TOP > 不動産売却 > 住み替え > 住み替えの理由ランキングと理由別のおすすめ住み替え方法を解説

住み替えの理由ランキングと理由別のおすすめ住み替え方法を解説

【更新日】2019-11-25
このエントリーをはてなブックマークに追加
住み替えの理由

住み替えをするときには人それぞれに理由があります。

介護や老後のためなど住み替えることで生活を良くすることができるパターンも多いです。

また、それぞれの理由によっておすすめの住み替え方法があるのです。

急いでなければじっくり構えて売ることもできるでしょう。

ここでは住み替えの理由とおすすめの方法を解説していきます。

住み替え成功ガイド!不動産の買い替えで後悔しないポイント・注意点を徹底解説

みんなの住み替えの理由ランキング

住み替えをするときには人それぞれに理由があります。

理由は個人的なものから、どうしてもしなければいけないものまで色々あるでしょう。

ただ、それぞれの理由はその人にとって譲れないものである可能性が高いです。

ここではそんな住み替え理由ランキングを紹介していきます。

【1位】傷んだ古い家から引っ越したい

住み替える理由としてもっとも多いのが、古い家から引っ越したいというものです。

特に傷んだ家だと不便なことも多く、住み替えを希望することにつながります。

ただ、家が古くなるまで住んでいると、愛着を持つ人も多いです。

そのような人ではなく、世代が変わって物件を相続した人が住み替えを希望するケースもあるのです。

親から受け継いだ物件でも子供が住み替えを希望すれば実現するでしょう。

住み替えは住んでいる物件にこだわる人がいないと実行されやすいです。

【2位】老後に安心して住めるようにするため

住み替えを老後のために行うという理由もよくあります。

住み替え前の家を若い頃に買っていれば、バリアフリーなどの設備が充実していないことが多いです。

そのような家だと足元が悪く、少しの段差でもつまずいてしまいます。

そんな経験を繰り返すと、住み替えをしたいと考える人も増えるでしょう。

老後に安心して暮らしたい人のために、老後も困らない家を提供している会社が増えてきています。

以前よりも老後に住みやすい家のバリエーションは豊富でしょう。

【3位】今の家の間取り・収納・設備等に不満がある

今の家に対して不満があることも住み替えの理由になります。

間取り、収納、設備など不満を持つポイントは様々ですが、我慢できないものであれば住み替えをするという行動に発展するでしょう。

リフォームやリノベーションで解消できるケースもありますが、それよりも簡単に解決できる方法が住み替えです。

住み替えであれば丸ごと変えられるので、不満が残る可能性は少ないです。

ただし、住み替えたからといって新しい不満がでないとは限りません。

【4位】家の維持・管理をしやすくする

家の維持や管理が難しくなると、住み替え理由になることがあります。

例えば、広い家に一人で住むようになると維持・管理が難しくなります。

庭の手入れから部屋の掃除まで、色々なことを全てこなすのは体力的に苦しくなることも多いです。

そんなときには小さな家に引っ越して維持しやすい家に住み替えるのもいい手段です。

このような理由を考える人は一軒家からマンションに引っ越すパターンもあります。

マンションであれば維持しやすいと考えるのです。

【5位】介護をしやすくする

介護をしやすくするという理由で住み替えるという人も多いです。

介護をするためには色々な設備が必要になります。

介護者のレベルに合わせて家を変えることが求められます。

ただ、介護のしやすい家にするには費用が大きくなることもよくあるのです。

そのため、介護のしやすい設備が揃っている家に住み替えるという方法も有効です。

専門家が考えた家であれば、介護をする人の負担を減らす設計になっています。

それだと介護者が楽になる家を選ぶことができるでしょう。

【6位】災害時にも安全な家に引っ越したい

災害で家に被害があると、安全な家に引っ越したいと考える人も多いです。

災害はいつ起こるか分からないので、安全を確保しておきたいと思うのです。

川の氾濫、山火事、土砂崩れなど自然災害に遭いそうな場所に住んでいると、災害を受けない家に住みたいと考えるのは普通でしょう。

特に同じような災害に遭っている人がいるとニュースなどで見れば、心配は大きくなります。

心配をしないで済むように住み替えをするのです。

【7位】親や子と同居するため

同居を理由に住み替えをする人もいます。

親子で住むには狭ければ、住み替えを考えることもあるでしょう。

また、二世帯住宅にするために住み替えるというパターンもあります。

親子であっても同居をするには色々と準備が必要です。

特に子供に家族がいれば、家族のことを考えながら家を決める必要があるのです。

同居は難しい問題に発展する可能性もありますので、住む家は家族が望む形にしておくとトラブルが起こりにくくなるでしょう。

【8位】省エネ性能を向上させるため

省エネ性能が向上した家がかなり出ています。

そのため、省エネ性能が高い家に住みたいという人も少なくないです。

省エネ性能が高いと電気代やガス代などが少なくて住みますし、毎月の光熱費が少なくなるでしょう。

特に冬に暖かい家などもありますので、暖房費が安くなるケースもあります。

住み替えた家が生活しやすくなるのであれば、引っ越しを考えてしまいます。

省エネを実現している家は段々と増えているため、理由として上がる確率も高くなるでしょう。

理由別におすすめの住み替え方法を徹底解説!

