外壁塗装で人気の色ランキング!汚れにくく長持ちするカラーと失敗しない色選びのポイントを解説

外壁塗装の人気色ランキング

外壁塗装は、どんな色に塗り替えるかで家全体のイメージを左右します。

色見本で確認したイメージと実際の見え方が異なってしまい、大失敗に終わるケースも少なくありません。

外壁はおしゃれな色が常に良い訳ではありません。色ごとの性能などを頭に入れて、慎重に選ぶことをおすすめします。

今回は、外壁塗装で人気の色と賢い選び方を紹介していきます。

【2021年】外壁塗装おすすめ塗料ランキング27選!目的・性能別に人気塗料を比較

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ

もくじ

外壁塗装で人気の色4選

外壁塗装で人気のある色はなに色でしょうか。

選ぶ塗料によって少しずつ色合いが変わりますし、塗料メーカーによってお同じ名所の色で色会いは多少違いますが、人気色を紹介していくので色選びの参考にしてください。

人気のカラーを知っていることで、外壁塗装のイメージもつきやすくなるのではないでしょうか。

ベージュ

ベージュ

少し色のついた白というイメージです。

考えてみれば、ベージュ系の塗装をしている家はとても多いですよね!ベージュと一言でで言っても業者によって色が違いますし、認識も異なります。クリーム色、アイボリー、オフホワイトというような色のことです。

人気の理由は、以下の3点です。

  • シンプルだが、安心できる
  • 周りとの調和がとれる
  • 変に目立たない

真白な外壁にしてしますとシンプルすぎますし、汚れや雨のあとが目立ちやすいですが、ベージュはそこっまで目立たないということも人気の理由です。

外壁塗装は10年間その色なので、飽きることのないベージュがいいのかもしれませんね。

オレンジ

オレンジ

オレンジは暖色なので、暖かい印象で落ち着けるようなイメージを与えます。

外壁塗装における暖色は濃い色ではなく、薄めの暖色がよく使用されます。

濃いオレンジや濃いピンクでは、目立ってしまいますし周りの環境に調和できませんよね。また、変に浮いてしまっても家に帰りにくいです。

そこで、調和も取れて安心感のある薄い色が使われているのです。

ブラウン

ブラウン
暗めで落ち着いた印象を演出できるのがブラウンです。

このような落ち着いた色を選ぶと、高級感のある仕上がりになるのが特徴です。しかし、実際に塗装した人のなかには思ったような暗さにならなかったという方がいらっしゃると思います。

なぜかというとブラウンといっても、とても多くの色があるのでなかなか完成時の色をイメージするのが難しいのです。

もしブラウンを選ぶ際は、業者の方にカラーサンプルを作ってもらいましょう。それも、大きなベニヤ板などに塗ってもらって色を確かめると、さらに完成時のイメージが使いやすくなりますよ!

ブラウンと一口にいっても、幅広いのでブラウン経緯の色選びはより慎重におこないましょう。

ブルー

ブルー

ブルー系はクールでさわやかな印象を演出することができます。

最近は薄いみずいろの塗装をしている家もよく見るようになりましたよね。

ただ、ブルー系で気を付けたいいいのは、色の合わせ方です。一色のみで塗装しては少しおかしいので、通常は何色か組み合わせて塗装をします。たとえば、「ベースは水色で模様部分や出窓は白」などのようにして塗装をします。

