TOP > マンションを高く売る > 岐阜のマンションを売る!売却相場と高く売るポイント

岐阜のマンションを売る!売却相場と高く売るポイント

【更新日】2019-10-30
このエントリーをはてなブックマークに追加
岐阜のマンションを売る

日本の人口重心が存在する岐阜県ですが、マンションなどの不動産取引については、これまで南部の岐阜地域と東濃・中濃・西濃地域に集中していたイメージがありました。

しかし、2015年ごろから北部飛騨地域の高山市に注目が集まるなど変化が見られるようです。

岐阜県全体や県庁所在地の岐阜市では人口減少傾向が見られますが、岐阜市を取り囲む各務原市や羽島市では人口が増加傾向です。

こうした現象によってマンションの売却査定相場はどのような影響を受けているのか、詳しく見てみましょう。

マンションを売る方法!売却を損せず成功させるコツを完全網羅

岐阜のマンション売却の動向

一口に岐阜と言っても、3,000m級の山々に囲まれる信州・北陸に近い飛騨地方と愛知県に接する濃尾平野の低地地方とでは、気候だけでなく不動産取引に関しても大きく異なる傾向があります。

そんな中でも、やはり人口集中地域である岐阜市や大垣市が不動産取引の中心になっています。

また、盆地であるため「暑い町」として知られる多治見市もマンション取引は盛んです。

マンションを売るタイミングは3つのポイントで見極める!2020年までが売り時?

マンション売却は岐阜・大垣・多治見の3市が中心

マンションは人口集中地域に多いため、岐阜市・大垣市・各務原市・多治見市・可児市と言った人口10万人以上の都市での取引が目立ちます。

その中でも県庁所在地であり中核市でもある岐阜市は、県内第2位の人口を持つ大垣市の2倍を大きく超える40万人余りの人口がありますからマンション取引も盛んです。

他の4市でもマンション取引はもちろんありますが、県内人口第4位の多治見市がやや目立つ傾向にあるようです。

築浅マンションの取引が増加中?

マンション売却は築年数にかかわらず盛んですが、バブル時代に数多く供給されたマンションが築30年を超えて売却されるものや、それに続いて新耐震基準が導入されたころの物件は築25年~30年で数多く売却対象になっています。

