TOP > マンションを高く売る > 青森・八戸・弘前のマンションを売る!売却相場と高く売るポイント

青森・八戸・弘前のマンションを売る!売却相場と高く売るポイント

【更新日】2019-10-29
このエントリーをはてなブックマークに追加
青森のマンションを売る

青森でマンションの売却を考えた場合、売却価格においても買い取り業者の数についても不便さを感じることがあります。

それはやはり人口の少なさと面積の広さに起因するところが大きいでしょう。

青森県全体の人口は130万人弱で、政令指定都市のさいたま市よりわずかに少ないというレベルです。

しかし、ポイントを押さえて売却に臨めば青森の中心3都市では充分納得のゆく売却が可能と言って良いでしょう。

ポイントを見てみます。

マンションを売る方法!売却を損せず成功させるコツを完全網羅

青森・八戸・弘前のマンション売却の動向

青森県でのマンション取引価格の動向について平均価格は1,200万円レベルですが、最頻値で見るともう少し上になります。

だいたい1,000万円台と2,000万円台が同レベルと見て良いでしょう。

もちろん築年数や専有面積によっても変動します。

最頻値に対して平均値を押し下げているのは、専有面積50㎡以下の小規模物件です。

マンションを売るタイミングは3つのポイントで見極める!2020年までが売り時?

青森県のマンション売却価格は全国でも低い傾向

青森県のマンション取引価格の平均相場は、ある統計によると2018年度で1,474万円でした。

それに対して同じ統計での鹿児島県では1,566万円、島根県では1,639万円と青森県よりも高くなっています。

東京や大阪が高いのは当然として、例えば政令指定都市の京都市を持つと同時に、舞鶴や宇治など中心都市以外の街をたくさん抱える京都府でも2,275万円ですので、青森県でのマンション売却価格は全国レベルで見てもかなり低い方に分類されると言って良いでしょう。

