TOP > 不動産売却の基礎知識 > レインズは不動産会社しか見れない?個人がレインズを閲覧する方法・裏ワザ

レインズは不動産会社しか見れない?個人がレインズを閲覧する方法・裏ワザ

このエントリーをはてなブックマークに追加
レインズ

不動産取引をする際に、レインズを避けて通ることはできないでしょう。

レインズは不動産売却をする上で欠かせないサービスです。

ただ、このレインズは正規の不動産会社しかチェックできないサービスとなっており、個人が閲覧することは原則できません。

では、レインズを活用するにはどうすれば良いのでしょうか?詳しく解説していきます。

レインズとは?基本的な内容を紹介

レインズの仕組みとしては、正規の不動産会社が契約している不動産情報をレインズに登録します。

仲介売却中の不動産はこれで全国の不動産会社に情報を共有されました。

ある不動産屋で「〇〇の地域の一戸建てを探している」というお客様が来たら、レインズで検索をした上で条件に合う物件を買主に紹介します。

つまり、レインズで売り出し物件の情報を公開することで、成約率が格段にアップするのです。

しかし、このレインズの利用はあくまで不動産会社がおこなうため、データを閲覧するには不動産屋に来店してお願いをしなければいけません。

レインズ(REINS)とは何の略?

レインズ(REINS)は、Real Estate Information Nekwork System(不動産流通標準情報システム)の略です。

レインズを運営しているのは、指定流通機構と呼ばれる4団体です。

この機構は1988年に宅地建物取引業法が改正されたことによって始まった組織で、東日本・中部圏・近畿圏・西日本の4つに分かれています。

この4団体の運営のもと、不動産の情報交換がレインズ上で、リアルタイムでおこなわれるのです。

レインズを利用すると不動産売却がスムーズになる

レインズがない場合、媒介契約を結んだ仲介業者は広告営業や周辺へのチラシ配りをしながら、地道に買主を探していくようになります。

しかし、レインズを利用すれば、不動産売却の流れがこのようにスピーディになります。

  1. 仲介業者がレインズに物件を登録
  2. 全国の不動産会社が閲覧可能になる
  3. 希望者を案内した不動産会社から連絡が来る
  4. 売買契約を結ぶ

このように、レインズに登録することで、いわば全国の不動産会社が味方になってくれるわけです。

中古の家やマンションを買うのは基本的に転勤者などですから、もともとどこに住んでいるか分かりません。

近所にチラシを配るより、レインズに登録したほうが全国の不特定多数に向けてアピールができるのです。

【注意】レインズは一般媒介契約の不動産は掲載義務がない

不動産会社に販売を依頼する代わりに、成約のあかつきに仲介手数料を支払う契約が媒介契約です。

この媒介契約には3種類の契約方法があり、少しずつ内容が異なります。

契約の種類 契約の有効期間 売り手自身が買い手を見つけること依頼可能な業者数仲介業者からの報告※
専属専任媒介契約 3ヶ月以内 できない 1社のみ 1週間に1回、メールか文書で連絡
専任媒介契約 3ヶ月以内 できない 1社のみ 1週間に1回、メールか文書で連絡
一般媒介契約 3ヶ月以内 可能 複数社と契約可能(契約数の上限なし) なし

このうち、一般媒介契約の物件はレインズへの登録義務がないので注意しましょう。

では、一般媒介契約が損かというと、必ずしもそうではありません。

特に人気エリアの物件なら、業者間で価格競争が起こって高く売れやすくなります。

一般媒介契約の場合、あくまでレインズの登録は任意なので、こちらから強く言うようにしましょう。

2018年~2019年のレインズ利用実績を公開(東日本)

西暦・月 総登録件数 成果報告件数総アクセス件数
2018年1月 255005件 28634件 39879843件
2018年2月 252351件 34946件 41459363件
2018年3月 2859882件 346885件 476614676件
2018年4月 242221件 28097件 40251387件
2018年5月 277313件 24764件 39499730件
2018年6月 245489件 27591件 41770383件
2018年7月 240381件 26993件 41203656件
2018年8月 221358件 22112件 36482781件
2018年9月 237438件 26670件 41210842件
2018年10月 242822件 26891件 40719012件
2018年11月 240615件 27426件 41666534件
2018年12月 207633件 26221件 32453202件
2019年1月 258650件 29919件 38788457件
2019年2月 253084件 34570件 41186116件
2019年3月 2890078件 340660件 479512499件
2019年4月 235526件 27644件 38507358件
2019年5月 208967件 22895件 34539998件

不動産ジャパンを使えばレインズの内容がほぼ確認できる

レインズと同じく取引情報がリアルタイムで掲載されるデータベースが不動産ジャパンです。

この不動産ジャパンは、レインズとほぼ同じ情報を、個人でも閲覧できるシステムです。

他にも不動産の売り方などをまとめたコラムが掲載されていたりするので、少しずつ不動産知識を蓄えることが出来ます。

不動産ジャパンのサービス内容はこちらにまとめているので、併せてごらんください!

不動産ジャパンは全国の不動産が検索できる!仕組みとサービス内容を徹底解説

レインズを使えば大手不動産会社の囲い込みを防げる

日本の不動産会社の悪習と言われているものに、「囲い込み」という方法があります。

大手の中には、売主と買主を自社の契約者同士で結ばせて、仲介手数料の両取を狙う悪徳商法をするところもあります。

このマッチングを実現させるために、あえて物件情報を外に漏らさず、キープしておくことが囲い込みです。

レインズに登録されていれば、囲い込み状態を打破することが可能です。

悪徳業者から身を守るためにも、レインズは利用すべきなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

空き地の査定方法を解説!査定の注意点・抑えるべき5つのポイント
空き地の査定方法を徹底解説!賢い査定の依頼の仕方から、誤った査定を見抜く方法まで分かりやすく紹介し…
家査定相場はあてにならない!最後に価格を決めるのは自分
従来は家査定相場を徹底チェックすることが家売却には必要と言われてきました。しかし、相場を信じすぎる…
新元号「令和」にオーストラリアの不動産会社reiwaが歓喜!
2019年4月1日に新元号「令和」が発表されたようですが、意外にもオーストラリアの不動産会社が喜びの声を…
路線価を使って土地の売買価格を査定しよう!見方・計算方法を解説
土地を路線価から査定するには、ネットから路線価図を見つけ、参考にすると簡単にできます。市場価格を求…

おすすめ・特集記事!

【2019年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…