TOP > 自宅 > 自宅を査定したい!無料ネット査定の方法と自宅査定ツールの口コミ・注意点

自宅を査定したい!無料ネット査定の方法と自宅査定ツールの口コミ・注意点

【更新日】2019-11-07
このエントリーをはてなブックマークに追加
自宅査定ツール

自宅を売る際は、まず不動産会社に査定をしてもらう必要があります。

ただ、忙しい中わざわざ店舗に赴き、業者の説明を聞くのは時間のムダ!と感じる方も多いでしょう。

そこで今回は、その場で簡単に自宅査定が出るおすすめツールの紹介と、自宅査定の注意点を分かりやすく解説していきます!

不動産査定の方法には無料と有料がある!かかる日数・査定額の違い

自宅査定はネットから簡単に依頼できる!

現在はネットから自宅査定を依頼できるツールが多数リリースされています。

自宅の評価額がいくらか知りたい時、こうしたツールを使って簡単に申し込むことができるのです。

自宅の査定をネットで依頼する流れは以下の通りです。

  1. ①申込情報を入力
  2. ②対応する不動産会社の中から依頼したいところを選ぶ
  3. ③査定依頼・結果が届くのを待つ

自宅の査定依頼は意外とカンタンで、60秒ほどで全て終わらせることが出来ます。

ここからは、自宅査定をカンタンに申し込む流れを完全ガイドしていきます。

自宅査定を依頼する流れを完全ガイド

こちらは、大体どこのサイトにも共通する一括査定の申込フォームになります。

査定したい物件の所在地を入力して、申し込み画面にジャンプしましょう。

最初に、 詳しい物件情報を記入します。ここで記入するのは以下の通りです。

  • 物件の所在地
  • 専有面積
  • 間取り
  • 建築年
  • 物件の現状(居住中/賃貸中/空室/その他)
  • 申込者と物件の関係

全て記入が完了したら、次に進みましょう。

次に、査定の理由や不動産会社に伝えたい希望などを記入していきます。

この時、訪問査定と机上査定という2種類の方法から選ぶようになります。

訪問査定の方が正確ですが、担当者が訪問調査をするので時間がかかります。

自分に合ったほうを選ぶようにしましょう。

最後に申し込み者の個人情報を記入します。

すると、所在地や申込者の要望に応じて、査定に対応している業者が表示されます。

あとは、依頼したい会社をチェックして、申し込めば完了です。

まだ売却を検討中の方でも気軽に査定ができるので、ぜひ一度試してみてください。

おすすめの自宅査定ツール4選!利用料完全無料

ここからは、自宅査定におすすめのツールを4つ紹介しています。

4つのツールの共通点は、利用料が完全無料なところとプライバシーの保護に力を入れているところです。

自宅査定ツールの悪い口コミで多いのが「個人情報が流出した」「営業電話がしつこい」というものです。

そこで今回は、個人情報を入力する必要のないもの、プライバシーマークの認定を受けているものを中心に紹介していきます。

イエイ

イエイ

イエイは自宅査定ツールの中でも老舗で、信頼性と実績がある人気のサービスです。

独自に登録会社の審査を厳しく行っており、悪徳業者やクレームの多い業者は徹底排除しています。

登録会社の中の優良企業の割合はトップクラスに高いといって良いでしょう。

また、専門スタッフが常駐しており、ツール利用時のトラブルや自宅査定に関する相談に24時間対応しています。

更に、イエイのスタッフによるお断り代行サービスも大きな魅力です。

一括査定をおこない、そこから1社に絞り込んで契約するまでの段階で、複数社と連絡を取り合うこともあります。

そうなると、最終的に1社に決めた時に断りの電話を入れなければならないのが面倒ですよね?

イエイはこの断りの電話を代行してくれるので安心!トラブルの不安もなく手間もかかりません。

現在はWeb申込者限定で最大10万円分のギフトカードプレゼントを行っています。まだ売却を検討中の方も気軽に申し込めるので、お早目に利用してみましょう!

イエイのキャンペーン

◎簡単60秒で最大6社へ一括査定依頼!

