愛知県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの業者ランキング!口コミ・評判で選ぶ優良業者7選

愛知県の外壁塗装

外壁塗装・屋根塗装を業者に依頼したいけれど、どこに頼めば良いのか分からない・自分のニーズに合った愛知県の外壁塗装・屋根塗装の業者を知りたい、という方はいませんか。

ただ「愛知県 外壁塗装・屋根塗装 業者」で検索しただけでは多くの業者のホームページがヒットしてしまい、どこに依頼すれば良いのか分からないですよね。

そこでこのページでは愛知県に本社を構えているおすすめの外壁塗装・屋根塗装業者を紹介していきます。

またページの後半では、2021年7月現在利用できる愛知県の助成金制度や、外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ際に押さえておきたいポイントなども紹介していくため、家の塗装工事を検討している方はそちらもチェックしておきましょう。

【2021年】外壁塗装おすすめ塗料ランキング27選!目的・性能別に人気塗料を比較

愛知県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの業者

まずは愛知県でおすすめの外壁塗装・屋根塗装業者を見ていきましょう。

しかし、一口に愛知県の外壁塗装・屋根塗装業者と言っても施工可能エリア・扱っている塗料・保証サービス・価格など業者によって特徴が異なるため、おすすめできる業者は人によって違うのです。

そのため業者を紹介する際には「〇〇という方は□□という業者を検討しましょう」といった形で、どんなニーズを持っている人におすすめできるかをまず最初に説明しています。

その上で自身の要望に合っているものがあれば、続く紹介文や業者のホームページをチェックしてみてください。

人気の外壁塗装業者おすすめランキング!口コミ・評判や料金相場・独自サービスを比較

児玉塗装

児玉塗装

本社所在地 〒454-0984 愛知県名古屋市中川区供米田2丁目103番地
電話番号 052-387-8497
設立年度 1965(昭和40)年
許認可

なるべく料金が分かりやすい外壁塗装の業者を利用したい、きちんと塗装について知ってから契約したい、という方には児玉塗装をおすすめします。

というのも一般的な外壁塗装では外壁の状態診断を受けた後に見積もりを取るまで料金が分からないケースが多く、塗料や工程も業者によって異なることから、費用が分かりづらいのが現状です。

しかしその点児玉塗装では、ホームページから無料の見積もりシミュレーションを受けることができ、延べ床面積と塗料グレードを入力するだけで、おおまかな費用相場が確認できます。

また児玉塗装では春田駅・戸田駅付近に大規模なショールームを展開しており、外壁塗装を依頼する上で知っておきたい情報も勉強会やイベントなどで積極的に発信しています。

まずは児玉塗装のホームページにアクセスして、来店予約や勉強会の日時を確認することから始めてみましょう。

達美装

達美装

本社所在地 〒491-0871 愛知県一宮市浅野字大曲り60番
電話番号 0586-85-6172
設立年度 2006年3月
許認可

愛知県内における施工実績で選ぶのであれば、達美装も魅力的な選択肢になるでしょう。

達美装は愛知県の一宮市に本社を構え、同県内に3つのショールームを提供する比較的規模が大きい塗装業者で、地域での塗装実績は2021年6月時点で5000件を超えます。

また達美装は大手塗料メーカーである関西ペイントの販売実績において4年連続で1位を獲得し、2019年度には戸建て・アパートマンションの施工実績でもNO.1に輝いています。

現在ホームページからショールームの来店予約をおこなうと、500円分のクオカードがもらえるキャンペーンを実施しているため、気になる方は話だけでも聞きにいくと良いでしょう。

ただし達美装の施工対応エリアは各ショールームから自動車で30分圏内(約15km)であり、依頼する際には注意が必要です。

村井塗装

村井塗装

本社所在地 〒445-0056 愛知県西尾市斉藤町羽根戸18-1
電話番号 0563-56-5250
設立年度 1993年11月
許認可 塗装工事業(般-26)第64939号・防水工事業(般-30)第64939号

取り扱っている塗料の多さや細かいサービス面で外壁塗装の業者を選ぶのであれば、村井塗装もおすすめです。

一般的な外壁塗装の業者では塗料を選べると言ってもアクリル・シリコン・ガイナ・無機などせいぜい3〜4種類程度ですが、村井塗装では外壁を金属・スレート・サイディング・コンクリート・ALC・クリヤー仕上げ・艶消し仕上げ・多彩仕上げの8つに分けてそれぞれの外壁にあった塗料を18種類から選ぶことができます。

