25坪の家の外壁塗装費用は平均50万円~108万円!相場価格の内訳と計算方法を解説

25坪の外壁塗装費用相場

大きさが25坪というと土地の狭い都会では割と見かけるサイズですが、平均から見ると小さめです。

作業面積が小さいので作業費用もそこまで高くはなりにくいですが、価格のイメージを全く持たないまま作業をすると予想以上に費用がかかって戸惑うケースは多いです。

一般の方がイメージしている以上に外壁塗装の費用は単価が高いので、事前に金額をしておきましょう。

今回は、25坪の家の外壁塗装費用の相場を解説していきます。

外壁塗装の費用相場はどれくらい?坪数・作業内容別に詳しく解説

25坪の外壁塗装費用は平均50万円~108万円

塗料の種類 相場価格
光触媒塗料 108万円
断熱塗料 98万円
フッ素塗料 93万円
シリコン塗料 73万円
ウレタン塗料 60万円
アクリル塗料 50万円

以上が、使用塗料別の25坪工事費用相場となります。

この価格は足場代、養生費用、高圧洗浄代、下地調整費用を含んでいます。

屋根塗装も含めておこなう場合は上記価格相場に10万円程度上乗せになると思っておくと良いでしょう。

作業のサイズが小さめということもあり他の家よりも安上がりで済みますが、それでも100万円を超えるケースがあることに驚く方は多いです。

外壁塗装の費用相場の計算方法

外壁塗装の費用相場は、以下の2つの条件で変動してきます。

  • 作業対象となる面積
  • 作業ごとの工事単価

この2つをもとに外壁塗装工事にかかる費用をおおよそ計算できますので、工事前に自宅の面積と作業項目の工事単価を知っておくと便利です。

25坪はまず㎡単価に直して計算をします。

25坪×3.3㎡×1.3(係数)=107.25㎡

また、外壁塗装の作業面積は、延床面積×1.3で大まかに算出されます。

25坪の外壁塗装費用の内訳

外壁塗装の費用は、単価×坪数によって算出されます。

そのため、まずは外壁塗装の単価について把握する必要があります。

➀塗料ごとの費用相場=40万円~80万円

種類 平均価格/㎡
アクリル塗料 1,500~1,800円/㎡
ウレタン塗料 1,800~2,200円/㎡
シリコン塗料 2,500~3,200円/㎡
フッ素塗料 3,200~4,500円/㎡
断熱塗料 3,500~4,800円/㎡
光触媒塗料 4,500~5,200円/㎡

塗料ごとの単価は、上記の通りです。

選び、3,200円/㎡のシリコン塗料を選んで25坪の家を塗装した場合の費用は、以下の通りです。

107.25㎡(塗装面積)×3,200円/㎡(シリコン)=34万3,200円

ただし、同じ種類の塗料でも大手メーカーが提供する新商品なら価格は高くなるので、実際の見積もりをチェックしないことには、相場が安いタイプの塗料だからお得と断言できません。

また、塗料の価格と耐久性の高さは比例するので、安い塗料が剥がれて何度も塗装を依頼するよりも高い塗料を使ったほうが長い目で見てお得な可能性は高いです。

②足場工事の費用相場=5万円~10万円

種類 作業単価の相場/㎡
単管足場 700~800円/㎡
枠組み足場 1,000~1,500円/㎡
くさび式足場 900~1,200円/㎡

1,000円/㎡のくさび足場を選んだとした場合、足場の単価は以下です。

107.25㎡(塗装面積)×1,000円/㎡(足場相場)=107,250円

塗装工事で足場費用が発生するのは少し不公平感がありますが、作業員の手元を固定して質の高い施工をするために必要なものなので、理解をしておきましょう。

また、25坪の狭い家の場合は足場を組み立てるのに隣の敷地の利用許可が必要な可能性があるので、事前にチェックしておきましょう。

③養生の費用相場=1万円~2万円

種類 作業単価の相場/㎡
養生 150~200円/㎡

養生が200円だった場合、養生の価格は以下です。

107.25㎡(塗装面積)×200円/㎡(養生)=21,450円

養生は塗料の飛散を受け止める役割があり、特に25坪の家のように周辺住宅との距離が近い場合は重要な役割を担います。

もし養生が上手く敷かれていないと、近隣トラブルが発生して賠償請求を受ける危険性があります。

④高圧洗浄の費用相場=1.5万円~4.7万円

種類 作業単価の相場/㎡
水道水 200円/㎡
バイオ洗浄 300~500円/㎡

高圧洗浄でバイオ洗浄を選び、300円だった場合の価格は以下です。

107.25㎡(塗装面積)×300円/㎡(洗浄)=3万2,175円

水圧で落とせないコケやカビなどの汚れはバイオ洗浄のほうが落ちやすいので、割高ではありますがおすすめです。

⑤下地処理の費用相場=5.6万円~41万円
種類 作業単価の相場/㎡
シーリング 800~1,000円/㎡
ひび割れ 700~5,000円/㎡
ケレン 500~2,000円/㎡

シーリング800円、ひび割れ補修700円、ケレン500円の場合の金額は以下の通りです。

  • 107.25㎡(塗装面積)×800円/㎡(シーリング)=8万5,800円
  • 107.25㎡(塗装面積)×700円/㎡(ひび割れ)=7万5,075円
  • 107.25㎡(塗装面積)×500円/㎡(ケレン)=5万3,625円