HowMa(ハウマ)

HowMa(ハウマ)

ハウマは、搭載されたAIが査定額を算出してくれる便利なツールです。

不動産会社に情報を送り、査定してもらうというフローを踏まないので、個人情報が流出する心配がなく安心して利用できます。

現在の査定額だけでなく、将来の予測推移までチェックすることができるのでおすすめですよ!

AI不動産査定のHowMa(ハウマ) !実際に利用した方の評判・口コミ

10秒でDo

10秒でDo

10秒でDoは、大手フランチャイズ業者のHouseDoが運営している自宅査定アプリです。

その名の通り、住所や面積、築年数といった簡単情報を入力すれば、10秒ほどで査定額を算出することができます。

10秒でDoも最初に個人情報を入力する必要がないので、流出の心配がありません。

10秒査定の結果に納得いけば、そのままメールアドレスを不動産会社に送って、本格的な査定をしてもらうことも可能です。

HouseDoが提供する不動産査定アプリ「10秒でDo!」を徹底解説!

HOME4U

HOME4U

HOME4Uは、一括査定サイトの中でも早くから運用されているので信頼性が高いです。

申込情報をカンタン入力(所要時間60秒ほど)するだけで、1000社に上る優良業者の中から最大6社に一括査定を依頼することができます。

NTTグループの会社が運営していること、プライバシーマークの認定を受けていることから、トラブルの心配をせず安心して申し込むことができますよ!

home4uで不動産売却査定!実際に利用した方の評判・口コミ

自宅査定ツールの口コミ・評判は良い?悪い?

ここまで、おすすめの自宅査定ツールを3つ紹介しましたが、実際の利用者からの評判はどうなっているのでしょうか。

ここからは、実際にツールを利用した人の口コミを交えながら、本当の使いやすさや利用時の注意点を解説していきます。

査定申込が簡単に出来ると評判!

自宅査定ツールを利用した方が口をそろえて言うのは「査定の申し込みがこんなに簡単とは知らなかった」という意見です。

家の見積もりと聞くと、様々な書類や話し合いの時間が必要になるというイメージがあります。

自宅査定ツールを使えば最短10秒ほどで結果が確認できるので、予想を良い意味で裏切られた方が多いようですね。

 ただ、こんなに早く結果が算出されるのは、そもそも不動産会社がおこなう査定は、一般人が思うほど厳正なものではないということでもあります。※詳しくは後述

プロの算出した金額だからといって、信用しすぎないようにしましょう。

個人情報も流出しにくい

引っ越し見積もり、車の買取見積もりなどの査定サービスにも共通するデメリットが、個人情報の流出です。

「連絡先を入力して2、3社に送ったら、共有していない100社くらいからどんどん連絡がきた」という方も中にはいます。

ただ、そもそも不動産会社から連絡が来るのは悪いことではありません。

申込者が入力した内容だけでは精度の高い見積もりができないと判断されれば、電話で追加情報をヒアリングすることもあります。

また、「こちらのサービスの内容・注意点を事前に知ってもらいたい」という思いから説明の電話をかけてくる可能性もあります。

とはいえ、周辺地域の不動産会社は担当者ごとの関係も深いので、プライベートの席でポロっと「あの家が査定に出したらしいよ」なんて噂話をする可能性も0ではありません。

そもそも、狭い地域の中で売れる可能性のある家は数件程度です。ですから、「あの家が売り出しそう」と言われれば、周辺の不動産会社ならすぐ「ああ、あの家ね」と理解できるレベルです。

登記簿謄本は自宅の持ち主以外も閲覧できるので、依頼していない不動産会社でもより詳しい情報を取得することは簡単にできます。

ここまでの説明を踏まえると、知らない会社から連絡が来るのはサイトや、依頼した会社のせいでは必ずしもありません。

ただ、サイトサービスに欠陥があったり、依頼をしたのが悪徳業者だったりすれば流出するリスクはあります。

選べる不動産タイプが家、土地、マンションの3つしかないような簡素なサービスは利用しないこと、悪徳業者に申し込んだと感じたら早めにサイト運営会社や自治体に連絡することを心がけましょう。

不動産一括査定サイトのデメリットとは?失敗した人の口コミ・リスクを回避する方法

自宅査定ツールの査定額はどれくらい信用できる?

