カーポートの費用相場は平均いくら?サイズや性能ごとの価格相場を詳しく解説

カーポートの写真

カーポートはガレージと異なり屋根と支柱で構成され、壁がないため車の乗り降りや荷物の積みおろしがしやすいのが特徴です。

カーポートといっても積雪や台風に耐えられる強度のあるものやデザイン性が高いもの、シンプルで価格が安いものなど多様な種類があり、掛かる費用ものによって様々です。

そのため購入を検討しているものの掛かる費用や種類などご自宅にあったものを選ぶのが大変という方が多くいます。

当ページではカーポートの性能ごとの相場やおすすめのカーポートについて紹介しますので、確認していきましょう。

リフォーム費用の相場はいくら?全面リフォーム・部位別の費用内訳と安く依頼する方法

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ

カーポートの設置費用総額の相場

カーポート

購入費用と設置費用など全てを含めた費用相場は15万円~250万円です。

カーポート本体の購入費用と設置費用それぞれの相場は以下のとおりです。

  • カーポートの購入に掛かる費用相場:10万円~200万円
  • カーポートの設置工事の費用相場:5万円~100万円

カーポートは収容台数や性能によって費用相場が大きく変わりますので、上記で記載した費用相場も幅広くなっています。

以下の記事で購入費用と設置費用について、それぞれ詳しく解説していきます。

タイプ別カーポート購入費用の相場

カーポートは屋外に設置しますので様々な自然環境に耐えうる頑丈さが求められ、特に雪が降る地域や頻繁に台風が到来する地域では高い耐久性が必要です。

一方で比較的天候が穏やかな地域にお住いの場合は、高い耐久性が必要ありませんのでシンプルな性能のものでも問題ありません。

カーポート―にはデザイン性が高いおしゃれなものもありますので、予算に余裕がある場合は検討してみてはいかがでしょうか。

価格・性能・デザインごとの費用相場については、以下のとおりです。

駐車台数 価格重視 性能重視
(台風積雪対応)
デザイン重視
1台 12~25万 30~60万 30~60万
2台 22~40万 50~90万 100~200万
3台 48~65万 85~150万 150~220万
4台 50~100万 100万~200万 200万~

カーポート設置工事の費用相場

カーポートの設置作業では設置場所の基礎工事からカーポートの本体の組み立てなど様々な作業を行いますが、必要な作業は設置場所によって異なるため掛かる費用も違います。

そのため、前述したとおりカーポートの設置工事の費用相場は5万円~200万円と幅広いです。

以下の項目に分けて各種作業内容と掛かる費用について紹介していきます。

  • 設置費用
  • 加工費用
  • オプション料
  • 設置場所の整備費用
  • 修繕・撤去にかかる費用

本体設置費用

本体設置費用に含まれるカーポートの組み立てと固定に掛かる費用について紹介していきます。

特別な加工や地面の舗装をしない場合は、基本的に本体設置費用のみで工事は完了します。

掛かる費用は施工業者によっても異なりますが収容台数1台のサイズで4万円程度、2台分で7万円程度、3台で10万円程度、4台で15万円程度です。

カーポートの組み立てはあまり複雑ではないため一般の方でもできますが、台風が頻繁に到来する地域や降雪地帯など特に頑丈に設置する必要がある場合は、業者に依頼すると安心できるでしょう。

加工費用

基本的にカーポートは決められた規格で販売されているため、設置場所の状態によっては加工が必要となる場合があります。

加工されるケースとしては既定のカーポートが設置スペースに収まらず屋根をカットするケースや所有している車の車高がカーポートに収まらないため支柱を高くするケースが多いです。

