TOP > 不動産その他 > 【2020年10月】最新不動産ニュースまとめ!業界の今後は?時事ネタ探し中の就活生必見

【2020年10月】最新不動産ニュースまとめ!業界の今後は?時事ネタ探し中の就活生必見

【更新日】2020-10-08
このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産ニュース

2019年にあった不動産業界のニュースを総まとめ!

どんなことがあったのか。今後はどんなことが予測されるのか。まとめて解説していきます。

不動産業界を研究している方や、不動産業界を志望する就活生はぜひ参考にしてください!

2019年にあった気になる不動産ニュース一覧

2019年1月の不動産ニュース

  • 中規模オフィス事業の新ブランドを発表【三菱地所】
  • 金沢駅再開発を着工【野村不動産】
  • 空き家バンクに公的不動産(PRE)の情報追加【国土交通省】
  • 北陸初の三井ガーデンホテルが金沢に開業【三井不動産・三井不動産ホテルマネジメント】
  • 新プロジェクト「プラットフォームハウス構想」を発表【積水ハウス】
  • 歌舞伎町再開発に向けて新会社設立を発表【東急レクリエーション・ソニーミュージック・東京急行電鉄】
  • 非対面決済システムを導入【センチュリー21】
  • AIを活用した間取り検索システムを導入【東急リバブル】
  • 大阪市内最大級のタワマンを着工【住友不動産】
  • 仙台でタワマンプロジェクト着工【関電不動産開発】
  • 東京駅前に地上50階建ての複合ビルを計画【東京建物】
  • 売却不動産サービスを強化【中央住宅】
  • 水道橋駅前に2020年ホテル開業を発表【三井不動産】
  • 「アフターサービスあんしんブリッジ」を発表【大京穴吹不動産】

2019年2月の不動産ニュース

  • 宿泊施設の新ブランド「ORIX HOTELS & RESORTS」を立ち上げ【オリックス不動産】
  • リースバック事業の拡大【ハウスドゥ・オリックス銀行】
  • 阪急西宮ガーデンズをリニューアル【阪神阪急不動産】
  • 1,324で建築基準法の不適合が判明【レオパレス21】
  • ホステル事業への進出を発表【京急電鉄】
  • 沖縄で大型複合商業施設を開発【大和ハウス】
  • 晴海に真庭市産材のCLTを使った施設を着工
  • 軽量鉄骨とRCのハイブリット構法開発を発表【サンヨーホームズ】
  • ノムコムに投資シミュレーション機能を追加【野村不動産アーバンネット】
  • 住み放題多拠点コリビングサービスを始める【アドレズ】
  • つくばにZOZO専用物流施設の着工を発表【プロロジス】
  • バンコクで分譲マンション開発【伊藤忠都市開発】
  • 武蔵小金井駅前で再開発のタワマン着工【野村不動産】
  • 築地にクリエイター向けコワーキングスペース提供【ねこじゃらし】
  • 東大校舎をリノベ・寄付【長谷工コーポレーション】

2019年3月の不動産ニュース

  • 春日井駅前の再開発事業を着工【野村不動産など】
  • 新住宅ブランド「プレディア」を展開【JR西日本プロパティーズ】
  • リバースモーゲージの利用が急増【住宅金融支援機構】
  • 本社を池袋へ移転【西武ホールディングス】
  • 「ららぽーと沼津」の10月開業を発表【三井不動産】
  • 東梅田にタワマン竣工【住友不動産】
  • 飲食店と不動産事業者のマッチングサービスを提供【オークネット】
  • 新ブランドホテルをリリース【阪急阪神ホテルズ】
  • 湘南で新スマートウェルネスマンションの内覧を実施【大和ハウス工業】
  • 藤沢で新商業施設「ODAKYU湘南GATE」を開業【小田急電鉄】
  • ロンドンで大規模オフィスビルの開発を着工【三菱地所】
  • 飛騨でまちづくりファンドを設立【国土交通省・民間都市開発推進機構】

