ベランダの塗装にかかる費用はいくら?平均価格相場と費用を抑えるためのテクニック

ベランダの塗装にかかる費用

ベランダの塗装を考えている人が一番気にするのは塗装にかかる費用はいくらなの?という疑問にお答えします。

ベランダの塗装費用を抑えるテクニックも合わせて紹介しますので、安い値段でベランダの塗装をしましょう。

ベランダ・バルコニーに防水塗装は必要?費用・タイミングを徹底解説

もくじ

ベランダ塗装は外壁塗装と防水塗装の2種類

ベランダ塗装 費用 3

ベランダ塗装の種類は外壁塗装と防水塗装の2種類で、それぞれの役割や特徴については下記にまとめていますので、是非確認しておいてください。

外壁塗装

ベランダの外壁塗装は、ベランダの壁部分を紫外線や雨風から守るたに専用の塗料で塗装するものです。

外壁の塗装で使われる塗料は大きく分けて4種類あり、それぞれの特徴・耐用年数・費用について下表にまとめます。

塗料の名前 特徴 耐用年数 費用
ウレタン塗料
  • 伸縮性が高く、ひび割れに強い
  • 表面はツルツルしており光沢がある
8~10年 2,000~3,000円(㎡)
シリコン塗料 汚れが付きにくく、仕上がりが美しい 10~15年 2,600~4,000円(㎡)
ラジカル塗料 高性能な割に価格が安い 14~16年 2,800~4,300円(㎡)
フッ素塗料 耐用年数が非常に長い 15~20年 3,600~4,800円(㎡)

防水塗装

ベランダの防水塗装はベランダの床を雨から守るための防水加工です。

ベランダの防水塗装には2種類の塗料があり、それぞれの特徴・耐用年数・費用は下表をご覧ください。

塗料の名前 特徴 耐用年数 費用
ウレタン
  • 価格が安い
  • 塗りムラが起こりやすい
10~13年 4,000~7,000円(㎡)
FRP
  • 樹脂と繊維を混ぜ合わせたプラスチック塗料
  • 耐久性が非常に高い
  • 価格が高額
10~13年 5,000~8,000円(㎡)

ベランダの塗装にかかる費用はいくら?各トップコートにかかる費用

ベランダの塗装にかかる費用の内訳は3つから構成されています。

  • 人件費
  • 下地処理費
  • 塗料費

このうち、塗料費がベランダの塗装にかかる費用の大多数を占めており、トップコー
トに何を使うかでベランダの塗装費用が大きく変わります。

トップコートとは防水工事をする際に防水層を守るためにする塗装の事で、雨水が家に侵入することを防ぐためにする塗装の事です。

FRPを利用した場合のベランダ塗装費用

FRPとはファイバーレインフォースドプラスチックの事で、日本語で言うと繊維強化プラスチックです。

費用は1㎡当たり約4,000円~8,000円です。

プラスチックを原料に作られている塗装で、耐水性が高くベランダだけでなく自動車や船・お風呂場にも使われています。

FRPの長所

塗料が軽量

1㎡当たり3㎏~5㎏とほかの塗料に比べて軽くベランダにかかる負担が小さいです。

そのため新築などではなく、古い家などは耐震の面から考慮して、FRPの塗料を用いてベランダの塗装を行っています。

耐久性・耐摩耗が高い

FRP塗装は立体駐車場や工場などでも使われており、強度が高く長期間にわたって機能を発揮することが出来ます。

耐摩耗性が高く、人が沢山踏みしめる場合や、車が塗装の上を通ってもすぐになくなってしまうことはありません。

FRPの短所

速乾性

乾燥するのが早くすぐに塗装が硬化します。

そのため何層も繰り返し塗るような塗装の場合でも雨で塗装が濡れなければすぐに乾燥するため工期が短く済みます。

紫外線に弱い

ベランダなどの長時間、太陽光にあたる部分に塗装するのが多いですが、FRPは紫外線に対して弱く、すぐに劣化してしまいます。

耐用年数は約5年で5年ごとに再塗装をする必要があります。

伸縮性がない

木造のベランダなどにFRPは向いていません。

FRPは伸縮性がなく、木造の場合はその日の水分量や経年劣化により本のわずかにですが形状が毎日変わっています、そのため塗装をしても、ひび割れなどを起こしてしまいます。

