TOP > 不動産売却 > 不動産売却の費用・税金 > 不動産を売却したら住民税はいくらかかる?金額の計算方法と納付のタイミングを解説

不動産を売却したら住民税はいくらかかる?金額の計算方法と納付のタイミングを解説

【更新日】2020-12-11
このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産を売却したら住民税はいくらかかる?

不動産を売却した時、住民税がかかることを意外に知らない方も多いのでしょうか?

期限までに引き渡すことばかりに注目していると、課税のタイミングを忘れてしまう可能性もあります。

今回は、不動産売却でかかる住民税の計算方法や納付のタイミングについて徹底解説していきます。

>→不動産売却でかかる税金はいくら?計算方法と節税のコツ

不動産売却では条件付きで所得税と住民税がかかる

不動産売却は、特定の条件をクリアした時に所得税と住民税がかかります。

所得税と住民税は、不動産売却に対して得られた利益に対してかかってきます。

この利益とは、不動産の売却価格が購入費用を上回った場合の差額分のことを指します。

戸建て住宅などは築年数の経過によって価値が減少していくので、利益は多くの場合で発生しません。

ただ、経済状況が悪くて相場が低い時期に購入をして、相場が高まってきた時期に売却をした場合は、中古住宅でも利益の発生することがあります。

不動産売却で発生する所得税と住民税は分離課税と言われて、サラリーマンの給与所得などとは分けて課税されるため、確定申告が必要になります。

確定申告で納付をするのは所得税だけ

不動産売却で利益が発生すると所得税と住民税がかかります。

この場合には確定申告が必要になりますが、申告時に納付するのは所得税のみです。

少しややこしいですが、確定申告をおこなった時は所得税を納付したのに合わせて住民税の申告も終わっているので、後は通常の納付のスケジュールに合わせて上乗せされた住民税を納めていきます。

不動産売却でかかる住民税の計算方法

不動産売却で利益が発生すると所得税・住民税が上乗せられます。

ただ、多くの方は一括で税金がかかることしか知らないので、実は別々に課税されていることを知らないケースも多いです。

不動産売却でかかる税金の税率を、所得税率と住民税率に分けた結果がこちらです。

短期譲渡所得(5年未満) 長期譲渡所得(5年超)
所得税 30.63% 15.315%
住民税 9% 5%

所有期間が5年以内か5年超かで税率は変わってくるので注意しましょう。

所有期間4年の不動産を売却して1,000万円の利益が発生した場合、住民税は9%×1000万円=90万円となります。

この金額を、1年かけて納付していくのが一般的です。

住民税を支払うタイミング

確定申告は、原則的に不動産を売却した日の属する期の2月15日~3月15日の間におこないます。

確定申告が終わると、だいたい6月ごろに住民税の納付書が送付されます。

こちらに金額や納付期限が記載されているので、記載内容に基づいて金融機関で支払いを済ませていきます。

住民税の支払い期限は自治体によっても異なりますが、6月・8月・10月・翌1月の4期に分けて納付するのが一般的です。

もし分割払いが煩わしいなら、一括で納付することも可能です。

その他、特別徴収として給与から天引きしてもらうこともできます。

不動産売却で上乗せられた住民税は1年で支払う

不動産売却で住民税の上乗せが発生した場合、その上乗せ分の住民税は1年で支払うようになります。

つまり、住民税の増額がおこなわれるのは、不動産を売却した次の期の1年だけです。

不動産売却が完了した後はずっと住民税が高額になる訳ではないので安心してください。

不動産売却でかかる住民税を控除する方法

不動産売却で利益が発生すると、住民税が高額になってしまいます。

ただ、特別控除などの仕組みを利用すれば、かかる税金を控除することができます。

ここからは、不動産売却で住民税がかかった時に利用できる、代表的な3つの特別控除について紹介していきます。

3000万円の特別控除

別名マイホーム特例とも呼ばれる3,000万円特別控除は、居住用として利用していた不動産を売却する際に発生した税金を最大3,000万円まで控除できる制度です。

控除できる金額が非常に大きく確実に利用したい制度ですが、以下の条件を満たしている必要があるので注意しましょう。

  • 売却した日が買取り等の申出があった日から6ヶ月以内
  • 売却した人が最初に買い取りの申し出を受けている(6ヶ月以内に相続した場合を除く)
  • 固定資産としての土地を売却した

軽減税率の特例

所有期間が10年以上の不動産を売却する場合、特例によって以下の計算式で税金を算出するようになります。

  • 6,000万円以下の部分:年14.21%(所得税: 10.21% 住民税:4%)
  • 6,000万円を超える部分:年20.315%(所得税15.315% 住民税:5%)

この特例は3,000万円特別控除と併用することができるため、住民税をよりお得にすることができます。

買い換えの特例

買い換えの特例は、所有期間10年超の不動産を売却して新たに持ち家を購入する場合、税金の納付を新居の売却時に繰り越せるという制度です。

この制度は、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 新居を購入している
  • 敷地所有者の所有期間が10年を超えている
  • 敷地所有者の居住期間が10年以上である
  • 敷地と建物の同時譲渡である
  • 敷地と建物の所有者が同居している(別々の場合)
  • 譲渡価額が1億円以下である

不動産売却で住民税が発生した場合の手続きや特例を知っておこう

不動産売却で住民税が発生した場合は申告や異なる金額の納付が必要になるので、事前に基礎的な内容をしっかりチェックしておく必要があります。

税金に関する諸手続きをおこなっていないと売買自体が不成立になる可能性もあるので、十分注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

仲介手数料は半額まで値切れる!値引き交渉のテクニック3選
仲介手数料を少しでも値引きするためにはどうすればよいのかまとめました!値引き交渉や得できるキャンペ…
不動産売却で利用するつなぎ融資を分かりやすく解説!
先に今住んでいる不動産物件を売却して新居を購入した方が良く利用するつなぎ融資。住み替えに使えるつな…
不動産売却時の税金計算・確定申告では減価償却が重要
不動産売却で利益が出ると、譲渡所得税という税金が課されます。この税金は所有年数によって値上がりする…

おすすめ・特集記事!

【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…