TOP > 引越し > 【特集】コロナ後の住みたい街は八王子・仙川?コロナ禍で住みやすい街が一変する可能性も

【特集】コロナ後の住みたい街は八王子・仙川?コロナ禍で住みやすい街が一変する可能性も

【更新日】2020-07-16
このエントリーをはてなブックマークに追加
コロナ後の住みたい街

東京の中でも郊外という印象が根強い八王子・仙川。

不便な立地もあってか、住みたい街・人気の街にあげられることは多くありませんでした。

しかし、2020年の新型コロナウィルス感染拡大を機に、八王子・仙川がにわかに注目され始めています。

【2020年最新】住みたい街・住みやすい(暮らしやすい)街ランキング!引っ越し・住み替えを検討している方必見

リモートワークの浸透で郊外人気が上昇する

自粛期間中などはリモートワークが浸透し、働き方が大きく変わりました。

大きかったのは、住まいの立地という価値が形骸化したことでしょう。

港区、世田谷区など、オフィスに近いエリアに住む意味が、リモートワークの進展によって無くなったのは確かにあります。

よくよく考えると、都心に住む方は騒々しさや治安の悪さ、物価や家賃の高さを心のどこかで不満に思いながらも、ブランド力の高さなどの世間体を意識して、我慢して住んでいる可能性があります。

八王子などの郊外に住むことで、全くのストレスフリーでのびのびと生活しながら、仕事もできる生活が人々の理想になっていくかも知れません。

歓楽街と住まいの切り分けが進む可能性も

新型コロナウィルスの感染拡大の中で、いわゆる夜の街での集団感染が大きな問題になりました。

歌舞伎町も新宿区の中では一部のエリアに過ぎませんが、そこで感染した方が住宅エリアに広がり、更なる感染を呼ぶ可能性は十分あります。

よくよく考えれば東京は面積が狭く、交通網も発達しているので夜の街に行こうと思えば遠くからでも簡単にいけます。

「自分が楽しいと思える街に住む」と言う考え方の人もいますが、今後は住まい・職場・楽しみ、趣味に興じる場というのを切り離して考える方が増えると思われます。

こうした考え方に、地価が安くて交通の便が良く、閑静な住宅街でもある八王子や仙川は合致しているのです。

八王子・仙川は郊外の中でも「都市力」に優れている

東京といえば大都会ですが、その中でも比較的のどかな街というのは存在します。

とは言え、都心から郊外に移り住むとしたら、単にのどかというだけで移住する方は少ないでしょう。

大型ショッピングモールや娯楽施設など、ある程度の規模がないと魅力は半減してしまいます。

そういった意味では、八王子・仙川ともに学生街ということもあって若者向けの施設が充実。大型ショッピングモールも展開しています。

こうした「都市力の高さ」が、人気を集める可能性はあります。

住む街に対する考え・価値観がコロナ後に変わっていく?

現実的に考えて、現在都心に住んでいる方の数十%がコロナ後に郊外へ移り住むとは思えません。

しかし、リモートワークの浸透などを受けて、住む街に対する価値観が大きく変わる可能性があります。

それに合わせて、ビジネスも都心から分散していくでしょう。

全体で見ればわずかな動きでも、将来を見据えた重大な変化がコロナ後に起こる可能性は十分あるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

おすすめ・特集記事!

【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…