また注文者がしっかりと工程を確認できるように、原則1日1工程をこころがける・塗り残しがおきないように中塗り、上塗りに色の差をつける・見栄えを保つために化粧シーリングを使うなど、他の塗装業者にはない細かい心配りも魅力的なポイントと言えるでしょう。

なお村井塗装の電話受付は9時から18時ですが、土日祝日は対応していないため、問い合わせる曜日には注意が必要です。

美和建装

美和建装

本社所在地 〒490-1226 愛知県あま市中橋明円51
電話番号 052-441-2605
設立年度 1988年2月28日
許認可 愛知県知事許可(般-22)第42760号

住所が愛知県のあま市にあるのであれば、美和建装も選択肢に入れるべき業者と言えます。

美和建装は愛知県でも特にあま市を中心に施工を担当してきた総合リフォーム業者で、創業からの歴史は50年を超えています。

また美和塗装は積極的に勉強会やセミナーを開いており塗装についてなにも分からないという方でも0から教えてくれますし、塗装工事費用での節税(減価償却など)に関する相談・アドバイスに乗ってくれるのも嬉しいポイントの一つです。

ホームページでは実際に施工を手がけた物件のビフォーアフターが写真つきで掲載されているため、気になった方はチェックしてみましょう。

リメイクホーム

リメイクホーム

本社所在地 〒488-0016 愛知県尾張旭市三郷町陶栄31
電話番号 0120-93-9716
設立年度 2018年3月10日
許認可

施工内容について把握しておきたい、なぜこの価格なのか算出方法が気になる、などきちんと情報を集めてから依頼したい、という方であればリメイクホームがおすすめです。

リメイクホームは過去に1000件以上の施工を手掛けてきた総合リフォーム業者で、徹底した情報公開が大きな特徴と言えるでしょう。

例えば一般的な塗装業者であれば数行程度で済ませてしまう施工の流れをリメイクホームでは10枚以上の写真と1つの動画で工程ごとにきちんと紹介していますし、塗装にかかる費用も計算方法から詳しく解説しています。

また施工事例の紹介ではビフォーアフターの写真はもちろん、築年数や外壁材の情報、施工中に注意した点などが掲載されています。

一番下には注文者からのアンケート結果もあるので、気になる方はぜひチェックしてみましょう。

リペアプラス

リペアプラス

本社所在地 〒462-0007 愛知県名古屋市北区如意2丁目-141番地
電話番号 052-508-9217
設立年度
許認可

春日井市・北名古屋市・西春日井郡にある住宅の外壁塗装を検討している方は、リペアプラスを検討するべきです。

リペアプラスは春日井市・北名古屋市・西春日井郡を中心に施工をおこなう外壁(屋根)塗装、雨漏り専門の業者で地域の施工実績は1000件を超えます。

リペアプラスの特筆するべきポイントとしてはアフターフォローの手厚さが挙げられ、自社での15年保証に加えて10年間のメーカー保証も利用可能です。

また春日井市・北名古屋市・西春日井郡内での住宅であれば定期巡回サービスや保証期間内での塗り直しサービスを提供するなど、徹底して地域に根ざした業者と言えます。

まずはリペアプラスのホームページにアクセスして、LINE・電話・メールなどから見積もり相談を依頼することから始めてみましょう。

エムアール

エムアール

本社所在地 〒448-0011 愛知県刈谷市築地町3丁目20-18
電話番号 0566-62-6140
設立年度 2005年1月
許認可 愛知県知事許可(般-27)第57876号

少し時間が掛かっても良いからしっかりと外壁塗装をおこなってほしい、という方であればエムアールを検討しましょう。

エムアールは愛知県でも刈谷市・知立市を中心に施工をおこなっている外壁塗装の専門店で、同市内であれば施工実績はNo.1です。

エムアールは契約前の提案・説明に特に力を入れている業者であり、見積書は必ず3種類用意しますし、注文者の疑問が全て解決するまで契約は締結しないとホームページで断言しています。