2019年4月の不動産ニュース

  • 首都圏などで4店舗オープン【東急リバブル】
  • 長野でタワマン販売開始【タカラレーベン】
  • フィンランドに子会社を設立【ポラテック】
  • ワイキキ「ハレクラニ」の10月開業を発表【三井不動産】
  • IoT活用サービスの拡充を開始【トヨタホーム】
  • ライフスタイルに合わせた間取りの提案【伊藤忠都市開発】
  • 汐留イタリア街のホテル改装【三井不動産グループ】
  • 「アリエッタ」ブランドのホテルをオープン【タカラレーペン】
  • アメリカでシニア住宅事業を開始【長谷工コーポレーション】
  • 事故物件に特化したWebサイトを発表【NIKKEI MARKS】

2019年5月の不動産ニュース

  • 和歌山に「WORK×ation Site 南紀白浜」を改行【三菱地所】
  • 新百合ヶ丘に分譲マンションのモデルルームを公開【ラ・アトレ】
  • 家事代行の回数チケットを販売【東急コミュニティー】
  • リノベ賃貸住宅にIoTデバイスを導入
  • 住友林業と丸井グループの業務提携を発表
  • 清瀬市内最高級マンションの販売を開始【タカラレーペン】
  • 高崎市周辺の再開発に参画【野村不動産など】
  • ソニー不動産が「SREホールディングス」へ社名変更
  • 「キュープラザ池袋」の7月開業を発表【東急不動産】
  • 台湾初のららぽーとを着工【三井不動産】
  • 日本初の「Nearly ZEH-M」を竣工【大京】

2019年6月の不動産ニュース

  • 羽田のビジネスホテルをリブランド【京急電鉄】
  • 恵比寿ガーデンプレイス内に複合ワークプレイスを新設【サッポロ不動産開発】
  • AIを活用したレポート作成システムをリリース【不動産経済研究所】
  • 三井アウトレットパーク仙台港をリニューアル【三井不動産】
  • 五反田に都市型コンパクト商業施設「FUNDES(ファンデス)五反田」のオープンを発表【東京建物】
  • アメリカでの賃貸住宅事業を拡大【三井不動産】
  • 福岡で初のガーデンホテルを開業【三井不動産】
  • 青梅に民泊施設をオープン【CHINTAI】
  • 秋葉原に都市型商業施設を開業【ヒューリック】
  • 日本初「ハイアットプレイス」の開業を発表【相互物産】

2019年7月の不動産ニュース

  • 大阪に大型ホステルを開業【大和ライフネクスト】
  • サブリースの新プランを発表【東急住宅リース】
  • 特別編集本「住宅・不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識」を発刊【不動産流通研究所】
  • 竹芝のスマートシティ化計画を発表【東急不動産・ソフトバンク】
  • 松江に体感型ショールームをオープン【セキスイハイム】
  • 伊豆高原にペットと泊まれる温泉ホテルをオープン【リソルグループ】
  • 日本初LGBT特化のホテルを開業【レジデンストーキョー】
  • 新ブランド「H10」を立ち上げ【野村不動産】
  • 練馬駅の構内にシェアオフィスを解説【西武プロパティーズ】
  • キャッシュレス・消費者還元事業に参画【アットホーム】
  • 前面畳のビジネスホテルを開業【共立メンテナンス】
  • 三井ガーデンホテル六本木プレミアの20年開業を発表【三井不動産】

2019年8月の不動産ニュース

  • 上野公園の近くで新築マンションの販売を開始【伊藤忠都市開発・東京建物】
  • 安全保証サービスと個人用防災キットの提供を開始【タカラレーペン】
  • Web入居申し込みシステムを提供【アットホーム】
  • 新宿駅南口にデッキと直結の再開発ビルを竣工【三菱地所など】
  • シェアオフィス事業へ参入【西武プロパティーズ】
  • インスペクション時のドローン活用を開始【さくら事務所】
  • 東京都足立区に初のアパホテル
  • 脱DLKの生活を提案するリフォームを開始【積水ハウス】
  • 森ビル・積水ハウスなどが第13回キッズデザイン賞を受賞

2019年9月の不動産ニュース

  • 名古屋に商業施設「GEMS」のオープンを発表【野村不動産】
  • ルフトデッキのある平屋「LATTNAD」を新発売【スウェーデンハウス】
  • 小学校をインキュベーション施設にリノベーション【東和不動産】
  • 学生・社会人向けの部屋探しアプリを提供【アットホーム】
  • AI型チャットポット「チャチャットサン」のサービスを開始【ミサワホーム】
  • 群馬に体験型ショールームオープンを発表【セキスイハイム】
  • 札幌円山公園の近くに分譲マンションの竣工を発表【東急不動産】
  • 広島駅のビル建て替えを発表【西日本旅客鉄道】

