外壁塗装はDIYで出来る?自分で美しく仕上げる塗装方法と費用・注意点を解説

外壁塗装のDIY

家の外壁がちょっと剥がれてきたなーとか、色を変えてみたいなーとか、そんなことを考えているそこのあなた!

業者に任せるかDIYするか悩んではいないですか?

安く済むのなら、DIYでやっちゃおうという人もいるのでは。でも、DIYはやったことがないし…というか、DIYで出来るの!?と思っている人もいるかもしれませんね。

今回は、DIYでやる場合と業者に任せる場合、どっちが良いのか比較していきたいと思います。

外壁塗装DIYに必要なことは5つ

DIYで外壁塗装をするには、やるべきことがたくさんあります。

  • 洗浄
  • 塗料選び
  • 養生
  • 下地処理
  • 足場づくり

ここでは、簡単に以上の5つを紹介します。

洗浄

一つ目は洗浄です。

外壁塗装を行うには、予め綺麗に汚れを落とすことが必要です。

外壁が汚れていても、上から塗料を塗ってしまえば見えなくなるから洗浄しなくていいという考えは、大きな間違いです。

なぜなら、汚れている状態で塗ってしまうと、すぐに剥がれてしまうから。

ブラシやスポンジを使って頑張って掃除するのも良いのですが、それだと大変だし、頑固な汚れは取れにくい。

そこで、家庭用高圧洗浄機を利用して、外壁洗浄を行うのも一つの方法です。

高い水圧で汚れを弾くので、ブラシでの洗浄よりはるかに綺麗に、簡単に、早く洗浄することが出来ます。

ただし、素人の方が高圧洗浄機を使うと、ちょっとした隙間から建物内に水を入れ込んでしまうこともあり、難しい作業ともいえるので、絶対使ったほうがいいとは言えないですが。

塗料選び

二つ目は塗料選びです。

塗料選びは非常に重要なポイントで、使う塗料により、見映えが随分と変わってきます。

また、「樹脂」によって耐久性が変わってくるので、塗料選びは慎重に行ったほうがいいでしょう。

安いからこの塗料という選び方ではなく、塗料の種類をきちんと見極めて選ぶことが大事です。

養生

三つ目は養生です。

窓や屋根といった、外壁塗装の際に塗料を付着させたくない部分を、ビニールやテープを使って覆います。

市販のガムテープや布でも代用できますが、仕上がりを良くするためにはマスカーと呼ばれる専用のシートを使うのがオススメです。

下地処理

四つ目は下地処理です。

ひび割れや劣化が起こっている部分に水が侵入することを防ぐために保護することを下地処理と言います。劣化した部分にシーリング材と呼ばれる物を塗って補修します。

また、隙間などを塞いでいる部分も劣化している場合は、コーディング材で補修します。

足場づくり

五つ目は足場づくりです。

足場自分の家を外壁塗装する場合、勝手が知った自宅だから、はしごでも十分に塗装できる、なんて勘違いしている方もいるのでは。

外壁塗装をする際には、プロの塗装屋でも必ず外部足場を設立したうえで、工事を行います。

更に、DIYの場合には、はしごで作業をすることに慣れておらず、転落してしまう事も考えられます。なので、必ず足場を設立して工事を行うことが必須です。

足場は、塗装屋に問い合わせると貸してくれることがあります。また、業者に依頼すると足場を作ってくれます。

ホームセンターから足場材を購入し、自ら組み立てるという方もいますが、ほとんどの場合、設立方法を誤ってしまい危険な状態になっていることが多くオススメはしません。

以上が外壁塗装をやる上で必要なことです。

思った以上に大変だなと思った人もいるのではないでしょうか?

では次に、外壁塗装にかかる費用を見ていきましょう。

DIYだと50万程安い!?

DIYで外壁塗装をするには、トータルで30万円から50万円程が相場です。

塗料、刷毛、ローラーなどの道具やその他各種用具など、購入するものはたくさんあります。

内訳は、足場設立費用が10万円後半程。塗料で10万円~20万円程。マスカー、シーリング材、ローラー、ヘルメット等で5万前後です。

業者に依頼すると、90万円から120万円程が相場と言われています。

DIYの作業期間は3ヶ月程

DIYだと最低でも3ヶ月はかかると言えます。

業者に任せた場合は、2週間から3週間程です。

外壁塗装の作業の流れとして、「洗浄」、「養生」、「下地処理」、「下塗り」、「中・上塗り」となります。

個人差はありますが、丸一日作業したとして全て終えるまで約30日間が目安です

平日に作業時間を取れる方は少ないと思うので、土日のみで作業することを考えると、3ヶ月間はみておくのが良いと思います。

天候や、急な予定でスケジュールが伸びることも考えられます。

外壁塗装を自分でする際の注意点

はじめに、自分で外壁塗装を行う際に注意すべき点を紹介していきます。外壁塗装工事は簡単なものではないので、いろんな部分に注意が必要です。

落下に気を付ける

個人で外壁塗装をおこなう際に一番気を付けなければならないのは、安全の確保です。一般的な2階建て戸建て住宅の高さは7~9mもあります。万が一屋根から落ちてしまったりした場合は、大きなけがをしてしまうので注意しましょう。

落下しないことが一番いいのですが、万一のことを考え、ヘルメットや命綱、安全などを用意して工事をしましょう。また、自分で外壁塗装工事をすると疲れがとても溜まってしまいます。その時に注意力が散漫になってしまい、落下してしまうことが考えられますので、休憩をはさみながら外壁塗装をしましょう。

塗料のムラに注意!

