アスファルト舗装の費用相場は平均いくら?工事にかかる単価と費用内訳を徹底解説

アスファルトの駐車場

アスファルトは道路や駐車場でよく使われる素材ですが、アスファルトについて詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。

このページではアスファルトについて、コンクリートの違いや舗装工事に掛かる費用相場、費用を抑えるポイントについて紹介していきますが、特にアスファルト舗装に掛かかる費用相場については徹底的に解説していきますので、最後までお読みください。

アスファルト舗装について理解を深めていきましょう。

リフォーム費用の相場はいくら?全面リフォーム・部位別の費用内訳と安く依頼する方法

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ

アスファルト舗装の費用相場

アスファルト舗装の費用相場

上記の記事ではアスファルト舗装はコンクリートに比べ透水性が高く価格が安いため、駐車場などご自宅や会社で導入しやすいと紹介してきましたが、実際に掛かる費用相場についてどうなのでしょうか。

ここからはアスファルト舗装工事における費用相場について紹介していきますので、確認していきましょう。

説明は以下の項目に分けて詳しく解説していきます。

  • アスファルトの単価相場
  • アスファルト舗装工事の総額費用
  • アスファルト舗装工事費用の内訳
  • アスファルト舗装でのオプション費用
  • アスファルトの撤去費用

アスファルトの単価相場

アスファルトの単価相場は1㎡あたり3,000円~7,000円で、平均的は5,000円程度です。

しかし、設置スペースの広さや地盤の状況、使用する種類や地域によって大幅に費用が変わりますのでご注意ください。

設置スペースが広い方が材料費など単価を抑えることができますので安くなり、また設置スペースの地盤が安定している方が施工しやすいので費用を抑えられます。

また、使用する種類については透水性のあるアスファルト「ポーラスアスファルト」が高く、一般的なアスファルトの方は単価が安いです。

地域差による価格変動については、お住いの地域によって異なりますのでお近くの業者にお問合せしてみるとよいでしょう。

アスファルト舗装工事の総額費用

アスファルトの舗装工事に掛かる総額費用は、39,000円~500,000円が相場です。

例えば、駐車場としてアスファルト舗装をする場合は、以下のとおりとなります。

  • 車1台分の駐車場(約13㎡):39,000円~91,000円
  • 車2台分の駐車場(約26㎡):78,000円~182,000円
  • 車3台分の駐車場(約39㎡):117,000円~273,000
  • 車4台分の駐車場(約52㎡):156,000円~364,000

会社の駐車場にアスファルト舗装する場合は車が通行できるスペースも確保する必要がりますので、駐車場4台分の広さで約500,000円となります。

アスファルト舗装工事費用の内訳

アスファルトの工事費用は主に4の項目で構成されており、1㎡あたりの平均単価5,000円の場合の費用目安は以下のとおりです。

舗装面掘削 300~500円
残土処分 800~1,100円
残土処分 300~400円
アスファルト表面舗装 3,000~4,000円

工事費用の内訳の詳細については、以下の項目ごとに算定されます。

  • 土の掘削費用
  • 整地作業
  • 転圧作業
  • アスファルトの舗装
  • 重機運送料
  • 諸経費
  • 産業廃棄物処分費用

アスファルト舗装でのオプション費用

アスファルトのオプション費用として以下の3つがあります。

  • 駐車場の線を引く
  • 駐車スペースに番号の引く
  • 車止めの設置

上記の中で駐車場の線を引くことや車止めの設置は一般家庭でも行われる方が多いですが、駐車スペースに番号を引くのは商用の駐車場に用いられる場合が多いです。

上記のものはオプション費用なので作業を行わないこともできますが、後から頼むと費用が高くなりますので、アスファルト舗装にあわせて一緒に頼むとよいでしょう。

アスファルトの撤去費用

すでにアスファルトを設置していて、リフォームとしてアスファルト舗装をする場合は撤去費用が掛かります。

撤去費用には、アスファルトを剥がす・運べるサイズに砕く・撤去・処分に掛かる費用が含まれていおり、アスファルトは一般的なゴミで処理できず産業廃棄物処理し、撤去費用が平均で1㎡200~300円が相場となります。