2019年10月の不動産ニュース

  • 鶯谷でのホテル開発を発表【インテリックス】
  • 京町屋を再生したホテルを開業【東京建物不動産販売】
  • 京都に長期滞在型ホテルを開業【ラ・アトレ】
  • 大型商業施設「Terrace Mall松戸」をオープン【住友商事グループ】
  • ワイキキのホテル「Halepuna Waikiki」が改装オープン【三井不動産】
  • 緑に特化したリノベーション「GREEN DAYS」の提供をスタート【グローバルベイス】
  • 京都に商業施設併設型のホテル開業を発表【スターツ】
  • 東急不動産が白銀高輪駅前の再開発に参画

2019年11月の不動産ニュース

  • オレンジリボン運動の展開を発表【大京グループ】
  • 「プラウド」に二重床のセントラル空調を導入【野村不動産】
  • 下北沢にミニレアル世代に向けた宿泊施設の開業を発表【サンフロンティア不動産】
  • 大津市競輪場跡地に複合商業施設「ブランチ大津京」をオープン【大和リース】
  • インバウンド向けホテルを銀座でオープン【コスモイニシア】
  • 東京上野でホテルの開業を発表【リソルグループ】
  • 三井不動産リアルティが新店舗「中央林間センター店」を開設
  • 東京駅構内にシェアオフィスを開業【JR東日本】
  • アプリ「ごっこランド」にゲーム「あった!すてきなおうち!」をリリース【アットホーム】
  • スマート家電設置・設定の代行サービスを発表【リノベる】
  • VR内見サービスを発表【アットホーム】

2019年12月の不動産ニュース

  • 「新生活応援キャンペーン」を発表【アットホーム】
  • 大手とスタートアップのマッチングシステムを開始【デトロイト トーマツベンチャーサポート】
  • 日比谷にサービスオフィス開業を発表【オリックス】

2020年最新の不動産ニュース【9月更新】

オリンピック開催の期待もあり、好調な推移を見せていた不動産業界でしたが、新型コロナウィルスの感染拡大、東京オリンピックの2021年開催延期の影響を受けて、急激に市場が下落傾向にあります。

特に、オリンピックの影響を受けて実施されていた多くの事業は延期によりブレーキ。

仲介・賃貸を中心に、全方面での影響が免れない結果になっています。

2020年4月現在では、賃料支払いの猶予の要請や各社の入社式のビデオ対応、フラット35の金利上昇など、随所にコロナショックの影響を受けながらも、その対応に追われる不動産業界の現状がひしひしとみて取れます。

その一方で、建て替えや新築物件の完売、各社の提携のニュースなどもあり、まだまだ業界全体がストップした訳ではないという見方もできます。

大手ハウスメーカーなどは、家にいる重要性を自己の商品を結び付けて紹介するなどの姿勢を見せており、コロナによる影響はあるにせよ、底をついているイメージはありません。

新型コロナウィルスで不動産業界はどうなる?不動産市場・市況の下落は免れない?

2020年1月の不動産ニュース

  • フラット35金利が3ヵ月連続で上昇【住宅金融支援機構】
  • 収益物件の価格が上昇【健美家】
  • 建設8大市場が好調推移を見せる【矢野経済研究所】
  • さいたま市にリフォームミュージアムをオープン【東京セキスイファミエス】
  • 長期優良住宅化リフォーム推進事業に関する説明会を実施【国交省】
  • PPP/PFI推進施策説明会が全国で開催される
  • コネクティッド・シティを静岡県に開発計画【トヨタ】
  • 横浜銀行との提携で海外高級不動産などの顧客紹介に関する提携契約を締結【リスト】
  • セキスイハイムミュージアム滋賀をオープン【セキスイハイム近畿】
  • 東京23区の新規オフィス数・面積が過去最大規模になることを確認【ザイマックス不動産総合研究所】
  • 「IoT防災情報システム LONGLIFE AEDGiS(ロングライフイージス)」の2021年運用開始を発表【旭化成・旭化成ホームズ】

