TOP > イエウール > イエウールが怖い?電話がしつこい?怪しい?最悪?利用のデメリット・リスクは本当にあるのか検証

イエウールが怖い?電話がしつこい?怪しい?最悪?利用のデメリット・リスクは本当にあるのか検証

【更新日】2020-09-23
このエントリーをはてなブックマークに追加
イエウールが怖い?電話がしつこい?怪しい?

イエウールは近年、急速に規模を拡大した一括査定サイトです。

ネット上のアクセスの多さは業界の中でもピカイチ。圧倒的な集客力が強みのサイトです。

ただ、そんなイエウールには「怪しい」「怖い」というネガティブな噂が一定数あります。

実際のところ、イエウールを利用するのはリスク・デメリットが大きいのでしょうか?気になる噂を検証していきます。

イエウールで不動産売却査定!実際に利用した方の評判・口コミ

イエウールが怖い・しつこいという口コミの内容・真意

なぜイエウールが怖い・しつこいと言われるのか。

それはひとえに、ネット上で「イエウールに申し込んだら個人情報が流出した」「イエウールに申し込んだ途端、しつこい営業電話がかかってきた」という口コミが多数みられる為です。

このネットの口コミが事実なのか確かめることはできません。

ただ、事実そういった口コミがネットに残っています。

単純に「初見でよくわからず怖い」という声も多い

ただ、実際の利用者の感想とは別に、「イエウールというサイトを紹介されたんだけど、何だか分からなくて怖い」という声もありました。

まず、所有する不動産を査定に出すこと自体、人生に1度あるかどうかの作業です。

イエウールは不動産一括査定で大きなシェアを誇っていますが、初めての方からすれば「イエウールって何…」となっても不思議ではありません。

怖いと思われるのはその他にも以下の理由があります。

  • 運営会社が株式会社Speee(不動産会社ではない)
  • 株式会社Speee は多くの人に知られた企業ではなく、知らない人も多い

イエウールはしつこい営業電話を禁止しており個人情報保護にも力を入れている

イエウールは公式サイトの中で、クレームの多い悪徳企業は排除していると明言しています。

また、プライバシーポリシーを立てており、査定以外に個人情報を二次、三次利用することはないとも明言しています。

これだけ見れば、イエウールに向けられた前述の口コミ内容と反しているので、実際のところどうなのか?と良く分からなくなってしまいますね。

イエウールは本当に怖い・しつこい?その噂を検証

では、本当にイエウールは怖くて、しつこいサービスなのでしょうか?

実際のサービスの仕組みをチェックすれば、ヒントが出てくるかもしれません。

イエウールのサービスは実際のところどうなのか、検証していきましょう。

イエウール側に個人情報を流出させるメリットはない

まず、個人情報を流出させたり、しつこい電話をかけさせたりすることがイエウール側のメリットとなることは一切ないと断言できます。

まず、イエウールのような一括査定サイトは、契約・登録している不動産会社から契約料を貰うことで利益をあげています。

イエウールには1,000社以上の業者が登録されているということなので、結構な利益になるはずです。

そして、一括査定サイトの収益は実質そこしかありません。もしかしたら個別に契約内容が設定されているかもしれませんが、「イエウール経由での成約件数×〇〇円が追加報酬」というような取り決めは基本的にないはずです。

もしこうした取り決めがあれば、契約を取らせるために無茶な営業を黙認しているという可能性もありますが、いくら成約と取っても追加利益が得られない場合、黙認しているとイエウールの評判が下がる→利用者が減って契約解除が増える→イエウールの売り上げが下がるという悪循環に陥ります。

イエウールの役割はあくまでマッチング

そもそもイエウールの役割は、あくまでユーザーと不動産会社のマッチングです。

そして前述の通り、イエウールは業者の登録で収益を得ています。

もちろん、イエウールは登録業者を厳選していると明言していますが、本来は登録業者がしつこい営業をしないか監視するまでは一括査定の役割ではありません。

つまり、イエウールがいくら努力しても、登録業者の不利益な行動を見逃してしまうリスクは存在するのです。

イエウールの申込情報は登録業者共通

イエウールの申込フォームは、物件情報や個人情報など、簡易に申込できるようにかなり項目を絞ったものになっています。

ただ、こうした簡易な情報だけで査定を出来る訳では必ずしもありません。

そのため、査定をするにあたってイエウールに記入した内容の真意や、追加項目のヒアリングのために電話をかけてくるケースがあります。

業者からすれば「そうしないと査定できないので連絡は正当」と思っている訳ですが、例えば6社に一括査定を依頼して全社からこうした電話が来たら、さすがに怖い・しつこいと思いますよね。

不動産会社の営業は他業界と比べてもしつこい

その他の可能性としては、そもそも不動産会社の営業が他業界と比べて厳しいという点があげられます。

不動産営業と言えば、一般的に体育会系のイメージがありますよね。

また、仲介業は“売却を検討している物件”を競合と取り合うので競争は激烈で、特に新興業者の営業マンは厳しいノルマを達成するために何度も連絡をかける…ということが少なくありません。

こうした日本の不動産業界の“グレーさ”は先進国の中でも高めと言われています。

イエウールが不動産業界の中で優良業者を厳選して登録したとしても、他の営業との違いに驚く可能性があります。

それが複数社になると、しつこいと感じる人もいるかとは思います。

イエウールはどこに依頼できるかが分からなくて怖い?

