TOP > 家を高く売る > 家の査定を匿名で依頼!おすすめの匿名サイトと匿名査定の注意点

家の査定を匿名で依頼!おすすめの匿名サイトと匿名査定の注意点

【更新日】2019-11-12
このエントリーをはてなブックマークに追加
家を匿名査定

不動産物件の売却を行うにも、自分の名前や住所などの個人情報を相手に伝えるのは、不動産会社の営業マンから連絡が来てしまったりと、様々な問題が生じていくものです。

匿名で査定の依頼を行えるサイトを利用することで、不動産会社の担当者とやり取りすることなく、スピーディに物件査定を進めることが可能になるものです。

ここでは、匿名で査定をする際におすすめのサイトの紹介と、利用上の注意点を紹介します。

不動産査定は匿名で依頼できる!個人情報不要の匿名一括査定サイトを利用する際の注意点

家の匿名査定におすすめのサイトを厳選紹介!

不動産の売却を進める際には、匿名で個人情報を入力できるサイトを活用するほうが、気軽に自分が売却を検討する物件の査定依頼を行えるものです。

ここでは、匿名での査定依頼が可能なおすすめのサイト3選を紹介します。

不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング

ライフルホームズ

ライフルホームズは、2014年にスタートした一括査定サイトです。

1,000以上にも及ぶ提携不動産会社が登録され、物件情報の入力を行うことで、多くの査定結果を得ることを可能にします。

ライフルホームズでは、匿名で査定を依頼する機能も備わり、自分の名前を入力して査定を依頼してしまい、営業マンからしつこく勧誘を受けるような事態に陥る心配も無く、売却予定の物件価格の査定を受けることが可能です。

ライフルホームズで不動産売却査定!実際に利用した方の評判・口コミ

HowMa(ハウマ)

HowMaは、AIを用いた自動査定により、瞬時に物件価格の査定を行うことが可能です。

HowMaで査定を行う際には、スマートフォンから物件情報を入力するだけで、即座に査定結果を得ることが可能になっています。

膨大な相場情報をHowMaは、常に収集していますので、いつでも最新のデータを元にした査定結果を得ることができます。

いったん算出した査定結果は、いつでもマイページで確認することが可能です。

AI不動産査定のHowMa(ハウマ) を実際に利用した方の評判・口コミ!精度は本当に高い?

10秒でDo!

10秒でDo!は、ハウスドゥ!の全国ネットワークを駆使し、地域に密着した適正価格での相場把握と、物件査定を瞬時に行うことを可能にします。

不動産を売却する際には、仲介や買取、買取保証にリースバックなど、都合に応じた方法での実践が可能です。

売却を検討する物件の査定を依頼する際には、スマートフォンから売却予定物件の情報を入力するだけで、瞬時に査定結果をメールで受信することも可能です。

匿名で家の査定相場をチェックする方法!

匿名で家の査定を行う場合にも、不動産ポータルサイトを活用して、自分で調べる場合や、過去の取引事例を元にデータの算出していく場合があるものです。

ここでは、匿名で家の査定相場を調べる方法と注意点を紹介していきます。

家の売却相場と築年数・立地の関係!築10年から価格が付かない?

①不動産ポータルサイトの売出物件情報をチェック

自分が売り出しを考える不動産物件の価格を調べるには、不動産ポータルサイトをチェックするのが効率的です。

自分が所有している物件の近隣の物件がどの程度の価格で取引されているかの事例を調べることで、時間や手間をかけることなく、スピーディに物件査定を進めることを可能にします。

不動産会社に査定を依頼して、個人情報を伝えた後に営業マンからの勧誘をしつこく受けることもなく、気軽に物件査定を進めることができます。

地域・築年数・面積が似た物件を参考にする

不動産ポータルサイトを使って物件査定を進める際にも、単に近隣の物件の取引価格を参考にするのではなく、築年数や面積が似通った物件の取引価格を参考にすることも大切です。

自分が売り出しを考えている物件の最寄りの地域というだけではなく、多くの物件情報のなかから、築年数が同じ様な物件で、居住空間の面積が似通った物件を選ぶことが重要です。

近隣の物件情報のなかに、間取りが似たような物件があった場合には、そちらを参考にした方が正確な査定価格は算出できるからです。

取引事例比較法を使うのがおすすめ

不動産ポータルサイトに掲載されている内容を元に売り出し物件の査定を進めるに際しては、取引事例比較法を用いるほうが正確な査定結果を得ることが可能になります。

掲載している取引価格に対し、事情の補正や、取引時点の情報、地域や個別の要因を加味して物件価格の査定を行うのが取引事例比較法です。

近隣にある物件で、自分が売出しを考える物件と似通った物件があった場合は、可能な限り、直近の取引事例を選んでいくことが大切です。

物件を売り出したのが最近の場合には、これから販売を考えている物件と取引状況が近いものがあるため、同じ条件で売却できる可能性が高いからです。

個別要因や地域要因の面は、物件の接道状況や近隣の道路の交通状況を調べ、似たような要因の物件の取引事例を選んでいくよう心がけましょう。

過去の取引事例データベースを活用する

不動産の売却価格を査定するにあたり、過去の取引事例データベースを活用する方法もあります。

不動産会社が利用しているレインズや、土地総合情報システムを利用することで、不動産会社に査定を依頼しなくても、自分が売却を考える物件の市場価格を手軽に知ることが可能になるものです。