理由によっては、おすすめの住み替え方法があります。

住み替える方法は理由によって変えられるのです。

時間があればゆっくり売ることができますし、時間がなければ急いで売る必要があります。

ここでは理由に合わせた住み替え方法を解説していきます。

個人的な理由で住み替えをする場合は正攻法で行こう!

個人的な理由で住み替えをするときには、小細工をしないで正攻法で行くことが大事です。

高く売ってから、買い取る物件を決める方法です。

売れた値段によって物件を決めることで、ローンを残さないこともできます。

また、新たにローンを組むときに頭金として、売却した物件のお金を使うことができるかもしれません。

それであれば、毎月の支払いが楽になります。

作戦は単純ですが、正攻法で行くと損をすることが少ないでしょう。

売り先行で高く売るのがおすすめ

住み替えをするときには売りを先行させることが大事です。

売る値段を高くするためには、時間がかかることもあります。

先に物件を買ってしまうと、なかなか待つことができなくなります。

そうならないために、売りを先行させるのです。

また、高く売れるまで待つためには、買い取り物件の候補をいくつか残しておくことも大事です。

買い取り物件の候補が1つしかないと、それが売れるまでに元の物件を売り切らなければ行けません。

そうなると、じっくり構えて物件を売ることができないです。

転勤が理由で住み替えをする場合は早めに手続きを進めよう

転勤が理由の場合は、じっくり構えて売ることがなかなかできません。

どうしても急いで売る必要が出てくるので、手続きを早くしておくことが大事になります。

早めに手続きをしておけば、転勤をする前に物件を売ることができるかもしれません。

売ったあとであれば、買う物件を転勤先で探すのは難しくないです。

予算が決まっていますので、それに合わせて物件を決めればいいだけです。

このように売れないと困るので早く行動に移すことが重要になります。

転勤中は賃貸に出すという選択肢もある

転勤から戻ってくるというケースもありますので、転勤中は賃貸にするという選択肢もあります。

賃貸であれば定期収入になりますし、家を売らなくて済みます。

家を売りたくないという人には賃貸は有益な選択肢でしょう。

ただ、家を貸すのには抵抗がある人もいます。

そのような人は、転勤から戻ってきたら壁紙などを変えるリフォームをすればいいのです。

新しい家に入った気持ちでまた住むことができるでしょう。

清掃や壁紙を変えるだけでも新しくなった気分を味わえます。

ローンが払えない場合は任意売却で住み替え

住み替える人の中にはローンが支払えなくて、任意売却をする人もいます。

任意売却は普通の物件を売却することと変わりないです。

そのため、見た目には任意売却をしている物件かを見抜くのは難しいです。

ローンが支払えないとしても物件の価値が下がることはありません。

ただ、任意売却を希望している人は早く売りたいと考えることが多いため、安く売ってしまうこともあります。

任意売却であっても、高く売れるまで待つことが大事になるでしょう。

任意売却とは?わかりやすく紹介!競売を避けるための最後の方法

競売価格よりも高値で売ることができる

任意売却は普通の不動産取引と変わりないため高値で売ることができます。

ただ、競売にかけられると市場価格の半値程度でしか売れません。

そのため、競売にかけられないことが重要になります。

債権者には任意売却に納得してもらい、競売にかけられる前に売ってしまうことが大事です。

ただ、手順があるため、プロに依頼する方が任意売却に成功できる確率が上がるでしょう。

任意売却で売るポイントは競売へかけられないようにすることです。

みんなの住み替えのきっかけ・理由を紹介

住み替えをするにはきっかけや理由があります。

何気なく住み替えをする人はほとんどいません。

家を売るときの手間やかかる時間を考えると簡単にはできないからです。

ここでは色々な住み替えのきっかけや理由を紹介していきます。

子育て環境の充実を求めて住み替えをしたAさんの体験談

もともとの家は子育てをする環境を考えずに購入しました。

共働きで子育てのことなんて考えていなかったからです。

しかし、子供ができて環境が大きく変わりました。

私は子育てできる充実した環境が欲しくなったのです。

都心に近すぎるため、家の近くには公園がありませんでした。

学校や病院など子供が成長するために必要となるものがほとんど近くにないのも問題でした。

夫と話し合いをしていくうちに、子供を中心に考えた家を探すことにしたのです。

子供が成長しやすい環境を整えることが私たちの役割だと考えたからです。

