TOP > 住宅ローンの基礎知識 > 信用金庫の住宅ローンは審査が甘い!年収が低い方も通りやすい

信用金庫の住宅ローンは審査が甘い!年収が低い方も通りやすい

このエントリーをはてなブックマークに追加
信用金庫の住宅ローンは審査が甘い

住宅ローンは銀行から借りるものと思っている方!実は信用金庫も住宅ローンを扱っており、低金利で融資を受けることができます。

信用金庫は銀行と違う審査基準を持っており、よりローン審査が甘いといわれています。

実際、銀行の住宅ローン審査に落ちたにもかかわらず、信用金庫の住宅ローン審査に通った方は多くいます。

今回は、信用金庫の住宅ローンがなぜ審査に通りやすいのか、その理由を解説していきます!

審査の甘い住宅ローンランキング!審査のゆるい銀行を見抜くコツ

信用金庫住宅ローンの審査が甘いのは地域密着型だから

銀行が法人企業なのに対し、信用金庫は地域を盛り上げることを目的とした、営利を目的としない金融機関となっています。

新築物件を建てて、その地域に定住することは信用金庫にとってはプラスなので、積極的に支援をする対象になります。

一方、銀行は営利を求めるので、返済を滞納して会社に損害を与えるような人は融資対象から徹底的に排除したいと思っています。

そのため、申込者の年収や信用情報を厳しく審査するのです。

信用金庫と銀行の、こうした温度感の違いが審査基準の違いにもつながっているのです。

年収に対する審査が信用金庫の住宅ローンは甘い

銀行と信用金庫の住宅ローン審査で異なる点が、申込者の年収に関する審査の違いです。

銀行の住宅ローン審査は、利用者の年収が一定以上かどうかを重要視します。

銀行は営利が目的なので、貸したお金を利息込みで返してくれないと事業が成り立ちません。

返済は収入がないとそもそもできませんから、銀行にとって年収を厳しく審査するのは当然なのです。

一方、信用金庫はあくまで地域住民を支援することが目的なので、年収の審査基準は甘いです。

全国対応の銀行住宅ローンには年収300~400万円以上を条件に定めているところもありますが、平均年収は地域によっても大きく異なります。

信用機関はその地域の事情を熟知しているので、地域差への配慮もしっかりしてくれます。

信用金庫住宅ローンは申込者が少ない

各信用金庫の住宅ローンは、それぞれの営業エリア内に在住・勤務している人しか利用できません。

そのため対象エリアは、大手銀行はもちろんのこと、地銀よりも狭くなります。

住宅ローンなどの融資事業は、金融機関にとって大事な柱の一つです。そのため、一定の利用者は担保したいと考えているはずです。

そのため、誰もが知る人気大手の住宅ローンより、地方の信用金庫が提供する住宅ローンのほうが、審査に通りやすいのです。

信用金庫の住宅ローン審査に通りやすい人の特徴

信用金庫の住宅ローンは審査が甘い傾向にありますが、それでも審査に落ちる人は存在します。

信用金庫の住宅ローン審査は、どんな人が通りやすく、どんな人が通りにくいのでしょうか?

詳しく解説していきます。

長年の利用者ほど住宅ローン審査に通りやすい

信用金庫は営利目的ではない分、顧客との信頼関係を重視します。

その地域に長年住んでいる優良顧客ほど審査に通りやすく、引っ越したばかりの人や信用金庫の利用歴がない人は審査に通りにくいのです。

また、日ごろから地域に貢献している人も金融機関は優遇する傾向にあります。

信用情報がクリーン

過去にローンやクレカの延滞や、債務整理・自己破産の経験があると、信用情報に傷がついてしまいます。

信用情報は特定の機関に登録されており、住宅ローン審査時には金融機関が信用情報機関に開示を申請し、過去の金融履歴を審査の参考にします。

信用情報に傷がついていると、金融機関から「お金にだらしない人」「また延滞しかねない」と評価され、審査に通りにくくなってしまいます。

信用情報機関にはJICC、CIC、JBAと3つあり、それぞれ金融事故に対して情報を最大どれくらいの期間登録するか決めています。

事故情報 JICCの登録期間CICの登録期間 JBAの登録期間
支払いの延滞に関する情報 最大5年以内5年を超えない期間5年を超えない期間
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 保証履行
  • 強制解約
  • 破産申立
  • 債務譲渡など
5年を超えない期間(債権譲渡に関しては、発生から1年を超えない期間)決定から10年を超えない期間
不渡り情報 発生から6ヶ月を超えない期間(取引停止処分の場合は処分日から5年を超えない期間)
クレカやローンへの申込情報 照会日から6ヶ月間照会日から6ヶ月間照会日から6ヶ月間
クレジット情報 契約期間中~終了後5年以内契約期間中~終了後5年以内契約期間中~終了後5年以内
利用記録 利用日より6ヶ月間利用日より6ヶ月間利用日より6ヶ月間

基本的には、事故情報が消えてから住宅ローン審査を受けるのが理想的です。

他社借入がない

他社からローン借り入れがある状態で住宅ローン審査を受けると、通過が難しくなります。

年収に占めるローン返済額の割合が増えるだけでなく、お金にだらしない印象も与えてしまい、審査の評価が大きなマイナスになります。

他社借入はできるだけ減らすか、おまとめローンで一本化することをおすすめします。

営業エリアの中心部に住む人ほど審査に通りやすい?

信用金庫は営業エリアを細かく設定していますが、その中でも中心部に近いエリアと、郊外のエリアがあります。

信用金庫が提示している地域条件を満たしていれば問題はないのですが、営業エリアの中でもかなり外れの地域や離島の方などは、審査に通らない可能性もあります。

信用金庫住宅ローンは審査が甘いだけじゃない!金利の低さも大きな魅力

ここまで信用金庫住宅ローンを紹介しましたが、審査が甘いだけでなく業界トップレベルで金利が低いということもわかります。

信用金庫住宅ローンが絶対おすすめな訳ではないですが、銀行以外にも様々な金融機関が住宅ローンを提供していることは頭に入れておいたほうが良いでしょう。

借入の際は、幅広い住宅ローンの中から最適なものを選んでいきましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

家査定相場はあてにならない!最後に価格を決めるのは自分
従来は家査定相場を徹底チェックすることが家売却には必要と言われてきました。しかし、相場を信じすぎる…
家じまいで老後を豊かに!方法と費用・相談先を分かりやすく解説
家じまいを成功させることで、老後の不安を解消でき、豊かな生活ができると言われています。今回は、家じ…
家の査定はネットで依頼しよう!家査定サイトのおすすめ4選
家の査定をネットで行う際は、注意して慎重におこないましょう。今回はおすすめの4サイトを紹介していき…
家買取相場は市場価値の60~80%!価格が下がる仕組みを解説
家の買取相場は市場価値の60~80%にしかならないと言われています。今回は、その理由を徹底解説していき…

おすすめ・特集記事!

【2019年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…