売却を依頼する物件と同様なタイプの物件を取引事例から調べていき、似たような物件が見つかった場合には、取引事例比較法と同様な手順で、個別要因や地域要因の加味を行い、実際に売却した際に近い価格の算出を行っていきます。

土地総合情報システムで直近5年間の取引をチェック

土地総合情報システムを利用する際には、直近の5年間分の取引をチェックすることも大切です。

不動産の価値や相場は、常に変動していくものです。

直近のデータだけではなく、過去5年分のデータを元に物件の査定価格の算出を行うほうが、正確な物件価値の算出は可能になるものです。

取引事例比較法を用いるにしても、正確なデータを算出するにはデータの補正を行うことが必要になるものです。

地域の状況も歳月が経つにつれて変わっていくものです。

過去のデータを元に正確なデータの算出を行っていきましょう。

不動産ジャパンを使えば欲しい情報をすぐ取得できる

不動産ジャパンは、公益財団法人不動産流通推進センターが運営している不動産データベースになります。

レインズと同様のデータを扱う不動産ジャパンでは、築年数や個別要因、地域要因などの詳細な検索条件を用いて、物件の売却価格を調べることが可能になっています。

レインズは指定流通機構に登録している不動産会社だけが利用できるのに対し、不動産ジャパンの場合は、一般ユーザーでも気軽に利用できる点が違います。

不動産ジャパンは全国の不動産が検索できる!仕組みとサービス内容を徹底解説

家査定を匿名で依頼するメリット

物件の売却価格を査定依頼する場合、個人情報を伝えず匿名で行えば、不動産会社から勧誘をしつこく受けることもなく、スムーズな物件査定を行うことが可能になります。

不動産会社に査定を依頼する場合には、営業とのやり取りなど煩雑なやり取りも伴っていくものです。

匿名査定を利用することで、時間や手間をかけることなく、自分が売却を考える物件の査定価格を知ることが可能になります。

家の査定はどこを評価する?よく見られる6つのポイント

個人情報がもれない!しつこい営業の心配がない

匿名で物件査定を依頼するメリットには、個人情報を伝えることもなく、実勢価格を知ることができる点があります。

不動産会社に個人情報を伝えてしまうと、担当の営業マンから、しつこい勧誘を受けてしまったりする場合も有り得ます。

匿名情報を用いて物件査定を行うことで、自分の電話番号やメールアドレスに対し、営業マンから連絡が来ることも無く、安心して物件査定を行うことが可能になります。

査定結果が出るまでが非常にスピーディ

不動産会社に査定を依頼することは、営業マンの訪問査定や、自社での机上査定など、様々な手間を要するものです。

不動産会社によって違っていきますが、平均して2週間程度期間は査定結果を要するのが普通でもあります。

匿名での物件査定を行う形であれば、自分の都合の良いタイミングで、気軽に物件価格を調べることが可能になります。

急ぎで物件の査定価格を知りたい場合には、匿名で利用できる物件査定を検討しましょう。

AIが今後の価格予測までしてくれることも

不動産の価格を決めるには、過去の取引事例や人口動向、地域の特性などの様々な要素をふまえながら価格の算出を行っていくことが必要になります。

正確な物件価格を算出するためには、物件の構造なども含め、1,000種類にも及ぶデータを必要とする場合もあります。

多くのデータから査定価格の算出に必要なデータを抽出し、適正な物件価格の算出を行っていくには、人手では難しい部分があるのも実情です。

AIを使い、価格を形成する様々な要素を人工知能に行わせることで、時間や手間をかけることなく、正確な査定価格を得ることが可能になるのです。

家査定を匿名で依頼する時の注意点

物件を匿名で査定する場合には、物件の概算の範囲までしか査定結果を得ることができないというデメリットもあります。

不動産会社としても、実名を知らされ、売却を前向きに検討する方とは違い、匿名で査定を依頼する方には、手間のかかる査定結果の提示は行わないものです。

匿名での査定を依頼する場合には、得られる結果は概算の範囲を出ない値であることを意識しておきましょう。

査定結果が概算の範囲であるのと同様に、匿名の場合は、実際に不動産会社とのやり取りで得る結果では無いため、不動産鑑定士などの専門家への相談ができない部分もあります。

