TOP > 住宅ローンの基礎知識 > 住信SBIネット銀行住宅ローンの口コミは悪い?金利とメリット・デメリットを徹底解説

住信SBIネット銀行住宅ローンの口コミは悪い?金利とメリット・デメリットを徹底解説

【更新日】2021-05-14
このエントリーをはてなブックマークに追加
住信SBIネット銀行住宅ローンの口コミ

住信SBIネット銀行住宅ローンは、ネットバンクの中でもお得な金利で、更に団信が無料付帯しているお得な住宅ローンです。

ただ、ネットバンクの住宅ローンはまだまだ世間的な信頼性に乏しく、「金利が低いということは、他にデメリットがあるんでしょ…?」といった認識になりやすいです。

実際のところ、住信SBIネット銀行住宅ローンの口コミ・評判はどうなのでしょうか?デメリットはあるのでしょうか?

実情を詳しく紹介していきます。

人気の住宅ローン【2021年12月最新】
三菱UFJ銀行「ネット専用住宅ローン」
● 最も利用者が多い人気ローン!12年連続No.1
● 申込から借入まで来店不要!口座なしでも申込可
● コンビニATMが24時間無料!銀行が遠い方もお得
繰上返済手数料 0円 事務手数料 0円
保証会社手数料 33,000円 団体信用生命保険料 不要
◎ネット申し込みで金利が年1%以上安くなる!詳しくは公式HPをCheck!

住信SBIネット銀行住宅ローンの口コミ・評判

口コミ➀金利が低くてお得

大手銀行と比較すると非常に低金利。

信頼性や保障・サポートはそこまで充実していないのが残念だが、とにかく条件がお得なので不満に思わない。

申込みの所要時間もそこまでかからず、スピーディに借りることが出来た。(30代・男性)

口コミ②初めてでも難なく申し込める

住宅ローンの申込は膨大な書類が必要になり、複雑な手続きも必要というイメージがありました。

ただ、住信SBIネット銀行は住宅ローン審査がとにかく申し込みやすいです。

使い勝手という意味ではトップクラスだと思うので、面倒な手続きが嫌で、出来るだけ早く融資を受けたい方におすすめです。(40代・男性)

口コミ③疾病保障が手厚くて大満足

住信SBIネット銀行の住宅ローンは、全疾病保障が無料付帯していて非常にお得です。

金利が低いのはもちろんのこと、保障も充実しているので言うことありません!

住信SBIネット銀行に申し込んで本当に良かったと思います!(30代・女性)

口コミ④繰上げ返済手数料が何度でも無料!

繰上げ返済の手数料がかからず、金利が低い上にお得な返済が可能です。

コストをかけずにどんどん元金を減らすことが出来るので、想像以上に他行と差がついてお得だと感じます。

変動金利は上昇のリスクも今後ありますが、現時点ではかなりおすすめできます。(40代・男性)

住信SBIネット銀行住宅ローンの金利タイプは4種類!低金利でお得

住信SBIネット銀行住宅ローンの金利タイプは、以下の4種類に分かれています。

  • 変動金利
  • 当初固定10年
  • 当初固定20年
  • フラット35

金利タイプがシンプルでわかりやすく、利用しやすいのも長所の一つです。

なお、2020年12月現在の、ネット専用住宅ローンの金利は以下の通りです。

金利タイプ ネット専用 住宅ローン
変動金利 新規借入 通期引下げプラン 年0.44%
変動金利 借換え 通期引下げプラン 年0.428%
固定金利 20年 当初引下げプラン 年1.18%

一方、フラット35(保証型)の2020年12月時点の金利は、以下の通りです。

金利タイプ フラット35(保証型)
借入割合 80%以下 フラット35s適用 年0.90%
借入割合 90%以下 フラット35s適用 年0.96%
借換え 年1.21%

特に変動金利とフラット35(保証型)の金利が低くてお得です。変動金利は将来的な金利上昇リスクがありますが、2020年の現時点ではかなり低金利で借りることができます。

一方、フラット35は1割以上の頭金の準備があれば、通常のフラット35より低金利で利用することが可能です。

住信SBIネット銀行住宅ローンのメリット

住信SBIネット銀行住宅ローンを利用するメリットはどんなものがあるのでしょうか?

