TOP > 不動産業者の選び方

不動産業者の選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産を高く売るための業者の選び方を紹介します。
営業マンと夫婦
2017.07.05
不動産売却の手続きは複雑なものが多く、どこの専門かもそれぞれ違うので、対応している専門家にしっかり相談する必要があります。ただ、相談をすれば課題が解決できるとはいえ、過失の責任は売り手本人が被るので注意しましょう。
数字と家
2017.06.08
免許番号を利用して不動産業者を調べる方法は、信憑性が高い情報を取得でき、大変有意義です。国土交通省の2サイトを利用することで簡単に調べられるので、積極的に活用しましょう。
家と図
2017.06.08
不動産売却において、一般媒介契約はあまりおすすめされていない方法ですが、囲い込みを回避できる、営業姿勢を比較できるというメリットがあります。うまく利用することで、専任媒介契約以上の高利益に結びつけることができます。
不動産契約イメージ
2017.06.07
不動産売却では、物件を査定に出した後、仲介業者と媒介契約を結びます。媒介契約には一般媒介と専属専任媒介、専任媒介という3つの契約方法がありますが、業者のモチベーションの高い専任媒介が人気です。
比較する不動産業者
2017.05.30
不動産売却において、大手は宣伝力がある一方でドライさが欠点です。一方、中小は親身に対応しますが、情報力に欠点があります。都市は大手、郊外は中小に依頼するのがセオリーですが、一括査定でそれぞれの良さを比較した方が良いです。
不動産業者
2017.05.30
不動産売却時における業者は、査定額だけでなく、それぞれの得意分野に応じて取捨選択するのが正しい選び方です。データだけでは得意・不得意はわかりにくいので、時には足を動かして調べることも重要です。
悪徳業者の男性
2017.05.30
不動産売却で悪徳業者が行う手口としては、囲い込みと登記移転に関する詐欺が挙げられます。囲い込みに関しては、気づくのは難しいので、おかしいと思ったら第三者に相談しましょう、詐欺は司法書士に依頼するのが効果的です。
不動産の相談
2017.05.30
不動産業者の選び方は、広告に注目する方法、担当者の人柄に注目する方法があります。どちらの方法でも、「誠実で現実的な業者、担当者」をしっかりと選ぶことを目標にしましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加