住み替えをするまでには時間がかかりましたが、子供にとって環境のよい地域を見つけられました。

今ではその地域で子育てに奮闘しています。

ご近所トラブルで住み替えをしたEさんの体験談

私は家を気に入っていたのですが、ご近所トラブルで住み替えをすることにしました。

あまり関わりのない近所の人だったのですが、騒音を出したり、収集日でないごみを出したり問題のある人がいました。

関わりがないときは良かったのですが、ごみに対して注意したところ毎日にようにピンポンを押すようになったのです。

それ以降いろいろな嫌がらせをされたので、警察にも相談をしましたが何もしてくれませんでした。

逃げ出すのは嫌でした。

しかし、嫌がらせをされてまで住みたいとは思っていなかったというのが本音です。

旦那はもっと環境のいいところに引っ越そうと言ってくれました。

その言葉がきっかけになり、住み替えをしたのです。

夫の転勤がきっかけで住み替えをしたFさんの体験談

私は転勤をきっかけに住み替えをしました。

転勤先に永住することになると聞かされていたので、身辺整理をかねて住み替えをすることにしたのです。

転勤までに売ってしまうことがベストでしたが、焦ってはいませんでした。

売れなければ転勤先でも仮住まいに住むつもりで、じっくり構えて売ることにしたのです。

不動産会社を探して、売ってもらえるように依頼しました。

同時に転勤先の不動産会社に連絡して、物件を探してもらったのです。

ただ、買う方はすぐにではなく、売れたらという条件をつけていました。

売る方が先に決まったのが私にとってはラッキーでした。

それによって買う方で動くことができたからです。

売値は予想よりは安くなりましたが、転勤先でいい物件が買えるくらいの頭金にはなりました。

家の間取りに不満があって住み替えをしたDさんの体験談

家の間取りには購入をしたときから不満がありましたが、我慢していたのです。

しかし、家族が増えて我慢ができなくなり、住み替えをすることにしました。

家族が増えたことで将来設計が大きく変わりました。

子供部屋を作ったり、子供の服を入れる収納を考えたり、子供中心の家になると思ったのです。

その時に夫に話して住み替えをしてもらうことにしました。

小さくなってもいいので使い勝手のいい家にしたかったのです。

子育てしやすい環境が元の家にはありませんでした。

間取りがもう少しよければ、リフォームなどで変えられたかもしれません。

私が不満に思っていたことはリフォームでは変えられなかったのです。

私の不満を真摯に受け止めてくれた夫は住み替えという決断をしてくれました。

住宅ローンが払えず住み替えをしたKさんの体験談

住宅ローンが払えないと分かったときはかなり落ちこみました。

せっかく手に入れたマイホームを手放すのかと思ったのです。

しかし、よく考えると、住宅ローンの支払いが少なくなれば、生活も楽になります。

住み替えをして住宅ローンを下げる方が我が家の家計には合っていました。

私はその点に気づいたので、住み替えに反対はしませんでした。

ローンを支払えない時点で反対する理由はないのです。

問題は次に買う家をどの程度にするかです。

小さくしてローンを安くするようにした方が無難でしょう。

同じ失敗は繰り返したくないので、ローンを組み直すときに何度も計算をして、無理なく返せる返済計画を立てました。

理由に応じて柔軟な住み替えをしよう!

いろいろな理由がありますが、それぞれに合わせて柔軟な住み替え方法を考えることが大事です。

時間があれば、ゆっくり構えて高く売ることを考えましょう。

時間がないときでも最高の結果になるように努力します。

住み替えは方法次第で最高の結果を得られることも多いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

家を売却する前に住み替えの流れをチェック
家を売却する際は、住み替えのシミュレーションを行っておく必要があります。特に、新居購入と、今の家の…
住み替えの手順を流れに沿って解説!売り先行・買い先行の流れの違い
住み替えの手順をケース別に詳しく解説していきます。参考にしてスムーズな住み替えを成功させましょう!
不動産住み替えを売却・購入同時進行でおこなうメリット
不動産の住み替え時に、売却・購入を同時におこなうことで、どちらか一方の手続きが失敗してしまい、結ん…
住み替えで失敗する人の特徴とは?失敗談から分かる損せず住み替える方法
住み替えで失敗する方の特徴はどこにあるのでしょうか?実際に失敗した方の体験談から、失敗しないポイン…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…