法でも良いでしょう。

一括査定サイトを使って申し込む

査定額はあくまで各社の”私見”であり、確実に当たっているということはありません。

また、査定額は「ウチならこれくらいの金額で売ることが出来る」という見積もり価格なので、出来るだけ多くの会社に査定依頼をして、高値を付けてくれたところと契約したほうがお得です。

このように、複数社の査定額を比較する際におすすめのサービスが一括査定サイトです。

一括査定サイトは60秒ほどで土地の簡単な情報を入力・送信すれば、平均6社以上に査定を一括依頼できる優れものです。

利用料は完全無料なので、まだ売却を検討中の方も気軽にお申込ください。

※一括査定サイトの詳しい内容はこちらにまとめています。

不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング

土地の無料査定におすすめの一括査定サイト3選

土地の無料査定には、まず一括査定サイトを使って複数社に査定依頼し、比較するのがおすすめです。

ただ、一括査定サイトは30を超える数があるので、初めての方はどれを使えば良いか分からないと思います。

そこで今回は、土地を無料査定する時におすすめの一括査定サイトを3つ紹介していきます。

すまいValue

すまいValueは、不動産の大手仲介業者6社が共同運営している不動産サイトです。

  • 三井不動産リアルティ(三井のリハウス)
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 小田急不動産
  • 野村不動産アーバンネット
  • 三菱地所ハウスネット

日本でもトップクラスの業者の査定額を比較できるので、大手志向の方にもおすすめです。

すまいValueは不動産会社が直接運営しているので、情報が洩れる心配は少ないです。

そのため、プライバシーを保護してほしい方にもおすすめできます。

すまいvalueで不動産売却査定!実際に利用した方の評判・口コミ

HOME4U

HOME4UはNTTグループが運営しているサイトで、業界の中でも信頼性が高い部類に入ります。

すまいValueと違って純粋な一括査定サイトで、登録業者が1000社ほどいます。

大手から中小まで幅広く比較をすることができるので、「どこと契約すれば良いか、まだ検討がついていない」という方にもおすすめです。

また、HOME4Uは一括査定サイトの中では珍しく、Pマーク認定を受けています。

そのため、こちらもプライバシー保護に力を入れている安全なサイトと言えるでしょう。

home4uで不動産売却査定!実際に利用した方の評判・口コミ

ライフルホームズ

ライフルホームズはスーモやアットホームと同じ大手不動産ポータルサイトです。

上記3サイトにはいずれも不動産査定フォームが付いていますが、中でもライフルホームズがおすすめなのは匿名で査定依頼ができるからです。

「個人情報の流出が心配…」という方も、試しに査定を受けてみることができます。

加えて、ライフルホームズは通常の一括査定も受けられるので、まずは匿名査定を受けてみて、価格が気に入れば通常の査定を依頼するとスムーズですよ!

ライフルホームズで不動産売却査定!実際に利用した方の評判・口コミ

土地の無料査定の注意点

土地の査定は不動産会社に依頼をすれば無料で受けることができます。

しかし、いくら無料だとは言え、高額な資産である土地を扱う以上注意が必要です。

ここからは、土地の無料査定を受ける際の注意点を詳しく解説していきます。

土地査定で見られる8つのポイントと損しないため注意点

100%査定額通りに売れるわけではない

前提として、査定はあくまでも見積もりです。

「この価格で売れるなら売ろうかな…」と思っても、実際はかなり値下げされることもあり得るので注意しましょう。

特に多いのが、運やタイミングが原因で売れ残ってしまうケースです。

売れ残りが生じると、不動産会社は早く成約を取ろうと値下げを提案してきます。

また、契約時にも買主から値下げ交渉を受け、最大で価格の1割を下げることもあり得ます。

成約額は査定額から大幅に下がるリスクも頭に入れておきましょう。

査定額を高く吊り上げる悪徳業者も存在

一括査定サイトで複数社の査定結果が届いた時、どうしても気になるのが「どの会社が一番高額か」でしょう。

登録業者も査定額が比較されることを分かっているので、中にはあえて査定額を吊り上げる悪徳業者も存在します。

こうした業者を避けるには、他社に比べて飛びぬけて査定額が高い業者は契約しないこと、事前に相場を調べて、ある程度の価格をイメージしておくことが大切です。

悪徳・悪質不動産業者の営業手口を紹介!免許番号を調べてリスク回避

無料査定は契約まで見据えて依頼する

土地を売る際は、まず査定をおこない、その業者の査定額に納得がいけば契約を結ぶという流れになります。

つまり、査定を依頼するのは契約先選びという一面もあるのです。

不動産は日本に2万社以上あるので、その中から査定を申し込んできたということはウチと契約を結んでくれるかもしれない!と相手が重い、しつこい営業電話がかかって来るということもありえます。

ただ査定額を聞きたいという方も、慎重に依頼先を決めていきましょう。

売り出し価格は売主自身で決める

最終的に土地をいくらで売り出すかというのは、売主自身が決めて良いことになっています。

そのため、査定額が低かったり高かったりすることに一喜一憂する必要はありません。

状態が決して良くない土地でも売主の努力次第で高く売ることはできます。

こちらにポイントがまとめてあるので、ぜひ参考にしてください。

土地を売る時の17の注意点!高く売却したい方必読

ただ、査定額(実際の価値)と売り出し価格があまりにも乖離していると売れ残りの原因になるので注意しましょう。

土地の無料査定は慎重に依頼しよう

ここまで土地の無料査定について解説してきました。

無料で査定が出来るのは嬉しいですが、触れた通り注意点もいくつかあります。

土地売買は大きな金額が動く取引なので、トラブルには十分注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

ビル売却の注意点を分かりやすく解説!はじめて売る方は要確認!
ビルを売る際はどこを注意すれば良いのでしょうか?今回はビル売却初心者が抑えておきたいポイントを徹底…
不動産の売却益は一時所得扱い?譲渡所得との違い・かかる税金について解説
不動産売却によって得た利益は一時所得として扱われます。マイホームの場合は、一時所得を得ることで所得…
工場を売りたい!売却価格はいくら?税金はかかる?
工場を売る方法を徹底解説!手続きの流れから、かかる税金・費用、不動産会社選びのポイントまで網羅して…
不動産一括査定サイトのデメリットとは?失敗した人の口コミ・リスクを回避する方法
不動産を高く売る際は一括査定サイトの利用を良くおすすめされます。ただ査定サイトには利用するリスクも…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2019年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…