外壁塗装はDIYで出来る?自分で美しく仕上げる塗装方法と費用・注意点を解説

外壁塗装のDIY

家の外壁がちょっと剥がれてきたなーとか、色を変えてみたいなーとか、そんなことを考えているそこのあなた!

業者に任せるかDIYするか悩んではいないですか?

安く済むのなら、DIYでやっちゃおうという人もいるのでは。でも、DIYはやったことがないし…というか、DIYで出来るの!?と思っている人もいるかもしれませんね。

今回は、DIYでやる場合と業者に任せる場合、どっちが良いのか比較していきたいと思います。

外壁塗装のよくある失敗例とは?具体的な事例と対処法を解説

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ

もくじ

外壁塗装のDIYを進めるために必要な作業

DIYで外壁塗装をするには、やるべきことがたくさんあります。

  • 洗浄
  • 塗料選び
  • 養生
  • 下地処理
  • 足場づくり

ここでは、簡単に以上の5つを紹介します。

洗浄

一つ目は洗浄です。

外壁塗装を行うには、予め綺麗に汚れを落とすことが必要です。

外壁が汚れていても、上から塗料を塗ってしまえば見えなくなるから洗浄しなくていいという考えは、大きな間違いです。

なぜなら、汚れている状態で塗ってしまうと、すぐに剥がれてしまうから。

ブラシやスポンジを使って頑張って掃除するのも良いのですが、それだと大変だし、頑固な汚れは取れにくい。

そこで、家庭用高圧洗浄機を利用して、外壁洗浄を行うのも一つの方法です。

高い水圧で汚れを弾くので、ブラシでの洗浄よりはるかに綺麗に、簡単に、早く洗浄することが出来ます。

ただし、素人の方が高圧洗浄機を使うと、ちょっとした隙間から建物内に水を入れ込んでしまうこともあり、難しい作業ともいえるので、絶対使ったほうがいいとは言えないですが。