また各工程ごとにまとめた写真付きの施工報告書の発行や長期工事保証制度など、注文者に寄り添った保証サービスも高く評価されているポイントと言えるでしょう。

なおエムアールは土日祝日も電話窓口を開いていますが、水曜日・ゴールデンウィーク・夏季の数日・年末年始は休業していため、問い合わせるタイミングには注意が必要です。

愛知県で利用できる独自の助成金

外壁塗装・屋根塗装には少なくとも数十万円ほどの費用がかかり、簡単に捻出できるお金ではありませんよね。

そこで外壁塗装・屋根塗装にかかる費用負担をなるべく抑えるために県や市区町村の助成金制度を利用しましょう。

以下に2021年7月現在利用できる愛知県の助成金制度の一部をまとめました。

なお助成金制度を利用するためには、外壁塗装・屋根塗装の工事に入る前に申請しなければなりません。そのため業者を探す前にまず助成金制度から調べることをおすすめします。

外壁塗装で助成金・補助金は受給できる?交付条件や申請方法・必要書類を解説

犬山市住宅リフォーム補助金

補助対象の住宅
  • 犬山市内の適切に建築された住宅
  • 居住する構成員の持ち家
補助対象の市民
  • 本人または配偶者が40歳以下である
  • 過去に当該補助金を受けていない
補助金額の上限 30万円
補助対象工事
  • 敷地造成、門、塀その他の外構工事
  • 家具、家庭用電気機械器具などの購入、設置などの経費
  • 物置、車庫などの工事
補助金額 助成対象工事費の5分の1
受付期間 予算がなくなるまで
問合せ先 愛知県犬山市 都市整備部 都市計画課 建築景観担当
電話番号:0568-44-0331

新城市木造住宅の省エネ改修補助制度

補助対象の住宅 新城市内の住宅
補助対象の市民
  • 新城市木造住宅耐震化促進補助事業の補助金を受けた(受けよう)とする者
  • 新城市が実施する「うちエコ診断」を受け、省エネ改修の必要があると認められた者
補助金額の上限 10万円
補助対象工事
  • 屋根・屋上・外壁を断熱塗料・遮熱塗料により塗装する工事
  • 窓ガラスに遮熱フィルムを貼る工事
  • 省エネ基準の「開口部の断熱性能などに関する基準」に規定するガラスの組み合わせ例によるガラス、内窓を設置する工事
  • 外壁・屋根・天井・床に断熱材を設置する工事
補助金額 助成対象工事費の2分の1
受付期間 2020年4月10日~予算がなくなるまで(先着順)
問合せ先 愛知県新城市市民環境部環境政策課
電話番号:0536-23-7690

豊川市住宅リフォーム工事費補助金

補助対象の住宅 豊川市内の住宅
補助対象の市民 耐震改修補助事業を行う者
補助金額の上限 20万円
補助対象工事
  • 屋根の葺替・塗装
  • 外壁の張替・塗装
  • 雨樋の取替
  • フローリング、クロスなどの張替
  • 畳替、カーペット敷込
補助金額 助成対象工事費の20%
受付期間 2021年5月10日~2021年12月24日(先着順)
問合せ先 建設部(建築課)愛知県豊川市
電話番号:0533-89-2144

愛知県のリフォーム費用相場

愛知県のリフォーム費用は49.8万円〜100万円ほどです。

ですがうまくキャンペーンなどを利用すれば、30〜40万円程度で外壁塗装を依頼することも可能でしょう。一方外壁塗装だけで100万円を大きくオーバーするのはあまり良心的な業者とは言えません。

よほど家が大きい場合は別ですが、他の業者の利用も検討した方が良いでしょう。

【2021年最新】外壁塗装の費用相場はいくら?坪数ごとの平均価格や見積もり依頼時の注意点を解説

愛知県の外壁塗装・屋根塗装が必要な戸建て件数

平成30年度における総務省の住宅・土地の統計調査結果は下記の通りです。

世帯数 306万9000件
持ち家率 59.5%
取引件数 3457件

愛知県は世帯数306万9000件に対して持ち家率が59.5%です。

持ち家率が50%代なのは全国的にも少ない直ですが、国内有数の都市である名古屋市もあることから世帯数自体が多く、取引件数も比例して多くなっています。

愛知県の外壁塗装・屋根塗装の気候条件

愛知県(名古屋市)の平均気温の年間推移(2020年)

