アクリル塗料とは?他の塗料との特徴比較と使用時のメリット・デメリットを解説

アクリル塗料

アクリル塗料は30年ほど前に主流で使用されており、現在ではあまり多くは使われなくなっている塗料です。

しかしアクリル塗料のメリットを生かしてこの塗料での塗装を好む方藻いらっしゃいます。価格が一番低くグレードも一番低い塗料ですが、使用法によっては現在でも好まれています。

今回はそんなアクリル塗料の特徴を、メリット・デメリットを紹介しながら説明していきます。

外壁塗装の塗料の種類や特徴・耐久性・価格の違いを徹底比較

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ

アクリル塗料とは

アクリル塗料

アクリル塗料とは、塗料の主成分がアクリル系の合成樹脂である塗料のことをいいます。

アクリル樹脂はボールペンやコップ、照明器具や看板など、わたしたちの身近にあるものに多く活用されています。

そんな私たちに身近なアクリル樹脂ですが、それを使用したアクリル塗料は、外壁や屋根の塗装にも使用されています。

しかし以前まではよく使用されていたのですが、現在はウレタンやシリコンなど、低価格で品質の良いものが開発された影響でアクリル塗料の使用は少なくなってきています。

【2021年】外壁塗装おすすめ塗料ランキング27選!目的・性能別に人気塗料を比較

アクリル塗料のメリット

ここからはアクリル塗料のメリットとデメリットを紹介しながら、この塗料について詳しく説明していきます。それではまずこの塗料のメリットから見ていきましょう。

価格が安い

アクリル塗料での塗装は、現在の主流塗料であるシリコン塗料と比べると、約5割ほどの値段で塗装することができます。

この塗料の耐用年数は4~7年ととても短いですが、とにかく費用を抑えたいという方にはおすすめです。

また、何回も塗装を塗り替えたいという方にはおすすめです。

ただ、シリコン塗料も低価格で、さらに耐用年数が長いので長い目で見るとシリコン塗料の方がお得かもしれません。

参考までに塗料ごとの塗装費用相場と耐用年数をまとめましたので見ていきましょう。

塗料の種類 単価/㎡ 耐用年数
アクリル塗料 1000~1200円 4~7年
ウレタン塗料 1800~2000円 6~10年
シリコン塗料 2500~3500円 8~15年
フッ素塗料 3500~4500円 15~20年
光触媒塗料 5000~5500円 10~15年

以上が各塗料の費用と耐用年数になります。アクリル塗料はとても費用が安いということが分かりますね。

ですが耐用年数に少し懸念があるのでそことのバランスを考えるとコストパフォーマンスが高いとは言えないのではないでしょうか。

【2021年最新】外壁塗装の費用相場はいくら?坪数ごとの平均価格や見積もり依頼時の注意点を解説

ツヤが出てきれいな仕上がりになる

アクリル塗料は発色がとてもよく、鮮やかな色合いに外壁を塗装することができます。

はっきりとした色を好む方にはおすすめです。

塗料の種類が豊富

アクリル塗料は、とても前から使用されている塗料なので種類が豊富です。これまででも非常に多くの製造をされてきているのです。

多くの種類があることで、あなたがいいと思った色や機能のついたアクリル塗料を選べることがメリットです!