塗料選び

二つ目は塗料選びです。

塗料選びは非常に重要なポイントで、使う塗料により、見映えが随分と変わってきます。

また、「樹脂」によって耐久性が変わってくるので、塗料選びは慎重に行ったほうがいいでしょう。

安いからこの塗料という選び方ではなく、塗料の種類をきちんと見極めて選ぶことが大事です。

養生

三つ目は養生です。

窓や屋根といった、外壁塗装の際に塗料を付着させたくない部分を、ビニールやテープを使って覆います。

市販のガムテープや布でも代用できますが、仕上がりを良くするためにはマスカーと呼ばれる専用のシートを使うのがオススメです。

下地処理

四つ目は下地処理です。

ひび割れや劣化が起こっている部分に水が侵入することを防ぐために保護することを下地処理と言います。劣化した部分にシーリング材と呼ばれる物を塗って補修します。

また、隙間などを塞いでいる部分も劣化している場合は、コーディング材で補修します。

足場作り

五つ目は足場作りです。

自分の家を外壁塗装する場合、勝手が知った自宅だから、はしごでも十分に塗装できる、なんて勘違いしている方もいるのでは。

外壁塗装をする際には、プロの塗装屋でも必ず外部足場を設立したうえで、工事を行います。

更に、DIYの場合には、はしごで作業をすることに慣れておらず、転落してしまう事も考えられます。なので、必ず足場を設立して工事を行うことが必須です。

足場は、塗装屋に問い合わせると貸してくれることがあります。また、業者に依頼すると足場を作ってくれます。

ホームセンターから足場材を購入し、自ら組み立てるという方もいますが、ほとんどの場合、設立方法を誤ってしまい危険な状態になっていることが多くオススメはしません。

外壁塗装をDIYでおこなうメリット

外壁塗装をDIYでおこなうメリットは、費用が安いことや自分のタイミングで進められることなどが挙げられます。

費用が業者に依頼するより50万円ほど安い

DIYで外壁塗装をする際の費用は、トータルで30万円から50万円程が相場です。

塗料、刷毛、ローラーなどの道具やその他各種用具など、購入するものはたくさんあります。

内訳は、足場設立費用が10万円後半程。塗料で10万円~20万円程。マスカー、シーリング材、ローラー、ヘルメット等で5万前後です。

塗装に必要な道具の中で最も高額なのは家庭用高圧洗浄機ですが、こちらは3万円~5万円ほどで購入できるので、手が届かないほど高価という訳ではありません。

業者に依頼すると、90万円から120万円程が相場になるので、最大100万円近く節約することができます。

好きなタイミングで塗装を進められる

業者に外壁塗装を依頼したら、塗装工事は基本的に先方のペースで進められます。

場合によっては工事して欲しくないタイミングで業者が足場を組んでしまうこともありますが、DIYなら自分の好きなタイミングで進めることができます。

ただ、不慣れな素人がDIYで塗装をすると業者に依頼するより長い時間がかかってしまうので、緻密な計画設定が必要になります。

面倒な手続きが不要

外壁塗装をDIYでおこなう際は、見積もりや契約を依頼する際の面倒な手続きが不要になります。

何回も手続きをしたり、連絡を取ったりすることにストレスを感じる方も多いので、そうした対応が一切不要なのは嬉しい部分もあります。

大きな満足感を得られる

インテリア関係のことは、何でも自分でやるのが趣味という方も多くいます。

自分の好きなように自宅を塗装できた時の達成感は非常に大きなものですし、DIYが趣味な方なら一度チャレンジしたい作業でもあるでしょう。

素人が塗装をすると耐久性が低くなり、結果的に何度も重ね塗りをして費用が高額になる恐れはあります。

それでも自分で塗装をしたいなら、一度チャレンジしてみるべきでしょう。

外壁塗装をDIYでおこなうデメリット

作業期間が最低でも3か月かかる

DIYだと最低でも3ヶ月はかかると言えます。

業者に任せた場合は、2週間から3週間程です。

外壁塗装の作業の流れとして、「洗浄」、「養生」、「下地処理」、「下塗り」、「中・上塗り」となります。

個人差はありますが、丸一日作業したとして全て終えるまで約30日間が目安です

平日に作業時間を取れる方は少ないと思うので、土日のみで作業することを考えると、3ヶ月間はみておくのが良いと思います。

天候や、急な予定でスケジュールが伸びることも考えられます。

高所作業に危険が伴う

外壁塗装業者は用具や塗料が専門的なものであるだけでなく、高所での作業などをスムーズにおこなうスキルを持っています。

素人が高所作業をおこなうと、滑って転落する危険性があるので十分注意が必要です。

特に、費用を安く抑えるために足場の設置や身体の防護を疎かにしているとリスクが高くなってしまうので、最低限お金をかけるべきところは事前に把握しておきましょう。

労力がかかる

外壁に凹凸があったり、設備が付帯していたりする場合は、初心者が思っているほどスムーズに塗り進められる訳ではありません。

DIYで外壁塗装をおこなう場合は1日に最低でも1~2時間は作業をしなければならず、体力・気力が無ければ継続することはできません。

途中で集中力が切れたり、作業を放棄したりすると結果的に損をするので、続けて作業する自信のない方は最初から業者に依頼すべきでしょう。

仕上がりにムラが出やすい

外壁塗装をDIYでおこなう場合、プロではないので塗装のムラができやすくなってしまいます。
できるだけムラができないように注意しましょう。ムラや塗り残しがあると仕上がりが残念になってしまったり、塗装が長く持たなくなってしまいます。

2~3年で塗装が剥げてしまったということも多いです。

満足のいく、長持ちする外壁塗装のためには、塗料を塗る際に、できるだけムラができないように注意しましょう。

外壁塗装のDIYで用意する道具

外壁塗装をDIYでおこなう場合、以下の道具を用意する必要があります。

  • 家庭用高圧洗浄機
  • バケツ
  • ブラシ
  • はけ・ローラー
  • マスク・ゴーグル・手袋
  • ウエス
  • 養生シート・ブルーシート
  • マスキングテープ・養生テープ・マスカー
  • スクレーパー・はく離材
  • ワイヤーブラシ・金属製たわし・サンドペーパー
  • ローラーの延長棒