愛知県(名古屋市)の平均気温の年間推移(2020年)

気温(℃)
1月 7.6℃
2月 7.1℃
3月 10.7℃
4月 13.4℃
5月 20.6℃
6月 24.6℃
7月 25.4℃
8月 30.3℃
9月 25.4℃
10月 18.0℃
11月 14.0℃
12月 7.4℃

愛知県(名古屋市)の降水量の年間推移(2020年)

愛知県(名古屋市)の降水量の年間推移(2020年)

降水量(mm)
1月 55.5mm
2月 53.5mm
3月 149.5mm
4月 111.0mm
5月 135.0mm
6月 230.0mm
7月 405.5mm
8月 13.0mm
9月 230.5mm
10月 269.0mm
11月 36.5mm
12月 22.0mm

愛知県(名古屋市)の湿度の年間推移(2020年)

愛知県(名古屋市)の湿度の年間推移(2020年)

湿度(%)
1月 67%
2月 63%
3月 63%
4月 57%
5月 65%
6月 73%
7月 84%
8月 68%
9月 75%
10月 69%
11月 66%
12月 71%

愛知県(名古屋市)の日照時間の年間推移(2020年)

愛知県(名古屋市)の日照時間の年間推移(2020年)

日照時間(h)
1月 146.6h
2月 184.2h
3月 201.1h
4月 254.9h
5月 213.6h
6月 164.2h
7月 78.2h
8月 265.5h
9月 148.5h
10月 178.2h
11月 202.5h
12月 178.3h

愛知県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの季節とは?

外壁塗装・屋根塗装自体は1年中依頼できますが、施工をスムーズに終わらせたい場合はタイミングを選びましょう。というのも外壁塗装・屋根塗装は雨天時には施工ができないため、天気が崩れやすい季節に依頼してしまうと工期が伸びてしまうからです。

以下に愛知県名古屋市の気温・降水量・湿度・日照時間を3ヶ月ごとにまとめました。外壁塗装・屋根塗装におすすめの季節については次から詳しくみていきましょう。

外壁塗装のベストなタイミング・時期はいつ?塗り替えに最適な季節・周期と抑えておきたいポイント

春(3〜5月)

気温 14.9℃
降水量 395.5mm
湿度 62%
日照時間 669.6h

愛知県で外壁塗装・屋根塗装に最も向いている季節は春(3〜5月)と言えるでしょう。湿度は年間を通して最も低く日照時間は1年間で最も長いため、塗料が乾きやすいからです。

また夏や冬とは異なり屋外での作業に向いている気候というのも大きなポイントの一つです。しかし春は外壁塗装・屋根塗装の業者に依頼が殺到しやすいシーズンとも言えます。

気になる業者があれば、早いうちから相談しておくことをおすすめします。

夏(6〜8月)

気温 26.8℃
降水量 648.5mm
湿度 75%
日照時間 507.9h

外壁塗装・屋根塗装に向いていない季節の1つとしては、夏(6〜8月)が挙げられます。日本の夏は梅雨と台風によって1年間で最も雨が降るシーズンであり、単純計算で春の1.5倍ほど雨が降っています。

雨が降っている日は工事が進められないため、工期は後ろにずれていきますし、場合によっては仕上がりにも影響が出てしまいます。今すぐにでも外壁塗装・屋根塗装が必要な状況(壁にカビが生えている・亀裂がある)であれば話は別ですが、なるべく避けた方が良い季節と言えるでしょう。

秋(9〜11月)

気温 19.1℃
降水量 536mm
湿度 70%
日照時間 529.2h

愛知県で外壁塗装・屋根塗装をするのであれば、秋(9〜11月)もおすすめの季節として挙げられます。春並みに日照時間があるわけではありませんが、夏ほど高資料が多いわけではなく、工期が1週間2週間伸びる可能性は少ないでしょう。

また春と違ってそこまで依頼が殺到する季節でもないため、小規模の業者へ依頼する際には狙い目とも言えます。ただし一部の地域は秋雨前線の影響を受けるため、依頼をする前に気象情報は確認することをおすすめします。

冬(12〜2月)

気温 7.8℃
降水量 177mm
湿度 66%
日照時間 474.9h

外壁塗装・屋根塗装に最も向いていない季節としては、冬(12〜2月)が挙げられます。たしかに降水量自体は少ないのですがその分雪が降る可能性があり、夏以上に工事が中断してしまうからです。

