TOP > 住宅ローンの基礎知識 > aruhi 住宅ローンの落とし穴とは?8つのデメリットと後悔しないための落とし穴対策

aruhi 住宅ローンの落とし穴とは?8つのデメリットと後悔しないための落とし穴対策

【更新日】2020-11-02
このエントリーをはてなブックマークに追加
aruhi 住宅ローンの落とし穴

aruhi(アルヒ)は、住宅ローンを専門的に取り扱っている金融機関として有名です。

中でもフラット35をメインに扱っており、特にARUHIスーパーフラットは金利が低くて魅力的です。

そんなaruhiの住宅ローンですが、借りる際にはまさかの落とし穴に注意しなければいけません。

ここからは、aruhiの住宅ローンを組む前に抑えておきたい落とし穴を紹介します。

人気の住宅ローン【2021年12月最新】
三菱UFJ銀行「ネット専用住宅ローン」
● 最も利用者が多い人気ローン!12年連続No.1
● 申込から借入まで来店不要!口座なしでも申込可
● コンビニATMが24時間無料!銀行が遠い方もお得
繰上返済手数料 0円 事務手数料 0円
保証会社手数料 33,000円 団体信用生命保険料 不要
◎ネット申し込みで金利が年1%以上安くなる!詳しくは公式HPをCheck!

aruhi 住宅ローンの8つの落とし穴

aruhiの落とし穴は、以下の8つが代表的です。

  • 事務手数料が高い
  • 頭金なしにスーパーフラットを利用できない
  • フラット35の固定金利が変動金利よりも高い
  • aruhiの変動金利ローンは金利が高い
  • フラット35の技術条件をクリアしなければいけない
  • ワイド団信はスーパーフラットしか利用できない
  • 引き渡しに時間差がある
  • ネット申し込みだと審査時間がかかりやすい

特に事務手数料が高いというのは、aruhi最大の落とし穴と言えるでしょう。

では、ここからaruhiの落とし穴を一つずつ見ていきましょう。

aruhi 住宅ローンの落とし穴①事務手数料が高い

aruhiのフラット35は事務手数料が融資額の2.20%(税込)に設定されています。

これは他のフラット35を含めても手数料が高めで、だんだん家計を圧迫する恐れがあります。

aruhiの適用金利は比較的低いですが、手数料には注意しましょう。

\Web申し込みで手数料が50%減!/

aruhi 住宅ローンの落とし穴②頭金なしにスーパーフラットを利用できない

aruhiの目玉商品「スーパーフラット」は、頭金を1割以上準備しなければいけません。

aruhiはスーパーフラットを推しているので、勘違いしてしまう方も多いですが、頭金が必須になることを理解しておかなければいけません。

aruhi 住宅ローンの落とし穴③フラット35の固定金利が変動金利よりも高い

フラット35は金利が固定で、安心して借りることができます。

ただ、固定金利は変動金利よりも高く、総返済額が通常の変動金利ローンよりかさんでしまう傾向にあります。

返済額が高くなりすぎるとフラットを借りる意味がなくなってしまうので注意しましょう。

aruhi 住宅ローンの落とし穴④aruhiの変動金利ローンは金利が高い

aruhiには「ARUHI変動S」という、変動金利の住宅ローンも取り扱っています。

ただ、ARUHI変動Sは金利が高めで、他にも特段のメリットがないので借りづらい印象が強いです。

変動金利の住宅ローンを借りたいのなら、他社の住宅ローンを選ぶのがおすすめです。

aruhi 住宅ローンの落とし穴⑤フラット35の技術条件をクリアしなければいけない

フラット35は便利ですが、簡単に借りられる訳ではありません。

担保となる物件が一定の技術基準を満たしていなければ、フラット35を借りることはできません。

aruhiが提示する技術基準は、以下が代表的です。

  • 一戸建ての床面積が70㎡以上・マンションの場合は30㎡以上
  • 断熱構造がある
  • 耐久性がある

断熱性・耐久性があるかどうかは審査によって決まるので、自身がどう思っているかは抜きにして、冷静に評価を見極めなければいけません。

aruhi 住宅ローンの落とし穴⑥ワイド団信はスーパーフラットしか利用できない

住宅ローンを借りる際に利用が増えているのが、ワイド団信です。

ワイド団信は、通常の団信を借りられない方も利用しやすいサービスですが、aruhiを含むフラット35には一般的にワイド団信を準備していません。

スーパーフラットはその中でもワイド団信を利用できる画期的なサービスですが、通常のフラット35にはワイド団信が付いていないので注意しましょう。

aruhi 住宅ローンの落とし穴⑦引き渡しに時間差がある

aruhiは銀行ではないので、別にメインバンクを設定する必要があります。

aruhiが銀行でないことで、以下の2つの注意点があります。

  • 住宅ローンの返済日より早く引き落とされる
  • 自動引き落としではなく、口座に振り込んで返済手続きをしなければいけない

aruhiは他の住宅ローンと比べて少し面倒なので注意が必要です。

aruhi 住宅ローンの落とし穴⑧ネット申し込みだと審査時間がかかりやすい

aruhiのフラット35は自社提供のローン商品ではないので、aruhiへ申し込んだ内容は、集積後に経由をして口座登録されている金融機関へ行き、そこで処理をされるという面倒なフローを踏まなければいけません。