2020年2月の不動産ニュース

  • フラット35金利が4ヵ月連続で上昇【住宅金融支援機構】
  • 収益物件のうち、1棟マンションの価格が4か月連続で上昇【健美家】
  • 名古屋にオフィス副業型施設「ノリタケの森プロジェクト」着工プロジェクト発表【イオンモール】
  • 単身世帯向けコンパクトマンション「リビオレゾン勝どきnex」の共用部分にサブスク導入を発表【日鉄興和不動産】
  • 首都圏の大型マルチテナント型物流施設の空室率は1.1%に低下【シービーアールイー】
  • 100%子会社のHaseko America Inc.(HAI)が、三井物産(株)の米国100%子会社のMBK Rental Living LLC(MBK Real Estate LLCの賃貸住宅開発子会社)とカリフォルニア州ロサンゼルス郡デュアルテ市の賃貸住宅「Duarte Station Apartments」の開発事業に関する協働事業協定書を締結【長谷工コーポレーション】
  • サステナビリティビジョン2050を制定【三菱地所】
  • タイで新プロジェクトを始動【阪急阪神不動産】
  • 保証サポート「D’s(ディーズ)10年サポート」の提供を開始【大和ハウス工業】
  • 細田工務店の子会社化が決定される【長谷工コーポレーション】
  • 尼崎で近畿第1弾の物流施設が竣工【日鉄興和不動産】

2020年3月の不動産ニュース

  • フラット35金利が6ヵ月ぶりに下降【住宅金融支援機構】
  • 新築分譲マンション「アネシアフロル東浦」の概要を発表【トヨタホーム】
  • 民泊マンション「TOKYO KAMATA 4316」をオープン【長谷工ライブネット】
  • 複合開発「栃木駅前プロジェクト」を発表【パナソニックホームズ北関東・栃木グランドホテル・AIS総合設計】
  • 「Realnetマンションサマリ」をリリース【マーキュリー】
  • 超高層分譲マンション「ブランズタワー梅田North」の竣工を発表【東急不動産・住友商事・住友不動産】
  • カプセルホテル「ナインアワーズ浜松町」を開業【東京建物不動産販売・ナインアワーズ】
  • 防災キャビネットの標準装備を発表【阪急阪神不動産】
  • 沖縄県宜野湾市にリゾートホテルを開発【パナソニックホームズ】
  • 「バーチャルモデルルーム 3ROOM COORDINATE PLAN」を開設【ジェイ・エス・ビー】
  • 「中古マンションライブラリー」の提供を開始【リノべる】

2020年4月の不動産ニュース

  • 不動産・住宅各社がコロナウィルス流行を踏まえた入社式対応
  • ビル賃料の支払い猶予を要請【国土交通省】
  • 分譲マンション「パークホームズ LaLa 名古屋みなとアクルス」が完売【三井不動産レジデンシャル】
  • 「理想の新婚部屋」を具現化【伊藤忠都市開発・ゼクシィ】
  • リノベ物件にテレワークスペースを導入【コスモスイニシア】

2020年5月の不動産ニュース

  • 投資用1棟マンション価格が2ヵ月連続で下落
  • 大阪ガスの傘下に入る【グローバルベイス】
  • リコーと提携し、バーチャル内覧サービスの提供を開始【ハトマーク支援機構】
  • 土地価格DIが全エリアで下落【全宅連調査】
  • 「人生100年時代を支える住まい環境整備モデル事業」の募集を開始【国土交通省】

2020年6月の不動産ニュース

  • リースバック事業に参入【ポラス】
  • 複合ビル「ヒューリック王子ビル」を竣工【ヒューリック】
  • 「Re:ONcE Shibuya(リ・ワンス渋谷)」をオープン【リストプロパティーズ】
  • Web商談システム「リモートクリオ」を仲介店舗に導入【明和地所】
  • 茅ヶ崎に物流施設を着工【ESR】

2020年7月の不動産ニュース

  • オンライン入居申込システムの全国化【アットホーム】
  • ホテル・リゾート事業を統合【東急不動産】
  • 都市型物流施設「プロロジスアーバン」の提供を開始【プロロジス】
  • 売買代金のキャッシュレス化を進める【東急リバブル】
  • 同社の独自工法「木質パネル接着工法」を採用【ミサワホーム】

