TOP > 住宅ローンの基礎知識 > 住宅ローンの審査に通りやすい人の特徴とは?高年収でも通らない人がいる?

住宅ローンの審査に通りやすい人の特徴とは?高年収でも通らない人がいる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローンの審査に通りやすい人の特徴とは?

住宅ローンの審査は決して簡単ではなく、融資を受けるためには数多くのチェックをクリアする必要があります。

どの住宅ローンでも審査に通る人、落ちる人は一定数いますが、良く考えれば皆さん家を建てられるほどの経済力はもっていますよね?

サラ金のローンなら、それくらいの経済力があれば審査に通る可能性はかなり高くなります。

ということは、住宅ローンの審査でみられているのは、申込者の年収だけではないことが分かります。

今回は、元プロの銀行員の意見も聞いた上で、住宅ローンの審査に通りやすい人の特徴を紹介していきます。

※審査の甘いおすすめ住宅ローンはこちら!

審査の甘い住宅ローンランキング!審査のゆるい銀行を見抜くコツ

住宅ローンに通りやすい人は審査基準と銀行基準をクリアしている

住宅ローンに通りやすい人の特徴を一言でいえば、まんべんなく基準をクリアしている人となります。

住宅ローン審査の基準には、どの銀行(保証会社)もほぼ共通で設けている基準のほかに、各銀行が独自で定めた基準の2種類があります。

例えば、年収が突出して高い方でも、基準を1つ満たしていなければ、審査に通りにくいです。

逆に年収がそこまで高くなく、勤務先の規模が大きくなくても、すべての基準をクリアしていれば審査に通りやすいと言えます。

各銀行が定める基準は公式サイトにも記載があるので、必ずチェックをしましょう。

住宅ローンの申込条件は銀行によってどう違う?

住宅ローンの申込条件は、銀行や商品によって少しずつ異なります。

例えば、住信SBIネット銀行の「ネット専用住宅ローン」とARUHIの住宅ローン「ARUHIフリーダム」の申込条件を比較すると、以下のようになります。

項目 住信SBIネット銀行「ネット専用住宅ローン」 ARUHI「ARUHIフリーダム」
年齢 仮審査申込時に満20歳以上、借入時満65歳以下、完済時満80歳未満であること 仮審査申込時に満20歳以上、借入時満65歳以下、完済時満80歳未満であること
収入 安定かつ継続した年収があること 前年度税込年収が300万円以上(収入合算者は200万円以上)
勤続年数 規定なし 2年以上必要
雇用形態 規定なし 正社員または契約社員
保険 三井住友信託銀行が指定する団体信用生命保険への加入が認められること ARUHI団体信用生命保険へ加入
お住まい 国内に住んでいる 国内に住んでいる

住信SBIネット銀行の条件は比較的ゆるいのに対し、ARUHIは年収・雇用形態・勤続年数を具体的に指定しており、より条件が厳しいことがうかがえます。

もしARUHIの審査を受けるなら、住信SBIネット銀行よりも上記3点を意識しておくべきだといえます。

銀行ごとの明確な基準は外部に発表されることはありませんが、申込条件を比較すれば傾向の違いに気づくことができます。

住宅ローンの審査は主に7つの項目を見られる

住宅ローンの審査でみられるポイントは数多くありますが、特にこちらの7項目をチェックされます。

  1. 返済負担率
  2. 雇用形態
  3. 勤続年数
  4. 勤務先の規模・事業内容
  5. 住宅ローンの返済完了時の年齢(若い方が+評価)
  6. 借入希望額
  7. 契約者の健康状態

全ての項目の評価が良いに越したことはないですが、一部の項目がダメでも審査に通る人は多いです。

それはなぜなのか。下でじっくり解説します。

住宅ローンの審査に通りやすい人の3つの特徴

住宅ローンの審査に通りやすい人と通らない人には、大きく分けてこちら3点に違いがあります。

  • 返済負担率
  • 職業(雇用形態)
  • 勤続年数

逆に言えば、この3点に力を入れて対策をすれば、審査に通りやすくなるということでもあります。

ここからは、3つの特徴を1つずつ見ていきましょう。

①年収より返済負担率が住宅ローン審査では重要

住宅ローン審査で最も重要なのは申込者の年収です。これは、貸金業はとにかく返済してもらわないと成り立たないからです。

ただ、高収入の人が審査に落ちて、低収入の人が審査に通るケースはよくあります。

これは、住宅ローン審査では純粋な年収ではなく、返済負担率をチェックしているからです。

返済負担率とは、月の返済が月収の何%にあたるかの割合です。

たとえ年収が低くても、限度額を抑えていて月の返済が余裕でできるなら、審査に通る可能性は高まります。

住宅ローンの申込では希望借入額を記入しますが、これは「借りたい理想の金額」ではなく「実際に借入を想定している金額」になります。

例えば、「〇〇万円借りたいけど返済が厳しそう…。でも、厳しそうなら銀行が額を下げてくれるから大丈夫か!」と考えて申し込んだ結果、本当に希望額通り融資が下りる可能性があります。