一方、投資用物件などで築8年未満と言う築浅物件も比較的多く取引されています。

とは言え、分布を見ると割合まんべんなく取引されているようです。

築浅物件が目立つのは取引価格が比較的高額になるため、目立ってしまうと言うことがあるのかも知れません。

また、岐阜市内では投資用物件を中心に3年以内の新築同様物件の取引も増えているようです。

岐阜のマンション売却相場

岐阜県全体で見た場合、平均売却価格は1,600万円を少し越えたあたりです。

新しい方・広い方が高くなるのは当然ですが、年数については10年超15年以内でそれより新しい物件との価格逆転現象が見られることも少なくありません。

これはおそらく最初の大規模修繕が予定通り行われた物件で、価値が上がっていたためでしょう。

ですからマンションを売るタイミングとしては大規模修繕が行われた直後と言うのが一つの目安になります。

岐阜のマンションでこの逆転現象がはっきりみられるのは、大規模修繕について予定通り行う管理組合が多いからなのかも知れません。

岐阜市のマンション売却相場

岐阜市のマンション売却査定の相場は、岐阜県全体の平均よりも高く1,650万円を少し超えるレベルになっています。

岐阜市での取引実績は他の県内の市に比べて圧倒的に多いことから、一市で平均値を引き上げているとも言えるでしょう。

広さについては70㎡台から80㎡台の3LDKが最も多いようです。

築年数については30年を超えるものから5年に届かないものまで広く存在しており、多いのは10年から20年のあたりで、平均値は19年となっています。

駅からの距離は徒歩30分を超える物が最も多いですが、いわゆる駅前マンションと言える徒歩5分以内の物件もあり、こうした物件ではやはり査定価格も高くなるようです。

大垣市のマンション売却相場

大垣市の売却査定の相場は県平均よりかなり低く、1,500万円を下回っています。

これはおそらく築浅物件の取引が少ないためだと考えられます。

2018年以降の取引実績を見ると、築年数が40年に近いか超えている物件も少なくありません。

しかし、築15年以内の物件では2,000万円台の実績もありますから大垣市だから安いのではなく、古い物件が多かったからだと言えるでしょう。

また、大垣市で売却された物件の平均面積は73㎡ですが、最頻値で見た場合80㎡台がもっとも多くなっています。

40㎡未満のワンルームや1DKなどによく見られる「新しい投資用物件」が少ないという傾向も見て取れます。

多治見市のマンション売却相場

多治見市も大垣市と同じような実績が報告されています。

売却査定の実績は1,400万円台前半で、面積は平均72㎡です。

しかし平均的に築年数は新しく、平均で18年となっています。

分布を見ても築20年以下の物件が多かったようです。

街の大きさの関係もあるのかも知れませんが、ほとんどが駅から徒歩10分圏内にありました。

参考までに、人口は多治見市より多いのにマンションの取引実績では一歩譲る各務原市は、売却査定の平均が1,500万円台後半になっています。

岐阜のマンション売却価格の推移

売却査定価格の推移ですが、岐阜県全体の平均価格で見た場合2011年以降おおむね堅調に推移しています。

2016年にはわずかに前年より下がりましたが、その後持ち直して再び上昇傾向にあります。

2011年に1,200万円程度だった平均価格は2018年には1,600万円を超えている状況です。

もちろん街ごとの傾向はそれぞれですし、物件ごとの価格はそれぞれの個性があることは言うまでもありません。

それでも平均価格の上昇はベースアップになっていると考えて良いでしょうから、岐阜県でのマンション売却は悪くない状態だと考えられます。

売却相場は2011年から順調に上昇

上でお話しした通り、岐阜県全体での売却相場は2011年以降順調に上昇しています。

ではそれぞれの街ごとの傾向はどうでしょう。

郡部を除いたものを見てみると、まず各務原市では2015年に落ち込みがあった以外はおおむね県の傾向と同じような感じですが、大垣市では乱高下と言っても良い状態が続いています。

2011年から相場が急上昇したのですが2013年をピークに2014年には大きく落ち込み、再び上昇に転じたかと思うと2016年をピークに2017年には1,200万円の大台を割りこみました。

2018年には再び上昇に転じています。

多治見市は2010年を底に上昇に転じましたが、2012年からは下降基調でした。

その後2014年から再び上昇したものの2017年からはまた下降し始めています。

県庁所在地の岐阜市ですが、こちらは2011年に底を打って上昇に転じた後ほとんど横ばいです。

岐阜市の相場が下がる一方で高山市の相場が上昇

岐阜市の相場は堅調ながらも2018年末現在で2010年のレベルを回復できていません。

2018年にはやや上昇したものの、2014年から2017年までは微減傾向にありました。

一方、飛騨の小京都とも呼ばれる高山市ではマンションの売却相場が上昇傾向にあります。

大阪府や香川県よりも広い面積を持つ高山市ですが居住地域は全域の8%に過ぎません。

人口も10万人に届かないため、それほど多くの物件があるわけでもないのです。

リゾート物件にはマンションがほとんどないため、居住用物件としてのマンション相場が上がっているようです。

2022年問題で今後の不動産価格はどう推移する?オリンピック後の市場の動向・見通し【2019年最新版】

岐阜のマンションを高く売るポイント

岐阜県でマンションを高く売るポイントは次の通りです。

基本的な考え方は他府県でのマンション売却と同じと思って良いでしょう。

  • マンションの売却相場を把握して売る
  • 地域に根差した売却準備をする

マンションを高く売るコツ11ヶ条!高値がつくマンションの条件とは?

