玄関ドアの交換にかかる費用は平均いくら?費用相場と安くリフォームする方法を紹介

玄関ドアの交換にかかる費用

玄関ドアが古くなった・傷んだと感じた時、補修する方法は塗装と交換の2種類があります。

今回は特に、玄関ドアの交換を選んだ時にかかる費用について、紹介してきます。

ドアの形式・グレードによっても価格帯は変わってくるので、ケース別に詳しく比較していきます。

玄関ドアの交換にかかる費用は平均いくら?費用相場と安くリフォームする方法を紹介

ドア交換の費用相場は6万円~35万円

ドア交換にかかる費用の相場は、6万円~35万円となります。

相場に大きな開きがあるのは、交換方法やドアのランクによって費用が異なるためです。

ドアのランクは大きく分けると、スタンダードとハイグレードの2種類に分かれます。

スタンダードなドアの交換費用

スタンダードなドア

スタンダードタイプは比較的シンプルなデザインで、使い勝手が良いドアのことです。

このタイプのドアの本体価格は2万円~5万円程度となります。

交換する時はここに工事費用も加算されます。

ハイグレードなドアの交換費用

ハイグレードなドア

ガラスや装飾付きのものや、防音性に優れたものだと値段は一気に高まります。

ドアの本体価格は5万円~18万円ほどです。

室内ドアのデザインを重視したい方に高い人気があります。

ドアを交換する3つのメリット

ドアを交換するということ自体に馴染みがない方も多いかと思います。

実際、ドアは機能性が著しく劣化しやすい訳ではありません。

外観は経年で劣化してはきますが、玄関ドアがドアとして機能しなくなるまでのケースはそこまで多くないです。

ただし、ドアを交換することで得られるメリットは意外と多いです。

特に玄関ドアなどは、新しいものに交換することで以下の3つのメリットを得ることが出来ます。

  • デザイン性の向上
  • 断熱性の向上
  • 防犯性の向上

ここから、一つずつ見ていきましょう。

デザイン性の向上

外壁や屋根のメンテナンスに力を入れていても、外から見た時の玄関ドアの劣化はかなり目につきます。

玄関ドアは来訪者が必ずチェックするところなので当然ですが、離れた場所から家全体を見た時にも、ドアの状態というのは家の印象にかなり作用します。

これは、玄関ドアの素材がもともと耐久性に優れているというのも要因です。

ゴミやほこり、雨風も跳ね返す構造になっており、泥などの汚れも拭き掃除ですぐに取り除ける素材になっていることが多いです。

だからこそ、ドアの色があせる・錆びるなどの劣化をしてしまうと、他の家と比べてかなり悪目立ちしてしまいます。

周囲と比べて明らかに劣化している場合は、ドアの塗装や交換を検討しましょう。

玄関のドアに塗装は必要?塗装の効果と注意点を解説

断熱性の向上

玄関周りに冷暖房器具を設置していない家は多く、夏は暑く冬は寒くなってしまいます。

以前よく使われていた安価なアルミ製のドアだと、冬はかなり冷えてしまいます。また、立て付けが悪く隙間が生まれた古いドアも、冷気を中に呼び込んでしまいます。

玄関で冷気をシャットアウトできた時の省エネ効果は意外に高く、冬場の家の寒さに悩まされているならドア交換検討の余地は十分にあります。

遮熱塗料と断熱塗料の違いとは?効果・費用・デメリットを徹底比較

防犯性の向上

最新式のドアに交換すると耐久性が上がる他、鍵の性能も上がるので防犯性がアップします。

ピッキングや鍵のコピー、バールを使ったこじ開けなどは古いタイプのドアほどやりやすいので、防犯力を向上させたいならドア交換は何としても実施する価値があります。

また、性能はそこまで悪くないドアでも見た目が劣化していると「あそこは入りやすそう」と泥棒に思われるので、狙われる確率が上がってしまいます。

治安の悪さが指摘されている地域に住む場合などは、ドアの性能にこだわりを持ったほうが良いです。

ドア交換の3つのケース

ドア本体のみ交換するケース

ドア本体を取り外して新しいものに交換する工事は、周りの壁を傷つける心配がないので安く済ませることができます。

大掛かりなドア交換だとドア枠や周辺の壁の内装工事まで実施する必要があります。

安く済ませたいならドア本体のみ交換しましょう。

ドア本体をドア枠ごと交換するケース

ドア枠ごと交換する工事が、ドアの交換では一般的な方法です。

ドア枠も一緒に交換することで、周りとも調和して綺麗に工事をすることができます。

ただし、この場合は周辺の壁張替えなどの手間も発生するため、費用が加算されてしまいます。

加えて、張替える壁紙の材質やランクによっても費用は変わってきます。

ドア本体のみ交換する場合と比較して耐久性にも優れているので、予算が十分あるならおすすめの方法です。

開閉の向きが違うドアに交換するケース

最近多いのが、開閉方法が異なるドアに交換するケースです。

間取りに合わせて邪魔にならないタイプに交換したり、バリアフリー化を検討している時に専用のドアに交換したりすることが多いです。

長年暮らす予定の家なら、開けやすいドアに交換するメリットは多いにあります。

ドア交換に利用できる補助金・助成金

ドア交換に利用できる補助金・助成金

ドア交換に利用できる補助金として一般的なのが、住宅ストック循環支援事業補助金というものです。

エコ・省エネを目的としたリフォームに対して提供される補助金で、断熱性向上を目的としたドア交換リフォームなども対象となっていました。

現在では住宅ストック循環支援事業補助金は終了していますが、省エネ性向上を目的としたリフォームに対しては、各自治体で助成金の提供を実施しています。

自治体が実施する助成金制度は内容や期間に違いがあるので、お住まいのエリアの制度を事前にチェックしておきましょう。

外壁塗装で助成金・補助金は受給できる?交付条件や申請方法・必要書類を解説

ドアの交換費用を安く済ませるコツ

ドアの劣化に対してリフォームをする場合、ドアを丸ごとリフォームに出さなければいけない訳ではありません。

費用に合わせてやり方を変えながら、費用対効果を高めていきましょう。

ここからは、ドアの交換費用を安く抑えるポイントを紹介します。

画材を張り替える

ドアの古さや傷みが気になる時は、新しいドアに交換するか塗り替えるかの2択です。

ただ、新しい画材に張り替えて汚れを目立たなくするという方法もあります。

リフォームを依頼する場合に比べて費用を大幅に抑えることができ、綺麗に見せることができます。

ドアに貼る用の画材も売られており、木材に近い表現が可能です。

地元の業者に依頼をする

ドア交換を依頼するなら大手業者が安心と考える方も多いと思います。

もちろん、大手のリフォーム業者は長年人気を集めるだけの理由はありますが、工事の依頼を下請け業者にしているため、中間マージンが発生します。

下請け業者の人件費をリフォーム費用に上乗せしているので、費用が高くなってしまうのです。

職人が直接運営している地元の中小業者なら、中間マージンがかからず低コストで満足のいくリフォームをしてくれます。

中間マージンとは?発生する仕組みやからくり・注意点を解説

ドア交換はやり方を慎重に考えよう

ドア交換は決して安いリフォームではないので、依頼する際は予算や目的をしっかり考える必要があります。

ドアは1日に何度も開閉する分、すぐに劣化しやすい箇所でもあります。

交換してすぐにガタが来ることのないよう、質の高いドア交換工事をしっかり依頼しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。