1液型が多く使いやすい

アクリル塗料には1液型のものが多く、希釈や撹拌のような手間がかからないのが特徴となっています。

2液型でわざわざ硬化剤を入れる必要もなく、効果不良がおこりにくいです。

DIYでの塗装も比較的簡単にできるので、素人の方にはおすすめの塗料です。

重ね塗りがしやすい

アクリル塗料は外壁への密着性が高いので、短期間での塗り替えの際に新たな塗料が密着しやすくとても便利です。

ただ、古い塗膜に剥がれや割れなどの劣化が見られる場合はその部分の補修する必要があります。

もし古い塗膜の劣化部分を補修しないで新たな塗装を知ってしまうと、その部分から不具合が発生してしまうことがあります。

劣化部分は雨水の浸水やゴミの侵入の原因となりますので、必ずきれいにしてから新たな塗料を塗装しましょう。

変色しづらい

アクリル塗料は耐用年数が短いですが、塗料の変色が起こりづらいので耐用年の間はきれいな色状態で過ごすことができます。

しかし、塗膜は時間をかけて劣化していますので塗装が必要ないということではないので勘違いのないようにしましょう。

あくまで変色が起こりづらいということです。

むしろアクリル塗料劣化が早いので早めのメンテナンスが必要になってきます。

アクリル塗料のデメリット

ここまではアクリル塗料のメリットを紹介してきましたが、ここからはその反対にデメリットを紹介してこの塗料の特徴に迫っていきます。

劣化が早い

先にも記しているように、耐用年数が短く劣化が早いというのがアクリル塗料最大のデメリットと言えるでしょう。

耐用年数は4~7年ほどしかないので早く劣化してしまうのです。

アクリル塗料は劣化の原因となるラジカル因子が発生しやすいので、酸化還元反応が起こりやすくなってしまうので塗膜が劣化してしまいます。

このため、アクリル塗料で塗った外壁はメンテナンスを頻繁におこなう必要があり、多くの手間がかかってしまいます。

価格が安いので劣化が早いのは当たり前のことなのですが、塗装回数やメンテナンス回数を減らすためならもう少し多く費用を払っていい塗料で塗装をおこないましょう。

外壁塗装のベストなタイミング・時期はいつ?塗り替えに最適な季節・周期と抑えておきたいポイント

塗り替えが面倒になることがある

アクリル塗料は劣化しやすく、塗膜がはがれやすくなっています。このため、元ある古い塗膜を剥がさずに塗装する際は扱いに手間がかかってしまいます。

密着性が高いので剥がすのであれば時間がかかりますし、もしキレイに取り除いていないと、新しく塗った塗料が早く剥がれてしまう原因となってしまいます。

ただ、塗膜の剥がしや洗浄、下地処理は面倒になりますが、これらの作業をしっかりおこなうことで、新規塗膜がすぐに剥がれてしまうことは回避できますよ!

塗膜が固くヒビができやすい

アクリル塗料は弾性に優れていないので、塗膜が固くなってしまいます。

塗膜が固いゆえ、建物の動きや地震などで簡単にひびが入ってしまうことがあります。

自宅が高速道路の近くという場合や、地震や自然災害の多い地域である場合はアクリル塗料の使用はやめた方が良いかもしれません。

もし揺れや自然災害の多い地域の場合は、弾性のあるウレタン塗料の使用をおすすめします。

ウレタン塗料はアクリル塗料に比べて、費用と耐用年数のバランスがいいですのでそちらの方が良いかと思います。

浸透性が良すぎる

アクリル塗料は浸透性がよく、湿気を外に逃がしてくれる効果があるのですが、その浸透性が強すぎるがゆえ外部の湿気を室内に入れてしまうことがあるのです。

この性質では室内に湿気が溜まってしまうので、湿気が多い地域や川池の近い地域での使用はおすすめできません。

耐候性に乏しい

アクリル塗料は耐候性に乏しいので、紫外線などの影響で劣化が激しくなってしまうことがあります。

紫外線などの影響を考えるとアクリル塗料は室内に塗装することに適しているということもできます。

DIYにて家具などの塗装をすることができますよ!ただこちらも塗り替えの際は手間がかかってしまうので注意です。

おすすめのアクリル塗料4選

屋根・外壁塗装では、アクリル塗料をおすすめするケースは多くありません。

その原因はアクリル塗料の耐久性の低さにありますが、現在では標準よりも長持ちして臭気の少なさや防水効果も備えた優良なアクリル塗料も販売されています。

主な屋根・外壁用のアクリル塗料がこちらです。

塗料メーカー 塗料名 単価/㎡
日本ペイント タイルラックEMA-Sベース100K 2570~4590円
DANタイル水性上塗 1510~3550円
タイルラック水性トップツヤ一番 1350~3190円
ニッペタイルラックEMA上塗りⅡ 1450~3630円
ACトタンペイント 2170円
ニッペシリン 1100円
関西ペイント アスカⅡ
アレスアクアグロス 1400円~
ACルーフペイントリッチ
エスケー化研  水性コンポアクリル 1350円
 レナラック 2450~2300円
レナフンド 3600~3850円
レナエクセレント 5200円
エスケーGPペイント 1200円
バイオファイン 1300円