屋根をカットする場合はカットする場所1か所につき6,000程度、支柱の高さを上げる場合は支柱1本につき1万円程度掛かることが多いです。

オプション料

夜間でも使用しやすいように人感センター付きの照明をつける場合は、照明の購入費用と電気の配線工事を含めて費用は5万円程度です。

紫外線対策として屋根材を太陽の熱と光を遮断する屋根に交換する場合は屋根材の購入費用と工事費用を含めて10万円程度掛かります。

また、カーポートの設置にあわせて地面を舗装する場合は、駐車場1台分で146,200円~193,800円が掛かります。

地面の舗装についての詳細は以下の記事でご確認ください。

土間コンクリート工事の単価は平均いくら?費用の内訳とコストを抑えるコツを紹介

修繕・撤去にかかる費用

すでにカーポートを設置していて買い替える場合には、撤去費用が掛かります。

費用相場はカーポートのサイズや支柱の数によって異なりますが、目安としては以下のとおりです。

  • 収容サイズ1台分のサイズで2~3万円
  • 収容サイズ2台分のサイズで3~5万円
  • 収容サイズ3台分のサイズで7万円前後

上記の他にも設置している基礎を撤去する場合は1か所につき7~8千円掛かります。

全て合わせると駐車場1台分の撤去費用の目安は6万円前後と捉えておくとよいでしょう。

カーポートメーカーごとの製品の特徴

カーポートは価格重視・性能重視・デザイン重視など製品によっても様々なタイプがありますが、メーカーによっても製品の特長が異なります。

カーポートを製造している代表的な3つのメーカーについて紹介していきますので、確認していきましょう。

  • YKKAP
  • LIXIL
  • 三協アルミ

YKKAP

YKKAPは低価格の製品が多いながらも性能面も充実している製品が多いのが特徴で、高いコストパフォーマンスが評価されています。

デザインをシンプルにすることで構造を簡略化し製造コストを抑えているため、低価格ながらも機能性や耐久性が高い商品が揃っています。

収容台数が1台のものだと15万円程度から購入できるため、他社製品と比較しても圧倒的に安く、予算を抑えたい方におすすめです。

LIXIL

LIXILはバリエーションが豊富で様々な形状やサイズの製品が揃っているのが特徴です。

様々なタイプの製品を揃えていることに加えて、特別な形状の場所や障害物がある場所にも設置できるように豊富なオプションを用意しているため、特別なご要望がある方にもおすすめのメーカーです。

色・材質・サイズなどバリエーションが豊富な製品を揃えているため、価格も収容台数1台分のもので23万円~240万円と幅広いニーズに対応しています。

三協アルミ

三協アルミはデザイン性を重視したラグジュアリーな製品を揃えているのが特徴です。

スタイリッシュなものから重厚感のあるものまで多様なデザインの製品があることに加えて、カーポートの上がテラスになっているものなど生活の幅を広められる製品も揃っています。

デザイン性を重視しているため価格は高い傾向にありますが、シンプルなものだと22万円~購入できるため、予算にあわせて検討してみてはいかがでしょうか。

デザインにこだわりたい方におすすめのメーカーです。

タイプ別おすすめのカーポートを紹介

これまでの記事でタイプ別の相場や設置に掛かる費用、メーカーごとの特徴を紹介してきましたが、実際にはカーポートを選ぶ際は、どのようなカーポートを選ぶべきか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