やはり、プロではないので塗装のムラができやすくなってしまいます。できるだけムラができないように注意しましょう。ムラや塗り残しがあると仕上がりが残念になってしまったり、塗装が長く持たなくなってしまいます。

2~3年で塗装が剥げてしまったということも多いです。満足のいく、長もちする外壁塗装のためには、塗料を塗る際に、できるだけムラができないように注意しましょう。

スケジュールが予定より長くなる

自分で外壁塗装をおこなう際のスケジュールは最低でも3ヶ月としましょう。家族での急な用事や急な仕事、天気にも工事のスケジュールが左右されるので、長めに設定しておくと良いですよ。

しかし、あまり長い期間をとりすぎると工事に対する意識が薄れてしまったり、やるべき工程を飛ばしてしまったりということが考えられます。そのようなことになると、完成が思い通りにならないので気を付けてください。

また、工事期間中は足場やシートが家を覆っていますので、洗濯物など生活に多少支障が出てしまうことも頭に入れておきましょう。

業者に工事を依頼すると長くても14日で工事は終わります。

失敗すると費用は高くつく

「自分で工事したら失敗してしまった…」ということもありますよね。

そうなったら仕方なく業者に頼むことになりますよね。その際は、通常の外壁塗装工事より費用が高くついてしまうと考えましょう。あなたが失敗した部分の補修から入らなければなりませんので仕方のないことです。

結局プロに頼んで高い費用がかからないように、細かい部分まで注意をして外壁塗装をしましょう。

外壁塗装DIYを成功させる方法

自分でおこなう外壁塗装をうまくいくために押さえておくべきポイントを紹介します!

工事期間は3ヶ月とろう

工事のスケジュールには最低でも3ヶ月を予定しましょう。平日は、仕事や家事があってなかなか工事に時間が使えないと思います。また、外壁塗装工事のスピードには個人差がありますので、焦らずにおこないましょう。

焦って工事を進めると、思った通りの完成とは程遠くなってしまいます。プロではないので、焦らず時間をかけましょう。

しかし、先にも言った通り時間をかけすぎても工事に予期内場合もあるので自分がうまく進められるペースを考えましょう。

洗浄は入念におこなう

外壁塗装工事でははじめに外壁の洗浄をおこなうのですが、ここがしっかりなされていないと塗装が長持ちしない原因となってしまします。

自分で洗浄するとなるとかなり時間がかかってしまうと思いますが、ここは入念におこないましょう。

高圧洗浄機とブラシを使って洗浄をおこなうのがおすすめです!

養生は専門の道具を使おう

養生とは、塗料がついてはいけない部分にビニールのシートを張ることです。市販のガムテープやシートなどでも代用することができますが、マスカーと呼ばれる養生専用の道具を使いましょう。これは、塗料の塗り際もしっかり直線で塗ることができるのでおすすめです。

作業面にテープを張り、シートを広げるだけなので使い方も簡単です。片付けも簡単なので使ってみてください。

塗料の乾燥時間は十分にとる

洗浄や、塗装の乾燥時間は十分とりましょう。自分で外壁塗装をする場合は、最低でも48時間の乾燥時間をとりましょう。

乾燥時間が短く、外壁や塗料が乾いてない状態で中塗り、上塗りをしてしまうと塗料を3回に分けて塗る意味がなくなってしまいます。塗料の防水効果などを最大限に発揮するためには、十分な乾燥時間が必要なのです。

また、気泡の原因にもなりますので注意しましょう。

DIYと業者に依頼するのはどっちがいい?

DIYのメリット・デメリットをまとめると以下の通りです。

メリット 1.費用が安い
2.好きなように塗装できる
3.人が自宅に出入りしない
デメリット 1.工事期間がかかる
2.労力がかかる
3.仕上がりにムラが出やすい

どちらを選ぶのかは人それぞれなので、とにかく安く仕上げたいという人はDIYするのがいいのではと思いますし、それほど手間をかけたくないというのであれば業者に任せるのがいいのかなと思います。

自分でやるのが不安なときは業者(プロ)に依頼しよう

外壁塗装業者(プロの職人)に工事を依頼すれば、紹介したような不安・失敗は一切ないです。塗装の目的は、家をきれいにして、長もちさせることです。「DIYは楽しそう」という思いだけであるのなら、安全で完成度の高い外壁塗装業者に依頼するという選択肢があっていいのではないでしょうか。

また、プロはすぐに工事のスケジュールも短いのですぐに快適な生活に戻ることができますよ!

それでも自分で外壁塗装をしたいという方は、安全には十分注意して、納得のいく工事になるように頑張ってくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。