アスベスト含有建材の見分け方とは?特徴と対策方法・注意点を徹底解説

天井に吹付つけたアスベスト

健康被害があることが確認され使用が禁止されているアスベストですが、具体的にどのようなものがアスベストなのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ご自宅にアスベストが使用されていても認識していきないと対策できませんので、場合によっては知らないうちに健康被害が生じる場合もあります。

このページでは、アスベストの特徴や見分け方、対策方法について紹介していきますので確認していきましょう。

外壁塗装ではアスベストが利用されている?使用の実態と危険性を詳しく解説

アスベストとは?

アスベストの特徴

アスベストは安価であり加工もしやすく建材に向いていることから頻繁に使用されていましたが、昭和50年頃より健康被害があるため使用が規制され、現在は使用が禁止されています。

しかし、使用が禁止される前に建設・工事した建物ではアスベストを含む建材が使用されている可能性があり、現在も対策されないまま放置されていることも多くあります。

アスベストは健康被害をもたらしますので、ご自宅にアスベストが使用されている場合は早急に対策が必要です。

繊維が極めて細いため、空中に舞ったアスベストを気づかずうちに人が吸い込んでしまうことで健康被害を起こします。

アスベストは高性能で安価な性質から、一般住宅の建材として人気が高く、以前は家庭用品や自動車など幅広い用途で活用されていました。

建材として使用されていた場所

建材として使用されてきた場所は断熱材として天井や床、壁に使用されており、外壁用の塗料にも含有され、屋内外問わず幅広く使用されてきました。

家の至るところで使用されてきたアスベストですが、劣化や解体をしない限り飛散するリスクは低く、断熱材として使用されている場合には天井に穴が開くなど露出しない限りない健康被害にあう可能性は高くありません。

アスベストが使われてきた場所の中で特に健康被害が生じやすい条件が整っている場所は店舗や鉄骨住宅で、一般住宅ではリスクは高くないと言われています。

アスベストによる健康被害

前述したとおりアスベストが使用されている家に住んでいるだけでは健康被害のリスクは高くありませんが、建材の劣化や解体で粉塵が発生すると飛散してしまう可能性が非常に高まります。

また、家の損傷でアスベストが露出している場合は、衝突や摩擦で空気中に飛散してしまう可能性がありますのでご注意ください。

アスベストを吸い込んでしまうと肺がんや悪性中皮種、肺が線維化してしまう石綿肺など様々な健康被害が生じます。

アスベストが含まれているか確認する方法

点検している様子

上記の記事ではアスベストの危険性や健康被害、特徴について紹介してきましたが、実際にご自宅で使用されている建材にアスベストが含まれているか確認する方法はどのようなものがあるのでしょうか。

ここからはアスベストの見分け方について紹介します。

  • 建築時期で確認
  • 設計図で確認
  • 専門業者による調査

一つずつ詳しく解説していきますので、確認していきましょう。

建築時期で確認

アスベストは1950年代から使用され始め、高度成長期を迎えた1960年台代に最も使用されています。

2006年の法改正でアスベストを含む建材が使用できなくなりましたので、2006年以上に建築された物件についてはアスベストが使われていません。

反対に2006年より前に建築された物件に関しては、アスベストが含まれた建材を使用している可能性が高く特に1988年以前に建築された物件は使用されている可能性が極めて高いです。

2006年以前に建築された物件に住んでいる方は、設計図や登記簿標本で確認してみましょう。

設計図で確認

建物をどのように立てるか詳しく書いてある設計図では、使用している建材についても記載されています。

そのため設計図を確認することでお住いの物件にアスベストが使用されているか確認できます。

一般住宅でアスベストが使用されている場合、「アスベスト成形板」というものが使用していることが多いです。

他にもアスベストが含まれている建材を知りたい場合は、「石綿含有建材データベース」(国土交通省ホームページ)で確認してみましょう。

専門業者による調査

アスベストが使用されているかの確認は専門の調査会社に依頼するのがおすすめです。

ご自身で確認する場合は費用が掛かりませんが、アスベストが使用されているか確実に判断できないこともあります。

アスベスト含有建材の中には、アスベストが含まれていない建材と見分けがつかないものもあります。

アスベストの検査会社は全国に100社以上もありますので、一度お問合せしてみるのもよいでしょ。

中間マージンとは?発生する仕組みやからくり・注意点を解説

種類別のアスベストの見分け方

アスベストは幅広い建材に使用されていますので、なかなか個人で見分けることが難しいと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アスベストの見分け方として前述した方法の他にも、施工方法や種類ごとの特徴から簡単に判別できる場合もありますので、一度ご自身で確認してみてください。

