TOP > マンションを高く売る > マンション買取相場は市場価値の60~80%!買取価格が低くなる仕組みと対処法

マンション買取相場は市場価値の60~80%!買取価格が低くなる仕組みと対処法

【更新日】2020-03-10
このエントリーをはてなブックマークに追加
マンション買取相場

マンションの売り方は、仲介売却と業者買取の2種類分かれます。

あなたがマンションの早期引き渡し・換金を検討しているのであれば、業者に直接買い取ってもらうことをおすすめします。

仲介売却に比べて、最短1か月弱で換金・引き渡しまで可能なので、特に転勤が間近に迫っていて早くマンションを処分したい方にはおすすめです。

ただ、マンション買取はメリットばかりではなく、注意点も多数存在します。

今回はマンション買取相場が低くなる理由と対処法を解説していきます。

マンション買取業者ランキング!買取再販戸数・保証を比較

マンション買取相場は市場価値(実勢価格)の60~80%ほど

マンションの買取相場は、市場価値の60~80%ほどにしかなりません。

つまり、その時々の本来の資産価値の6~8割程度に落ち込んでしまうということです。

一方、仲介売却は資産価値とほぼ同じくらいの金額で売ることが出来ます。

仲介売却の場合は市場価値をもとに売り出しをおこない、その金額で納得してくれる業者が現れるまで待つという方法を取るので、時間はかかるものの高い金額で売却をすることができるのです。

買取と仲介売却は混同されることも多いですが、全く違う仕組みなので注意しましょう。

売却方法 仲介 買取
内容 仲介業者に販売活動を依頼 不動産会社に買い取ってもらう
長所 高額で売れやすい 成約の可能性が高く、現金化も早い
短所 売れるまで時間がかかる(平均3~6ヵ月) 利益が低い(仲介の2~4割減)

不動産買取と仲介売却の違いは、こちらの記事で詳しく解説しています。

不動産買取とは?業者買取と仲介売却のどっちがお得か徹底比較

相場の低いマンション買取は大損する可能性もある

相場の低いマンション買取のメリットは、コストをかけずに早期換金ができるという点のみです。

ただ、コストを抑えられるといっても、仲介売却を依頼した場合のコスト込みでの手残りのほうが買取代金よりも確実に多い傾向にあります。

どうしても早くマンションを処分したいといった場合以外で買取を依頼するのは、非常に高いリスクを要します。

都内のマンションの資産価値は、平均2000~3000万円ほどです。

これを買取に出す場合、最大で1200万円ほどの損失が発生する計算になります。

臨時収入で1200万円もの金額が入ってくる機会は、マンション売却を除いて一生ない可能性が高いです。

仲介売却も業者買取も依頼の条件は同じなので、わざわざ損を承知で業者買取を選ぶべきケースはほぼありません。

マンション買取は損するって本当?買取と売却の相場を徹底比較!

マンション買取相場が低い理由

マンション買取相場が低いのは分かりましたが、なぜ仲介売却と比べてこんなにも価格差が発生してしまうのでしょうか?

買取相場が低くなる主な3つの理由を詳しく解説していきます。

①買取価格は実勢価格から再販費用が引かれる

マンションの買取価格が低くなる理由は、不動産会社が再販費用の分を引いているからです。

そもそも、なぜ不動産会社がマンションを直接買い取っているかというと、リフォームなどを施して再販売をするためです。

このリフォームにかかかる金額が実勢価格の2~4割ほどだと考えて、その分を引いているのです。

②プロなので目利きが厳しい

仲介売却は初心者同士の取引なので、極論を言えば物件を相場以上で売りつけたとしても、気に入った人が買ってもらえれば問題はありません。

適正価格と多少ズレがあっても、住みやすくて好きなデザインなら、高額で買ってくれる人は存在します。

一方、不動産会社はその分野のプロですし、全ての物件は売り物、商売道具なのでムダにお金を出したくないという心情が働きます。

プロの厳しい目利きにより、相場が抑えられているという側面もあるのです。

③買取相場が低いから少額しか出さない

逆説的ですが、慣習として買取相場は時価より6~8割低いというのが不動産業界の常識で、業者にしても高く買い取るメリットはないという背景から、ルールがそのまま守られてきた側面もあります。

もし業界内に時価と同じ金額で買い取る業者が生まれ、そちらに依頼が集中したら相場も大きく変わるかも知れません。

マンションを買取相場以上で高く売るコツ

マンションの買取相場が低いことは分かりましたが、やり方次第では相場以上の価格で買い取ってもらうことも十分可能です。

ここからは、マンションを買取相場以上で高く売るコツを解説していきます。

買取査定額を出来るだけ多く比較する

仲介売却と違い、買取業者の算出する査定額は、「この金額で買い取りますよ」という意思表示なので、実際の金額とブレることはほぼありません。

そのため、出来るだけ多くの買取業者の査定額を比較した上で、最も買取価格の高い業者に依頼をするのが一番お得なのです。

最寄りの不動産会社1社にだけ相談をし、その場で買取を依頼しても損する可能性が非常に高いので注意しましょう。

買取業者の得意なタイプを見極める

買取業者にはそれぞれ、メインで買取をおこなう物件のタイプが存在します。

  • 一戸建て
  • マンション
  • 収益物件
  • ファミリー向け物件
  • 高級マンション
  • 店舗・事務所 …

上記のように、メインの買取物件のタイプは業者によってかなり分かれています。

買取業者のメイン物件と合致しているところに依頼をすることで、コストを減らして特長を見抜きながらリノベ業者などに流通させることができるので、結果的に高値買取につながります。

マンションを買取相場より高く売るには一括査定サイトの活用が必須

マンション買取を相場以上で成功させるには、複数社の買取査定額を比較する必要があります。

ただ、自力で周辺業者に1社ずつ連絡をすると時間がかかりすぎてしまいますし、離れた場所に店舗を構える優良業者を見つけ損なう可能性もあります。

こうしたデメリットを解消できるツールが一括査定サイトです。

簡単な物件情報を入力することで、買取・査定に対応している複数業者に一括で査定依頼をすることができます。

比較をすれば、どこが一番高く買い取ってくれるか一目瞭然です。

料金は完全無料なので、まだ処分を検討中の方も気軽に利用してみましょう!

不動産一括査定サイト33社を比較!2020年おすすめランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

マンション売却時のクレーム対策
マンションなどの不動産を売却する場合、買い手からのクレームは付き物です。ただ、相手の言うことを鵜呑…
マンション売却時にリフォームは不要!フローリング・壁紙のキズ・汚れはそのまま売る
マンション売却では、リフォーム・ハウスクリーニング共に、売り手がおこなう必要はありません。しかし、…
売れないマンションを処分したい!費用はいくら?老朽化してても手放せる?
売れないマンションをそのまま放置していると、多くのデメリットが発生します。そこで、なるべく早く処分…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2020年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2020年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…