店頭ではなくネット申込だと融資実行まで2か月程度かかることがあり、早く借りたい方にはおすすめできません。

店頭申込のほうが早めですが、それでも1か月はかかるので、aruhi自体がすぐ借りたい向けのローンではないことを理解しておきましょう。

aruhi 住宅ローンの落とし穴にハマりやすい人の特徴

aruhiの住宅ローンは上で挙げた通り、主に8つの点に注意する必要があります。

これらはaruhi 住宅ローンの欠点ではありますが、この欠点に引っかかってしまう利用者にも一定の傾向があります。

ここからは、aruhi 住宅ローンの落とし穴にハマってしまいがちな人の特徴を紹介します。

aruhi 住宅ローンの落とし穴にハマる人➀担当者の言葉を主観的に受け入れてしまう

担当者の言葉や公式サイトに記載されている説明の意図を、自分の主観だけで判断してしまうと落とし穴にハマりやすくなります。

よくあるのが、「住宅ローンは家賃並みに借りられますよ!」という担当者の発言に対する受け取り方の違いです。

「今までの家賃並みで返済できるから、特に身構えなくても大丈夫」という意味合いで捉えられることが多いですが、今までの家賃が一体いくらなのか自身で確かめなければいけませんし、それ以外に固定資産税もかかることを理解しておかなければいけません。

住宅ローンの最低限の仕組みを理解している方なら勘違いのしようがありませんが、担当者の言葉を文字通り受け取ってしまうと「今までと負担が変わらない」と受け取ることが出来てしまうので、申込時に楽観視して後々に返済負担で困るパターンが起こりやすくなります。

住宅ローンを借りるにあたっては、 相手がどういう意味合いで発言しているのか100%理解するまで安心できません。

aruhi 住宅ローンの落とし穴にハマる人②頭金の入れすぎはリスクも大きい

aruhiのスーパーフラットは借入の10%の頭金を入れるのが条件になっていますが、それ以外にも住宅ローンの頭金を増やせばお得になるという考えが一般化しています。

例えば頭金0の時の返済額が2,000万円の場合、実際の負担は2,000万円+(2,000万円にかかる利息)となります。

一方、頭金を返済額の2割用意できたなら頭金:400万円+1,600万円+(1,600万円にかかる利息)となるので、400万円分の利息が浮くことになります。

ただ、頭金を入れるほどお得だからといって無理をすると、現在の家計のギリギリのラインまで頭金に充てることになります。

頭金を支払ったのと同じタイミングで高額の医療費などがかかってくれば、家計の状況は一気に厳しくなって返済滞納へ繋がってしまいかねません。

目安としては、今後3か月は無収入でも生活できるくらいの資金を最低限確保しておくのがおすすめです。

aruhi 住宅ローンの落とし穴にハマる人③今の家計状況を無視して繰上げ返済をしすぎる

繰上げ返済も、頭金の入れすぎと同じことが言えます。

繰上げ返済は通常の住宅ローン返済とは違って、元金をダイレクトに減らせる利点があります。

ただ、お得だからといって繰上げ返済の費用を捻出しすぎると家計を圧迫してしまうので逆効果です。

住宅ローンの返済期間が長く設定されているのは、高額な借入費用を無理なく返済できるための仕組みです。

これを無視して返済を焦ってしまうのは元も子もないことなので注意しましょう。

\11年連続No.1!圧倒的な人気の理由をCheck/

aruhi 住宅ローンの落とし穴にハマった事例とは?借金地獄に陥った実例を紹介

aruhi 住宅ローンの落とし穴にハマった事例

AURHI住宅ローンの落とし穴にハマると、実際にどんなことが起こるのでしょうか?