ブルー系はあわせる色が限られてしまう印象です。ブラウンやベージュはあわせる色が多いです。もしブルー系の色を選ぶのであれば、合わせる色に気を付けたいです。

おすすめのツートンカラーの組み合わせ

外壁の色を2色利用する、ツートンカラーも人気があります。

ツートンカラーの場合は、主に6:4~7:3の割合で色を使い分けます。

色を上下で分けるか、凹凸で分けるかによっても印象は大きく変わるので、奥が深いものでもあります。

ツートンカラーは色の合わせ方次第で失敗することも多いので、良い組み合わせを事前に把握しておくことをおすすめします。

相性の良い色の組み合わせとしては、以下などが挙げられます。

  • 白×ブラウン
  • クリーム色×グレー
  • 白×黒

白いサイディング材とブラウン系のレンガ材をツートーンで利用するなど、色だけでなく素材も異なるものを使用すると印象が大きく変わります。

レンガ材をワンポイント使うことで、木製のドアや枠材を映えさせる手法は良く用いられます。

外壁をツートンカラーに塗装するコツ!費用や色選びのポイント・注意点を紹介

求める効果別におすすめの外壁色を紹介

外壁は耐久性や防汚性など、求める効果によってもおすすめの色が変わってきます。

ここからは、求める効果別におすすめの外壁色を紹介します。

汚れにくさを求めるならグレー

汚れの目立ちにくさを求めるなら、外壁の色はグレーがおすすめです。

逆に白や黒は汚れが目立ちやすいのでおすすめしません。

外壁を黒にすると汚れが目立ちにくくなると考える方は多いですが、外壁に付着する汚れはグレーであることが多いので余計に目立ってしまいます。

グレーは外壁の汚れに一番近いので、傍目から見て汚れが目立ちません。

耐久性を求めるなら白

外壁の耐久性を求めるなら、白や白に近い色がおすすめです。

白は熱を跳ね返す効果があるので、太陽光を浴びることによる外壁の劣化を防げます。

青や茶色など色付きの外壁も、白に近くなるほど耐久性は高くなります。

色あせにくさを求めるなら青

色鮮やかさを長期間維持したいなら青色の外壁がおすすめです。

青色は紫外線を吸収しにくいので、塗料が長持ちして色落ちしにくい特徴があります。

逆に赤・紫は紫外線を吸収しやすく、劣化しやすいので外壁にあまり利用されません。

外壁の色が持つ効果や現在のトレンドとは?色彩の専門家に聞いてみた!

お話を聞いた専門家
日本カラーコーディネーター協会 矢田部 倫子 日本カラーコーディネーター協会 矢田部 倫子(やたべ りんこ)さま
プロフィール 一般社団法人 日本カラーコーディネーター協会(J-color)認定講師。
大学で環境デザインを学ぶ中で色に興味を持ち、建築関係の仕事を経て現職。
専門分野を活かして、グラフィック・建築カラープランナーとしても活躍中。
伝統色の美しさに惹かれ「和」をテーマにした授業も企画している

家の配色は同系色でもグラデーションを付けるのがおすすめ

最近では、全面的に暗めでシックな配色の家が流行していますが、暗い色は単一で使用すると違和感があります。

全体的に暗い色を使う中でも、明るさのグラデーションを付けることで、おしゃれ度はグッとアップします。

特に部屋を広く見せたい時は、上に向かって明るくなるグラデーションを採用すると、室内が明るく感じられます。

また、リビングは座る位置に暗い色のソファーなどのアイテムを置くのも流行しています。

重厚な色(暗めの色)のものが下にあると部屋の重心が下がるように安定したイメージになるため、落ち着く空間にすることが出来ます。

部屋全体が真っ白でオシャレなデザインでも、床やラグを暗めにすることでゆったりした気分になります。

寒い場所に寒色を使うのはおすすめしない

現在は住宅用塗料の配色バリエーションが増えていますが、その中で内装・外装に絶対使ってはいけない色というのはありません。

最近は生活=ファッションの一部という考えも強くなっているので、好きな色を入れるのもアリです。

唯一挙げるとすれば、お風呂場やキッチンなどの水回りに青色や水色を使用するのは控えるべきです。

一昔前は「水=青系」という連想もあって比較的使われていた色ですが、寒色系は涼しいと感じる色で体感温度を下げる効果があるので、高齢者がお住まいの住宅などで特に脱衣をするお風呂場で使うのは危険につながります。

