TOP > 家を高く売る > 家を売却する際に知っておきたい5つの注意点

家を売却する際に知っておきたい5つの注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加
家とメモ

家を売却する際は、物件と土地の2つの資産を売ることになります。

そのため売却額が高額になりやすいですが、その分、他の不動産売却と比べ注意点も多いです。

ここでは、家の売却時に知っておいて欲しい5つの注意点を紹介します。

家の売却は、失敗してしまう方が多いと言われていますが、それは自分が損をしてしまったのかどうかもわからぬまま取引を進めてしまう方が多いからです。

すでに家の査定を終え売却の手続きに入っている方でもぜひチェックしてみてください。

【完全版】家を売る方法を徹底解説!売却手続きの流れと損をしない極意

家の査定はどこを評価する?よく見られる6つのポイント

家の売却時に気を付けたい5つの注意点

家を売る際に気をつけておきたいポイントは、大きくわけて以下の5分野に分類されます。

  1. 物件について
  2. 売却額について
  3. 諸費用について
  4. 不動産業者について
  5. 売買契約について

家の場合は、マンションなど他の不動産よりも手放すのに決断が必要ですし、高額な取引になりやすいですが、その分誤った手続きをした場合の損失も大きいです。

不動産業者に任せっぱなしにするのではなく、自分からこうした知識を学ぶことが売却成功の秘訣となります。

1.物件について

不動産業者と媒介契約を行い、売出しを始めると、家は自分の手元を離れて商品として市場に流通します。

持ち主としては、自分の家や価格についての理解が不可欠です。特に、登記内容と現況に違いがある場合などは、購入希望社とのトラブルになりやすいです。

中でも土地の地積は、変更に気付かない事がよくあるので、一度しっかり調査をしましょう。

また、購入時の法律が改正されたという事も考えられますので、数年前にすでに一度査定した方でも、今一度査定を依頼し最新の手続きを教わっておくと安心です。

2.売却額について

家、土地を売る際は、まず不動産業者に査定を依頼します。

そうして提示される査定額は業者によって300万円ほどの開きがあり、なかには全く根拠のない価格設定を行っていることもあります。

高く家を売れる業者を見つけたければ不動産一括査定サイトを使い、なるべく多くの業者の査定を受けることがおすすめです。

また、家が高く素早く売れるというケースは中々ありません。

高く売りたいならじっくり購入希望者を待つ必要がありますし、金額よりも早く売ることを目的にするなら、あらかじめ売り出し価格を適正額以下にする必要があります。

自分の目的に合わせた価格設定を行いましょう。

3. 諸費用について

仲介手数料や税金、譲渡所得税などは家でもマンションでもかかりますが、特に中古一戸建ての場合は、ハウスクリーニングやリフォーム、リノベーションをすすめられる事があります。

大規模なリノベーションを行う場合は、高額な費用を付加価値として上乗せして売ることもありますが、今の価格が限界だという判断の際には、自腹で行わなければなりません。

土地に関しては、境界が不明瞭な時、現状の地積が登記簿と異なるときには、測量費がかかります。

4. 不動産業者について

不動産会社を選ぶ場合、常に大手を選択するのが良いわけではありません。

大手の場合、利益を最大化するために、売り手も買い手も自社と契約を結んでいる人達にしたい。つまり、紹介をする際なども、自社が受け持っている人をマッチングさせたいと考える傾向が強いです。

企業からすれば2倍の手数料が取れてお得ですが、売り手からするとマーケットが制限されてしまう、時間が余計にかかってしまうというデメリットがあります。

無条件に大手と契約せず、仲介先はしっかり考えましょう。

→不動産売却は大手業者か中小業者どちらがいい?徹底比較

5.売買契約について

手続きが進んで購入希望社と売買契約を結ぶと、買い手側から手付金が支払われます。

この手付金は、売却金の一部として扱われますが、その前に売り手が契約を解除する場合は、手付金を返した上で、同じ金額を支払います。

買い手側から契約を解除する場合は、売り手にお金は支払われないので気をつけましょう。

また、買い手側が契約後に申し込んだ住宅ローン審査に落ちても、契約は白紙解除となります。

このように、もし買い手側に過失があっても、売り手側の責任になってしまうことが多いのも不動産売却の注意すべきポイントです。買い手の人間性もしっかりチェックしておくようにしましょう。

購入希望者への思いやりも重要

売り手自身が購入希望者や広告の閲覧者への思いやりやサービス意識を持つ事は、上で挙げた注意点と同じくらい重要です。

特に、購入希望者が内覧に訪れた際などは、玄関に花を置いておく、換気をする、丁寧に質問に答えるといった当たり前の事をするだけで、家や売り手に対する信頼度、期待度は大幅にアップします。

家の売却は、家だけなく売り手の第一印象にも大きく結果が左右されることを肝に銘じて起きましょう。

家を売る理由を明確に

ここまで、家を売る際の注意点を紹介してきましたが、誤った売却をしない為に最も大切なのは、「なぜ家を売るのかを明確にする」という事です。

もちろん、売り手は、不動産に関しては素人なので、業者に任せる所は任せておいた方が良いです。

だからといって、中古物件のリフォームや立て壊しを勧められた場合には、簡単に業者の言うままお金を出すわけにはいきませんよね。

このような重要な選択を悔いなく行うには、やはり査定前に明確な目的を決めておくことがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

マンション売却でキャンセルがおきた場合の対処法
マンション売却でキャンセルがおきた場合の対処の仕方は、段階によって異なります。まだ売買契約を結んで…
法人・個人事業主による不動産売却でかかる税金まとめ!消費税がかかるので注意
法人名義で不動産売却をすると売上に不動産売却利益を含んで税金を算出するので、税金が安くなります。個…
家の査定方法は3種類!査定前に知りたい基礎知識
家の査定方法は大きく分けて3種類です。その中でも取引事例比較法という方法で価格を算出するのが一般的…
はじめて分譲マンションを売る方はインスペクション(検査サービス)の重要性を知ろう
分譲マンションをはじめて売る方は、事前にインスペクションと呼ばれる検査サービスをすることをおすすめ…

おすすめ・特集記事!

【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイト33社を比較!2018年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…