ここからはタイプ別のカーポートについて、それぞれのおすすめ製品を紹介しますので確認していきましょう。

紹介する製品については、以下の3つの項目に分けて紹介していきます。

  • 価格重視のおすすめカーポート
  • 性能重視のおすすめカーポート
  • デザイン性重視のおすすめカーポート

価格重視のおすすめカーポート

シンプルなデザインで低価格な製品を探している方に向けて、価格重視のカーポートについて紹介していきます。

性能やデザインより価格を重視している製品のため、比較的穏やかな地域にお住いの方におすすめのラインナップとなります。

まずは低価格の製品を確認していきましょう。

  • YKKAP レイナポートグラン
  • LIXIL ネスカR
  • YKKAP レイナトリプルポートグラン
  • YKKAP レイナツインポートグラン

YKKAP レイナポートグラン

レイナポートグラン

紹介する商品の中でも最も低価格のカーポートです。

アール屋根と2本の支柱で非常にシンプルな見た目でバランスが良い製品です。

1時間あたり80mmの大雨が降った場合でも対応できる雨どいを設置しています。

製品名 レイナポートグラン
メーカー YKKAP
価格 120,000円
耐積雪 20cm
耐風圧 38m/秒
駐車台数 1台

LIXIL ネスカR

LIXIL ネスカR

低価格ながら4本の支柱があるため風で揺れてしまう危険性がなく高い強度を発揮します。

屋根の対応はアールとフラットの2種類から選べるので住宅の雰囲気にあわせて調整できます。

サイドパネルや監視カメラ、コンセントなどLIXILならではの豊富なオプションがおすすめです。

製品名 ネスカR
メーカー LIXIL
価格 220,000円
耐積雪 20cm
耐風圧 38m/秒
駐車台数 2台

YKKAP レイナトリプルポートグラン

 YKKAP レイナトリプルポートグラン

低価格ながら力強い見た目のとおり高い機能性を発揮し、デザイン・品質も高く評判がよい製品です。

間口が8m程あるため開放感あり、外構の印象をガラッと変えることができます。

上記で紹介した収容台数1台のレイナポートグランと同じシリーズの製品です。

製品名 レイナトリプルポートグラン
メーカー YKKAP
価格 480,000円
耐積雪 20cm
耐風圧 38m/秒
駐車台数 3台

YKKAP レイナツインポートグラン

YKKAP レイナツインポートグラン

ひとつ前に紹介した製品レイナトリプルポートグランが収容台数4台になったものです。

奥手に2台、手前に2台と2列で合計4台が収容できるタイプで少し利便性が悪いですが低コストで購入したい方におすすめです。

製品名 レイナツインポートグラン
メーカー YKKAP
価格 500,000
耐積雪 20cm
耐風圧 38m/秒
駐車台数 4台

性能重視のおすすめカーポート

強風が吹く場所や降雪地帯では高い性能は欠かせません。

また、長持ちする耐久性に優れた製品をお探しの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

耐積雪・対風圧など高い性能に特化している製品について紹介していきます。

  • LIXIL テリオスポートIII
  • YKKAP レオンポーneoシリーズ
  • LIXIL カーポートST
  • YKKAP ジーポートneo

LIXIL テリオスポートIII

LIXIL テリオスポートIII

支柱が4本あり見た目のとおり頑丈なつくりとなっています。

耐風圧54m/秒とカーポートの中でもトップクラスの製品で、風で飛ばされにくいスチール屋根を採用しています。

耐積雪も50cmと積雪地帯でも安心して設置できるでしょう。

製品名 テリオスポートII
メーカー LIXIL
価格 300,000円
耐積雪 50cm
耐風圧 54m/秒
駐車台数 1台

YKKAP レオンポーneoシリーズ

YKKAP レオンポーneoシリーズ

特に耐風圧に特化した商品で、台風が頻繁に到来する地域用に開発された製品です。

強い風の影響を受けやすい地域に最適なスチール製の折板屋根のカーポートです。

製品名 レオンポートneoシリーズ
メーカー YKKAP
価格 500,000円
耐積雪 50cm
耐風圧 46m/秒
駐車台数 2台

LIXIL カーポートST

LIXIL カーポートST

数あるカーポートの中でもトップクラスの耐積雪を誇ります。

支柱が8本ある頑丈なつくりで台風・降雪など、どんな地域でも対応できるほど優れた機能を発揮します。

豪雪地帯にお住いの方に特におすすめの製品です。

製品名 カーポートST
メーカー LIXIL
価格 1,250,000円
耐積雪 200cm
耐風圧 46m/秒
駐車台数 3台

YKKAP ジーポートneo

YKKAP ジーポートneo

収容台数2台を2つ繋ぎ合わせたような見た目が特徴です。

耐積雪・耐風圧ともに高い性能を発揮することに加えて、16本ある支柱ため強靭なつくりとなっており耐震テストにもクリアしたほど高い強度を誇る製品です。

製品名 ジーポートneo
メーカー YKKAP
価格 1,950,000円
耐積雪 200cm
耐風圧 46m/秒
駐車台数 4台

デザイン性重視のおすすめカーポート

価格よりもデザイン性を重視される方に向けて、おしゃれなカーポートを紹介していきます。

