TOP > 住宅ローンの基礎知識 > 住宅ローン審査の甘い金融機関はどこ?12の金融機関の審査基準を徹底比較

住宅ローン審査の甘い金融機関はどこ?12の金融機関の審査基準を徹底比較

【更新日】2019-08-27
このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローン審査の甘い金融機関

多くの金融機関が住宅ローンを提供しており、正直どこに申し込めば良いのか分からないと思います。

特に住宅ローンは短期間で契約をとらなければいけないので、審査に通りやすいかどうかはローン選びの重要なポイントでしょう。

そこで今回は、住宅ローンを提供している全12種類の金融機関の中から、どこが一番住宅ローン審査が甘いのかを調査していきます!

審査の甘い住宅ローンランキング!審査のゆるい銀行を見抜くコツ
人気の住宅ローン【2019年11月最新】
三菱UFJ銀行「ネット専用ローン」
●最も利用者が多い人気ローン!12年連続No.1
●申込から借入まで来店不要!口座なしでも申込可
●コンビニATMが24時間無料!銀行が遠い方もお得
繰上返済手数料 0円事務手数料 0円
保証会社手数料 33,000円団体信用生命保険料 不要
◎カンタン10分で申込可能!最短翌日に結果をお知らせ!

住宅ローンを提供している金融機関は全12種類!審査が甘いのはどこ?

住宅ローンを提供している金融機関は、大きく分けてこちらの12種類です。

  1. 都市銀行
  2. 信託銀行
  3. ネット銀行
  4. 第一地銀
  5. 第二地銀
  6. 政府系金融機関
  7. 信用金庫
  8. 信用組合
  9. 労働金庫
  10. 農協(農林中央金庫)
  11. 保険会社
  12. その他

それぞれの金融機関の特徴を、詳しくみていきましょう。

①都市銀行の住宅ローン

都市銀行とは、普通銀行の中でも東京、大阪などに本店を構え、広いエリアで営業をしている金融機関のことです。

代表的なもので言えば三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行といったメガバンクに、福岡銀行、千葉銀行、北洋銀行などの大きな地銀が挙げられます。

これらの金融機関は事業規模が大きい分、審査基準も厳しく審査に通りにくくなっています。

主な住宅ローン
  • りそな銀行住宅ローン
  • 三井住友銀行住宅ローン
  • みずほ銀行住宅ローン

②信託銀行の住宅ローン

信託銀行とは、通常の銀行業務のほかに、信託業務併営業務をおこなっている金融機関です。

信託業務は、個人や企業から財産を引き受け、管理運営をする業務のこと。併営業務とは、相続関連の手続きは不動産の仲介売買など、通常の銀行業務とは離れた分野の業務のことです。