ここからは、実際にaruhiの落とし穴にハマった実例を紹介していきます。

※当サイトで募集した体験談を再編集しています。

aruhi 住宅ローンの落とし穴にハマった事例➀ローン返済以外の諸費用を計算していなかった

aruhi自体は低金利で、十分返済しやすいローンではあると思います。

ただ、持ち家に引っ越すにあたり、固定資産税や引っ越し代・家具や家電の買換え費用など、多くのコストがかかることをあまり考えていませんでした。

結果的に他の費用の支払いに追われ、aruhiの返済が疎かになってきました。

そして一度滞納してしまったのをきっかけに、高い遅延損害金の支払いに追われるハメになってしまいました。

シミュレーションでは大きな苦もなくローン返済できているはずですが、生活が大きく変化するとそれどころではなくなります。

精神的な負担も結構ありますから、ローンを借りる前に他の費用も含めて整理しておくことが非常に大切だと思いました。(30代・女性)

aruhi 住宅ローンの落とし穴にハマった事例②手数料が意外と高くて負担が大きい

適用金利に何の文句もないですが、やはり事務手数料が少し高いです。

払うたびに家計が圧迫されていくので、トータルの負担はシミュレーションした時の予想以上に苦しいです。

他の住宅ローンも手数料込みで確認をした上で、申し込み先を決めたほうが良いですね。(40代・男性)

aruhi 住宅ローンの落とし穴にハマった事例③返済日がギリギリになるとaruhiの場合かなり危険

aruhiは自社の口座で操作ができないので、他の口座に設定して取引をするのですが、その分なにかと反映が遅いです。

返済日ギリギリに対応しようとすると間に合わないことが多く、一度返済が遅れてからズルズルと落とし穴にハマってしまった感があります。

給料日と返済日の差がどれくらいあるのかは、金利や手数料以上に重要だと実感しました。(40代・男性)

aruhi 住宅ローンの落とし穴にハマらないための対処法

aruhiの住宅ローンの落とし穴にハマらないためには、どんな対処法を取れば良いのでしょうか?

aruhiの住宅ローンを借りるために抑えておきたいポイントを紹介していきます。

aruhi 住宅ローンの落とし穴への対処法➀借入の際は他の費用も併せてシミュレーション

aruhiの住宅ローンを借りる際は、返済額だけに目を向けてしまうのは大きなリスクとなります。

賃貸から持ち家に引っ越すと新生活に必要な資金の購入費に固定資産税、物件の管理費などがかかってきます。

住宅ローンの返済額しかチェックをせず、他の費用を確認していないと思っているよりも高額のコストにさいなまれ、返済不能に陥るリスクが高まってしまいます。

この状態を防ぐためには、最初から想定できるコストを全て合わせてシミュレーションをする必要があります。

aruhi 住宅ローンの落とし穴への対処法②必要になりそうな費用をコツコツ積み立てる

家族構成などから見て、医療費や教育費など、今後かかる可能性の高い費用というものが存在します。

これらの費用は、早めにコツコツ積み立てておくことで返済不能のリスクを無くすことができます。

子どもが入学する際、急にバタバタして費用の捻出に焦ってしまうと、ローン返済も含めて共倒れになりかねません。

aruhi 住宅ローンの落とし穴への対処法③ARUHIダイレクトを利用する

ARUHIダイレクトとは、aruhiが提供するWeb事前審査・借換申込サービスです。

こちらを利用することで、店舗に来店しなくても自宅から手続きをすることができます。

加えて、ARUHIダイレクトを利用して条件を満たすと、手数料が半額になるサービスも提供しています。

こうしたサービス・キャンペーンを上手く活用しましょう。

aruhi 住宅ローンの落とし穴への対処法④ローン返済の目的・目標を設定する

住宅ローンの返済は長期間に渡るので、だんだん返済へのモチベーションが下がってしまい、滞納などに陥るリスクが高まってしまいます。

長期の住宅ローン返済でも目標を立てて、少しずつ達成していくことが大切です。

住宅ローン残高が減っていくことで生活がプラスになってきていることが実感できているなら、長期の返済も前向きに取り組むことが出来るでしょう。

aruhi 住宅ローンの落とし穴にハマらないよう注意!

aruhiの住宅ローンは専門機関が提供しているという強い安心感がある一方で、上記で挙げたような落とし穴も多々あります。

住宅ローンの返済期間は数十年となることも多い中、返済滞納はたった1か月あるだけで、落とし穴にまっしぐら…となってしまします。

aruhi 住宅ローンの落とし穴にハマらないよう、十分に準備をしていきましょう!

人気の住宅ローン【2021年12月最新】
三菱UFJ銀行「ネット専用住宅ローン」
● 最も利用者が多い人気ローン!12年連続No.1
● 申込から借入まで来店不要!口座なしでも申込可
● コンビニATMが24時間無料!銀行が遠い方もお得
繰上返済手数料 0円 事務手数料 0円
保証会社手数料 33,000円 団体信用生命保険料 不要
◎ネット申し込みで金利が年1%以上安くなる!詳しくは公式HPをCheck!
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…