また、2008年のリーマンショック以降、2019年現在でも青森県のマンション相場はほぼ横ばいが継続しています。

これも売却の決断をする参考になります。

全国的な不動産会社が少ないのが弱み

青森県には全国に展開している大手の不動産会社が少ない傾向にあります。

そのため、青森市や八戸市、弘前市といった県内の大都市1市単位で営業している業者を頼ることが多くなるでしょう。

1市単位の業者ですからどうしても市内相場に左右されやすいと言うのが弱点とも言えます。

しかし大なり小なり、不動産業者と言うのは地元密着型的な性格を持っていますから、不利なことばかりではありません。

むしろ地元の状況に応じた親切な対応が期待できるメリットもあるのです。

青森のマンション売却相場

青森県のマンション価格相場は、統計によって割合ばらつきがあります。

坪単価で見ると、坪当たり65万円~75万円程度が平均と言えるでしょう。

もちろん築年数や立地条件などによっても大きく左右されるのが売却価格ですからあくまで参考と言うことになります。

青森市のマンション売却相場

青森市のマンション価格相場は平均で1,270万円程度です。

面積は66㎡(約20坪)程度が平均的な専有面積となっていて、築年数は20年くらいが平均となっています。

県庁所在地ではありますが、弘前市に一歩譲る感があるのは事実です。

主にJR沿線での査定価格が高めになっていますが、他の条件との兼ね合わせも考えなくてはいけません。

八戸市のマンション売却相場

八戸市のマンション価格相場は、青森県の都市部ではもっとも安くなっており、1,120万円程度です。

面積も56㎡(約17坪)と、もっとも小さいです。

これは特定の地域に築年数の古い物や専有面積の小さいものが集中していたりして、統計上のデータとして安く評価されている傾向があります。

築年数比較や坪単価で見た場合、青森市や弘前市と大差はありませんので、八戸市だから安いということはありませんから安心していいでしょう。

弘前市のマンション売却相場

弘前市のマンション価格相場は3都市の中でもっとも高くなっていて1,350万円程度です。

専有面積は63㎡(約19坪)ですので、単価も高めだと言えるでしょう。

弘前市のマンション価格は、弘南鉄道沿線で高くなる傾向があるのが特徴です。

その中でも弘前駅はJR東日本と弘南鉄道の乗り入れがあるため、弘前駅周辺は有利と考えられるかも知れません。

2018年のデータでは弘前駅に限らず、駅から徒歩3分以内の物件については価格が上昇傾向にありますので、売却を検討する時の参考になるでしょう。

青森・八戸・弘前のマンション売却価格の推移

あくまで統計上のデータですが、東日本大震災の前後で青森県のマンションの取引価格はそれほど変動していません。

むしろ震災の前年である2010年が最安値を付けていたぐらいです。

とは言え、2007年から2018年の間を見ると、それほど大きな変動は見られないのです。

これは青森県では震災の影響が被災3県に比べるとかなり少なかったことに加えて、その期間に青森県では大きな事業計画などがなかったことに起因しているのかも知れません。

800~1,200万円の間を横ばいで推移

2007年以降のデータを見ると、青森県のマンション取引相場はおおむね800万円から1,200万円レベルで推移しており、ほぼ横ばいです。

特に上昇傾向や下降傾向は見られませんが、2009年・2014年・2017年・2019年でやや高めになっています。

これについて外的な要因が見当たらないことから、おそらくその前後で売りに出されたマンションの専有面積や築年数などの属性の傾向による物だと思われます。

青森県において国単位・県単位でのそれほど大きな事業計画は予定されていませんから、売り時と言うことについては買い取り業者と相談してみるのが良いでしょう。

物件ごとに個性が出る可能性が高いです。

郊外になると価格が数百万円しか付かないケースも

例えば八戸市の類家地域は、もともと田園地帯だったところが宅地化されたエリアで、八戸市による居住環境の向上が図られている地域です。

しかし、取引実績を見ると平均専有面積約19坪でありながら平均取引価格は255万円です。

これは取引総数がそれほど多くないため偏ったデータが発生したからかも知れません。

また取引実績を見ると、平均築年数が37年弱と古いことも原因の一つに挙げられるでしょう。

これは推定ですが、宅地化初期のマンションが一斉に売りに出された可能性もあります。

いずれにせよ、築年数の浅いものであればもう少し高い価格になるのではないかと考えられます。

誤解のないように補足しておくと、類家地域に鉄道駅はありませんが八戸市営バスや南部バスの路線がある上、八戸の中心部まで2~3kmで便利なエリアですし、地域内に高校が2校あるなど環境は整っています。

具体的な価格については、個々の物件ごとに不動産業者に相談して確認した方が良いです。

2022年問題で今後の不動産価格はどう推移する?オリンピック後の市場の動向・見通し【2019年最新版】

青森・八戸・弘前のマンションを高く売るポイント

この地域でマンションを高く売るポイントは次の2点になります。

  • マンションの売却相場を把握して売る
  • 地域に根差した売却準備をする

どちらも不動産取引の基本ですが、基本を押さえて取引すれば損はしないということです。

マンションを高く売るコツ11ヶ条!高値がつくマンションの条件とは?

①マンションの売却相場を把握して売る

売却相場を把握するのは基本です。

インターネットを利用すれば、複数の不動産業者に一括見積の依頼を出すことができるサイトがあります。

そうしたものをフルに利用して、取引相場の把握につとめましょう。

もちろん高く買ってくれる業者を選ぶのは大切ですが、全体の傾向から大きく乖離したところはちょっと不安かも知れません。

統計や入札の時のように最高値・最安値ではなく、2番目の数値を参考にすると言う方法も悪くないでしょう。

②地域に根差した売却準備をする

不動産が動きやすい時期というものがあります。

全国平均としては購入者の入居時期から逆算したタイミングと言うのが売るのに良い時期になりますから、その1~2か月前には内見を受け入れられるようにしておくのがコツです。

その「良い時期」に関しては、その地域によって独特の人の流れがあるタイミングも重要です。

不動産業者とよく話し合って、いつごろまでに準備を整えるのがいいのかを知り、それに合わせて室内の整理や清掃を行うようにしましょう。

青森・八戸・弘前のマンション売買関連情報

これは青森に限らずすべての取引データを見る時に重要なのですが、平均値や中央値と言うのはおおまかな傾向をつかむのには便利でも、実際の取引を見る場合には「ずれ」が出てしまうことがあります。

ですから、最頻値や傾向データを見比べて把握することが求められるのです。

取引されたマンションの平均専有面積は66㎡

2018年度の青森県のマンション取引データを見ると、平均専有面積は66㎡(約20坪)となっています。

しかし、これはあくまで平均ですので、最頻値で見てみましょう。

10㎡刻みでとられた統計では70㎡台がもっとも多く、次に80㎡台というデータが得られています。

つまり、平均値よりはやや広くなっていることが見て取れるのです。

平均値が低くなっているのは40㎡(約12坪)以下の1LDKまたは2Kクラスの物件が含まれていたからです。

一方で100㎡(約33坪)以上の物件もそこそこ存在しています。

取引されたマンションの平均築年数は約20年

築年数についても専有面積と同じことが言えます。

平均こそ20年ですが統計を見るとピークが2つあり、築25年から30年の物と築10年から15年の物が多くなっています。

それぞれの取引価格を見ると、25年から30年の物でおおむね500万円から1,000万円、10年から15年の物で2,000万円台での取引が中心になっています。

1981年6月1日に施工された新耐震基準が大きな分岐点になるでしょう。

この日以降に建築確認を受けた物件は新耐震基準に適合しています。

統計にある2018年現在で言うと、築37年より古い物は旧耐震基準である可能性が高いです。

もちろん耐震改修を受けていればそれより古くても新耐震基準に適合している可能性はあります。

さらに2000年6月1日には建築基準法でより正確な計算方法の導入が認められましたが、以前の計算法も継続して認められているため、耐震基準の新旧ほどの影響はありません。