魅力を一つずつ紹介していきます。

メリット➀ネット銀行の中でもトップクラスの低金利

特にネット銀行の住宅ローンには“業界トップクラスの低金利”を謳うものが多数あります。

ただ、2020年12月現在、各社の金利を比較すると住信SBIネット銀行住宅ローンは1、2を争うレベルの低金利となっています。

とにかく金利の低さで選びたい方は、住信SBIネット銀行住宅ローンの変動金利タイプがおすすめです。

新規の借入なら、現在は年4%前後で融資を受けられます。

ただ、特にお得なのがフラット35(保証型)です。頭金を1割用意することが出来れば、従来のフラット35よりも低金利で融資を受けることが出来ます。

また、住信SBIネット銀行のフラット35は頭金を入れるほど適用金利が下がり、お得になります。

住信SBIネット銀行のフラット35を頭金ありで借りた際は、適用金利が以下のようになります。

※以下は、フラット35(保証型)の2020年12月時点の適用金利です。

頭金 金利タイプ
1割以上 年1.210%※団信加入
2割以上 年1.150%※団信加入

近年では、フラット35のお得さが見直されていることもあり、需要が拡大しています。

フラット35を平均よりお得に借りられる方法は数少ないので、住信SBIネット銀行を経由して借りるのはかなりおすすめです。

メリット②保証料無料で全疾病保障特約への加入が可能

住信SBIネット銀行の住宅ローンは、保証料無料で全疾病保障特約への加入が可能です。

通常は保障を利用する際は金利の上乗せが必要になるのですが、住信SBIネット銀行の住宅ローンは上乗せ無しで全疾病保障特約に加入できるのでお得です。

ちなみに、特約を金利上乗せ無しで利用する際は、以下の条件を満たすことが大切になってきます。

  • 病気・ケガが原因で就業不能に陥った場合、所定期間内の住宅ローン返済が免除される
  • 就業不能の状態が一定期間を超えた場合、住宅ローン残高が0になる

いざと言う時にリスクなしで保障を受けられるので、非常に安心です!

メリット②条件を満たすと団信特約を利用できる

住信SBIネット銀行住宅ローンは、女性の利用やネット利用、対面申込などで団信特約を利用することができます。

例えばネット型住宅ローンの場合、女性契約者は「ガン診断給付金特約」が無料付帯しています。

これは、ガン診断を受けた時に30万円の給付金が受け取れる特約になります。

一方、「MR.住宅ローンREAL」の対面申込では、「団体総合生活補償保険」が無料で付帯します。

こうした特典が無料で付帯するのも、住信SBIネット銀行住宅ローンの大きな魅力です。

住信SBIネット銀行住宅ローンのデメリット

人気の住宅ローン【2021年12月最新】
三菱UFJ銀行「ネット専用住宅ローン」
● 最も利用者が多い人気ローン!12年連続No.1
● 申込から借入まで来店不要!口座なしでも申込可
● コンビニATMが24時間無料!銀行が遠い方もお得
繰上返済手数料 0円 事務手数料 0円
保証会社手数料 33,000円 団体信用生命保険料 不要
◎ネット申し込みで金利が年1%以上安くなる!詳しくは公式HPをCheck!

住信SBIネット銀行住宅ローンは、金利が低くて保障が充実しているという、一見すれば幅広い方にとってメリットのある商品になっています。

ただ一方でデメリットも存在するため、事前にしっかりと把握しておく必要があります。

デメリット➀全疾病保障が適用されにくい

住信SBIネット銀行住宅ローンは無料で全疾病保障が適用されるという大きな特徴がありますが、一方で適用条件が厳しいので注意が必要です。

住宅ローン残高が0になるためには12か月以上就業不能状態であること、8疾病以外の場合は24か月以上就業不能状態が続かなければ、残高が0にはなりません。

また、期間内に職場復帰が出来ていなかったとしても、治療によって就業可能な状態であると判断されれば、この保障は適用されません。

たとえば23か月の就業不能状態が続いたとして、無事に回復できたとしても住宅ローン返済はかなり厳しい状況に陥ってしまいます。

万が一の時のリスクも考えた上で、ローンの借入をする必要があるでしょう。

デメリット②窓口相談がしにくい

ネット銀行の中でも実店舗を持って対面相談できるケースはありますが、住信SBIネット銀行の場合は店舗が首都圏・関西圏に偏っており、地方の方は相談がしにくい環境にあります。

住宅ローンの課題は借入額や置かれている状況・環境によっても異なるため、専門家に相談をするのが解決の近道です。

住信SBIネット銀行の対面相談に居住エリアが対応していない場合は、借入後のシミュレーションもした上で、不明点があった場合はどう解決していくつもりなのかも考えておきましょう。

住信SBIネット銀行住宅ローンの他社と比較した強み

住信SBIネット銀行住宅ローンを他社と比較した時の強みとしては、やはり金利の低さが挙げられます。

とにかくお得な条件でローンを借りたい方にはおすすめ候補の1つと言えるでしょう。

その一方で、全疾病保障の適用条件が厳しい、対面相談に対応しているエリアが少ないといったデメリットも存在します。

こうした不利な条件すらも金利の低さでカバーできる算段があるなら良いですが、やはり保障が不十分な住宅ローンにはリスクも存在するので、十分注意をして申し込むようにしましょう。

人気の住宅ローン【2021年12月最新】
三菱UFJ銀行「ネット専用住宅ローン」
● 最も利用者が多い人気ローン!12年連続No.1
● 申込から借入まで来店不要!口座なしでも申込可
● コンビニATMが24時間無料!銀行が遠い方もお得
繰上返済手数料 0円 事務手数料 0円
保証会社手数料 33,000円 団体信用生命保険料 不要
◎ネット申し込みで金利が年1%以上安くなる!詳しくは公式HPをCheck!
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

おすすめ・特集記事!

【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…