塗装工事の質を分けるのは下地処理がしっかりおこなわれているかどうかであることが多いと言われるほど、外壁塗装の一連の工事の中で重要な工程です。

特に理由がない場合は費用を引き下げず、費用をしっかりかけることをおすすめします。

25坪の家の外壁塗装費用をシミュレーション

25坪の家に対して一般的な塗装工事を施した場合の内訳はこちらの通りです。

作業 25坪あたりの価格
足場 10万7,250円
養生 2万1,450円
高圧洗浄 3万2,175円
シーリング 8万5,800円
ひび補修 7万5,075円
ケレン 5万3,625円
シリコン塗装 34万3,200円
合計 71万8,575円

10年~15年に1回の工事であることや、場合によっては補助金・火災保険を利用できることも考えると、比較的抑えることは可能です。

ただ、25坪の狭い家の塗装を依頼する場合は費用以外の注意点も多くあるので、十分注意しましょう。

25坪の家で外壁塗装をする時の注意点

25坪の家で外壁塗装をする時の注意点

25坪というのは住宅の中でも狭小な部類なので、隣地・隣家とのスペースが限られていて工事が難しかったり、近隣トラブルが起きやすい環境だったりするケースも多くあります。

25坪の家で外壁塗装をする際に、抑えておきたいポイントを解説していきます。

スムーズに足場組み立てが出来ないことがある

外壁塗装をおこなう前段階として、足場の組立が必要です。

隣との距離が狭い場合、足場組立に必要なスペースを取れず、組めないケースもあるので注意しましょう。

狭いスペースでもプロの手なら柔軟に足場を組んでいきますが、どうしても組立不可と判断した場合は、隣の敷地を利用して足場を組む必要があります。

この場合は隣地の住民・大家の許可が必要ですが、許可が下りるまで時間がかかってしまい、完成が遅れることが多いです。

また、必ずしも隣地の持主が承認してくれる訳ではなく、日頃の関係が悪いと許可をもらえない可能性もあります。

近隣トラブルが起こらないように気を付ける

隣の敷地が近い場合、外壁塗装の臭い・騒音・塗料の飛散などのトラブルが起こりやすい状きゅおうです。

特に、塗料の中にはシンナーを含む油性塗料というものがありますが、刺激臭が隣の敷地中に充満する恐れがあるので利用を控えるべきでしょう。

外壁塗装の塗料の種類や特徴・耐久性・価格の違いを徹底比較

外壁塗装の作業前には塗料の飛散や臭い防止の為に養生をおこないますが、業者によってはずさんな対応をしてくる可能性があるので、自身でのチェックを忘れないようにしましょう。

狭小地特有のリスクを把握した上で工事を依頼する

25坪の家の外壁塗装は作業スペースが組めない・近隣と距離が近いため、塗料の付着や臭い・騒音などのトラブルが起こりやすい状況にあることを理解しておくことが大切です。

外壁塗装は耐用年数に応じて定期的にメンテナンスが必要ですが、質の高い塗料を使うことで耐用年数が延びて、メンテナンスを減らすことができます。

狭小地で工事依頼のリスクがあるなら、一回当たりの工事に出し惜しみせず、将来的な回数を減らす戦略がおすすめです。

逆に最もおすすめしないのがDIYで塗装をすることです。

自前で足場を組む場合、しっかり固定をしないと命にかかわる危険性があります。また、養生が中途半端になりやすく、近隣から賠償請求を受けるリスクもあります。

作業の難しい25坪の家こそ、信頼できるプロに依頼することをおすすめします。

費用を安く抑えることが良い訳ではない

25坪の家の塗装に高コストをかけるのは、少しもったいない気もします。

しかし、費用は安く抑えるほどお得という訳ではありません。

単純に企業努力で費用を抑えられているケースは決して多くなく、人件費や材料費など、どこかの項目を安く抑えている結果として費用が抑えられている場合がほとんどです。

人件費を抑えた結果としてトータルコストが安いのであれば、人員が足りていない・教育を受けていない下請けや外国人スタッフを使っているという可能性もあります。

外壁塗装は業界全体が閉鎖的な印象もあり、価格が高い=悪徳業者と捉える方も多いですが、基本的に評判が良く実績の高い業者なら平均よりも価格は高くなるので、一概に悪徳業者とは言えません。

中間マージンの具体的な金額を調べておく

地方の塗装業者に良くあるのが、「直接施工をおこなうので、大手ハウスメーカーのように中間マージンが発生しません」という文言です。

価格の上乗せ分がないのはお得で嬉しいですが、特に惹かれるようなPRポイントでもありません。

地方の塗装業者は2021年時点で最低でも2万社前後存在しており、その全てが中間マージンを乗せない構造なので、決して珍しいポイントではありません。

また、多くの方は中間マージン=損という固定観念を持っていることがあり、実際に大手は中小に比べていくら上乗せされるのかを確認しないケースも多いです。

中間マージンの相場は平均30万円ほどでそこまで高くはないので、実績や保証を含めて地方の中小より大手業者のほうが良いと思ったら依頼をしても損はしません。

中間マージンとは?発生する仕組みやからくり・注意点を解説

複数社の見積もりを比較するのがポイント

25坪の家の外壁塗装にかかる費用を解説していきましたが、各工事にかかる費用については全国統一で設定されている訳ではなく、業者によって大きな幅があります。

上記で紹介した塗料や工程も、全ての業者がマルチに対応している訳ではなく、依頼されたら出来る範囲・やり方で対応するというのが実情です。

外壁塗装を出来るだけ安く依頼したいと思ったら、複数社の見積もりを比較して最適な業者を探すのが一番の近道です。

当サイト「外壁塗装プラザ」ではネットで簡単に複数社へ見積もりを依頼できるサービスを提供しているので、検討中の方もぜひ活用してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。