①マンションの売却相場を把握して売る

先にお話ししたように、マンションの売却相場は街ごと・年度ごとに結構動くものです。

ですのでそれぞれの地域の売却相場を把握しておくことはとても大切になります。

不動産情報のインターネットサイトもたくさんありますから、まずはそうした物で情報を集めましょう。

相場感がつかめたら一括査定サイトなどで査定を依頼してみると、自分の物件に対する評価がわかります。

その上で、納得の行く価格と見積もりの際の応対などで感じた業者の好感度などで売却先を決めると良いでしょう。

②地域に根差した売却準備をする

岐阜県は県北部の飛騨地域と県南部の岐阜・美濃地域で気候が大きく変わります。

売却価格自体には大きな影響はないでしょうが、気候が悪い時期に活動しようとすると余計な経費が掛かったり健康を害したりするかもしれません。

豪雪地帯である高山市では冬場を、7・8月に最高気温が40℃を超えたことがある多治見市では夏場を避けて活動するのが良いでしょう。

岐阜のマンション売買関連情報

岐阜県において取引されたマンションの実績を見ると、駅との距離に特徴があります。

統計では2つのピークがあって、それは徒歩10分圏内の駅前・駅近エリアと、徒歩30分超のバス乗り継ぎエリアです。

また、良く動いている物件の間取りは、3LDK・4DK・4LDKの、いわゆるファミリー向け物件となっています。

取引されたマンションの平均専有面積は約73㎡

岐阜県で2018年度に取引されたマンションの平均専有面積は73㎡です。

一方、それを分布で見てみると70㎡超・80㎡以下で、2,000万円以下の1,000万円台物件が圧倒的に多いです。

その次に多いのは80㎡超・90㎡以下の物件です。

この広い方の物件は築年数の関係から取引価格は広い範囲となっています。

取引されたマンションの平均築年数は24年

岐阜県で2018年度に取引されたマンションの平均築年数は24年でした。

ただし、これは平均であって実際の分布を見てみるとかなり様相が異なります。

もっとも多いのは10年超15年以内の物件となっています。

そして平均を押し上げている古い物件は25年超30年以内のものが多いのですが、30年を超えるかなり古い物件もわりあい多いのです。

逆に新築同様物件と言われるような、築5年未満の物件はほとんど動いていません。

それどころか、築10年未満の物件ですらそれほど取引実績がないのです。

岐阜のマンション売却におすすめの業者

岐阜県でマンションの売却査定を依頼するときにおすすめの業者を5社紹介しましょう。

  • 株式会社 地伸
  • マルイ不動産多治見本店
  • 株式会社シンシアホーム(ピタットハウス岐阜島店)
  • 未来ホーム株式会社(イエステーション各務原店)
  • 株式会社 岐阜かに不動産

①株式会社 地伸

大垣市及びその周辺と瑞穂市を中心に活動しています。

情報誌を発行したり、不動産フェアを行ったりと積極的な事業展開も行っているようです。

売却に関しては電話での30分簡易査定と言うものも行っていますので、気軽に相談できるでしょう。

5年ごとの不動産免許更新を13回も行った老舗の信用を誇りにしています。

会社名 株式会社 地伸
本社所在地 岐阜県大垣市鶴見町283番1
設立
免許・登録 岐阜県知事免許(13)第1399号

②マルイ不動産多治見本店

多治見市・土岐市・瑞浪市を中心の営業エリアとしています。

また中津川市や恵那市、可児市や美濃加茂市とその周辺については、中津川支店と可児支店が担当します。

売却・査定に関しては公式サイトの申込フォームから相談することが可能です。

任意売却にもしっかり対応できる体制を取っていますから、万が一の際に心強い相談先になるでしょう。

会社名 マルイ不動産多治見本店
本社所在地 岐阜県多治見市栄町1-54-1
設立 1996年9月5日
免許・登録 岐阜県知事免許(5)第3877号

③株式会社シンシアホーム(ピタットハウス岐阜島店)