自宅査定ツールの評判自体は良いですが、サービスとしての信用度はどれくらい高いのでしょうか。

正直に言えば、自宅査定ツールが出す結果は、あくまで参考程度に見ておくほうが良いです。

実際、自宅査定ツールが算出した金額が本当の売却価格と大きくズレる可能性も十分あります。

ここからは、なぜ査定額と実際の価格にズレが生じてしまうのかを解説していきます。

自宅の中身までは調べることが出来ない

差が生じる最大の理由は、自宅査定ツールは建物内部の状況まで評価することはできないという点です。

ツールでは、立地の良い築浅の自宅は無条件で高値が付きます。

しかし、中を見るとフローリングに凹みがあったり、床にキズがついているかも知れません。

内部の損傷・劣化が激しい自宅を購入したい人はなかなかいません。

そのため、ツールでは高評価の自宅が売れないケースは多々あるのです。

営業マンの長年の勘は今でも有効

自宅査定ツールは、搭載されたAIが一瞬で何万というデータを処理して査定額を算出します。

人間が処理できる遥か多くのデータをチェックできるわけですが、だからと言って、不動産会社の営業マンより信頼できるわけではありません。

中古の自宅を購入するのは、売主たちと同じ素人です。スキルのある営業マンがあえて高めの査定額を付け、営業力で顧客を獲得するケースも多々あります。

また、同じ地域でも道路を挟むと”荒れた学区”だったり、眺めが悪かったり、ドブのにおいがしたりする可能性があります。

こうした、人にしか分からない微妙なニーズの違いもあるので、不動産会社の担当マンのアドバイスは仰ぐ価値があるのです。

自宅にいながら査定を依頼するメリット

不動産のように高額な資産を扱う際は、ネットではなく実際に来店して相談すべきという考えの方も多いでしょう。

それも正しい考えですが、自宅からネットで査定依頼するのにも、多くのメリットがあるのです。

メリット①対面を避けることで冷静になれる

そもそも、不動産会社が無料査定をするのはほとんどが営業目的で、そこから契約をとることを彼らは目指しています。

来店して担当者と1対1では話せば、プロの営業トークにやられて勢いで契約を結んでしまうかも知れません。

不動産屋の店舗内の雰囲気はとにかく独特です。自宅で査定結果を一歩引いた目で見ることも大切ですよ。

メリット②査定を依頼するだけで済む

不動産会社に来店すると、さまざまなアンケートを書かせられたり、興味のないサービスを勧められたりして、とにかく時間がかかります。

「売る予定はないけど、とりあえず価格だけ知りたい」という方は自宅で査定に申し込むのがおすすめです。

メリット③査定額を知ってから相談に行ける

不動産を売る場合は、査定額や対応・提示プランなどに納得した業者と契約するようになります。どこと契約するか考える時、チェックするポイントは意外に多いのです。

予約して来店しても、対応が気に入らなかったり、査定額が気に入らなかったりする可能性が高く、何社も予約・来店しないといけなくなります。

一方、自宅で一括査定を依頼すれば、最初に査定額を比較して候補を何社かに絞り込めます。

来店や相談する機会を最小限にとどめることが出来るのです。

メリット④査定額の価値は比較しないと意味がない

あなたの自宅を査定に出して「3000万円」と言われても、それが高いか低いか分かりませんよね。

不動産は一つとして同じものがなく、高いか低いかを知るには複数社の査定額を比較しないと分かりません。

1社にだけ来店して、査定結果に納得するのはやめましょう。

自宅査定は匿名で依頼できる!