2020年8月の不動産ニュース

  • 金沢でコンセプトホテル開業【東京建物不動産販売】
  • 完全オンライン型のライブ物件案内サービス「Air-DAM(エアー・ダム)」を開発【長谷工グループ】
  • 研修動画の配信を開始【不動産流通推進センター】
  • ロボット用エレベーター制御装置を開発【東急コミュニティー】
  • 賃貸書面の電子化ガイドラインを策定【国土交通省】

2020年9月の不動産ニュース

  • 練馬に全132室の有料老人ホーム竣工を発表【中央日本土地建物グループ】
  • 高級賃貸レジデンスの新ブランド「THE DOORS(ザ・ドアーズ)」の第1号物件を渋谷区広尾に竣工【ラ・アトレ】
  • 初めて沖縄県で開発するホテルを竣工【三菱地所】
  • 原宿の複合ワークプレイスへの募集開始【リアルゲイト】
  • 「蔵前一丁目開発事業」の開始【日本郵政不動産】

2020年10月の不動産ニュース

  • 東急リバブルがスピードAI査定機能を提供開始【東急リバブル】
  • フラット35の金利が4か月ぶりに下降と発表【住宅金融支援機構】
  • 同性パートナーに対する手当の見直し【三好不動産】
  • 東中野の学生マンション開発に着工【日本土地建物】
  • 大分・湯布院の旅館開発を発表【東急リバブル】

不動産・住宅業界の今後はどうなる?課題と予測

2019年現在、東京オリンピック特需に後押しされて不動産・住宅業界は好調に推移しています。

特に首都圏はオリンピックに伴って新国立競技場周辺にホテルを開発しているなど、様々な進展があります。

しかし、東京オリンピック後は住み替え熱・不動産投資熱が低下することにより、特に不動産業界の中でもBtoC向けのビジネスを展開している業者は課題を強いられるようになるでしょう。

2022年には生産緑地法の期限が訪れる、いわゆる「2022年問題」も予測されます。

2022年問題で今後の不動産価格はどう推移する?オリンピック後の市場・市況の動向・見通し【2019年最新版】

また、2020年代は本格的な少子高齢化が進展し、人々のライフスタイルは大きく変化します。

この変化にどう対応するかが、不動産業界の大きな課題でしょう。

IoT・AIの導入が進む

2019年の不動産ニュースを見ていると、IoTという単語が目立ちます。

これはInternet of Things(モノのインターネット)の略で、従来インターネットに接続できなかった家具や家電などが接続され、情報交換できるようになることを指します。

特に賃貸業界・リノベ業界ではポイントになっていくでしょう。

また、不動産業界はAIの導入にも積極的です。

特に不動産見積もり査定では、AIが物件の価格を自動計算する「HowMa(ハウマ)」などが存在感を発揮しています。

AI不動産査定のHowMa(ハウマ) を実際に利用した方の評判・口コミ!精度は本当に高い?

ただ、中古物件の見積もりをAIがやったとしても、実際に購入するのは人間です。

「住みやすさ」という概念をAIが理解することはできないので、仲介業者(人間)の仕事をAIにとって代わられるようなことはしばらくないでしょう。

不動産業界は今後「付加価値」が重要になる?

マーケティング業界では、レベルが1から4まで存在すると言われています。

  • マーケティング1.0:製品中心の戦略
  • マーケティング2.0:消費者中心の戦略
  • マーケティング3.0:「社会をより良くすること」に焦点を当てた戦略
  • マーケティング4.0:自己実現に焦点を当てた戦略

不動産業界は良く「閉鎖的」「遅れている」と言われていますが、2019年は緑の多い暮らしを目指したリノベーションの提案など、正にこのマーケティング概念を取り入れたサービスが提供され始めています。

IoT機器の導入などは商品の実用性で競合と差別化を図る意味合いが強いですが、前述のリノベーションは「人間らしい暮らし」に焦点を当てたサービスでしょう。

今後の不動産業界は、商品・サービスへどのような付加価値をつけるかが重要になってくると考えられます。

これから不動産業界への就職を希望する就活生が知っておきたいこと

不動産業界の今後の見通しは決して明るいものではありませんが、それは今までのやり方が通用しなくなっただけのこと。

逆に言えば業界全体が若い力を求めるようになってくるとも考えられます。

では、これから不動産業界への就職を希望する就活生は、どんなことを頭に入れておくべきなのでしょうか?