外壁に使う色は周囲との調和をまず考える

周囲との調和がとれている色

周辺の住宅と比較して、浮かないデザインの色が最も適しています。

派手な配色の塗料も増えていますが、日本はそこまで派手な色を使う文化もないので、どうしても違和感が出てしまいます。

これを避けるためには、オフニュートラル系(わずかに色みを感じる色)を外壁に使用するのがおすすめです。

自分の持ち家なら、好みや趣味を反映させるのも悪いことではありません。ただし、周りとのバランスも良く考えた上で色を決めるのが重要です。

集合住宅やビルは、持ち家と比較して更に地味な色くらいで丁度良いです。

私が家の外壁の色を決める際も、一区画の住宅を一通り見て、浮かない色にします。

住んでいる人は内装のデザインなども加味して外壁の色を考えますが、周辺に住む人は外壁を見る機会の方が多いため、鮮やかな色など特異な色を使う際は配分に注意が必要です

近年の外壁の色のトレンド

トレンドの色は大きく変わっておらず、グレーや茶系は長い間人気です。

塗料の艶に関しては、5年ほど前に艶なし(マット)や全艶が流行りましたが、最近の集合住宅などでは、ほとんど使われていません。

また、最近では古民家のリノベーションなど、年季の入った柱の質感を際立たせるためにオフホワイトを用いるケースも増えてきました。

明るさを落とした白は使いやすく、コントラストも引き立ちやすいのが魅力です。

ブルー系はハッキリとした濃い青ではなく、白に一滴水色が入ったイメージの薄い色だと屋根の色との組み合わせでクールさを演出できるので人気です。

グレーとブルーなど寒色系の組み合わせは、逆にあまり用いられません。

外壁と屋根の色の最適な組み合わせ

外壁と屋根の色の最適な組み合わせ

屋根の色は基本的に、外壁の色と同じ系統で、ワントーン落とした色が良いです。

外壁がベージュなら屋根はブラウン、壁がピンクベージュなら屋根は赤みがかったブラウン…というように、色みの系統を揃えることで全体の統一感を持つことができます。

希望の色を業者やコーディネーターに反対された時の対処法

住宅に使う色の中で、全くおすすめしないカラーはありません。

それでも業者が反対している場合は、色の使い方に問題がある(イメージが共有されていない)ケースがあります。

例えば「鮮やかな赤が使いたい」という場合、その配分はどんなイメージなのでしょう?
①希望の色を全面に使ったパターン ②アクセントカラーとして使用したパターン ③50%前後使用したパターンのように、色の配分を変えたシミュレーションを見せてもらい、イメージの確認をすることをお勧めします。

実際に3パターンを見せてみると、アクセントカラーとして使うよう希望を見直す方は多いです。

塗装の依頼を初めてする場合は情報量も経験もなく、業者からの専門的な情報も理解しにくいので、シミュレーションパターンを見せてもらうことが何より大切です。

具体的な色選びが進まなくなった場合は、シックな感じ、ナチュラルな感じ、ヨーロッパの家のような感じ…など、色から離れてアバウトなイメージを業者と共有してみましょう。