株式会社シンシアホームは全国チェーンのピタットハウスに加盟しています。

岐阜市内を主な営業エリアにしている会社ですが、このチェーンを通じて他のエリアの物件についても相談できるでしょう。

公式サイトの来店予約フォームを通じて申し込んでおくと、店頭で待たされることもありません。

顧客の要望に応えることを第一に考えると公式サイトにうたっているので、親切な対応が期待できるでしょう。

会社名 株式会社シンシアホーム(ピタットハウス岐阜島店)
本社所在地 岐阜県岐阜市西島町3-9
設立 2013年
免許・登録 岐阜県知事(1)第4816号

④未来ホーム株式会社(イエステーション各務原店)

未来ホーム株式会社は各務原市の不動産売買専門業者です。

全国チェーンのイエステーション加盟店でもありますので、市外の物件についても相談しても良いのではないでしょうか。

また、不動産売買にまつわる諸経費や税金の相談にも乗ってもらえます。

相続関連についても無料相談ができるそうです。

会社名 未来ホーム株式会社(イエステーション各務原店)
本社所在地 岐阜県各務原市入会町4丁目16
設立
免許・登録 岐阜県知事(3)第4426号

⑤株式会社 岐阜かに不動産

可児市を中心として美濃加茂市・多治見市及びその周辺を営業エリアにしている会社です。

マンションの売却に関して物件の買取りを保証してくれますし、秘密裏に売却することに対応可能です。

売却だけでなく、売却と同時に新規物件の購入を行う「住み替え」に関してもノウハウを持っていますから、相談してみると良いでしょう。

会社名 株式会社 岐阜かに不動産
本社所在地 岐阜県可児市広見7丁目1番地
設立
免許・登録 岐阜県知事免許(2)第4731号

岐阜のマンション売却にかかる税金・費用・手数料

これは岐阜に限らず、原則として日本全国共通です。

まず、不動産業者への仲介手数料が必要です。

不動産売却の仲介手数料はいくらが相場?なぜ払うの?根拠・計算方法

これは売却額の3%に6万円を加算したもので、別途消費税が必要になります。

また、売買契約書に貼る印紙税も必要です。

これはだいたい1,000円から6万円くらいの範囲で、売却金額によって増減します。

さらに、住宅ローンなどで抵当権が設定されていた場合、その抹消費用も必要です。

司法書士への依頼料込みで2万円までくらいでしょう。

また、売却するとなるとローンの残債を一括返済することになりますが、その手続きのために金融機関へ手数料を支払うことになります。

これは1万円から3万円くらいです。

譲渡所得税関連は売却した年の1月1日現在の保有期間で次の2パターンになります。

保有期間5年以下で譲渡所得の39.63%、5年をこえる場合には譲渡所得の20.315%です。

その他引っ越し費用などが必要になりますが、戸建ての売却とは異なり測量費用や古い柄の取り壊し費用は必要ないでしょう。

マンションを売る時にかかる税金・費用・手数料を徹底解説!計算方法と特例控除

岐阜のマンション売却の口コミを紹介

岐阜県でマンション売却を行った人からの口コミを見てみましょう。

次のエリアから届いています。

  • 岐阜市
  • 大垣市
  • 多治見市
  • 関市
  • 土岐市
  • 各務原市

岐阜市でマンション売却をした方の口コミ

父の病気を機に、広い実家をバリアフリーに改造して同居することになったので、住んでいたマンションを売却しました。

時間に余裕があったので、不動産屋さんに「できるだけ高く売って欲しい」とお願いしました。

半年ほど時間はかかりましたが、相場よりかなり高く売れましたので満足しています。

我が家は子供がいないため教育のことなどを考えずに引っ越せたのはラッキーなのでしょう。

大垣市でマンション売却をした方の口コミ

大阪への転勤が決まったのでマンションを売却しました。

転勤までの時間が余りなかったので、自社買取を行ってくれるところに依頼しましたが、予想していた通り相場よりかなり安くなってしまいました。

けれど、売却手数料は必要ありませんでしたし、売った後でマンションに問題があったと買主に言われた時でも全部不動産屋さんが受けてくれるとのことですから安心です。

