クローゼットの壁紙をオシャレに演出するコツ・実例を紹介!おすすめの素材や種類・湿気から守るポイント

クローゼットの壁紙をオシャレにするコツ

クローゼットの壁紙を貼ろうと考えても「ダサいデザインになったらどうしよう」と不安になってしまいますよね。

クローゼットの壁紙は部屋の印象を一気に変える程の効力はもっていませんが、部屋をよりオシャレに演出する役割を担っています。

今回は、クローゼットの壁紙をオシャレにするコツや実例を紹介します。

実際にクローゼットに壁紙を貼った写真を見ることもできるので必見です。

これから「クローゼットに壁紙を貼る」「壁紙のデザインをオシャレにしたい」という人は参考にしてください。

クローゼットの壁紙をオシャレに演出するコツ

おしゃれなクローゼットの壁紙を選ぶコツ

クローゼットは家の中でもプライベートな部分なので、他人が見ることは殆どありません。

しかしプライベートな空間だからこそ壁紙を変えてオシャレに演出すると楽しさを感じることができます。

そしてクローゼットの壁紙をオシャレに演出するにはコツがあり、コツを掴んで壁紙を貼ると理想のクローゼットになります

せっかく雰囲気を変えても、「ダサい」と感じてしまうと台無しです。

これからクローゼットの壁紙をオシャレに演出するコツを紹介するのでしっかり把握していきましょう。

明るい色の壁紙は小さな面積のクローゼットと相性が良い

黄色やオレンジといった明るい暖色系の色は、クローゼットの雰囲気を華やかにしてくれます。

明るい色は、雰囲気をガラッと変える性質をもっているので、小さな面積のクローゼットでも印象を変えてくれます。

明るい壁紙のクローゼットは、使用している人の気持ちまで晴れやかにする効果があるので、元気に朝をスタートさせたい人におすすめです。

モノトーンな色合いはシンプルインテリアに最適

シンプルインテリアを基調としている部屋には、落ち着いた色合いの壁紙がおすすめです。

明るい服などを多数もっている人やクローゼットの中に荷物を置いていない人は、クローゼット内を締める黒やグレーなどの壁紙がおすすめです。

シンプルインテリアで利用されている白いクローゼットなどは、モノトーンな色との相性が良く、部屋の雰囲気を崩さずクローゼットをオシャレにできます。

一方で、黒い服は多い人が壁紙を暗めの色にすると服との見分けがつかなくなります。

暗めの服が多いという人は、落ち着いた色合いでもグレーや青といった明度の高い色にすることをおすすめします。

個性的な模様の壁紙は大きなクローゼットと相性が良い

個性的な模様柄の壁紙は、大きなクローゼットやウォークインクローゼットにおすすめで、海外のクローゼットのような印象になります。

また模様のある壁紙は、子供部屋や夫婦のクローゼットとの相性も良いです。

子供が好きな星柄や花柄などを使ってクローゼットに壁紙を貼ると、見た目だけでなく子供達も楽しめます。

実際にクローゼットの壁紙を貼った人達の実例

実際にクローゼットの壁紙を貼った人たちの実例を紹介します。

個性的な壁紙から綺麗な壁紙まで、色々なデザインがあるので必見です。

これからクローゼットの壁紙を貼ろうと考えている人は、実例を参考にしてください。

実例1.こだわりの強い壁紙

強いこだわりをもっているスヌーピーデザインで、スヌーピー好きにはたまりません

棚の赤色とスヌーピーデザインの模様が上手くマッチしていて、随所に見える黄色が良いアクセントになっています。

実例2. 白壁と上手くマッチしたデザイン

白壁に埋め込まれているクローゼットの扉をレンガ調の壁紙でDIYしています。

奥の部屋や家具との雰囲気がマッチしていて、オシャレさを際立たせています

実例3.ワンポイント壁紙を貼るだけで華やかに

ガラスの付いているクローゼットで、ガラス部分を外して壁紙を貼っています。

ワンポイントに明度の高いカラーを貼っているので、華やかさがUPしています。

実例4.本棚風の壁紙で部屋を洋風に

本棚風の壁紙は洋風な部屋のデザインと相性が抜群です。

家具や壁のデザインと調和していて、洋風な雰囲気を上手く演出しています。

クローゼットの壁紙を貼るとカビが発生する?

クローゼットにカビが発生する

クローゼットは調湿効果が元々低く、壁紙を貼るとカビの発生に悩まされます。

カビは20~30度の温度で湿度が80%以上あって、酸素・ホコリ・人の汗・髪の毛などのある場所であれば発生します。

カビの発生条件とクローゼットの内部状況を照らし合わせると、カビの発生に適している環境ということがわかります。

クローゼットに壁紙を貼る人はカビ対策をする必要があるので注意しましょう。

除湿材を置くとカビの発生を防げる

クローゼットのカビ対策は、調湿材を置く事によってカビの発生を防げます。

調湿効果がある「炭」を置くと、壁紙を貼ってもカビの発生を防げるのでおすすめです。

ホームセンターなどで購入できる「竹炭バック」は小さいクローゼットにも設置可能で、クローゼットが大きいという人は「備長炭ドライペット」がおすすめです。

除湿してくれる壁紙を求める人はエコカラットがおすすめ

エコカラット

カビの発生をふせぐ除湿材を先程紹介しましたが、除湿材は消耗品なのでなくなったら買い換える必要があります。

「除湿してくれる壁紙があったら良いのに」と思っている人も多くいますよね。

国内の壁紙メーカーでは上記のような悩みを解決してくれる壁紙があります。

LIXIL(リクシル)エコカラットは、湿度が高い時に湿気を吸収して乾燥している時に湿気を放出してくれる優れものです。

普通の調湿紙もありますが、エコカラットの場合25以上の効果をもっており、ダニの繁殖の抑制も可能です。

おしゃれなデザインで調湿性能も抜群

エコカラットは調湿性能が抜群で、消臭機能もついている高機能な壁紙ですが、デザイン性も優れています。

機能性だけでなくおしゃれなデザインなので、クローゼットをよりおしゃれな家具に変えてくれます。

自分でも貼れる

エコカラットは機能性・デザイン性と優れている壁紙なので、価格が通常の壁紙より高くなっています。

費用を抑えたい人は高価な商品は買えないと思う人もいますが、自分で貼れば全体的に費用を抑えることができます

エコカラットの材料費は普通の壁紙より高いと言っても、かなり高額という訳ではないので、DIYで壁紙を貼れば予算のない人でも利用できます。

エコカラットを製造販売しているリクシルのYoutubeに自分で壁紙を貼る方法が紹介されているので、参考にしてください。

クローゼットの壁紙をオシャレに貼って部屋の雰囲気を変えてみよう

クローゼットの壁紙は、オシャレな壁紙を貼ると部屋の雰囲気をより良い感じに変えてくれます。

ご自身の部屋の雰囲気をより洗練されたものに変えたいという人におすすめです。

DIYでも簡単にできるので、「ちょっと部屋のデザインにひと味加えたい」という人はクローゼットに壁紙を貼ってみましょう。

クローゼットの壁紙は、クローゼットの中にある服によって合う色合いが異なる場合があります。

「ダサいデザインにならないかどうしても心配」という人は、リフォーム業者に相談する手段もあるので、気軽に相談してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。