ウレタンを利用した場合のベランダ塗装費用

ウレタン防水は化学反応を利用してウレタン樹脂を硬化させて塗装をします。

費用は1㎡当たり約3,000円~7500円です。

化学反応を利用しているので狭い部分や細かいところにまで塗装をすることが出来、継ぎ目のない綺麗な防水膜を形成することが出来ます。

また、化学反応を起こす際に下地に含まれている水分を脱水する作用があり、ビルの屋上やルーフバルコニーでも利用されています。

ウレタンの長所

広範囲の対応力

ウレタン塗装は化学反応を利用しているため、下地がどんなものでも施工することが出来ます。

他の塗料の場合は一度下地を剥がす必要があるため廃材も少なく、既存の下地の上に塗るかたちで塗装することが出来ます。

費用が抑えられる

元の下地を生かしその上に重ね塗りをするため、撤去費用や廃材費用が掛からないため費用を抑えることが出来ます。

塗料自体の値段と塗料を変えることによってほかの費用も変わるかどうかまで見ることが費用を安く抑える一つのポイントです。

ウレタンの短所

技術力が求められる

ウレタンの塗装は職人がコテを使って塗っていくため、職人の技術力が問われます。

技術力が低い職人に依頼してしまうと、乾燥時間を考慮していないために塗装にムラが出来てしまい部分的に凹凸や色が変化してしまう恐れがあります。

経年劣化に弱い

ウレタン塗膜が薄い箇所は、経年劣化や紫外線の影響で塗装のヒビ割れや亀裂が発生し
てしまいます。

塩化ビニールシートを利用した場合のベランダ塗装費用

塩化ビニールシートは塗装をするのではなく、ベランダにシートを張ってしまうという
工事方法です。

工事方法は2種類あり、特殊なノリを用いて下地に直接貼り付ける接着工法と熱でシー
トを溶かして貼り付ける機会固定法があります。

費用は1㎡当たり約2,500円~7,000円です。

塩化ビニールシートの長所

紫外線に強い

塩化ビニールシートは紫外線に対して優れており、ベランダやバルコニー・ビルの屋上などの太陽光を長時間浴びることが予想されるような場所で重宝されます。

耐摩耗性が高い

洗濯物を干すときや日光欲をするためにベランダに行く人もいると思いますが、耐摩耗
性が高く丈夫で長持ちします。

トップコートがいらない

シートの上にトップコートの塗装をしてさらに防水能力を高める場合もありますが、塩
化ビニールシートの場合は、わざわざトップコートをする必要がありません。

塩化ビニールシートの短所

下地によっては施工できない

下地の上にシートをかぶせるため、下地部分の凹凸が沢山ある場合は施工することが出
来ません。

複雑な形のバルコニーや室外機が設置されている場合は施工できないことが多々ありま
す。

定期的なメンテナンスが必要

非常に優れた素材ですがシートをかぶせているだけなので、一部分でも割れてしまうと
その部分から雨水が侵入してしまいます。

そのため定期的にメンテナンスをして、シートが割れる前に再施工するように心がけましょう。

ゴムシートを利用した場合のベランダ塗装費用

ゴムシートも塩化ビニールシート同様に接着工法か機械固定方法で施工します。

塩化ビニールシートとの違いは下記のゴムシートの長所・短所を確認してください。

ゴムシートの長所

伸縮性がある

ゴムでできているため伸縮性に優れています。

木のベランダや地震などにより建物の大きさが変わっても伸縮性を生かしてヒビ割れをしにくいです。

耐候能力が高い

温度変化に強く夏の暑い日差しや、冬の冷たい風にも対応することが出来ます。

費用が安い

今回紹介したベランダの塗装の中で最も費用を安く抑えることが出来ます。

特別なこだわりがない場合は、ゴムシートを利用して費用を抑えてベランダの塗装をしましょう。

ゴムシートの短所

下地によっては施工できない

塩化ビニールシートと同じでシートを張るために下地の状況によっては施工することが出来ませんので注意をしてください。

鳥害に弱い

塩化ビニールシートと比べ薄いため、鳥に突かれてしまうとシートが破れてしまうので野鳥が多い地域ではネットを張る等の保護対策が求められます。