それでも、2019年現在で築19年より新しい物は高く評価される可能性があります。

青森・八戸・弘前のマンション売却査定におすすめの業者

マンションの売却査定を依頼するのにおすすめの業者を5社紹介します。

  • アレック
  • アークシティ開発
  • 成都地所
  • サクラハウス
  • ハウスドゥ!八戸田向店(といず不動産)

①アレック

アレック

リフォームに強みを持つ不動産業者です。

既存住宅売買瑕疵保険の検査や取扱いも行っています。

ドローンによる空撮でのマンションチェックや、各種保険の代理店など、広くアグレッシブな不動産取引を行っています。

もちろん不動産の売却査定にも実績があります。

会社名 株式会社アレック
本社所在地 青森県青森市大字浜田字豊田362-1
設立 2013年04月25日
免許番号 登録青森県知事免許(2)第3402号

②アークシティ開発

アークシティ開発

マンションの売却はもちろん、戸建てから農地、個人用家庭菜園用地まで幅広い取り扱いができる不動産業者です。

ネット上に物件詳細を載せることで幅広い層に対してアピールできる売却仲介を行っています。

年中無休で8:30から19:00の営業時間内ではなくても、電話予約をしておけば不動産に関する相談を受け付けてくれます。

また、「青森県居住支援協議会空き家相談員」が在籍している会社です。

会社名 アークシティ開発
本社所在地 青森県青森市北金沢2丁目14-13
設立 1991年01月
免許番号 青森県知事免許(7)第2425号

③成都地所

成都地所

常時300人以上の購入希望者の登録があるため、地域でもトップクラスの早期売却を実現している不動産業者です。

対応エリアは青森エリアと弘前エリアになります。

また仲介取引だけでなく最短7日で現金化できる即金買取にも対応していて、この場合売却後の瑕疵担保責任など、面倒なアフターフォローが必要ないのも魅力です。

もちろん自社買い取りなので仲介手数料は必要ありませんし、相続財産の場合や残債がある場合にも対応してもらえます。

さらに現状引き渡しでOKなのも魅力です。

会社名 株式会社成都地所
本社所在地 青森県弘前市大字土手町211番地10
設立 2000年08月30日
免許番号 青森県知事(4)第3020号

④サクラハウス

サクラハウス

インターネット上からの無料査定を受け付けている地元密着型の不動産業者です。

2019年で40年を超える営業実績は信用の証と言えるでしょう。

八戸を中心にした営業エリアですが、田子町やおいらせ町などの物件の取り扱い実績もあります。

売却仲介においても見学会やオープンハウスを実施するなど、積極的な営業が特徴の不動産業者です。

会社名 サクラハウス株式会社
本社所在地 青森県八戸市下長4丁目1-25
設立 1979年04月
免許番号 青森県知事免許(11)第1683号

⑤ハウスドゥ!八戸田向店(といず不動産)

ハウスドゥ!八戸田向店(といず不動産)

