TOP > 不動産買取の基礎知識 > 空き家買取で損しないコツ!リフォーム・解体せずそのまま譲渡できる

空き家買取で損しないコツ!リフォーム・解体せずそのまま譲渡できる

このエントリーをはてなブックマークに追加
空き家買取

相続した田舎の空き家などは、持っているだけで税金・維持費がかかってしまいます。

また、空き家を分割相続している際は、放置が長引くと家族トラブルを引き起こし得るので、早めに売って処分することがおすすめです。

最も早く処分できるのが、業者にそのまま空き家を買い取ってもらう方法です。

この方法なら、最短1か月弱で空き家を譲渡でき、利益をあげることができます。

長年放置していた空き家も、特にリフォーム等の必要はないので安心してください。

ここからは、空き家買取の内容・注意点を分かりやすく解説していきます。

空き家問題とは?その現状と今後の見通しを徹底解説

空き家を早く処分する4つの方法

2015年5月に、空き家対策特別措置法が施行されました。

この法律を分かりやすく説明すると、以下のようなリスクのある空き家を特定空き家に指定し、その持ち主に自治体が勧告できるというものです。

  • 倒壊のリスクがある空き家
  • 衛生上の問題がある空き家
  • 管理が行き届いていない空き家
  • その他、様々な理由で生活環境を見出している空き家

勧告を受けると、その空き家の状態を早急に改善するか、撤去しなければいけません。

ただ、特定空き家の撤去に時間がかかり過ぎると、固定資産税が6倍になったり、強制的に撤去されたりしてしまいます。

特定空き家を持っている方は、出来るだけ早く処分をする必要があるのです。

ここからは、空き家をスピーディに処分する4つの方法を紹介していきます。

空き家を業者に買い取ってもらう

最もスピーディな方法は、業者に空き家を直接買い取ってもらう方法です。

空き家買取の流れは、以下のように進んでいきます。

  1. 書類等の事前準備
  2. 買取査定
  3. 買取価格の提示
  4. 打ち合わせ・交渉
  5. 契約
  6. 残金決済

早い買取業者なら、査定・価格提示・交渉を1日で実施してくれます。

一般的な仲介売却は、いつ買い手があらわれるか分からないので、売り出し後のスケジュールが組みにくいです。

一方、業者買取は一番最初に今後のスケジュールや手続きの方法を共有してくれるので、精神的な負担も少ないです。

更に、業者買取は高額な仲介手数料がかからないというのも大きなポイントです。

条件付きで仲介売却をする

不動産の広告作成や販売営業を業者に依頼するやり方を仲介売却と言いますが、この方法は成約まで平均3~6ヶ月かかってしまいます。

不動産売却の期間は平均3~6ヵ月!スケジュールを短縮する方法はある?

ただ、例外的に、仲介売却でも早く売れるケースがあります。

1つ目は、極めて立地や状態の良い空き家です。

不動産サイトにかじりつきながら売り出しを待っている人も多く、仲介売却でもあっという間に成約がとれるでしょう。

2つ目は、あえて査定額より低めの価格で売るケースです。

売主からすれば損ですが、買い手からしたらこれ以上ないほどお得なので、短期で成約する可能性が高いです。

利益よりもスピードを取りたい方におすすめの方法です。

不動産はただ値下げしても売れない!どのタイミングでいくら下げれば良い?

空き家バンクに登録する

空き家の処分をスムーズにするサービスに、空き家バンクというものがあります。

これは、空き家を購入したい方とのマッチングサービスで、一般社団法人 移住・交流推進機構が大々的に提供している他、各自治体にも取り組んでいるところがあります。

空き家を探している人が一度はアクセスするサイトなので、登録すれば早期成約の可能性が高まります。

ただ、空き家バンクはまだまだ知名度が低いので、そこまでの効果が期待できないというのが正直なところです。

自治体などに寄付する

自治体の中には、空き家の寄付を募っているところもあります。

寄付された空き家は自治体によって解体やリフォームを施され、舗装道路を作るといった公共事業に生かされます。

ただ、”寄付”という名前の通り利益は見込めません。最終手段として頭に入れておくと良いでしょう。

また、近年は地方財政が悪化しており、募集を停止している自治体も多くなっています。

空き家買取が最も早くお得に処分できる

利益を見込めて、かつスピーディに処分が出来るとなると、業者に直接買い取ってもらうのが最もおすすめです。

業者によっては、いつまでに処分したいといった希望を聞いてくれるので、思っているよりもスピーディに引き渡すことができますよ!