特に、どんな塗料を選ぶかは外壁塗装をおこなう上で非常に重要なポイントです。

防壁効果や耐久年数、防水などその他の性能も塗料によって異なるので、慎重に選びましょう。

また、DIYで外壁塗装をおこなう際に近隣へ迷惑をかけてトラブルにならないよう、養生テープなどの準備もしっかりおこないましょう。

安全確保・トラブル回避のために用意すべき道具

塗装に必要な道具と並んで、作業する人の安全確保や近隣のために脚立やヘルメットを準備するのも忘れないようにしましょう。

また、塗料の飛び散りを防ぐためのカバーや、油性塗料の自然発火を防ぐための水などの準備も必要です。

ひび割れのある外壁の塗装時に用意すべき道具

外壁にひび割れが見られる場合、そのまま塗装をすると綺麗な出来栄えにならず、剥がれやすくなってしまいます。

外壁にひび割れが見られる際は、コーキング材(シーリング材)とコーキングガン、パテペラなどの用具も用意しておきましょう。

外壁塗装は下塗り塗料と上塗り塗料が必要

外壁塗装には、下塗り塗料と上塗り塗料の2種類が必要です。

まずは下塗り塗料(下地塗料)を塗り、その後に上塗り塗料を2回塗る、計3度塗りが一般的です。

塗料を重ね塗りすることで、外壁の下地を守り、塗料をしっかりと付着させる効果があります。

一度塗りだと塗装の手間は省けますが、かなり剥がれやすくなるのでおすすめしません。

現在では下塗り不要を謳う商品も販売されていますが、2度塗り・3度塗りをした場合と全く同じ効果・耐久性が見込める性能のものはまだ無く、特にDIYなら重ね塗りをおこなうのが無難です。

また、下塗りで使う塗料と上塗りで使う塗料は異なるものを利用することも多いので注意しましょう。

下塗り塗料

下塗り塗料は、外壁の下地を保護する役割と、上塗り塗料を外壁に接着させる役割があります。

そのため、凹凸やひび割れに対する保護効果があり、吸収力の高い塗料が利用されます。

下塗り塗料に良く用いられるのは、シーラー・フィラーなどです。

シーラー:塗装面に直接塗、塗装の密着性を高める役割
フィラー:ヘアクラックや、下地の凹凸がを平坦にならす役割

その他にもサーフェイサー、プラサフバインダーなどが下塗り塗料に挙げられますが、DIYで使用されるケースはあまりありません。

中塗り・上塗り塗料

上塗り塗料は、美しく仕上げるため、耐久性を上げるために利用されます。

塗料の種類は数多くあり、用途や予算に応じて使い分けるようになります。

塗料 メンテナンス周期 リフォーム費用
アクリル塗料 3〜8年 1,000〜1,800円/㎡
ウレタン塗料 5〜10年 1,700〜2,500円/㎡
シリコン塗料 7〜15年 2,300〜3,500円/㎡
フッ素塗料 12〜20年 3,500〜4,800円/㎡
ラジカル塗料 8〜16年 2,200〜4,000円/㎡
セラミック塗料 10〜25年 5,000~20,000円/㎡
光触媒塗料 10〜20年 3,800~5,500円/㎡
無機塗料 10〜25年 3,500〜5,500円/㎡
ナノテク塗料 10〜15年 2,400〜5,500円/㎡