また気温が氷点下付近まで下がると塗膜が割れてしまうため、そもそも施工に向いている気候ではありません。一部の業者は冬にキャンペーンをおこなうこともありますが、できる限り冬に外壁塗装・屋根塗装を依頼するのは避けた方が良いでしょう。

愛知県の外壁塗装・屋根塗業者を探す時の注意点

このページでは主に愛知県に本社を置くおすすめの外壁塗装・屋根塗装の業者を紹介してきましたが、中にはもっと自分でも業者を選びたい・複数の業者の中から選びかねているという方も多いでしょう。

そこでここからは、愛知県で外壁塗装・屋根塗装業者を選ぶ上で抑えておきたいポイントを紹介していきます。業者選びで後悔したくない、という方はぜひ参考にしてください。

外壁塗装業者の選び方はどうすれば失敗しない?優良塗装会社を見極めて選ぶポイント

複数社の見積もりを比較する

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ上で必ずやっておかないといけないのは、複数社に同じ条件で見積もりをとってもらう相見積もりです。

というのも相見積もりを取らないと業者が提示してくる料金が適正かどうか判断できませんし、探せば同じ条件・同じ塗料でもっと安くできる業者が見つかるかもしれません。

基本的にどの外壁塗装・屋根塗装の業者も見積もりだけで費用が発生することはないので、気になった業者があれば片っ端から見積もりを依頼しましょう。ただし見積もりをするために必要な外壁診断では立ち会いが求められるため、スケジュールの調整には注意してください。

複数社の見積もりを詳細までチェックして比較

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ際に相見積もりが重要であることは説明したとおりですが、見積書はただ取って合計金額だけ比較すれば良い、というわけではありません。

業者によって見積書の記載方法は異なりますし、想定している条件や扱う塗料が違う場合は単純な比較ができないからです。

もし見積書の比較で迷うことがあれば、エムアールに相談するのも良いでしょう。エムアールでは見積りの内容が適正か判断してくれるサービスを提供しており、プロの目線から見積もりを評価してくれます。

またホームページでも「見積書の診断をおこなったからといって契約を迫ることはない」と記載しているため、安心して頼めるのも嬉しいポイントです。

実際の塗装現場の様子を確認する

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ際には、過去にその業者が担当した物件を見にいくのも良いでしょう。多くの業者はホームページの「施工実績」などで施工のビフォーアフターを写真付きで掲載していますが、やはり直接見に行った方が仕上がりのイメージが湧きやすくなります。

また一部の外壁塗装・屋根塗装の業者はショールームを展開しており、実際に使われている塗料やサンプルなどを見ながら相談できるため、時間が取れない方はそちらを利用するのも良いでしょう。

なおリメイクホームが2021年7月10日にショールームをグランドオープンし、10日と11日にキャンペーンの抽選会をおこないます。気になるキャンペーン内容ですが1等外壁塗装の費用無料・2等足場費用が無料・3等工事費用の10万円オフなどと非常にお得な景品を用意しているため、間に合う方はぜひ参加することをおすすめします。

保証条件・瑕疵保険への加入の有無をチェック

外壁塗装・屋根塗装の業者を選ぶ際には、提供している保証サービスや加入している保険についても注意するべきです。

一般的な外壁塗装・屋根塗装の業者では5〜10年程度の塗り替えサービスを提供していますが、実際の保証年数は使用する塗料によって異なる場合が多く、例えば高価で耐久力の高い無機系塗料は10年間の保証が受けられますが、アクリルやシリコンなど安価な塗料を使うと3〜5年程度の保証になってしまう場合も多いです。

また塗装業者による保証サービスは業者による施工ミスか仕様かで揉める可能性がありますし、そもそも業者が倒産した場合には利用できない、というリスクがあります。そのためなるべく第三者による保険に加入している業者を選ぶと良いでしょう。

このページで紹介した業者の中では、特に村井塗装の保証が手厚く、日本住宅保証検査機構によるJIOリフォームかし保険、住宅瑕疵担保責任保険法人によるあんしんリフォーム工事瑕疵保険とWでの保証が受けられます。

また保証や保険に関しては細かい規約も多いですが、将来の家を守るためにも1つ1つきちんと確認しておくことをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。