信託銀行の住宅ローン審査も決して甘いとは言えず、上場企業の会社員や公務員など向けだといわれています。

主な住宅ローン
  • オリックス銀行住宅ローン
  • SMBC信託銀行住宅ローン
  • 三井住友信託銀行住宅ローン

③ネット銀行の住宅ローン

ネット銀行とは、必要最低限の実店舗を持ち、基本的な取引はネット上でおこなう金融機関を指します。

人件費や店舗運営のコストがかからないのでリスクが少なく、住宅ローン審査も通りやすいといわれています。

楽天銀行住宅ローンなら契約時に楽天ポイントがもらえたりと、独自の魅力を持っているのも特徴です。

主な住宅ローン
  • 楽天銀行住宅ローン
  • イオン銀行住宅ローン
  • ソニー銀行住宅ローン

④第一地銀の住宅ローン

第一地銀とは、地方の都市部に本店を持ち、全国地方銀行協会に加盟している金融機関です。

その都道府県で最も規模が大きい地方銀行と考えるとよいでしょう。

第一地銀の住宅ローンは地域密着型で営業されているケースが多く、特に長年口座を利用している方なら審査に通りやすいです。

ただ、利用者の数が多いので穴場とはいいにくいでしょう。

また、ネット銀行に比べて伝統的な審査基準を持ち、柔軟性に欠ける傾向もあります。

主な住宅ローン
  • 群馬銀行住宅ローン
  • 静岡銀行住宅ローン
  • 三重銀行住宅ローン

⑤第二地銀の住宅ローン

第二地銀は、第一地銀よりも小規模な地域密着型の金融機関です。

第一地銀よりもニッチなターゲットを狙っており、かつ地域に住む方を優遇するので、比較的借りやすい傾向にあります。

ただ、住宅ローンのサービス内容が充実していないケースも多々あるので注意しましょう。

主な住宅ローン
  • 福邦銀行住宅ローン
  • 長崎住宅ローン
  • 長野銀行住宅ローン

⑥政府系金融機関の住宅ローン

政府系金融機関とは、政府が経済的な発展や企業支援を目的として設立した金融機関のことです。

出資金の多くが政府出資になっており、民間の金融機関とは違う独自の機能を持っています。

政府系金融機関は国民の生活を向上させる目的で運営されているので、審査が甘く通りやすいことが多いです。

ただ中には、高収入者は申し込めないローンもあるので注意しましょう。

主な住宅ローン
  • 住宅金融支援機構「財形住宅融資」
  • 沖縄振興開発金融公庫「財形住宅資金」

⑦信用金庫の住宅ローン

信用金庫は、地銀よりも狭いエリアで営業している金融機関です。

住民の生活の向上を第一に考えており、かつ利用者も限られているので、トップクラスで住宅ローン審査の甘い金融機関といえるでしょう。

主な住宅ローン
  • 京都中央信用金庫住宅ローン
  • 飯塚信用金庫住宅ローン
  • 金沢信用金庫住宅ローン

⑧信用組合の住宅ローン

信用組合は組合員の出資によって運営される非営利法人で、信用金庫よりも小さな単位で運営されています。

信用組合の商品は組合員が非常に利用しやすくなっているので、審査も通りやすいでしょう。

ただ、特定の組合員以外が使う場合はハードルが高かったり、金利が上がったりすることがあるので注意しましょう。

主な住宅ローン
  • 北郡信用組合住宅ローン
  • 豊橋商工信用組合住宅ローン
  • 長崎三菱信用組合住宅ローン

⑨労働金庫(ろうきん)の住宅ローン

労働金庫(ろうきん)とは、預金の受け入れや資金の移動、ローン業務などをおこなう金融機関で、銀行と違い労働金庫法に基づいて業務を実施しています。

ろうきんの住宅ローンの審査難易度は、ネット銀行より厳しく地銀・都市銀より甘いと言われます。

ただ、ろうきんは他の金融機関に比べて申込条件が寛容と言われています。

  • 審査金利が実行金利なみに低い
  • 年収条件が150万円と低い
  • 勤続年数の条件が1年以上と短い
  • フルローン・諸費用ローンが可能

いくら審査の甘い住宅ローンでも、申込条件が厳しければ受けることができません。

ろうきんの住宅ローンは、他の金融機関に申し込めなかった方にもおすすめです。

主な住宅ローン
  • 東北労働金庫住宅ローン
  • 北海道労働金庫住宅ローン
  • 長野県労働金庫住宅ローン

⑩農協(農林中央金庫)の住宅ローン

農協(JA)とは、農家の仕事と生活の向上を目的に組織されている共同組合です。

住宅ローン審査は、どこの農協に申し込むかでも違ってきます。

中には、かなり審査落ちが多い農協も存在するようです。

特に返済比率、経営状況、担保価値の3つはしっかりチェックされるので注意しましょう。

主な住宅ローン
  • JA住宅ローン
  • JAフラット35
  • JA住宅ローンとくとくプラン

⑪保険会社の住宅ローン

日本生命や三井住友海上火災保険などの保険会社の中にも住宅ローンを提供している金融機関があります。

ローンの内容自体は他の金融機関とそこまで特色はないですが、保険会社らしく団信や疾病保証に強みのある住宅ローンを多く提供しています。

特定の保険会社を利用しており、かつ適した商品があるなら、利用する価値があるでしょう。

主な住宅ローン
  • あいおいニッセイ同和「フラット35」
  • 三井住友海上火災保険「フラット35」
  • 日本生命変動/固定金利プラン

⑫その他の住宅ローン

その他、住宅ローンを提供している会社としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 工務店
  • クレジットカード会社
  • 信販企業
  • 自動車販売金融(トヨタファイナンス)
また、その他には、そもそも住宅ローンを提供することを目的としている以下のような金融機関も存在します。

  • 優良住宅ローン
  • 協同住宅ローン
  • 日本住宅ローン
  • ミサワフィナンシャルサービス
  • LIXILホームファイナンス

これらの金融機関も一考の余地があるでしょう。

住宅ローンの審査が甘い金融機関の特徴

住宅ローン審査の甘い金融機関には、共通する傾向があります。

ここから、ポイントを解説していきます。

地域密着である・営業エリアが狭い

地銀、信金など、地域密着型の金融機関は住宅ローン審査が甘い傾向にあります。

その1つ目の理由は、こうした金融機関は地域の生活の向上を目的としているからです。

家を建てることは地域活性化、生活向上に密接にかかわるので、できるだけ審査に通したいのです。

2つ目の理由は、地方金融機関の経営状況にあります。

現在は過剰貸付が強く規制されているので、銀行側もローンを強くプッシュできません。ただ、ローンは金融機関にとって利率が高く、ドル箱と表現する銀行員もいるほどです。

特に地方金融機関は申込可能なエリアが狭いので、ローン利用者も限られてきます。

つまり、金融機関からしても少ない申込者と確実に契約したいと思っているのです。

フラット35を扱っている

審査の甘い金融機関の中でも、自社ローンとは別にフラット35を扱っている金融機関がおすすめです。

フラット35は住宅金融支援機構というところが提供し、民間金融機関が代理販売しています。

フラット35の返済トラブルは販売した金融機関に直接影響しないので、営業マンもステータスの低い人にPRしやすいのです。

審査の甘い住宅ローンをお求めの方は、フラット35を強くおすすめします。

フラット35は住宅ローンの中でも審査が甘い!審査がゆるい理由と問題点

金融機関の中で信用金庫の住宅ローンの審査が最も甘い!