費用の安さにこだわりつつ、高い効果も見込みたい方におすすめのアクリル塗料を紹介していきます。

日本ペイント「DANフレッシュ」

日本ペイント「DANフレッシュ」

水性/溶剤 水性系
1液/2液 1液
機能 防水性、低汚染性、透湿性
つや 艶有り、艶消し
施工方法 刷毛・ローラー・パターンローラー・吹付け
希釈剤

外壁用の水性アクリル塗料で、嫌な臭いが少なく近隣へ迷惑がかかることを気にする方におすすめです。

防藻・防カビ性にすぐれている他、防水効果も期待できます。

高い弾性を持っているため、ヒビ割れの補修にも使いやすいです。

日本ペイント「タイルラック」

日本ペイント「タイルラック」

水性/溶剤 水性系
1液/2液 1液
機能 防水性、低汚染性、透湿性
つや 艶有り、艶消し
施工方法 刷毛・ローラー・パターンローラー・吹付け
希釈剤 水道水

アクリル塗料の中でも耐候性にこだわっている他、水やアルカリに対する高い耐性があります。

色が豊富で、仕上げ形状も凸凹やヘッド押さえ模様など、希望に応じて柔軟に対応することができます。

吹きつけでもローラーでも塗装可能で、高い見栄えの良さと乾きの速さが期待できます。

エスケー化研「SK水性ELコート」

エスケー化研「SK水性ELコート」

水性/溶剤 水性系
1液/2液 1液
機能 防水性、低汚染性、透湿性
つや 艶有り、半艶、3分艶
施工方法 刷毛・ローラー・吹付け
希釈剤 清水

耐水性、防水性、耐アルカリ性に優れた塗料で、エスケー化研が販売する代表的なアクリル塗料です。

水に希釈するだけでローラー・ハケ・スプレーなど複数の器具を使って施工できるので、効率よく幅広い箇所へ塗装できます。

価格も安く、高い費用対効果が見込めます。

関西ペイント「アスカⅡ」

関西ペイント「アスカⅡ」

水性/溶剤 水性系
1液/2液 1液
機能 耐アルカリ性、隠ぺい性
つや 艶有り、半艶
施工方法 刷毛・ローラー・エアレス
希釈剤

水性反応硬化樹脂という成分を使ったアクリル塗料で、水の蒸発によって硬化し、強い塗膜を形成します。

光沢維持年数が長いので、外壁のツヤを長期間維持できるという強みがあります。

塗布してからの乾燥期間が短いため、スムーズに塗装を終わらせることが可能です。

アクリル塗料の外壁塗装以外の活用例

アクリル塗料は使い勝手が良く、外壁塗装以外でも様々なシーンで活用されています。

耐候性が乏しく劣化が早い塗料なので外壁よりも建物の内装や、建物内で使うものだと高いコストパフォーマンスを期待できます。

ここからは、アクリル塗料が利用されている例を具体的に紹介していきます。

家具や小物の塗装

家具のアクリル塗装

アクリル塗料は安価で独特の質感を出すことが出来るので、タンスなどの家具やカップなどの小物の塗装にも良く利用されます。

ホームセンターなどで安く手に入ることから、DIYで塗装をする際もアクリル塗料が良く用いられます。

プラモデルや模型の塗装

プラモデルや模型の塗装

プラモデル・模型の塗装には臭いが少ない水性アクリル塗料が良く使われます。

毒性が少なく、やり直しがきくので、プラモデル初心者に良くおすすめされます。

発色や食いつきは良くありませんが、複数回塗っても違和感のある出来上がりになりません。

コンクリートの上塗り・床の塗装

床の塗装

アクリル塗料の中でも溶剤型アクリル塗料は、耐候性や耐水性、耐アルカリ性などに優れています。

コンクリート生地の表面にアクリル塗料を塗布し、水捌けを良くするなどの対応は良くおこなわれます。

その他だと、建物の床部分に用いられることがあります。

アクリル塗料がおすすめな人の特徴

  • 外壁塗装の工事費用をできるだけ抑えたい方
  • 外壁塗装を頻繁におこなってイメージチェンジをしたい方

以上のような考えの方にアクリル塗料はおすすめです。費用をおさえることができるので、頻繁に塗装をおこなって外壁のイメージを変えたい方は嬉しいですよね。実際そのような方もいらっしゃいますよ!

アクリル塗料は費用が安いので粗悪な塗料だと思われてしまうかもしれませんが、塗料の持つ耐用年数を守れば問題なく家を保護する役割を担ってくれますよ!

アクリル塗料は用途を考えて使おう

アクリル塗料は価格が安い代わりと言ってはなんですが、劣化のスピードが早く耐用年数がほかの塗料と比べて短くなっています。

ただそれは粗悪な塗料と言うことではなく、しっかり外壁をコーティングして保護する力を持っていますので安心してください。

それゆえアクリル塗料は耐用年数さえ守れば、外壁をしっかり守ることができます。

加えて外観のイメージチェンジができるのでおすすめですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