TOP > 土地を高く売る > 土地売却時にかかる税金と節税方法

土地売却時にかかる税金と節税方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
家と税金書類

土地を売却する際には、所得税などの税金がかかってしまいます。

もともと土地を売りに出す動機としては、所有していることによる税負担を減らしたいという理由が多いです。

それなのに、売却時も税金がかかってしまうと元も子もありません。

この記事では、土地の売却にかかる各種税金の説明と、その負担を軽減する方法を紹介していきます。

現在土地売却を検討している方は、参考にして賢い節税を行ってください。

土地売却にかかる税金は減税策を利用して抑えよう

土地売却の際にかかってしまう税金は、特例を利用して抑えていく事が可能です。

こうした特例を最大限に活かし、節税を行っていくには、各税金の仕組みと、対応する特例について知らなければなりません。

今回は、土地売却時にかかる譲渡所得税の減税策について紹介していきます。

譲渡所得税を事前準備で抑える

土地売却時にかかる税金としては、印紙税、譲渡所得税、登録免許税、消費税などが挙げられますが、殆どの税は、減額する事ができません。

しかし、譲渡所得税に関しては、売る前であれば節税を行う事が可能です。

これは、不動産売却時に利益が出た際に支払い義務がある税金の事です。

この譲渡所得税さえ抑えられれば、売却額より税金が高くなるという事はまずありません。

→不動産売却後も税金が!譲渡所得税の仕組みと注意点

譲渡所得税の計算の仕方

譲渡所得税=課税譲渡所得×譲渡所得税率

※課税譲渡所得=(譲渡収入-譲渡費用)-特別控除額

譲渡所得税の計算法は、上記のようになっております。

ちなみに、譲渡収入とは、売却によって得た収入の事であり、譲渡費用は、売却する為に負担した、各種手数料、クリーニング費などを含む費用の事です。

また、譲渡費用には、買い手から依頼されて行った測量や古家立て壊しの費用なども含まれます。

譲渡所得税を抑える方法は主に3つ

  • 相続税がかかった際の特例を使う
  • マイホーム特例を使う
  • 5年以上所有する

譲渡所得税を直接・間接的に減税する為の策は、以上3つとなっています。

まず、相続税の納付期限から3年以内に土地を売った場合、一部を購入費に上乗せする事ができます。

次に、家を売った場合に特別控除額が控除される「マイホーム特例」という制度ですが、以下の条件を全て満たしていれば、適用されます。

  • 家を解体してから1年以内に売買契約が締結された
  • 家を解体した、済まなくなった日の3年目の年末まで(年が変わるまで)に売った
  • 解体してから他の用途の利用(駐車場など)を行っていない
  • 最後に、譲渡所得は、土地の保有が5年を越すと税率が約半額になります。

    それ故、あえて5年経ってから売り出すという手もあります。

    古家付きは取り壊しのタイミングに注意

    土地を所有していると、自動的に税負担がかかってしまいます。

    この中に固定資産税、都市計画税があります。

    固定資産税とは、土地だけでなく物件などの資産に関する税、都市計画税は道路計画などの公共事業に利用される税です。

    この固定資産税は、土地に物件が立っていることで6分の1ほど軽減されています。

    また、都市計画税は3分の1軽減されます。

    それ故、築年数が経過し、物件価値のなくなった古家をむやみに更地にすると、税負担が増えるので非常に危険です。

    取り壊しは話し合い計画的に

    古家付きの土地を売りに出す際は、一般的に物件取り壊しを前提として購入されます。

    現在は建築技術が向上したこともあり、リフォームをしっかりすれば築年数が経った家でも需要があります。

    しかし、新居を建てる人にとっては、更地にしてくれた方がありがたいでしょう。

    買い手にとっては、早目に更地にしてくれた方がよいですが、早期に更地にしてしまうと、近いうちに売買契約が決まらない限り、税が倍増してしまいます。

    また、取り壊し費用は購入者と半分ずつ負担することが可能ですが、その場合は相手の日程に合わせて取り壊さなくてはならないです。

    土地売却を成功させるには相手を優先させる必要がある程度ありますが、タイミングに気を付けないと大きな損に繋がってしまいます。

    1月1日を目安に資金を貯めていく

    こうした税は、1月1日に課税が行われます。

    更地にする人は、この時期を念頭に置いて、トータルの出費を計算する必要があります。

    特に、土地を売った収入で新居を購入しようとしている人などは、こうした出費を忘れてしまい、結局、損をしてしまうことがあります。

    土地の引き渡しをいつ行うかは、相手の都合もあるので確定はできませんが、来年の1月1日にトータルでプラスになるような資金計画の計算を行いましょう。

    減税よりも高く売ることを目標に

    ここまで、土地売却にかかる税金と、その節税方法について見てきましたが、税の数の多さに比べ、節税策があまり多くないということが分かったのではないでしょうか。

    減税に力を入れることは非常に大切ですが、その前に土地が高額で売却できなければ、意味がありません。

    まずは、高値で売る事を意識し、時間や労力に余裕があるのなら税金対策を行っていくという方法をとるのが良いかもしれません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連する他の記事

    不動産売却の手付金について解説
    不動産売却で支払われる手付金は、売買契約時に支払われるものと住宅ローンの申し込み前に売り手に支払わ…
    不動産売却後に引っ越しをするポイント
    不動産売却後に引っ越しをする場合、物件を引き渡す期間が指定されていたり、査定額が低くなってしまった…
    住宅ローンを組む前に担保の仕組みを理解しよう
    住宅ローンを組む際に必要になる担保について説明・紹介しています。そもそも担保って何?という方は読ん…
    やっぱり売却をやめる!家の売り出しを中止する意外なメリット
    家の売却をやめるのは今まではあまり良くない行為でしたが、ポータルサイトの出現によってメリットが拡大…

    おすすめ・特集記事!

    一括査定サイトは不動産売却に必要不可欠!メリット・デメリットを一挙紹介
    不動産一括査定のメリットとしては、複数業者から査定を受けられる事の他にも、地域に対応している業者を…
    不動産一括査定の評判って本当のところどうなの?サイトの特徴・口コミを厳選して紹介
    不動産の一括査定サービスってご存知ですか?今回はその魅力から、利用者の評判をもとに実際に利用したい…