浴槽塗装の費用と方法・注意点を初心者にも分かりやすく解説

浴槽塗装

浴槽を長く使っていると表面が剥がれてきたり、傷ついていたり、さびてきたりします。

そんなとき浴槽を交換しようか、塗装しようかと悩んでいる方もいるはず。

この記事では浴槽の修繕には浴槽塗装がおすすめな理由と、実際に業者を選ぶ際のことについて詳しく解説します。

浴槽の修繕には塗装がおすすめな理由

浴槽の修繕には様々な方法がありますが、その中でも最もおすすめなのは浴槽塗装です。

費用が安い

浴槽塗装は浴槽の修繕方法の中でも費用が安いです。

浴槽の種類や大きさによっても違ってくるため一概には言えませんが、一般的な浴槽の場合で8万円~15万円程です。

塗料自体は数千円で売られていますが、浴槽の塗装には高度な職人の技が必要な為この価格となっています。

仮に、浴槽自体を交換するような工事をした場合は30万円~40万円程の発注になってしまうことを考えるとかなり安価です。

工事期間が短い

浴槽の塗装に掛かる期間は1日から3日ほどです。

毎日利用するお風呂なので工事が短く済むのは魅力的といえます。

これが浴槽を丸ごと交換となると最大で1週間ほどの期間が必要になります。

サイズや形状にとらわれない

浴槽塗装はあくまで上からコーティングしていくことになるので、浴槽の形や大きさは関係なく工事可能です。

浴槽を交換するような場合には工事がさらに大変になります。

例えば、埋め込み型の浴槽であれば周りを解体してから交換になりますので、非常に大掛かりな工事となります。

塗装であればどのような浴槽にも対応できるため安心です。

浴槽塗装のデメリット

浴槽修繕に御すすめナ浴槽塗装ですが、デメリットもいくつかあります。

浴槽塗装の業者が少ない

浴槽塗装には高度な専門技術が必要な為、そもそも請け負ってくれる業者が少ないです。

剥がれることもある

浴槽塗装は下処理の出来や素材によっては剥がれてしまうこともあります。

失敗しない業者選びのポイントは後ほど詳しく解説します。

浴槽の機能向上はできない

腕の良い塗装業者ならば新品に近い状態まで修繕することは可能です。

とはいえ浴槽塗装はあくまで今の浴槽を修繕するものなので、修繕によって機能が向上することはありません。

DIYで浴槽を塗装することがNGな理由

手先が器用な方であっても、DIYで浴槽を塗装することはNGです。

腕の良い塗装業者ならば新品に近い状態まで修繕することは可能です

工具が手に入らない

浴槽の塗装は通常の壁塗装と違い、特殊な工具が必要です。

一般人では中々手に入らないような工具の為、自分で道具をそろえることも非常に困難でしょう。

高度な技術が必要

壁やウッドデッキの塗装であれば素人のDIYでもそれなりのクオリティになるかもしれませんが、毎日水に触れる浴槽の塗装となるとそうはいきません。

先ほど浴槽塗装では特殊な工具が必要である事を解説しましたが、仮にそれらの工具が手に入ったとしても素人がすぐに使いこなすことは困難です。

浴槽塗装にはかなりの経験を積んだ業者の技術が不可欠といえます。

自分で塗装した場合、すぐに表面が剥がれて再度主膳が必要になる事は言うまでもありません。

リフォームをした方がいい場合

塗装は費用が安く非常に魅力的ですが、浴槽の状態によっては取り換えやリフォームが必要な場合もあります。

例えば、ホーロー浴槽などの金属が使われている浴槽の場合です。

鉄やアルミニウムの表面部分が錆びついて穴が開いてしまっているような状態では、いくら塗装しても修繕することはできません。

水を貼っている時間が非常に長い場合も、塗装での修繕は難しいと言えます。

浴槽の表面が水を含んでしまい、塗装した後に水が染み出てくるためです。

これでは、塗料を定着させられません。

浴槽の塗装は業者に任せるべき

浴槽の塗装をする場合は必ず業者に依頼してください。

DIYでの浴槽塗装がNGである理由は先ほど説明した通りです。

プロに依頼するメリットは、浴槽の種類や状態を見て適切な修繕をしてくれるからです。

浴槽の種類や状態によっては塗装で対応できないような場合がありますが、これを素人が判断して修繕してしまうと取り返しのつかないことになり、結局浴槽交換になってしまいます。

