TOP > 不動産売却の基礎知識 > 不動産売却の理由ごとに売却を成功させるコツを紹介

不動産売却の理由ごとに売却を成功させるコツを紹介

【更新日】2020-04-21
このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産売却の理由

不動産売却の理由は売主ごとに様々あります。

売却の理由には特定の傾向があり、それを知れば自分も今不動産を売るべきかどうかを見極めるポイントになります。

今回は、不動産売却の理由ごとに売却を成功させるコツを解説していきます。

不動産売却の理由はポジティブなものとネガティブなものに分かれる

不動産売却の理由は、「今の家を売ってもっと良い家に住みたい!」というポジティブなものと、「愛着のある家だけど手放さざるを得ない」というネガティブなものがあります。

ここからは不動産売却の理由で特に多いものをポジティブなもの、ネガティブなものに分けて紹介していきます。

不動産売却のポジティブな理由

不動産売却のポジティブな理由は、以下のものがあります。

  • 良い家への住み替え
  • 家族構成の変化
  • ライフスタイルの変化
  • 相続物件の売却などの資産管理

不動産売却をする方の中で最も多いのが住み替え目的なので、意外と不動産を売る方はポジティブであることが多いのです。

こうしたポジティブな理由の場合は資金を蓄える余裕もありますし、すぐに売却しなければいけない理由もありません。

時間をたっぷり使いながら売却を有利に進めることができます。

不動産売却のネガティブな理由

一方、不動産売却のネガティブな理由としては、以下が挙げられます。

  • 急な異動命令
  • 離婚
  • 住宅ローン滞納
  • 欠陥などの問題がある

こうしたネガティブな理由で不動産を売る場合は、売主自身にお金がなく、引き渡しまでの時間も多くないという傾向にあります。

また、ネガティブな理由で不動産売却をする際は、新生活を安心して暮らすためにプライバシーの保護にも注意する必要があります。

ポジティブな理由で不動産売却をする時のポイント

ポジティブな理由で不動産売却をする際は、売った代金を目的のために利用するケースが多いです。

例えば、住み替えの場合は今の物件を売って購入代金に利用することが目的になるので、高く売れるほど良い住み替えができることになります。

このように、ポジティブな理由で不動産売却をおこなう際は、まず高額売却にこだわることをおすすめします。

業者買取より仲介売却を選ぶべし

不動産売却の主な方法は、業者買取と仲介売却の2種類があります。

売却方法 仲介 買取
内容 仲介業者に販売活動を依頼 不動産会社に買い取ってもらう
長所 高額で売れやすい 成約の可能性が高く、現金化も早い
短所 売れるまで時間がかかる(平均3~6ヵ月) 利益が低い(仲介の2~4割減)

業者買取は不動産会社に直接買い取ってもらう方法です。

すぐに換金・処理してくれるメリットがありますが、価格が時価の6割ほどまで落ち込んでしまいます。

一方、仲介売却は時価に近い金額をつけて市場に売り出し、売れるまで販売活動をし続ける方法です。

仕組み上は売れるまでに時間がかかってしまいますが、買主とマッチングすれば高額で売却することができます。

住み替えなどの代金を得る目的で売却をする場合は、必ず仲介売却を選ぶようにしましょう。

スケジュール設定を長めに立てる

不動産の仲介売却は平均3~6か月かかると言われています。

ただ、仲介売却はいつまでに売れるという保証が全くなく、良い物件でも運が悪くて売れ残ってしまう可能性は多々あります。

あまりにも売れ残りが続くと、業者は値下げをして早く売ることを提案してきます。

これを突っぱねるためには、長めのスケジュール設定をして、時間がある程度かかることを覚悟しておく必要があります。

複数社の査定額を必ず比較する

不動産を高く売るためには、複数社の査定額を比較する必要があります。

査定額はその業者が算出する予想額ですから、より高い査定額の業者に依頼をすれば、その分高く売れる可能性が上がるということになります。

1社1社回って査定依頼をするのは面倒ですが、今は一括査定サイトを利用することで、複数社の査定額をスムーズに比較することができます。

利用料も完全無料なので、ぜひ活用してみましょう。

不動産一括査定サイト33社を比較!2020年おすすめランキング

ネガティブな理由で不動産売却をする時のポイント

資金難や離婚といったネガティブな理由で不動産売却をする場合はプライバシーの保護やローンの残債などに気を配る必要があります。

最初から不利な状況で不動産売却を成功させるには、どうすれば良いのでしょうか。

損切りの意識を持つことも大切

ネガティブな理由で不動産を売却する際は、不動産の状態が大して良くないのに売らざるを得なくなったケースも多々あります。

この時に大切なのが、損切りの意識です。

不動産は所有する限り固定資産税や維持費がかかってきます。

築年数がかさんで老朽化したら、大規模なリフォーム費を支払う必要もでてきます。

不動産売却で高額利益が見込めない状態でも、将来の損失を0にする目的で売り、家計の立て直しを図ることができます。

プライバシーを守ってくれる業者に依頼する

不動産会社に売却を依頼する際、不動産会社のロゴを付けた車がやってくる、近隣にチラシがまかれるなど、近隣住民に売却がバレるポイントが多々あります。

事情が事情で近隣に売却がバレたくない場合は、プライバシーを徹底保護してくれる業者に依頼しましょう。

こうした業者は会社のロゴを隠してきてくれたり、会員限定で売り出してくれたりします。

住宅ローンが払えない場合は任意売却がおすすめ

住宅ローンをすでに滞納している、今後どうやっても完済ができない場合は、任意売却という方法をおすすめします。

任意売却は、金融機関と交渉をして売却を許可してもらう方法です。

通常の不動産売却とほぼ同じ金額を手に入れることができ、差し押さえを防ぐこともできます。

任意売却業者によっては100万円ほどの引っ越し代をくれるところもあり、家計が厳しい方にもおすすめです。

任意売却は不動産知識の他、財務関係の要素も含まれるため、全ての業者が対応している訳ではありません。

任意売却をおこなう際は、業者選びを慎重におこないましょう。

任意売却おすすめ業者ランキング!任意売却に強い不動産会社の選び方

不動産売却は理由を明確にすることが大切

不動産売却をする理由は、ネガティブなものよりもポジティブなもののほうが良いのは当然です。

しかし、例えネガティブなものだったとしても、理由が曖昧であるよりは、明確に理由と目的を整理しておくことが重要です。

不動産仲介業者は通常、依頼された物件や売主の環境を鑑みた上で、最適な売却プランなどを決定していきます。

しかし、不動産売却の相談にくる人の悩みやお金や家族、相続、仕事など様々なものが複合的に絡み合い、かつ曖昧なことが多いです。

この悩みを不動産会社はしっかりヒアリングしてプランを提示しますが、コミュニケーションにミスがあれば誤ったプランのまま売却が進んでいう可能性もあります。

不動産会社に最適なプランで売ってもらうためには、売主が理由・目的を明確にすることが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産・土地売却で覚書・念書が重要な理由とポイント・ひな形について解説
土地売却では、境界線の取り決めや権利の移転などを明確にする必要があるため、覚書の作成が重要となりま…
不動産査定・売却で個人情報はどこまで保護される?悪用・流出を防ぐ方法
不動産査定では、個人情報を業者に開示しなければいけません。また、が近隣住民に噂をされることもありま…
新宿の不動産を売る!おすすめ不動産会社と過去の不動産売買データを一挙紹介!
新宿駅周辺には不動産会社が密集していますが、売買仲介は細かいエリアを考慮して、○○線沿いなどに着目…

おすすめ・特集記事!

【2020年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイト33社を比較!2020年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…