自宅の査定は、氏名や連絡先を共有せずに依頼することもできます。

一括見積もりサービスを使う際に注意したいのが、個人情報の流出です。

実際、一括査定に申し込んだら全く知らない業者からメールや電話が来た…という口コミも多いのです。

一方、ライフルホームズの匿名査定サービスなら、簡単な物件情報を入力するだけで査定を依頼することができます。

来店して査定依頼する際も個人情報を共有するので、勧誘・営業を一切シャットアウトして査定を申し込むには、匿名サービスを使うしかないのです。

査定結果の信ぴょう性には疑問が残る

一括査定サイトの申し込みフォームには必要最低限の項目しかありません。これは利用者が申し込みやすくするためです。

不動産会社によっては、申し込み後に電話をかけてヒアリングし、より正確な査定価格を算出することもあります。

一方、匿名査定は連絡先を交換しないので、業者も簡単すぎる情報で価格を算出するしかありません。

そのため、価格の信ぴょう性には疑問が残るのです。

実名査定をしないと自宅は売れない

自宅を売る際は、査定を依頼して価格に納得したら契約を結びます。

査定は、自宅を売るための最初の手続きでもあるのです。

もちろん、契約の際は個人情報が必要になるので、最終的には実名を共有しなければいけません。

匿名査定はあくまで自宅の価格を知る参考にしかならないことは覚えておきましょう。

不動産査定は匿名で依頼できる!匿名一括査定サイトの利用時の注意点

自宅の査定額=売却価格ではないので注意!

ツールが算出した自宅の査定額通りに売れるとは限りません。

査定額は、「ある会社と契約をして、3か月程度で成約が取れた時に売れそうな価格」のことです。

運・タイミングが悪くて売れ残ってしまったり、相手が値下げを要求してきたりすれば、査定額通りには売れません。

また、査定額はあくまで各社の私見であり、金額が大きく外れてもペナルティは受けません。

加えて、そもそも査定額通りに売らないといけないルールもありません。

自宅の売り出し価格は、売主自身が査定額を無視して決定することも出来ます。

ただ、査定額とかけ離れた価格を付けると、買主が「割に合わない」と思って売れ残る可能性が高いです。

査定額より高く売るにしても、最大で1~0.5%増程度にとどめておきましょう。

運・タイミング次第で条件の良い自宅も売れ残る

そもそも、中古住宅の需要はそこまで高いわけではありません。

1、2人世帯ならマンションを借りるでしょうし、まとまったお金を手にしたら新築を建てる方のほうが多いでしょう。

「家を建てるほどのお金はないが、大世帯なのでマンションは狭い」という人の数も、少子高齢化で減少してきています。

つまり、いかに立地や条件の良い自宅でも、たまたま購入希望者が現れず、売れ残るケースも多々あるのです。

半年経っての売れ残る場合は、値下げをして成約率を上げるのがセオリーなので、どんどん利益は査定額以下に下がっていってしまいます。

契約時に1割近くの値下げを要求されることも

契約直前の価格交渉で、向こうから値下げを要求されることもあります。

こちらが突っぱねれば良い話ですが、せっかく苦労して内覧をクリアできたのに、また一からやり直すのも面倒ですよね。

どうしても大金を支払う買主が優位なので、一度値下げを拒否したら契約を断られる可能性もあります。

事前に「○○万円までの値下げはOK。それ以上は絶対ダメ」という基準を持っておくと良いでしょう。

査定額以下で売れても大丈夫な時に売り出す

残高が3000万円のローンを返済する目的で自宅を売る時、査定額が3000万円ジャストだったら売り出すのは危険です。

税金・費用の支払いを考えてないですし、上で挙げたようなケースが起こって値下げされる可能性もあります。

査定額が目標ギリギリでも強気で売り出すことはできます。ただ、不動産売却は失敗した時のリスクが大きいので、慎重に計画を立てていきましょう。

自宅査定でよく見られるポイント

自宅の査定額はどのように決まっているのでしょうか?