非常にお金がかかるうえ、塗装の手間も無駄になりかねないです。

浴槽を塗装する際の費用

浴槽を塗装する際の費用は一般的に8万円~15万円です。

この価格は浴槽の材質・面積・劣化状態で決まります。

浴槽の幅 人工大理石 ホーロー
90センチ以下 70,000円~ 80,000円~
90センチから120センチ 80,000円~ 90,000円~
120センチ以上 85,000円~ 95,000円~

ちなみに浴槽交換場合は下の表のような値段になります。

浴槽の価格 150,000円
浴槽の解体・処理 50,000円
浴槽の設置 80,000円
排水工事 50,000円
その他 30,000円
合計 360,000円

浴槽塗装の業者選びのポイント

浴槽塗装の業者選びにはいくつかのポイントがあります。

浴室塗装専門の業者かどうか

浴室塗装専門の業者を選びましょう。

浴室塗装は外壁塗装とは違い、非常に高度な技術が必要です。

そのため技術力がさほど高くない業者に依頼した場合、プロであっても失敗してしまうことがあります。

浴槽は人の肌が触れる場所でもあるため、業者を選ぶ際には浴室塗装専門の業者を選びましょう。

スプレーガンを使っている業者か

浴室専門の業者の中でも、刷毛やローラーでなくスプレーガンを使っている業者を選んでください。

スプレーガンを使うには多くの経験と技術が必要です。

スプレーガンを使って塗装している業者は技術力が高い傾向にあります。

業者の実績

浴槽塗装はしっかりと定着していなければ2~3年ほどで塗料が剥がれてしまいます。

しっかりとした技術がない業者が参入してきた場合、クレームが殺到してしまい、3年以上業界に生き残り続けることはできないでしょう。

そもそも業者の数が少ないこの業界では、クレームが来ても対応し改善していくことができないからです。

開業から5年程立っている業者であれば技術には問題なしと考えてもよいでしょう。

保証はあるのか

修繕個所に対して何年かの保証をだしている業者を選んでください。

ほとんどの業者が2年間程の保証期間を設けています。

保証を設けていない場合は技術に自信がない可能性がありますので、必ずチェックしておきましょう。

浴槽塗装の注意点

業者選びの際は、浴槽の種類によっても注意が必要です。

自宅の浴槽がステンレス製の場合

ステンレス製の浴槽はさびにくく耐久性が高いため魅力的ですが、いざ塗装するとなった場合は注意が必要です。

ステンレス製の浴槽は他の浴槽と違い技術が十分に高い業者でも塗料が定着しにくい為、断られてしまう可能性があります。

または、工事はしてくれても保証期間を設けられないという場合もあるほどです。

自宅の浴槽がステンレス製の方は浴槽の交換を考えてもよいかもしれません。

自宅の浴槽がホーロー浴槽の場合

先ほど少し出てきたホーロー浴槽ですが、鉄やアルミニウムを言った金属の表面にガラスを高温で張り付けた浴槽のことです。

ホーロー浴槽は肌触りが滑らかでカビが生えにくいなどの特徴から人気ですが、修繕の際は注意が必要です。

ホーロー浴槽はそもそも販売している業者が少なく、修繕の対応ができる業者も非常に少ないです。

裏側の鉄やアルミニウムが錆びているような場合には、質感が似ている人工大理石などを進めてくる業者もいます。

浴槽の塗装について事前に知っておこう

この記事では浴槽の修繕について解説しました。

浴槽の修繕をDIYで行なうことはNGですが、業者選びが難しいというのも事実です。

この記事で紹介したポイントと注意点を参考に、いくつかの業者に相談しながら修繕の計画を進めていくことをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。