撤去費用に関しても各地域で産業廃棄物の処分費用が異なりますので、大幅に変動する場合がありますのでご注意ください。

アスファルト舗装の注意点

田んぼや畑など雑草が生い茂っているところにアスファルトの舗装をする際は、初めに地盤改良が必要です。

そのままアスファルト舗装をすると下地から雑草が生えアスファルトが劣化しやすく、見栄えも悪くなります。

また、雑草が生える環境では土が水分を含みやすいことが多いので、地盤が弱くアスファルトが割れてしまう可能性があります。

そのため田んぼや畑にアスファルト舗装する際は最初に地盤改良を行いますのでご注意ください。

他にもアスファルトの舗装に関して3つの注意点がありますので、紹介していきます。

  • DIYでの作業は難しい
  • 必ず現地調査が必要
  • 雨の日は工事をしない

DIYでの作業は難しい

前述したとおりアスファルトは熱せられると流動体になり冷やされると固まります。

アスファルトの舗装では、上記の特性を活かして地面に敷いたアスファルトを熱してから冷ますことで、それぞれの材料を結合させる作業を行います

数センチにもなる厚さでアスファルトを敷くため十分の熱を与えるのは難しく、DIYでアスファルト舗装するのは大変難しいです。

アスファルト舗装をしたい方は、無理せず業者に依頼しましょう。

必ず現地調査が必要

アスファルト舗装は、地盤の状態や設置範囲によって費用が大きく異なります

地盤の状態が良い方が単価をが低く状態が悪いと単価が高いです。

個人で地盤の状態について良い・悪いと判断することは難しいので施工業者に一度現場を見てもらい費用を算出してもらう必要があります。

現場確認の際には設置するスペースについて相談すると良いでしょう。

雨の日は工事をしない

アスファルトは熱して固めることで強く結合させるため、アスファルトが熱しにくい雨の日は作業に向いていません。

無理に雨の日に作業しても結合があまく劣化しやすくなってしまいますので、ご注意下さい。

ただし、業者によっては強く熱せられる機械をもっていますので、雨の日でも問題なく作業できる場合があります。

梅雨時期に作業を依頼する方は、雨の日の作業について業者に聞いてみるとよいでしょう。

アスファルト舗装費用を安く抑えるポイント

舗装の様子

アスファルトはコンクリートに比べ費用が安いというメリットがありますが、それでも39,000円~500,000円が相場となっているため、決して安いものではありません。

実際に、この記事を読んで少し高いなと思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アスファルトの舗装では、ポイントを知っておけば費用を抑えることができます

次の3つのポイントについて紹介していきますので、チェックしていきましょう。

  • 相見積もりを行う
  • 閑散期の夏に依頼する
  • アスファルト舗装する面積を減らす

相見積もりを行う

アスファルト工事で同じ全く同じ依頼内容でも業者によって、資材の仕入れ先や使用する機械の手配方法など違いますので、見積もり金額も異なります。

例えばアスファルトを押し固めるローラーも所有していない場合レンタルが必要になりますので、その分経費が高くなるでしょう。

ただし、ローラーを保有していても使用頻度が少ない業者だでも割高になることもあります。

他にも業者は工事をするために人の手配、交通費など様々な費用を算出しますので、業者によって見積もり金額は異なります。

そのため複数の業者から見積書をもらいましょう。

閑散期の夏に依頼する

アスファルトは熱して冷ますことで固める性質があるため暖かくない季節が作業に適していると思われている依頼者が多いです。

そのためも1年の中で最も気温が高い夏は受注が減るためアスファルト舗装の閑散期です。

しかし、アスファルトは施工後50℃まで下がると固まりますので夏でも問題なく施工できますので、閑散期の夏に依頼するのがおすすめです。

夏は閑散期なので仕事の少ない時期に依頼すると元々の提示額が低かったり価格交渉に応じてくれたりしますので、実は夏がねらい目の季節です。

アスファルト舗装する面積を減らす

アスファルト舗装における作業は基本的に設置範囲の広さによって費用が決まります。

そのため無駄なくアスファルト舗装することで費用を抑えることができます。

業者は費用を抑えたいという依頼者の依頼を受けてきた経験も豊富ですので、現場説明の際に相談してみるとよいでしょう。

依頼者にあった最適な舗装と費用を知ることができますので、悩む前に一度現場確認を依頼してみましょう。

アスファルト舗装を依頼する前に業者へ相談しよう

アスファルト舗装に掛かる費用は、現場の状況によって大きく異なります。

上記の相場費用を参考にしていても地盤の状況やお住いの地域によっては大きく費用が異なることもあります。

まずは、お近くの業者に依頼して現場状況を確認してもらい実際に掛かる費用や必要な作業内容について把握しましょう。

見積と予算を照らし合わせて舗装するか検討してみるとよいでしょう。

悩む前に現場確認をしてもらうことをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