デザイン性重視のタイプは存在感ある見た目の製品が多く、広い空間に設置するのに適しています。

カーポートの上にテラスがあるハイクラスな製品も紹介していきますので、ぜひチェックしてください。

  • 三共アルミ グランフローア
  • 三共アルミ アトラード
  • LIXIL アーキフィールド カールーフ
  • 三共アルミ  M.シェードII

三共アルミ グランフローア

三共アルミ グランフローア

ルーフがあるため屋根の上がテラスとして活用できる製品です。

デザイン性にこだわっている三協アルミから販売されている特注品です。

設置タイプは住宅の2階の窓から直接出入りができる壁掛けタイプと独立タイプなど全部で7タイプあり、好みに合わせて柔軟に調整できます。

製品名 グランフローア
メーカー 三共アルミ
価格 3,380,000円
耐積雪 250cm
耐風圧  42m/秒
駐車台数 1台

三共アルミ アトラード

スリットがある2トーンの柱が特徴の高いデザイン性を誇る製品です。

力強さだけではなく高級感ある見た目で、室内にいると感じさせるような魅力ある空間をつくり出しています。

存在感ある4本の柱があるため駐車スペースが広い場所に向いている製品です。

製品名 アトラード
メーカー 三共アルミ
価格 2,920,000円
耐積雪 150cm
耐風圧 46m/秒
駐車台数 2台

LIXIL アーキフィールド カールーフ

LIXIL アーキフィールド カールーフ

光を通す半透明の材質と木目調の屋根材が交互に並べられた天井は、おしゃれな空間を創出します。

「家の中のような空間」をテーマに設計された製品で、特長的な屋根と天井が高級感を醸し出しています。

製品名 アーキフィールド カールーフ
メーカー LIXIL
価格 877,900円
耐積雪 30cm
耐風圧 38m/秒
駐車台数 3台

三共アルミ  M.シェードII

三共アルミ  M.シェードII

柱が後方にある梁置きタイプは開放感あるため、玄関の前においても圧迫感がなく設置できます。

雨どいもカバーがつけられているほど徹底的にデザイン性にこだわっている製品です。

製品名 M.シェードII
メーカー 三共アルミ
価格 560,000円
耐積雪 20cm
耐風圧 38m/秒
駐車台数 4台

カーポートを設置する際の注意点

カーポートの設置では購入したものの設置場所に収まらない、カーポートに車が収まらない、価格重視で選んだら積雪で崩壊してしまったなどのトラブルが増えています。

上記のようにならないためにもお住いの地域の気候条件や設置場所の広さ、今後の利用状況など考慮して設置しましょう。

ここからはカーポートを購入する際の3つの注意点について、詳しく解説していきますので確認していきましょう。

  • カーポートのサイズに注意する
  • 利用状況と設置場所に配慮する
  • お住いの地区の気候にあった耐久性のものを購入する

カーポートのサイズに注意する

カーポートに関するトラブルで最も多いのがサイズに関するものですので、以下の3つのサイズについて確認してからカーポートを購入しましょう。

  • 設置スペースの広さ
  • 車の大きさ
  • 今後の車の所有台数

設置予定の場所を計測してから購入するカーポートが収まるか確認してから購入しましょう。

設置予定の場所を考える際は、車や人の動線も含めて検討してください。

車の大きさは現在所有している車がカーポートに収まるか確認するのはもちろんですが、将来的に買い替えを検討している車のサイズも照らし合わせて買うことをおすすめします。

利用状況と設置場所に配慮する

カーポートは2本支柱のものだと強風が吹くと風で揺れてしまう可能性があり、揺れた際に周辺の建物に衝突してしまう場合もありますので、周辺の建物の距離も合わせて検討しましょう。

屋根が勾配のあるカーポートの場合は雨水が一定方向に流れるため、人の動線に重ならないようにご注意ください。

また、雨が流れた先の地面が未舗装の場合は、雨が大量に流れた際に地盤が緩くなってしまう可能性があります。

利用状況と設置場所について、しっかり考えてから購入しましょう。

気候にあった高耐久性のものを購入する

台風が頻繁に到来する地域や降雪地帯では、頑丈なカーポートを設置することをおすすめします。

カーポートがどのくらいの強風に耐えられるかといった目安として、それぞれのカーポートに耐風圧強度が記載しており、一般的には42m/sの風に耐えられるものを購入すると台風でも耐えられるといわれています。

また、積雪に関しても対応できる目安の積雪量がカーポートごとに設定されていますので、お住いの地域の状況にあわせて購入しましょう。

カーポート設置はまず業者に相談しよう

カーポート修理

カーポートは設置場所によって適している製品タイプが異なりますので、経験が豊富な業者に相談することをおすすめします。

価格だけで選んでしまうと地域の気候条件に耐用できず積雪や強風で損傷してしまう可能性があります。

反対に求める性能以上のものを買ってしまうと無駄に高いものを買ってしまう可能性も。

設置状況に適したカーポートを購入するためには、まずは業者に相談してみましょう。

中間マージンとは?発生する仕組みやからくり・注意点を解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