不動産業界の3つの種類を知る【開発・流通・管理】

不動産業界の仕事は、大きく分けて開発、流通、管理の3種類に分かれます。

開発にかかわるのはデベロッパーと呼ばれる人たちやゼネコン、設計事務所などです。

デベロッパーで有名なのは三菱地所などですが、鉄道会社などにも開発に関わる業務があります。

流通は物件の販売や賃貸、仲介売買などの幅広い内容を指します。

流通をメインにしている不動産会社が最も多く、規模も幅広いです。

管理は、そのままマンションや戸建ての工事やメンテナンスなどを指します。

ビルの管理会社なども、積極的に新卒採用を募集しています。

不動産に関わる業種の分類

不動産に関わる業種は、更に細かく分けることができます。

  • デベロッパー
  • ゼネコン
  • 仲介会社・販売代理会社
  • 不動産コンサル

デベロッパー

デベロッパーは、いわば建物や街のデザイナーです。

どんな街にするかを考え、戦略を立て、ゼネコンに発注します。

大きな不動産業界の中でもトップにいる存在であり、リーダーシップや実行力など高い能力が求められます。

デベロッパー会社は、三菱地所、三井不動産、住友不動産、森ビルなどが代表的です。

ゼネコン

ゼネコンは、デベロッパーから依頼を受けて実際に建設をおこないます。

現場・最前線で働きたい方、海外などで現地の人も巻き込んで働きたい方などにおすすめです。

また、文系出身者の活躍も目立つ職種です。

こちらは大林組や大成建設、竹中工務店などが代表的です。

仲介会社・販売代理会社

仲介会社は中古物件の売却依頼を受けて、広告活動や販売営業などを代理で行う企業です。

一方、販売代理会社は不動産業界の法人から依頼された物件を代理で販売する企業です。

こちらは三井のリハウス、住友不動産販売、東急リバブルなどが代表的です。

不動産コンサル

不動産コンサルは、不動産の購入・売却・管理・活用など、個人・法人の幅広い悩みを解決するためのアドバイス・サポートをおこないます。

遊休資産や空き家問題など、不動産にまつわる社会問題が多い今、活躍のフィールドは幅広いでしょう。

不動産業界の就活を成功させる3つのポイント

①なぜその職種を志望したのか考える

前述の通り、不動産業界の仕事は意外に細かく分かれています。

特定の職種を志望する際は、なぜその仕事をしたいのかはっきりとした理由を考えましょう。

行きたい気持ちがあっても、そこで活躍できるかは別問題でもあります。

自分の性格や経験がその職種にどう生かせるのかもしっかり考えましょう。

②今後の不動産業界についてどう思うか

今後の不動産業界の見通しは決して明るくなく、特にバブル期に入社した人達とのギャップは非常に大きいです。

そんな中、なぜ不動産業界を志望しているのか、バブルの良い時をしっている面接官からしたら疑問に思うことでしょう。

今後の業界の不安をどう思っているのか、自分ならそれをどう解決していくのか、考えをまとめておきましょう。

③日本の不動産業界のグローバル化についてどう思うか

オリンピック特需に乗じて海外の不動産投資家がかなり日本に参入していますし、外資系のデベロッパーが都心の再開発に携わっている例も今や少なくありません。

逆に、日系のゼネコンが東南アジアやアフリカの大事業を担うケースも増えてきました。

また、海外からの観光客の増加によって、今後宿泊施設の在り方も変わってくると思いますし、賃貸マンションをどう提供するかも再考しなければいけません。

不動産業界は特にグローバル化の波におされている業界なので、自分はどう思うのかまとめておきましょう。

2019年の不動産業界は好調に推移!今後の課題をどう解決するかがカギ

2019年の不動産ニュースを見ると、大手がどんどん新サービスを発表している様子が目立ちます。

東京オリンピックに向けて好調な不動産業界ですが、今後の課題も山積みです。

行政とも連携しながら、どう課題を解決していくかがカギでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

おすすめ・特集記事!

【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…