ベランダ塗装の流れ

ベランダ塗装の流れを手順に沿って紹介していきます。

【手順1】業者を探す

まずは、塗装業者を探すところから始めます。

どの塗装業者が良いかは比較をしないと分からない部分もあるので、見積もりサイトなどを利用して複数社の見積もりを比較しましょう。

【手順2】現地調査の依頼・相見積もり

依頼された塗装業者は、まず現地を訪問して状況を調査し、費用がいくらかかるかの見積もりを算出してもらいます。

複数社に見積もりを依頼して、比較することでどの業者が安く作業してくれるかが分かるようになります。

ただ安いだけでなく信頼性も重要なので、担当者の人柄などもチェックしておきましょう。

【手順3】契約する業者の決定

見積もり額の比較などを通して、最終的に依頼する業者を決定します。

外壁塗装の依頼はルーズな側面もあり、契約書を取り交わさずに工事が始まってしまうこともあります。

トラブルを避けるために、必ず紙の契約書を用意してもらいましょう。

【手順4】近所に挨拶回り

塗装工事が決まったら、近隣に挨拶をしておきましょう。

事前に告知せずに塗装工事を始め、塗料が万が一飛び散って付着した場合などは、賠償問題に発展する可能性もあります。

【手順5】塗装工事の実施

塗装工事は、塗料や状況によっては1日で終わることもあれば、3~4日かかることもあります。

事前にどれくらいの期間がかかるのか把握しておきましょう。

【手順6】工事費用の支払い

工事が完了したら、最後に費用を支払います。

なお、工事費用は先払いで請求されるケースもあるので注意しましょう。

ベランダの外壁塗装と防水塗装の費用の違い

ベランダ塗装 費用 4

先ほどベランダ塗装の塗料とそれぞれの特徴について解説しましたが、ここでは工事を含めた費用面についてさらに詳しく解説していきますので、参考にしていただければ嬉しいです。

ベランダの外壁塗装費用

一般的なベランダの広さは床面積4~10㎡程で外壁塗装をする際は15~30万円程の工事費用がかかります。

ベランダの外壁塗装で対象となるのは外壁だけではなく、天井、手すり、柱なども含まれ、部分的な補修であれば数万円の工事費用で済みますが全面的な外壁塗装であれば工事費用は15万円以上です。

ベランダの防水塗装費用

ベランダの防水費用も一般的な床面積(4~10㎡)を想定すると、工事費用は5~30万円程になります。

ベランダの防水塗装はトップコートと防水層に分けられ、トップコートとは床の表面にあたる部分で、防水層とはトップコートの内部にある水の侵入を防ぐ部分です。

トップコートは防水層を紫外線や雨風から守るための層で、トップコートのみの塗り替えであれば費用は2~8万円と比較的安く修理できます。

ベランダの防水層には水の侵入を防ぐ役割がありますが、トップコートの内部に塗装されているため防水層を修理する際はトップコートも含めての工事になり、費用は10~30万円程です。

ベランダの塗装が必要なタイミング

ベランダの塗装が必要なタイミングは次の通りです。

  • ベランダの色が変わってきた時
  • 塗装が剥がれてきた時
  • 水ハケが悪くなってきた時
  • カビや苔が生えてきた時
  • チョーキングが発生してきた時
  • 表面の汚れが目立ってきた時
  • ひび割れが入り出した時
  • 金属部分が錆び始めた時
  • コーキング剤の劣化が見られる時
  • ベランダの床が膨れている時

このような状況になっていたら出来るだけ早くプロに家の状況がどうなっているか確認してもらいましょう。

ベランダの色が変わってきた時

ベランダの色が変わっている原因としてその部分の塗装が剥がれて知っている場合が考えられます。
ベランダの塗装が剥がれていることが原因で雨漏りをしている場合もあります。

塗装が剥がれてきた時

塗装の一部分が剥がれている・膨らんでいるのは一目見ればわかりますよね。
このような場合もベランダの塗装が必要です、放置しているとその部分からカビが発生したり火災になったりと二次被害を発生させる原因になる場合もあるため、出来るだけ早く再塗装をしましょう。