かかるコストを最小限に抑えられる

空き家を仲介売却する際は、ターゲットが第三者の素人となります。

こうした、不動産の知識がない人ほど物件の第一印象にこだわる傾向にあり、玄関を開けた時に期待ハズレだと、購入を断られてしまいます。

そのため、仲介売却の内覧準備では、整理整頓やハウスクリーニングを徹底的にする必要があります。

一方、業者買取は相手がプロなので、多少汚れていても構造がしっかりしていたり、アクセウが良かったりするかを重点的にチェックします。

内覧準備にかかる費用をカットできるので、業者買取はお得なのです。

更に、買取依頼から引き渡しまでの期間も短いため、維持費・税金を最小限に抑えることができます。

古い空き家は買取前に解体・リフォームしなくてもよい

買取に出す前に更地化やリフォームをしなくて良いか悩む人も多いですが、結論からいえば必要はありません。

その理由を、ここから説明していきます。

買取に出す際はそのまま出してOK

買取に出す際は、特に清掃等に力を入れる必要はありません。

買い取った後に、業者が掃除やリフォームをするのが大きな要因です。

良く、「営業マンも人間ですから、掃除しておくとオッ!と思って、高めに査定してくれますよ!」という論調を見かけますが、買取査定は意外とシステマティックな部分が大きく、営業マンの感情が入り込む余地はそこまでありません。

それよりも、契約内容のしっかりした確認や、プランの交渉などに力を入れたほうが良いでしょう。

リフォーム代は買取価格から引かれる

買取前のリフォームが不要だからといって、一概にお得なわけではありません。

業者は再販に必要なリフォーム代を算出し、その分をゴッソリ利益から差し引きます。

相場としては、買取価格は仲介売却の6割程度となります。

ほとんどの方は、せっかく空き家を売るなら少しでも高値が付いてほしいと思うことでしょう。

価格を下げてまで早期処分したいのか、一度良く考えてみましょう。

空き家の買取価格は業者によって異なるので注意

空き家をいくらで買い取るかは、業者にとって異なります。

空き家を買い取る目的は主に再販のためですが、再販にどれだけのリフォーム代をかけるかは業者や時期によっても見立てが変わります。

また、買取価格を算出する際は過去の取引事例を参考にしたりもしますが、持っているデータも業者によって異なるため、少しずつ価格がずれてしまうのです。

仲介売却の場合は買主と交渉して納得した金額で売買しますが、買取の場合は言われた金額がそのままあなたの利益になるので、契約は慎重におこないましょう。

必ず複数社に買取査定を比較しよう

空き家の査定を最寄りの不動産会社に依頼したところ、2000万円の値打ちがついたとします。

一般人からしたら十分高額ですが、これだけでは適正価格かどうか分かりませんよね?

他の会社にも買取査定を依頼したら、平均が3000万円前後かも知れません。この場合、もし1社目で即決して契約を結んだら1000万円も損をすることになります。

こうした事態を防ぐためには、出来るだけ多くの不動産会社に査定を依頼し、比較する必要があります。

査定結果が揃えば、大体いくらで買い取ってもらえるかが分かるようになります。

また、他社の買取結果を持ち込んで交渉をする相見積もりという方法を取ることも出来るようになります。

不動産会社の営業マンを必要以上に見上げて、言っていることや算出した金額を信じすぎると損をしてしまいます。

絶対にだまされない、少しでも高く買い取ってもらうという覚悟を持ち、必要な情報を取捨選択する意識が大切です。

一括査定サイトを使って大手不動産会社の買取価格を比較!

一括査定サイト

空き家買取を成功させるには複数社の査定を比較することが大事です。

ただ、1社ずつ電話をかけて来店日時を予約し、査定依頼をしていると手間がかかってしまいます。

そこでおすすめなのが、一括査定サイトというサービスです。

これは、簡単な物件情報を60秒ほどで入力すると、最低6社以上の大手業者に一括で査定依頼をすることができます。

しっかりしたサイトは業者を登録する際に厳正な審査をおこなっているため、悪徳業者につながる心配はありません。

また、利用料も完全無料なので、まだ買取に出すか迷っている方も気軽に利用することができます。

一括査定サイトに関する詳しい内容は、こちらの記事にまとめています。ぜひ参考にしてください!

不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産売却の名義変更にかかる費用・流れ・必要書類を解説!自分で変更できる?
不動産を売却する側にとって、おこなわなければならない名義変更は売却前と売却後の2回があります。売却…
相続した不動産にかかる税金の種類と内容!
不動産の相続に関するお金とするべき対応について紹介しています。税金の計算方法についてもわかりやすく…
うつ病でも家を売却できる?
不動産を売却する際は、不動産会社の担当者はもちろん購入希望者や司法書士や銀行員など様々な人と合わな…
プレハブ・ユニットハウスの売却・買取の方法!解体するのも一つの手
プレハブ・ユニットハウスの売却・買取の方法を徹底解説していきます。現在売却を検討中の方に役立つ情報…

おすすめ・特集記事!

【2019年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…