金融機関の中で最も住宅ローン審査が甘いのは、信用金庫の住宅ローンと言われています。

その理由をここからは徹底解説していきます。

信用金庫の住宅ローンは審査が甘い!年収が低い方も通りやすい

地域に住んでいる人を優遇する仕組みになっている

前述しましたが、信用金庫は地元の人を優遇する仕組みになっています。地元に貢献することこそが、信用金庫のそもそもの設立目的だからです。

営業エリアに該当する方なら、住宅ローン審査に通る可能性は高いでしょう。

どんな借入理由にも柔軟に対応してくれる

住宅ローンの審査は借入理由を厳しくチェックしますが、信用金庫の住宅ローンは借入目的を柔軟に審査してくれます。

付帯設備の購入費や引っ越し費用目的の借入も受け付けている可能性があるので、相談してみましょう。

審査が厳しい金融機関の住宅ローンを借りるコツ

審査の甘い住宅ローンの特徴を紹介しましたが、審査の甘い住宅ローンがあなたの借りたいローンとは限りませんね。

魅力的なサービスが付いている住宅ローンほど審査が厳しいというのは、よくあることです。

ここからは、審査の厳しい金融機関の住宅ローンに通るにはどうすれば良いのか解説していきます。

普通口座を開設して実績を積み重ねる

「人をステータスで判断するな!」とは言いますが、住宅ローン審査ではやはりステータスで判断されます。

その理由は、あなたと金融機関の間に信頼関係が成り立っていないからです。

あなたがどんな方か分からないので、書類で判断するしかなくなり、不利な条件だと落とされてしまうのです。

金融機関との信頼関係構築には、商品を実際に長期間利用するのが一番の近道です。

特に口座の開設・利用などは信頼が構築されやすいでしょう。

住宅ローンの申し込み前に口座を長年利用していると、審査で優遇される傾向にあります。

クリーンな利用実績を保つ

ただ、金融機関のサービスを利用しているだけでも信頼関係は結ばれますが、例えば銀行のクレジットカードを何度か滞納していたりすると、住宅ローン審査で悪影響を及ぼしかねません。

住宅ローン審査を通りやすくするためには、他の商品を使うだけでなく、優良顧客と認められるようにルールをしっかり守りましょう。

現在ある借入を減らす

住宅ローン申し込み時にカードローンなどからすでに借入があると、審査にマイナスに働いてしまいます。

すでに借入のある方は、残高をできるだけ減らしていくか、おまとめローンで複数借入を一本化することをおすすめします。

住宅ローン審査の甘い金融機関でも油断は禁物!

住宅ローン審査の甘い金融機関について紹介しましたが、審査が甘いといわれる金融機関でも審査に落ちた人は一定数います。

住宅ローン自体が高額借入を目的としたもので、各種ローンの中でも審査基準は普通~厳しめに設定されています。

審査が甘いからと言って油断せず、しっかり審査対策をしておきましょう。

人気の住宅ローン【2019年11月最新】
三菱UFJ銀行「ネット専用ローン」
●最も利用者が多い人気ローン!12年連続No.1
●申込から借入まで来店不要!口座なしでも申込可
●コンビニATMが24時間無料!銀行が遠い方もお得
繰上返済手数料 0円事務手数料 0円
保証会社手数料 33,000円団体信用生命保険料 不要
◎カンタン10分で申込可能!最短翌日に結果をお知らせ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

住宅ローンの金利推移は今後どうなる?30年間の推移動向から10年後の予想までグラフ付きで解説【2019年最新】
住宅ローンの金利はどう推移するのでしょうか?過去30年分のグラフと今後10年の予測を通して、住宅ローン…
住宅ローンの審査に通りやすい人の特徴とは?職業・職種が関係?高年収でも通らない人がいる?
住宅ローンの審査に通りやすい人、通りにくい人の間にはどんな違いがあるのでしょうか?徹底解説していき…
住宅ローン審査に通らない理由と落ちた時の対処法
住宅ローンの審査に通らないのはなぜでしょうか?主な5つの理由と、すでに落ちてしまった時の対処法を紹…
住宅ローンをどうしても通したい!誰でも通る住宅ローンはある?無理やり通すことはできる?
住宅ローンをどうしても通したい方に向けて、誰でも通る住宅ローンはあるのか、無理やり通すことはできる…

おすすめ・特集記事!

【2019年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…