水ハケが悪くなってきた時

夜中雨が降っていて朝起きると雨は止んでいるのにベランダに水たまりが出来ている時も、塗装が剥がれています。

ベランダに水たまりが出来たりするのは通常考えられません。

カビや苔が生えてきた時

カビや苔が増えるためには湿度とカビが繁殖する場所が必要です。

カビや苔が生えてきている場所は、塗装が完全に剥がれています。

カビや苔を取り除いて、これ以上増殖するのを防ぎましょう。

チョーキングが発生してきた時

ベランダの表面に触れると、手に白い粉が付着することがあります。

これをチョーキング現象といい、紫外線を長く浴び続けることで塗膜の成分が分解されていることが原因になります。

チョーキングが発生したら、表面を高圧洗浄やケレンで剥がした後、塗料を塗り直します。

表面の汚れが目立ってきた時

ベランダの表面に汚れが付着した時は、それを除去して隠すために塗装をするのがおすすめです。

汚れを洗浄するか、表面を剥がして新しく塗装するかの2通りがあり、ケースに応じて選んでいきます。

ひび割れが入り出した時

ベランダの表面にひび割れが起こり出した時も、塗装をおこなうタイミングとしておすすめです。

外壁のひび割れにはヘアークラックという0.3ミリ以下の小さなものと、構造クラックという0.3以上のものがあります。

外壁のひび割れが構造クラックの場合は塗膜だけでなく外壁材にも影響がでるため、塗装をすべて剥がし塗料を塗りなおします。

金属部分が錆び始めた時

ベランダの手すりなどの金属部分に錆が発生している場合があります。

この場合は塗料が機能していない可能性が高いので、現在発生している錆を完全に取り除いたうえで塗料を塗り直します。

コーキング剤の劣化が見られる時

ベランダの外壁に使われているコーキング剤は、外壁材の受ける衝撃を吸収する役割があります。

そのため、亀裂などが見られる場合は増し打ちをおこなう必要があります。

表面だけでなく、内部にまで影響が見える場合は打ち替えが必要です。

ベランダの床が膨れている時

過去にベランダのメンテナンスをした際に、建材に残っていた水分が逃げ道を失って表面が膨れることがあります。

これによって雨漏りが発生する場合もあるので、電気緩衡工法で工事をする必要があります。

ベランダの塗装費用を抑えるテクニック

ベランダの塗装費用を抑えるためのテクニックを紹介します。

このテクニックを抑えるだけで費用を各段に抑えることが出来ますので必ず実践してください。

防水塗装業者に依頼をしよう

塗装業者は外壁塗装専門業者と防水塗装専門業者があります、ベランダの塗装をする場合は防水塗装の工事になるので防水専門の塗装職人に仕事を依頼しましょう。

工事業者によっては、外壁塗装専門業者の人しかいない場合がありますので工事を依頼するときは、防水塗装専門の職人がいるか確認をしてください。

工事を依頼するときは必ず自分で直接防水塗装業者に工事を依頼しましょう。

自社施工の会社に依頼をしよう

外壁塗装業者の場合も工事を請け負ってくれるのですが、その後に防水塗塗装業者に下請けで回すので中間マージン代が工事費用に加えられている場合があります。

営業マンなどに工事を依頼した場合は、実際に工事に来る人と契約を結ぶ人が違うことは多々ありますが、職人に直接依頼をしたのに別の職人が工事をしに来たときは、下請けに回している可能性があります。