イエウールが怖いと言う人の中には、最初の時点でどの業者に申し込めるのかが分からず、不安という方も多いです。

どういうことかと言うと、通常の一括査定サイトは申込情報を記入→依頼できる業者が一覧で表示→依頼したい業者にチェックを付けて申込という流れになります。

ただ、イエウールの場合は個人情報を入力して次に業者の一覧が表示されるのかと思いきや、そのまま情報が送信されてしまいます。

業者の紹介は情報が送信されてからとなるので、依頼できる業者が無いのにイエウールの運営側には情報を共有してしまうことになります。

イエウールは他の不動産一括査定サイトよりも、情報がどうなっているか見えないので、そこに怖さはあります。

不動産会社目線から見たイエウールの怖さとは?

登録している・または過去にしていた不動産会社がイエウールを怖いと言っている声もあります。

何が怖いのかというと、契約料に対する成約の少なさです。

つまり、イエウールに登録するために支払う契約料の割に、成約につながる顧客の流入が少ないと言っているのです。

ただ、こうした不動産一括査定サイトは家・土地・マンションを売りたい人、不動産売却に疑問を持つ人などをザックリとしか集められないので、その人の中で登録業者の対応エリアとマッチングするかどうかというのはまた別の話です。

一括査定サイトに登録したとしても、決して多数の成約を約束できはしないのです。

イエウールがリアルな評価の割に絶賛されている理由は?

イエウールはブロガーやメディアからの評判はすこぶる良いのですが、イエウールは彼らに向けて広告を発行しており、そこから申込があれば売り上げをブロガーなどに一部渡しています。

よくYouTubeを見る方は広告が出てきて消すのが面倒だなあ…と思うことも多いかと思いますが、イエウールの広告が貼られているのはそれと同じ仕組みです。

各種メディアも利益の為にイエウールをおすすめしている部分は多分にあると考えられます。

イエウールは怖いという噂に対する反論

イエウールが怖いという見方は、あくまで一面的な印象でもあります。

中には、イエウールを利用して良かったという声も勿論あります。

ここからは、イエウール=怖いという声に対する反論を紹介します。

自宅にいながらスムーズに査定を依頼できる

これまで、不動産会社に査定を依頼するためには、電話等で日時をセッティングし、来店相談をしなければいけませんでした。

しかし、イエウールを利用することで自宅にいながら複数の不動産会社に査定を依頼することができるようになります。

不動産会社の来店相談は、同じような内容を何度も質問され、答えるという面倒臭い作業もあります。

イエウールを利用することで、こうした作業をシャットアウトできます。

登録業者の数が多い

イエウールには1800社以上の加盟店が登録されています。(2020年10月現在)

これは不動産一括査定サイトの中でも多く、他のサイトでは依頼できない地域も対応できています。

登録社数の多さは、不動産一括査定サイトを選ぶ上で大きなポイントとなります。

6社の見積もりを比較できる

不動産一括査定サイトの大きな魅力は、複数社の見積もりを比較できる点にあります。

従来は懇意にしている不動産会社に査定を依頼して終わりという方も多かったのですが、現在は複数の不動産会社の査定額を比較して、高いところと契約するのが一般的になってきています。

上記のようにイエウールは悪い口コミも存在しますが、こうした一括査定サイトを利用しないと損をする可能性が高くなります。

イエウール利用時の注意点

イエウールを利用する際には、いくつかの注意点があります。

事前に注意点をよく把握した上で利用しましょう。

イエウールは不動産売却の成功を100%保証はしていない

一括査定サイトはユーザーと業者のマッチングが役割なので、どの一括査定を利用すれば絶対に不動産売却を成功できるというものはありません。

イエウールを利用すれば複数社へスムーズに査定を依頼することができますが、不動産の状況は全て異なる上、査定・売却時期も違うので、比較した上で結局どの業者と契約すれば正解なのかというのは各自で考えなければいけません。

不動産売却を成功させるには、依頼者自身が基礎知識の勉強をおこなうのが不可欠なのです。

仲介売却の最大手6社に依頼し損ねてしまう

イエウールは仲介売却の大手業者をかなり抑えていますが、最大手の6社は登録されていません。

  • 小田急不動産
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 野村不動産アーバンネット
  • 三井不動産リアルティ
  • 三菱地所ハウスネット

上記の6社は「すまいValue」という査定サイトを共同運営しており、他の一括査定サイトに登録していません。

つまり、イエウールで査定を依頼しても、上記6社とマッチングすることが出来ないのです。

これら6社との契約も検討している方は、イエウールと併せて「すまいValue」の利用も検討しましょう。

最初は最大でも3社までで一括査定依頼をすれば怖くない

イエウールは1回で最大6社へ査定を依頼できますが、いきなり6社とつながると、連絡を取るのが大変です。

まずは依頼する業者を最大でも3社に抑えておき、全社に対応できるようにしておくことをおすすめします。

もし、それで良い業者がいないな…と感じたのであれば、依頼する業者を増やすことも出来ます。

不動産売却を進めるためには、物件を巡る様々な情報の収集と権利を整理するために家族関係等の共有などをしなければならず、1社だけとのやり取りでも結構な体力と時間が要ります。

イエウールを利用する際は少しずつ依頼社数を増やしていき、業者とのやり取りに慣れていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2020年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2020年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…