全ての地域に対応している訳ではない

匿名での物件査定で得られる結果は、特定のエリアに集中している場合も多いものです。

自分が所有している物件が都心部に無い場合には、正確な査定金額の取得ができない可能性があることも考慮に入れておきましょう。

売却予定の物件のデータを匿名で得ることができない場合には、近隣の似通ったデータで代用することを検討することも大切です。

家の内部まではチェックできない

サイトを使っての匿名査定においては、訪問を受けての室内査定までは受けることができません。

室内の間取りや設備が充実していたとしても、匿名査定の段階では評価を受けることはできませんので注意しましょう。

自分では住みやすい間取りで、高値で売れると考えていても、匿名の査定を利用する際には評価を受けることはありません。

匿名で得られる査定結果は、あくまでも概算と捉えておくことが大切です。

連絡ができないので申し込み内容の補足ができない

匿名で物件査定を依頼する場合には、インターネット上の不動産査定サイトから、物件情報を入力する形になりますので、必要最小限の情報しか伝えることができませんから、査定結果がアバウトなものになりがちです。

非匿名での査定依頼の場合には、不動産会社の担当者と直接やり取りする形になりますので、査定結果を得た後に売却をお願いすることも可能です。

非匿名で査定を依頼した後に、不動産会社の担当者から連絡が来る場合もありますが、電話が来た際に、物件の詳細を伝えることで、より正確な査定結果を得ることができる場合もあります。

匿名査定をしても家を売ることはできない

匿名査定で得られる査定結果は、あくまでも概算の価格になります。

高額査定を受けることができたとしても、そのままでは売却をすることはできないものです。

急ぎで売却の必要がある場合などは、匿名ではなく、売却物件の査定を正規の手順で進めるほうが良いでしょう。

非匿名で査定を依頼した後に、営業マンから電話連絡が来ることを懸念する方もいますが、勧誘の電話は断っても大丈夫です。

家売却は必ず査定→契約→売出しの手順を踏む

不動産物件の売却を進める場合は、必ず査定を行ってから契約を行い、売出しを進める手順をとることが大切です。

不動産のような高額物件の場合には、取引する不動産会社によって数百万単位の差額が生じたりするものです。

少しでも高く売るためにも、事前に複数の不動産会社に査定を依頼し、多くの査定結果のなかから高額な査定を提示している会社との契約を進めましょう。

売却までつなげたい方はライフルホームズの匿名査定がおすすめ!

ライフルホームズは、大手の不動産情報サイトとして高い人気を誇っています。

国内でも有数の不動産情報サイトとして知られるライフルホームズには、1,000件以上の不動産情報が登録され、多くの取引事例のなかから、売却を検討する物件の査定を進めることが可能になっています。

大手サイトということもあり、査定できるエリアも広く、殆どの地域をカバーしているサイトでもあります。

豊富な物件情報が登録されている大手不動産情報サイトでありながら、匿名で利用が可能な査定サービスも提供されていますので、自分が売ろうとしている物件がどの程度の金額で売却できるかを事前に知りたい場合には、ライフルホームズを利用するのが良いでしょう。

気になる業者に売主から電話をかけられる

ライフルホームズは、不動産情報サイトにしては珍しく、提携している不動産会社に対して電話をかけることが可能になっています。

首都圏が中心になっていきますが、査定結果を見て、気になる不動産会社を見つけた場合には、自分から不動産会社に対して電話を入れることが可能になっています。

ライフルホームズでは、一度に10件以上もの不動産会社に対して査定の依頼を行うことが可能です。

家査定の自動シミュレーションは活用次第で高額売却のカギになる

家査定の自動シミュレーションは、人工知能が膨大な情報から実勢価格のシミュレーションを行い、瞬時に適正な物件価格の算出を行っていく仕組みです。

市場の動向や国土交通省が提示する公示地価など、様々な情報を人工知能がシミュレーションを行い、実勢価格を算出する点が魅力です。

高額での売却を実現するためには、できるだけ正確なデータが必要になっていくものです。

高額での物件売却を実現するためにも、家査定の自動シミュレーションの活用を検討するのが良いでしょう。

家を高く売る方法ガイド!高額売却のコツ4つを徹底解説
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

家の売却では火災保険をいつ解約する?残りの保険料は戻ってくる?
家の売却時に火災保険はどうすれば良い?途中解約の必要性は?残りの保険料は返ってくる?今回はそんな気…
家を売却する際に知っておきたい5つの注意点
家を売却する際に知っておきたい注意点は、大きく5つにわける事ができます。売却を検討している方も、手…
家を売ると高確率で損をする?売却損を防ぐ5つの方法
家の売却で損をしないためには、なるべく高く売るのが第一です。また、期間を長く見積もるなどのリスクヘ…
資産価値が落ちにくい家の特徴とは?住宅選びで失敗しないポイント
資産価値が落ちにくい家を買うことで、安心して生活できる、将来的にお金に出来るというメリットがありま…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2020年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2020年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…