工事を依頼するのは年明けか梅雨の時期を狙おう

業者の閑散期を狙って工事を依頼しよう。

年明けの1月・2月と梅雨の6月・7月は防水塗装業者の閑散期です、そのため工事をしたいため通常の料金よりも安い値段で工事をしてくれる可能性があります。

繁忙期の場合は工事を後回しされてしまう可能性もあるので注意をしましょう。

トップコートにかかる費用を抑えよう

ベランダの塗装で一番費用が掛かるのはトップコートです。

トップコートにどの塗料を使うかで工事費用は大きく変わります。

相見積もりをしよう

一つの業者にだけ見積もりを出してもらうのではなく必ず相見積もりをしましょう。

相見積もりをする際は、違う条件で見積書を比較しても意味がありません、「塗料」と「面積」が同じ条件になっているかを必ず確認しましょう。

長期的な費用対効果を考えよう

ベランダの塗装は「1回塗装をしたら終わり。」というわけにはいきません、物は経年劣化をするので、劣化をしたら「もう一度塗装をする。」を繰り返すしかありません。

そのため長期的に合計でかかる総費用を考える必要があります。

1回1回の工事費用を安くして5年後に再塗装をするよりも、別の塗料を使い工事を1回しかしなかった場合は後者の方が費用を安くすることができる場合もあります。

ベランダ塗装費用を安く抑えるには業者選びが重要

ベランダの塗装を安く出来るかどうかは工事業者選びが重要になります。

優良な業者に工事を依頼することが出来れば費用を抑えることが出来、悪質な業者にあたってしまえば高額な工事費用を請求されてしまいます。

インターネットで工事業者を探す人が多い世の中ですが、インターネットの情報は匿名性が高く信頼して良い情報と信頼してはいけない情報があります。

しっかりと工事業者を選び後悔しないようにしましょう。

ベランダ塗装を業者に依頼する時のチェックポイント

ベランダ塗装を業者に依頼する際は、実績があって信頼できる業者かどうかをチェックする必要があります。

塗装業者は特別な認可が不要な分、悪徳業者が多い業界でもあります。

➀30分以上の現地調査を実施してくれるか

塗装業者は工事の見積もりを出す前に必ず現地調査を行います。

これは、現場の状況をみて必要な工事や塗料を洗い出さなければ見積もりを出すことができないからです。

この現地調査が30分もせずに終わってしまう場合は注意が必要です。

優良業者では細かく質の高い工事をするために、現地調査を徹底的に行うため基本的に30分以上の時間は要することになります。

②保証期間が十分か

工事後の保証期間は2年間の場合が多いです。

工事後の保証期間を設けていない業者にベランダ塗装を依頼するのは非常にリスクが高いので控えましょう。

ベランダ塗装の工事はしっかりとできていなければ2年ももたないため、技術に自信のない業者である可能性が高いです。

③実績は10年以上あるか

業者の実績は10年を超えていることが望ましいです。

特に外壁塗装業界は参入障壁が低く、悪徳業者が多く存在しています。

悪徳業者かどうかを区別するためにも一定以上の実績があるかをチェックしておきましょう。

また、一定の運営年数のある業者ほど、今後も安定して運営できる可能性が高くなります。

塗装は5~15年スパンでメンテナンスが必要なことも多く、その際に依頼した業者が倒産していたら面倒なことになるので注意しましょう。

ベランダ塗装を長持ちさせるメンテナンス方法

ひび割れや塗装の剥がれを放置してしまっていてはその後の工事をする際も大規模な工事になってしまいます。

そうなる前に今あるベランダの塗装を大切にして塗装を長持ちさせましょう、ベランダの塗装を長持ちさせるコツを紹介します。

定期的に掃除をしよう

ベランダは外にあるため、掃除をしなければ葉っぱや泥が堆積してしまいます。

泥などはベランダの塗装に悪影響を与えてしまいます、週に1回は掃除をするなどのルールを作って、定期的に掃除をしましょう。

特に雨が降った次の日の様に、天候が荒れた次の日は掃除をして常にベランダを綺麗な状態にするよう心がけてください。

掃除をするさいベランダの塗装に傷をつけないように注意をしてください。

掃除をして見た目が良くなるだけでなく、ベランダの塗装にもメリットがあるのでやらないなんて選択肢はないですね。

専門業者に定期メンテナンスしてもらう

素人目では、ベランダの塗装が大丈夫かどうか判断することは難しい場合があります。

見た目で判断できるときは、完璧に塗装が剥がれてしまっている時です。

プロにしか判断できなぐらいの塗装の剥がれの場合は、ベランダ全面の塗装をし直すのではなく、一部分だけの塗装のやり直しの場合があります、このような場合費用を安く抑えることが出来ますので早め早めの措置をしましょう。

ベランダの塗装にかかる費用は定期メンテンナスで抑えよう

ベランダの塗装にかかる費用の目安は5万円~50万円と幅が大きいです。

費用がいくらになるかは、工事を頼む工事業者選びと定期的にメンテナンスを行って塗装が酷い状況になる前に再塗装をすることが出来るかです。

綺麗なベランダの状況を保って工事費用を安く済ませましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。