イメージに当てはまる住宅を、色を固定せずに見比べてみると新しい発見があります。

出来上がりにガッカリしないためにしておくこと

―希望する家で外壁を塗装しても、出来上がりがイメージと違ってがっかりするパターンは多いです。

こうなる前に、自身でカラーカードを見て、依頼しようとしている色の本当の色みをまずは確認しましょう。

カラーカードを机に並べると照明が当たって綺麗に見えますが、外壁は地面から垂直に立つので、影が出て色の印象も変わります。

カラーカードを机に立ててみて、水平に置いた時との色の違いを確認してみるのも一つの手です。

照明に当たった時と自然光に当たった時では印象も異なるので、外で見てみることも大切です。

ただし、実際のイメージを知るためには、できるだけ大きなサンプルを現地で見てみるのが一番です。

日当たりや周辺環境も含めてチェックしてみると、出来上がりのイメージとかなり近い見え方になります。

最後に、同じ色でも仕上げの方法によって様々なサンプルがあります。色と仕上げの組み合わせもいろいろ見ていくのが良いでしょう。

外壁塗装の色選びで失敗する事例


外壁塗装の失敗で多いのが、色選びのミスです。

厳密に言うと塗装工事は外壁のデザイン性を高めるものではなく、色褪せてしまった壁を塗り直すことを目的としています。

ただ、中には外壁の色を一新して、外観を向上させたいと考える方も多いです。

これ自体は悪くないですが、従来のイメージを大きく変えるのは失敗のリスクにも繋がります。

外壁塗装の色選びで失敗する主なケースを紹介していきます。

失敗➀出来上がりの色がイメージと違う

外壁を塗り直したのに、当初希望していた色と出来上がりが異なるケースがあります。

この場合、まず考えられるのが顧客と業者のコミュニケーションミスです。

例えば依頼者が「外壁はグレーでお願いします」としか言っていなければ、頭の中でイメージするグレーと業者のイメージするグレーが異なる事例は当然起こります。

色を指定する際は担当者と一緒に見本を見ながら、細かくチェックすることをおすすめします。

ただ、見本でチェックしても出来上がりとの違いに戸惑うケースはあります。

これは、カタログで見た色と実際に外壁へ塗装した時の発色が異なるためです。

こうしたイメージの齟齬を防ぐためには、実際に壁板に塗装した状態や、他の物件の壁を確認するのがおすすめです。

失敗②汚れが目立ってしまう

おしゃれな外壁に塗ったつもりが、汚れが目立ちやすくなってしまうことがあります。

派手で鮮やかな色の外壁を好む方も少なくありませんが、色によっては汚れがかなり目立ちやすくなるため注意が必要です。

「周りの外壁が地味だから、差別化したい」という発想が働きがちですが、地味な外壁が多いのは汚れの目立ちにくさなど、機能性を重視したためです。

最初は綺麗な色だったとしても、汚れてくればメリットは薄れ、結局地味な色のほうが良かったということになりがちです。

失敗③周りの色と比べて浮いてしまう

外壁の色は屋根やドアとの相性も非常に重要です。

色の組み合わせをしっかり考えておかないと、周囲の色との違いが目立って違和感を与えてしまいます。

また、近隣の家の色との相性もチェックしておきましょう。住宅街の一画に明らかな違う色の家がいると悪い意味で目立ってしまいます。

外壁塗装の色の失敗しない選び方

外壁塗装で使う色は、自分の好きな色をただ使えば良いという訳ではありません。

色選びをおこなう際に知っておきたいポイントを解説していきます。

サッシ・ドア・屋根との相性で選ぶ

外壁の色を選ぶ際は、色見本単体を見て「いい色だな…」と思っても意味がありません。

サッシ、ドア、屋根の色と組み合わせた時に変であれば、外壁単体の色味は活きてきません。

外壁を塗装する際は他の部分との色の相性を考慮して選ぶべきですし、場合によっては他の部分も合わせて塗装してしまうのがおすすめです。

近隣の家との相性で選ぶ

立ち並ぶ家を見た時、周りと明らかに浮いてしまっている外観だと良く見えませんよね。

外壁の色を選ぶ際は、周りと調和がとれた色かどうかもチェックする必要があります。

ツヤの有無で選ぶ

塗装前に必ず確認したいのが、塗料に含まれるツヤの有無です。

ツヤ加減はツヤ消し<三分<五分<七分の順に強くなります。

ツヤの有無で色の感じは大分変わるので、色味だけでなくツヤの調整も合わせておこなわなければいけません。

曇りや雨はツヤが出ませんが、晴れの日は塗料に含まれるツヤの影響が大きく出るので、晴れの日のツヤの出具合を事前にチェックしましょう。

外壁塗装の色選びで失敗しないポイント

塗装の失敗で多いのは「こんな色のイメージじゃなっかた」という描いていた想像との相違です。

このような後味の悪い外壁塗装にならないために、押さえておくべき大切なポイントを紹介します。色選びの一つの基準として覚えておいてください!