比較的簡単に判別できる見分け方は以下の4つです。

  • 吹付けアスベストの見分け方
  • 吹付けロックウール
  • 吹付けひる石(バーミキュライト
  • 折板裏打ち石綿断熱材

吹付けアスベストの見分け方

アスベストに水とセメントなどの結合材を混ぜ合わせたものを壁や天井に吹き付けた「吹付アスベスト」という施工方法がありました。

こちらは外見から判断しやすく表面が綿状で非常に柔らかいのが特徴で、青色や灰色、茶色のものが多いです。

施工方法によっては、吹き付けたアスベストを成形している場合もありますので、絨毯のような見た目のものもあります。

目安としてですが針が数cm刺さるほどの柔らかいです。

よく使用されていた場所は、鉄骨が使用されている箇所や駐車場の天井です。

吹付けロックウールの見分け方

人造鉱物繊維のロックウールをセメントとアスベストと混ぜ合わせものを吹き付ける「吹付ロックウール」という施工方法があります。

吹付アスベストと同様に柔らかく綿状の見た目をしているのですが、吹付アスベストと比較すると光沢があるのが特徴です。

吹付ロックウールにはアスベストを含まないものもあり、現在も施工されている手法ですので2006年以降の建物にも使用されている施工手法です。

吹付ロックウールの中でアスベストが含まれているかどうかについては、見た目で判断することができませんので、2006年以前に建設された物件でも吹付ロックウールが使用されている場合は、業者にお問合せることをおすすめします。

吹付けひる石(バーミキュライト)の見分け方

ひる石(バーミキュライト)という石とアスベストを混ぜ合わせ、天井などに吹き付けた「吹付けひる石」という施工方法があります。

表面は小さな凹凸があり軽く押すと弾力が感じられる程度の柔らかさです。

吹付ロックウールや吹付アスベストとは異なり針を通しても簡単には貫通しない程度に高く、茶色やグレーのものが多いです。

軽い材質で熱伝導率が低いため防音や断熱が必要な場所に使用されることが多く、結露の可能性がある部屋の天井や大きな音が出る部屋で使用されています。

折板裏打ち石綿断熱材の見分け方

折板裏打ち石綿断熱材は鋼板の屋根材に石綿を貼り付けた建材で、金属の折板屋根を使用している建物に使用されることが多く、反対に金属の折板屋根を使用していない物件では使用されていません。

断熱や防音のため使用されており、吹き付けたり張り付けたりと施工方法は様々で見た目がスポンジ状なものやゴム状、ウール状など形も様々です。

見た目や施工方法に一貫性がないため確認することが難しいですが、2006年以前に建設された倉庫・車庫など金属の折板屋根を使用している場合は注意が必要です。

アスベストの規制と対策

アスベストの対策

アスベストは1975年から段階的に規制され2006年には全面的に使用が禁止されたと上記で説明してきましたが、具体的にはどのように規制されているのでしょうか。

また、規制されているアスベストを含む建材が使用されていた場合は、どのように対策をするべきなのでしょうか。

ここからはアスベストの規制と対策について詳しく解説していきますので、ご確認ください。

建築基準法による規制

アスベストは住宅や土地に関することを定めている建築基準法で規制されており、以下の2つのアスベスト含有建材が除去対象とされています。

  • 吹き付けアスベスト
  • 石綿が含まれている吹付ロックウール

前述しましたが、吹き付けロックウールはアスベストが含まれていないものもあり、アスベストが含まれていない場合は除去対象となりませんご注意ください。

上記の2つの建材が使用されていない場合は建築基準法では除去対象となりません。

規制対象のアスベスト飛散防止対策

吹付アスベストやアスベスが含まれている吹付ロックウールについては、飛散防止の対策が必要です。

対策方法は主に以下の3つとなります。

  • アスベストが含まれている建材を取り除く
  • アスベストが含まれている建材を完全に覆い隠す
  • アスベストが含まれている建材を薬剤で固着・固定する

アスベストは飛散して人が吸い込んでしまうことで健康被害が発生しますので、アスベストが飛散しないように対策することが重要です。

規制対象外のアスベスト飛散防止対策

建築基準法の規制対象となっていない建材についてもアスベストが飛散するリスクがあり、健康被害に繋がる可能性もありますので、対策しましょう。

対策方法は規制対象のものに加えて、アスベストを含む建材の上から塗料を塗り重ねる手法があります。

塗膜でアスベストを封じこめることで飛散のリスクを抑える方法ですが、塗料は劣化しやすいので定期的なメンテナンスが必要です。

塗料の耐用年数を参考に劣化が進む前に、メンテナンスをしましょう。

塗装工事とはどんな工事?目的と流れ・9ステップの工程をわかりやすく解説

アスベストが含まれていないか業者に確認しよう

アスベストは高性能で、かつ、安価であるため非常に人気の高い建材でしたが、健康被害を起こすリスクがあることが発覚し、2006年には全面的に使用が禁止されました。

しかし、2006年以前に建築された物件では、アスベストを含んだ建材を使用している可能性があり、対策されていない場合もあります。

アスベストは肺がんや悪性中皮種など体に甚大な被害をもたらしますが発覚が遅れることが多く、アスベストによる健康被害が生じているにも関わらず知らないまま生活しているなんてことも。

2006年以前に建築された物件にお住いの方は、アスベストが含まれた建材が使用されていないか調査しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。