引っ越しの準備をして荷物を出したら、残ったごみの処分まで引き受けてくれましたので、高く売れたのと同じだったのかも知れません。

多治見市でマンション売却をした方の口コミ

一人暮らしだった父のマンションを相続したのですが、私は家族とともに別のマンションで暮らしていましたから売却することに決めました。

相続手続きから買取まで行ってくれる不動産屋さんに任せたら、ほとんど手間いらずでスムーズに終わりました。

それほど大きな物件でもなかったし古かったので、安めの買取価格でしたが相場の範囲だったので不満はありません。

入ったお金は貯金しておいて、子供の大学進学費用に充てようと思っています。

関市でマンション売却をした方の口コミ

技術系のキャリアを活かした転職を計画していて、2年ごしで成功しました。

それにともなって東京に出ることになったので住んでいた2DKのマンションを売りました。

ローンもけっこう残っていたので、残債がゼロになればいいくらいの気持ちだったのですが、不動産一括見積サイトで見つけた全国チェーンに依頼したら、思ったより多くの金額が手元に残りました。

東京での新生活の費用にあてるには十分だったので、とてもうれしかったです。

土岐市でマンション売却をした方の口コミ

岐阜市の実家を相続したので、そちらを売ろうか、そちらに引っ越してマンションを売ろうかかなり悩みました。

家族ともいろいろ検討した結果、戸建ての実家をリフォームして住むことになったので、住んでいたマンションを売りました。

買主との応対や不動産屋さんとの交渉も面倒なので、安くてもいいからと全国チェーンのお店を一括見積サイトで見つけ、自社買取してくれるところに売りました。

思ったよりいい値段で売れたので、実家のリフォーム費用が全部出せましたし、引っ越し費用などを出しても十分でした。

各務原市でマンション売却をした方の口コミ

家族を連れての海外赴任が決まったので、マンションをどうしようか悩みました。

賃貸で貸そうかとも思ったのですが、帰国までの期間が長くなりそうだったので思い切って売ることにしたのです。

時間がなかったので、一括見積サイトで大手業者に買い取ってもらうことにしました。

築20年を超えていましたがローンは終わっていたので手続きは簡単でした。

ほぼ予想通りの価格よりわずかに高めに買い取ってもらえました。

家内がきれい好きで、私もタバコを吸わなかったため比較的室内がきれいだったのが良かったのかも知れません。

岐阜のマンションをスムーズに高く売ろう

マンションをスムーズに売るコツは、売ることを決めた日からマンションは自宅であると同時に「展示場」だと考えて行動することです。

自分の生活で出た様々な汚れを落とし、不要物は可能な限り早く廃棄して部屋を広くして下さい。

いつ不動産業者から内見の依頼があっても胸を張ってきれいな部屋を見せられるようにしておけば、スムーズに高く売ることができるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

マンション売却の注意点20選!スムーズに売るための対策まとめ
マンション売却の注意点は、家を売る場合と大きな差はありません。しかし、物件によってルールが違う事、…
マンションの内覧はどこを見られる?内覧をクリアして高く売ろう!
マンションの内覧時は多くの人がおもてなしをしたり、過剰に準備をしてしまいますが、自由にチェックをさ…
マンション査定の注意点!査定前に抑えておきたい11のポイント
マンション査定の注意点を4つ紹介!査定前の掃除・リフォームは必要かなど、気になるポイントを分かりや…
岩手・盛岡のマンションを売る!売却相場と高く売るポイント
岩手のマンションはいくらで売れるのでしょうか?高く売るにはどんなところに注意すれば良いのでしょうか…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2019年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…