建物の周りの環境をみて塗装のイメージを膨らます

近隣の住宅や建物との色の調和を考えて、色を決めることがおすすめです。

もし仲の良いご近所さん宅の外壁の色が気に入ったのであれば、その名前を聞いておくのもいいと思います。

また、立地も色選びに大切になってきます。

たとえば大きな通りに面しているのであれば、汚れの目立つ色は避けたいので暗めの色がおすすめです。

別荘地などでは、住宅街のような色は合わないかもしれませんよね。

周辺環境にあった色を選ぶようにしましょう!

見本の家の光~影のグラデーションをチェックする

塗装した後の色が見本と全く違う色(青→赤)になるケースはほぼなく、イメージと違う場合はほとんどが見本と光の当たり方が違うので想定通りの色にならないケースとなります。

これを避けるために、見本の家の光が全く当たらない部分と光が当たる部分をチェックしましょう。

見本の家の光~影のグラデーションをチェックする

上の場合、同じ色なら光の当たり方がどうであれ、この間の色のイメージに収まる可能性が高いです。

このように、見本の家の一部ではなく、様々な箇所の色の見え方をチェックするのがおすすめです。

似た色の選択には注意

先にも挙げたように、ブラウンといっても多くの色があり、選択に悩んでしまいますよね。

そんなに大きな違いじゃないと思っていては失敗につながってしまいます。

塗料は広い面積を塗るものになるので、なんとなくで色を選んでしまうと、完成時に後悔することになってしまいますので注意しましょう。

このような失敗をなくすために、業者の方にサンプル塗料を実際に塗って完成時の色を確かめてみましょう。

大きな板に塗料を塗ることで、実際の完成をイメージしやすくなりますし、わずかな色の違いも大きな違いだと気づくことができますよ!

色のサンプルを違う時間・天候でもチェック

色のサンプルは使い倒すくらいに活用しましょう。

外壁は時間、天気によって色んお見え方が変わってきます。完成時のイメージを鮮明にするためにサンプルをおおいに活用することをおすすめします。

カラーシュミレーションも使う

なかなか色を決められないという方は、カラーシミュレーションを使ってみましょう。完成時の色の配色や色を全体で確認できるので色選びの手助けになりますよ!

ただ、カラーシミュレーションだけに頼るのは注意が必要です。これはあくまで、完成時のイメージを確かめるもので、実物の完成ではないのでこれだけを頼りに頼りにしていると工事が終わった後に「なんか違う」と感じてしまいます。

色を決める上での一つの手段として利用しましょう。

外壁塗装の色決めでカラーシミュレーションを利用する際の注意点を解説

色見本はA4以上のものを用意してもらう

色選びの際に注意したいのが面積効果です。

全く同じ色でも、面積の小さいものと大きいものでは、色の見え方が違ってきます。

通販カタログで見た色と、実物の色の印象が少し異なる経験をした方も少なくないでしょう。

外壁塗装はカタログと実物の面積さが更に大きくなるので、目の錯覚がもたらす効果もより大きくなります。

面積が大きくなるほど色の明暗が強調されるので、それを承知の上でサンプルをチェックするようにしましょう。

業者によっても色の仕上がりは変わる

どの業者も同じ色の塗料を使えば同じ発色になるとは限りません。

塗装前のケレンを丁寧におこなったかなどで、色のイメージは変わることもあります。

希望の仕上がりにしてもらうなら、優良業者をしっかり選んで契約することが大切です。

外壁塗装は好きな色が良いとは限らない

高いお金を払うのだから、「自分の好きな色にしたい」という気持ちはわかりますが、それだけで決めてしまうと後で後悔することになってしまいます。

周辺の環境や色に調和するような機能性の高い色をベースに、自分の好みも入れていきましょう。

外観も性能も満足のいく外壁塗装を目指して、準備をしていくことをおすすめします。

人気の外壁塗装業者おすすめランキング!口コミ・評判や料金相場・独自サービスを比較

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