TOP > 暮らし > 暗い家を明るくするには?今すぐ実践できる採光・照明選びのコツ

暗い家を明るくするには?今すぐ実践できる採光・照明選びのコツ

【更新日】2021-03-12
このエントリーをはてなブックマークに追加
暗い家を明るくするには

自然光が差し込みにくい暗い部屋は、住んでいるだけで気分が暗くなってしまうこともあります。

暗い部屋を明るくするには、どのような事をすれば良いのでしょうか?

部屋を明るくするには、照明を変える他にも採光を工夫する、インテリアを変えて明るく見せるといった対応が必要になります。

今回は、暗い部屋を明るくするポイントを一つずつ紹介していきます。

コツ➀四隅を照らす

自然光の差し込み口が全くない家は稀ですが、光が部屋を隅々まで照らさないと全体的に暗い印象を与えてしまいます。

部屋が暗く感じる時は、四隅に間接照明を配置することで、全体的に明るく感じることができます。

その他、デスクやテレビの前にスポット照明を置くと印象は大きく変わります。

コツ②家具を白や暖色にする

採光が十分できているのに暗い雰囲気なのは、家具の色味が原因な可能性もあります。

白や暖色は光を反射するので、明るく部屋全体を照らしてくれます。

素材も光沢のあるアイテムを選ぶことで、鮮やかな印象に生まれ変わります。

暖かみのある色を選ぶことで単調にならず、明るい気持ちになれます。

コツ③明るさと暗さのコントラストを意識する

部屋全体を明るくすることが難しい場合は、明るい部分と暗い部分のコントラストを作るのがおすすめです。

間接照明の光をフレームで区切れば、はっきりとしたコントラストが出来ます。

もともとの部屋の暗さを活かして、逆に明るい印象を与えるテクニックです。

コツ④天井の壁紙を変える

インテリアにこだわっても暗い印象のままの場合、天井の壁紙に問題がある可能性があります。

天井に暗い色の壁紙を選ぶと全体的に暗く居心地が悪い印象に繋がってしまうので、壁紙を変えてしまいましょう。

特に天井の壁紙だけ壁の色と違う場合は、色・素材を統一したほうが良いです。

コツ⑤明り取り窓を設置する

自然光が差し込みにくい家は、上部から採光をするのが効果的です。

ダイニングルーム・リビングルーム・キッチンなどへピンポイントに自然光を入れたい時は、トップライトの活用を検討しましょう。

コツ⑥カーテンの色・素材を変える

全体的に部屋が暗い印象になっている原因が、カーテンの色・素材にあるケースは少なくありません。

カーテンの色は部屋全体の印象を大きく左右するので、明るい色を選ぶことをおすすめします。

素材も重厚なものではなく、薄くて軽やかな生地のものがおすすめです。

コツ⑦家具をサイズダウンする

大きい家具を多数置いていて、光を遮ってしまっているのが暗い原因の可能性もあります。

家具の高さを低めにして、かつそれぞれの高さを統一することで光が入ってきやすくなり、開放感が生まれます。

コツ⑧鏡の配置箇所を考える

部屋の隅まで届かない光を最大限生かす方法として、鏡を使うのも一つの手です。

鏡の配置にこだわることで光を反射させて明るくみせるだけでなく、部屋を広く演出することもできます。

あまりに鏡が多すぎると違和感に繋がりますが、身支度用の姿鏡の配置を少しこだわってみるといった工夫は効果的です。

暗い家を明るくする方法は無数にある

ここでは、暗い家を明るく見せる主な方法を紹介しました。

ただ、実際には家の間取りや方角の違いだけ、方法は無数にあります。

皆さんも、ぜひ自分なりの工夫をしてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…