居住用住宅の評価は、本来“住みやすさ”というあいまいなものでしかありません。

ただ、不動産会社が査定額を算出する際は、特定の項目を評価して、その総合評価で価格をつけていくという方法で基準額を決定していきます。

訪問調査で良く見られるのは、こちらのポイントです。

  • 築年数
  • アクセス・立地
  • 面積
  • 利用状態(傷・凹みなど)
  • 雨漏り・白アリ被害等の有無
  • 騒音など生活を阻害する事情の有無
  • その他特殊な事情

ここから、一つひとつのポイントを詳しくみていきましょう。

①築年数

自宅の査定額を決める項目として最も重要なのが築年数です。

特に戸建て住宅は築年数の経過による価値の低下が著しく、築25年ほどで建物部分の価値はほぼ0になってしまいます。

自宅の築年数と査定価格の関係

上のグラフを見ると築25年あたりから価格推移が横ばいになっているのが分かりますが、これは建物部分の価値が0になり、敷地部分の価値しかつかなくなったからです。

例えば、建物部分と土地部分の購入価格がどちらも1,400万円、計2,800万円の自宅があったとします。

建物の価値が25年で0になると考えれば、築10年時の大まかな査定価格は以下の計算式で算出できます。

(1,400万円÷25)×10+1,400万円=1,960万円

築年数以外にも様々な要素が組み合わさっているので一概にこの価格の通りではありません。ただ、築年数に基づき算出された金額が査定額のベースになります。

②アクセス・立地

自宅の立地も査定額に大きく影響します。

例えば、秋田県の自宅査定額は平均1,100~1.400万円ほどなのに対し、東京都は平均6,500万円ほどになります。

地域によって中古住宅の需要・ブランドが全く異なるので、いくら築浅で立派な物件でも地方の自宅を都心並みの価格で売るのは困難です。

また、同じエリアでも駅から近いかどうかで査定額は変わってきます。

目安としては都市部へアクセスできる駅から徒歩6分以内のエリアにあれば好立地と言えるでしょう。

③面積

同じ場所に建物を建てるなら、面積の大きな建物の方が価格は高くなりがちです。

ただ、意外にも面積の大きさは築年数やアクセスに比べると重要な要素ではありません。

あまりに大きすぎる自宅だと持て余してしまう上に、購入価格もムダに高くなるので買い手が付きません。

住みやすい適切な面積の自宅のほうが、査定評価は高くなります。

④利用状態(傷・凹みなど)

築浅の自宅でも使い方が悪ければ早く劣化してしまいます。

中古住宅を購入する方の多くは自分でリフォームをする前提でいます。そのため、多少の傷や凹みはそのままで構いません。

不動産会社も表面上の傷より、築年数や構造の頑丈さなどを見るので、査定額に影響したとしても微々たるものです。

ただ、高額のリフォームがかかるような欠陥がある場合、買主に購入を敬遠される要因になります。

例えば、時価2000万円の自宅にリフォーム代200万円かかる欠陥があれば、買主は実質2,200万円で購入することになります。

この場合、200万円分を引いて1800万円で売り出すこともあります。

雨漏り・白アリ被害等の有無

雨漏りやシロアリ被害の有無も、査定価格に影響します。

これも傷や凹みがあった時と同じで、リフォームにかかる費用を時価から差し引くのが一般的です。

ただ、これらの被害は売主の過失ではないので、業者によっては保証があるところもあります。

騒音など生活を阻害する事情の有無

騒音がひどい、買い物がしにくい、近くに暴力団のアジトがあるなどの、ネガティブな要素が査定額に影響を及ぼすこともあります。

査定に響く要素は、買主の安定した生活を脅かすかどうかで決まります。

自宅の耐震性が低いといった欠陥はダイレクトに影響しますし、近くで殺人が起きた場合なども心理的に安定生活を阻害します。

逆に売主と近隣住民が疎遠で仲が悪いというのは、買主の安定生活にダイレクトに影響する訳ではありません。

その他特殊な事情

立地によっては、自治体の条例でむやみに売れないケースもあります。

また、市街化調整区域内に建っている自宅などもなかなか売りにくい傾向にあります。

市街化調整区域は売れない?売却のコツをわかりやすく解説!