といず不動産は標題の通り、全国展開のハウスドゥ!ネットワークに参加している不動産業者です。

物件売買はもちろん、リフォームやリノベーションに関するコンサルティングも行っていて、売却の際にいろいろ相談できるでしょう。

また、全国ネットワークに参加しているため、販売ルートも多く期待が持てる業者です。

会社名 株式会社といず不動産
本社所在地 青森県八戸市田向2丁目1番20号
設立 2013年06月12日
免許番号 青森県知事免許(1)第3406号

青森・八戸・弘前のマンション売却にかかる税金・費用・手数料

青森県に限らず、日本国内でマンションなどの不動産を売却する時にはいくつかの経費が必要になります。

まず、不動産業者に支払う仲介手数料ですが、これは「売買価格の3%+6万円+消費税」となります。

ただし不動産業者による自社買取の場合必要ないこともあります。

不動産売却の仲介手数料はいくらが相場?なぜ払うの?根拠・計算方法

また売買契約書に貼る印紙税が必要です。

これは契約金額に応じて1,000円から6万円ぐらいで税率変更も時々ありますから必ず確認して下さい。

さらに物件に抵当権が付いていた場合、それを抹消登記する費用が必要で、司法書士の報酬も必要になります。

マンションの場合、あとは廃棄物を処分する費用や引っ越し費用程度で、戸建てのような測量費用や解体費用は不要なことが多いです。

不動産売却時の税金・手数料・費用はいくらかかる?コストを抑えるコツ

青森・八戸・弘前のマンション売却の口コミを紹介

マンション売却に関して、様々なエリアでの体験談が届いています。

見てみましょう。

青森市柳川でマンション売却をした方の口コミ

2001年に結婚した際、頭金を親に援助してもらって購入したマンションですが、2016年にローンの支払いが終わりました。

ところが、2017年に東京転勤が決まったため家族とも話し合って売却を決めました。

それほど急いでいたわけではありませんが仲介取引で5か月かかったので、売却手続きは転勤直前になってしまいました。

依頼はインターネットで一括査定を依頼した中から2社を選び、最終的に地元の業者さんにお願いしました。

最初の見積金額は同じだったのですが、親切に対応してくれた方にお願いしたのです。

約33坪の3SLDKでしたが3,800万円で売却できました。

結果には満足しています。

やっぱり地元業者さんが親切でよかったです。

青森市浜田でマンション売却をした方の口コミ

両親が相次いで亡くなったため、住んでいたマンションを相続しました。

もともと郊外の戸建てに住んでいた両親でしたが、老後は都市部の方がいいと言うことで小さなマンションを新築で買って住んでいたのです。

私自身は秋田在住ですので、手間を省きたいこともあって自社買取をしてくれる不動産屋さんをインターネットの一括見積で見つけて依頼しました。

築12年で21坪の2LDKでしたが、1100万円で買い取ってもらいました。

不要な家財の処分や掃除、アフターフォローも全部依頼してその値段でしたから満足しています。

青森市橋本でマンション売却をした方の口コミ

亡くなった親から相続して青森市橋本のマンションに1人で住んでいましたが、仙台の会社に転職することが決まったので思い切って売却を決めました。

平成元年ごろに新築されたマンションで25坪の3LDKです。

インターネットの一括見積サイトで見積もりを依頼し、割合有名な全国チェーンの業者さんに依頼したのです。

各種手数料を差し引いた売却価格は750万円でしたが、申し込んで3週間ぐらいで買い手が見つかったので驚きました。

そのスピードと手続きのスムーズさは、さすが大手と思わせてくれるものでした。

八戸市長根でマンション売却をした方の口コミ

子供が生まれた時に買ったマンションですが、名古屋転勤が決まったので売却することにしました。

2004年に買ったマンションで28坪の4LDKです。

地元の不動産屋さんに相談して、直接(自社)買い取りをお願いしました。

インターネットの情報では八戸市内のマンションは相場がかなり厳しく下がっているということだったので、地元の不動産屋さんの方がいいと思ったからです。

結果的に1,150万円で買い取ってもらえました。

ローンの残債を支払っても手元にまとまったお金が残ったので、それを頭金の一部にして名古屋近郊で新居を購入するつもりです。

八戸市大字番町でマンション売却をした方の口コミ

大学に進んだ時、両親の意向で賃貸より安いマンションを買って入れと言われ、学校から離れていたのですが11坪の1LDKのマンションを中古で買ってもらいました。

その後市内で就職したのですが、そこに住み続けていました。

結婚が決まって地元に戻ることになったのでマンションの売却を決めたという訳です。

インターネットの一括見積で一番高く見積もってくれた全国チェーンの会社に、自社買取で売却しました。

1989年竣工のマンションで、310万円で売却できたのですが、そのお金は両親に返しました。

親に言わせると、賃貸マンションに入っているより安上がりだったそうです。

弘前市大字土手町でマンション売却をした方の口コミ

相続分としてもらった1DKのマンションに住んでいたのですが、札幌に転勤が決まったので売却しました。

もともと1990年の新築と古くて小さいマンションでそれほど高く売れるとは期待していませんでした。

地元の不動産屋さんに相談してもあまり反応が良くなかったので、ネットの一括見積に出しました。

結局10坪で250万円で売れました。

自社買取だったので、全費用込みでしたから満足しています。

青森・八戸・弘前のマンションをスムーズに高く売ろう

全般的に青森県内では仙台エリアや首都圏、中京圏、京阪神などに比べると不動産の流れはそれほど活発ではないようです。

ですので、時間もお金の内だと考えるのであれば自社買取も視野に入れておいた方が良いかも知れません。

インターネットの一括見積サイトで良い業者を探すのがおすすめだと言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

福井のマンションを売る!売却相場と高く売るポイント
福井のマンションを売るコツを徹底解説!売却相場から高く売るコツまで丁寧に紹介していきます。
奈良のマンションを売る!売却相場と高く売るポイント
奈良のマンションを高く売るためのポイントを徹底解説していきます!
宮城・仙台のマンションを売る!売却相場と高く売るポイント
宮城、仙台のマンションはいくらで売れるのでしょうか?相場以上に高く売るにはどうすれば良いのでしょう…
群馬(前橋・高崎)のマンションを売る!売却相場と高く売るポイント
群馬のマンションを高く売るにはどうすれば良いのでしょうか?詳しく解説していきます!

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2019年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…