使用している外壁材との相性によっても適切な塗料は変わってくるので、慎重に選びましょう。

DIYで外壁塗装をおこなう流れ

外壁塗装をDIYでおこなう際の流れは9ステップに分けられます。

ここからは、手順を一つずつ説明していきます。

【Step1】足場の設置

外壁の高所を塗装するため、身の安全を守るために、足場の設置が必要になります。

初心者が堅固な足場を組むのは難しいので、脚立やハシゴで作業をするケースも良く見られます。

ただ、脚立・ハシゴだとしっかり固定されないので、転落事故に繋がるリスクが高くなってしまいます。

外壁塗装で足場が必要な場合は組み立てだけは専門業者に依頼するか、組み立てが必要な時点でDIYでの塗装を諦めることをおすすめします。

【Step2】外壁の洗浄

外壁塗装をする前に、表面を高圧洗浄機などで洗い流します。

綺麗に見える外壁でも表面にカビやチリ、コケなどの汚れが付着しており、これらを落とさずに塗装をしても耐久年数が短くなってしまいます。

ブラシやホースで洗浄しても良いですが、広範囲の洗浄をスムーズにおこなうには高圧洗浄機を使うほうが洗浄効果も高くておすすめです。

【Step3】乾燥させる

洗浄をすると外壁が水浸しの状態になるので、最低1日は放置をして乾燥させましょう。

外壁の塗膜が膨れることがありますが、これはキチンと乾燥していない外壁を塗装して中に水分が残ってしまっているのが原因です。

乾燥させている時に雨が降るとまた一から乾燥し直しになってしまいますが、出来栄えを左右する重要な作業なので、時間を使ってしっかり乾かしましょう。

【Step4】下地処理

外壁へ頑固に付着した汚れの除去や、ひび割れ(クラック)の補修などをおこなっていきます。

下地処理をして外壁を健全な状態にしなければ、その上に塗装をしても効果は見込めないので注意しましょう。

【Step5】養生の設置

塗装をする際に塗料が飛び散るのを防ぐため、養生をおこないます。

広く利用される一般的なシートで建物を覆っても塗料の飛散は防げますが、排気口などを普通のシートで塞ぐと室内に一酸化炭素が溜まり、中毒症状が起こるリスクもあります。

健康を害するリスクを減らすため、養生専用のシートを利用するのがおすすめです。

【Step6】下塗り

塗装工事はまず、下塗り作業をおこないます。

下塗りを丁寧におこなわずに中塗り、下塗りをすると気泡が発生したり、塗装が剥がれやすくなってしまったりするので注意しましょう。

【Step7】中塗り・上塗り

下塗りが完了したら、中塗り・上塗りをおこないます。

中塗り・上塗りには、下塗りと異なる塗料を利用します。

まずは中塗りをおこない、塗装が乾いてから上塗りをおこないます。DIYでは塗りムラが出やすいので、十分注意しましょう。

【Step8】養生の撤去

塗装が完了したら、徐々に撤去作業を進めていきましょう。

まずは、養生シートの撤去から進めていきます。養生にはまだ乾いていない塗料が付着したり溜まっていたりするので、雑に扱うと飛び散ってしまう恐れがあります。

養生を撤去する際は、シートをゆっくりと剥がすようにしましょう。

【Step9】足場の解体

足場を設置してもらった業者に解体を依頼して、撤去をしてもらえば完了です。

外壁塗装DIYを成功させるポイント

自分でおこなう外壁塗装をうまくいくために押さえておくべきポイントを紹介します!

工事スケジュールを最低3ヶ月以上で計画する

工事のスケジュールには最低でも3ヶ月を予定しましょう。平日は、仕事や家事があってなかなか工事に時間が使えないと思います。また、外壁塗装工事のスピードには個人差がありますので、焦らずにおこないましょう。

焦って工事を進めると、思った通りの完成とは程遠くなってしまいます。プロではないので、焦らず時間をかけましょう。

しかし、先にも言った通り時間をかけすぎても工事に予期内場合もあるので自分がうまく進められるペースを考えましょう。

洗浄は入念におこなう

外壁塗装工事でははじめに外壁の洗浄をおこなうのですが、ここがしっかりなされていないと塗装が長持ちしない原因となってしまします。

自分で洗浄するとなるとかなり時間がかかってしまうと思いますが、ここは入念におこないましょう。

高圧洗浄機とブラシを使って洗浄をおこなうのがおすすめです!

養生は専門の道具を使う

養生とは、塗料がついてはいけない部分にビニールのシートを張ることです。

市販のガムテープやシートなどでも代用することができますが、マスカーと呼ばれる養生専用の道具を使いましょう。

これは、塗料の塗り際もしっかり直線で塗ることができるのでおすすめです。

作業面にテープを張り、シートを広げるだけなので使い方も簡単です。片付けも簡単なので使ってみてください。

塗料の乾燥時間は十分にとる

洗浄や、塗装の乾燥時間は十分とりましょう。自分で外壁塗装をする場合は、最低でも48時間の乾燥時間をとりましょう。

乾燥時間が短く、外壁や塗料が乾いてない状態で中塗り、上塗りをしてしまうと塗料を3回に分けて塗る意味がなくなってしまいます。塗料の防水効果などを最大限に発揮するためには、十分な乾燥時間が必要なのです。

また、気泡の原因にもなりますので注意しましょう。

外壁塗装をDIYでおこなうのと業者に依頼するのはどちらがおすすめ?

DIYのメリット・デメリットをまとめると以下の通りです。

外壁塗装をDIYでおこなうメリット・デメリット
メリット
  • 費用が安い
  • 好きなように塗装できる
  • 人が自宅に出入りしない
デメリット
  • 工事期間がかかる
  • 労力がかかる
  • 仕上がりにムラが出やすい

どちらを選ぶのかは人それぞれなので、とにかく安く仕上げたいという人はDIYするのがいいのではと思いますし、それほど手間をかけたくないというのであれば業者に任せるのが良いと思います。

危険な箇所や広範囲の塗装は業者に任せる

DIYで外壁塗装をおこなって良いのは、あくまで素人が手を出しても問題ない範囲のみです。

家の外壁全体や屋根を含む塗装を素人が一人でおこなう場合、かなりの労力が必要ですし、リスクも大きいです。

DIYで作業できるケースは限られており、基本的には業者に依頼するのがおすすめです。

業者へ依頼したほうが結果的にお得なことも多い

特別なスキルの無い方が外壁塗装をおこなっても、塗りムラが出たり、塗料がすぐに剥がれてしまったりします。

その度に塗装をおこなうと、結果的に業者へ依頼するよりも費用が高額になるケースが多いです。

先のことも見越して耐久性の高い塗装工事をおこないたいなら、最初から業者に依頼してしまうことをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