借入額が多いと返済負担率も高まり、結局後悔するのは自分です。

金融機関は申込者を守るためにも、返済負担率を厳しくチェックするのです。

②職業・雇用形態は年齢とともにチェックされる

申込条件に「正社員・契約社員」などの具体的な記載がない場合は、パート・アルバイトでも申込自体は可能です。

ただ、記載がないからと言って審査に影響しないという訳ではないので注意しましょう。

特に住宅ローンは20年、30年といった長いスパンで返済をしていきますから、長年一つの勤務先で働き続けることが前提になります。

そうなれば、定年まである程度年数がある若手の社員が審査で評価されるのは自然と言えます。

年齢がかなり若い契約社員なら、正社員採用が今後あると見積もってくれて、審査に通してもらえることもあります。

ただこれが40代契約社員・フリーターとなると審査通過は厳しいでしょう。

勤続年数は最短でも1年以上必要

住宅ローンの審査では、収入の額だけでなく安定性・将来性もチェックされます。

収入の将来性を見極める大きな要素が勤続年数です。

一般的に、勤続年数が長いほど収入・ポジションは安定し、今後の離職率が低くなります。

逆に、就職・転職から時間が経っていないと、急な部署移動があるかもしれませんし、年収が下がる可能性もあります。

銀行によって求める勤続年数の長さは違いますが、最低でも勤続1年以上、できれば勤続3年以上の段階で審査に申し込むことをおすすめします。

住宅ローンの審査に通りやすくする3つのコツ

住宅ローンの審査に通りやすい人の特徴を紹介しましたが、理解したからといって年収や勤続年数は急にどうにかできるものではありません。

ただ、短期間で住宅ローン審査に通りやすくする裏ワザも存在します。

今回は、そんな3つの裏ワザを紹介していきます。

①希望額を引き下げる(頭金を増やす)

収入が上がらなくても、借入額が下がれば返済負担率は下がります。

希望額を下げるのは不安ですが、審査に通らないことには何の意味もありません。

本当に必要な金額はいくらか算出し、それだけ借りるようにしましょう。

必要以上にお金を借りると、それが自己破産への第一歩になることもあります。

②信用情報をクリーンに保つ

住宅ローン審査で、属性情報とともにチェックされるのが信用情報です。

これは、過去の金融サービスの利用履歴などのことで、借金・債務整理の経験から、クレカ・ローン滞納、奨学金の利用歴などまで幅広く登録されています。

借金・債務整理の経験があれば審査に落ちやすくなるのはもちろんですが、意外なところでは以下の経験も審査結果に悪影響を与えます。

  • クレジットカードの滞納
  • スマホ料金の滞納
  • 奨学金の返済滞納…

とにかくお金に関する事柄は、日ごろからルールを守るよう、気を付けていきたいです。

③申込時に嘘をつかない

住宅ローンの審査に申し込む際は、嘘の記入をしないことをおすすめします。

申込内容に嘘がないか厳しくチェックされる訳ではないですが、あからさまな嘘は銀行が調べればすぐにバレます。

「年収で嘘をついたけどバレずに審査に通った」という方もいますが、おそらくその人の年収水増しは誤差程度で、正確に書いていたとしても審査には通ったと考えられます。

もし、銀行に悪意のある嘘と思われれば、その審査に落とされるだけでなく、今後ローン借り入れが二度と出来なくなるかもしれません。

住宅ローンの審査に通りやすい人は大きな欠点がない

住宅ローンの審査に通りやすい人は、とにかく大きな欠点がない人と言えるでしょう。

「収入が大して多くないけど、審査に通るかなあ」と悩むより、むしろ審査で明らかに引っかかる点はないかチェックして改善するほうが審査に通りやすくなります。

審査対策をしてもまだ不安なら、審査に通りやすい住宅ローンを選ぶのも一つの手です。

一度審査に落ちると、次の審査にも悪い影響があります。

最初の住宅ローン審査前にしっかり対策をして、確実に通るようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

マンションの買取保証サービスは本当にお得?メリット・デメリットを解説
マンションの買取保証サービスというのが、大手不動産会社を中心に提供されており、人気を博しています。…
中古一戸建てを買取に出す注意点!おすすめの買取方法は2種類ある
一戸建て買取に向いている物件とは、どのようなものでしょうか?また、業者に買取を拒否された時はどうす…
築浅マンションの解説と高額売却のコツ
売却に出されているマンションの広告によく築浅という言葉がのっていますが、5年以内かどうかで大きく価…
相続した不動産は3年以内に売却すると税金が安い!取得費加算の特例を使うメリット
相続後の不動産売却は3年以内にすると、相続税を取得費に加算し、譲渡所得税を安くすることができます。…

おすすめ・特集記事!

【2019年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…