厳しい制限がある、売れにくいエリアの自宅は査定価格が下がる傾向にあります。

自宅の査定額は2つの方法で計算される

自宅の査定額は、最初に決まった計算方法で基準額を算出し、その上で前述のようなポイントの評価で微修正する形を取ります。

自宅の査定額は、主に以下の2つの方法で計算されます。

  • 取引事例比較法
  • 原価法

それぞれの計算方法を詳しく解説していきます。

住宅街にある自宅は取引事例比較法で査定

住宅が密集しているエリアの自宅は、取引事例比較法を使って査定をします。

これは、過去の成約事例データを使い、自宅の査定額を求める方法です。

例えば査定したい自宅Aと同じ築年数・駅徒歩時間の物件B・Cがあったとします。

自宅A 物件B 物件C
成約価格 2000万円 3000万円
面積 90㎡ 80㎡ 100㎡

この時、自宅Aの査定価格は、以下の計算式で求められます。

(2000万円+3000万円)÷(80㎡+100㎡)×90【㎡】=2500万円

かなり大まかですが、これが取引事例比較法の流れとなります。

実際はもっと多くのデータを使い、かつ年数の経過による相場の変動も考慮して計算されます。

築古の自宅は原価法で査定

築年数が30年、40年と古くなってくると、当時と今の状況がかなり違うので、取引事例比較法が意味をなさなくなってきます。

こうした自宅の査定に有効なのが原価法で、築古の自宅を今立て壊し、当時の状態をそのまま立て直した時にかかる費用から価値を逆算していきます。

原価法の計算式は、以下の通りです。

査定価格=再調達価格×延床面積×(耐用年数の残り÷構造ごとの法定耐用年数)

耐用年数とは、その物件を安全に利用できる目安の年数のことで、以下のように法律できまっています。

構造 法定耐用年数
軽量鉄骨造(厚さ3㎜以下) 築19年
木造 築22年
軽量鉄骨造(厚さ3~4㎜) 築27年
鉄筋コンクリート造 築47年

自宅の査定相場を自分で調べる3つの方法

自宅の査定はツールを使わなくてもある程度自分で調べることができます。

最初に自力である程度の価格のイメージをつけておけば、そもそも売るべきかどうかの判断が付きやすくなります。

また、あまりにも相場から外れた価格を提示してくる業者を排除することもできます。

自宅の査定相場は、以下の3つの方法で調べることができます。

  • スーモなどのポータルサイトを使う
  • 不動産ジャパンを使う
  • 土地総合情報システムを使う

詳しい相場の調べ方はこちらにまとめています。ぜひ参考にしてください。

不動産売却相場の調べ方を一挙公開!マンション・家・土地のタイプ別おすすめ方法は?

自宅査定ツールは信憑性と個人情報の流出に注意しよう

ここまで、自宅査定ツールの紹介と、査定時の注意点について解説していきました。

ツールを利用する際は、金額の信ぴょう性とプライバシーの保護に特に注目しましょう。

連絡先を記入せず、匿名で自宅査定ができるタイプは便利ですが、不動産会社への依頼ではないので売却につなげることはできません。

まずは匿名ツールを試し、金額にある程度納得いけばHOME4Uのような不動産会社に一括査定できるツールを利用することをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

自宅を売りたいのに売れない?考えられる理由と対処法
自宅が売れない時はどうすれば良いのでしょうか?売れない主な原因と、考えられる対処法を詳しく解説して…
離婚で自宅を査定する時のポイント・注意点!財産分与の前に査定すべき理由
離婚時には自宅を査定する必要があります。その理由は何なのでしょうか?また、注意点は何があるのでしょ…
自宅売却にかかる税金と特別控除を使って損しない方法
自宅売却でかかる税金はいくらなのでしょうか?特別控除で税金を減免する方法はあるのでしょうか?詳しく…
自宅を査定したい!無料ネット査定の方法と自宅査定ツールの口コミ・注意点
おすすめの自宅査定ツールと、利用時の注意点を詳しく解説していきます。自宅査定を検討中の方は、ぜひ参…

おすすめ・特集記事!

【2020年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイト33社を比較!2020年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…