愛媛県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの業者ランキング!口コミ・評判で選ぶ優良業者7選

愛媛県の外壁塗装・屋根塗装

愛媛県にお住まいの方で、マイホームの外壁塗装・屋根塗装を考えている方はいませんか。

しかし業者のホームページを見比べてもよく分からない、周りに業者について聞ける人がいない、という方もいますよね。

そこでこのページでは、独自に調査したおすすめの愛媛県の業者を7つ紹介していきます。

また2020年の気象庁のデータから、愛媛県で外壁塗装・屋根塗装をするならどの季節が最適か、という問題にも触れていきますので、リフォームを考えている方はまずこのページを読んでから、リフォームの計画を立てると良いでしょう。

【2021年】外壁塗装おすすめ塗料ランキング27選!目的・性能別に人気塗料を比較

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ

愛媛県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの業者

まずは愛媛県でおすすめの外壁塗装・屋根塗装業者を紹介していきます。

なるべくその業者ならではの強みをピックアップして紹介していくので、自身や家族のニーズに合っているかどうかを判断基準にすると良いでしょう。

なお業者を紹介する際には、本社所在地・電話番号・設立年度・建設業許可についてをまとめていきます。

人気の外壁塗装業者おすすめランキング!口コミ・評判や料金相場・独自サービスを比較

ワンクラフト

ワンクラフト

本社所在地 〒791-0243 愛媛県松山市平井町2862-1
電話番号 0120-1030-41
設立年度
許認可 愛媛県知事許可(般-1)第18534号

塗装のメニューの幅広さや保証期間の長さで選ぶのであれば、ワンクラフトがおすすめです。

例えばワンクラフトの外壁塗装では、水性セラミシリコン・プレミアムシリコン・SPパワーフッ素など機能性に特化した6つのメニューが提供されており、屋根塗装でもヤネフレッシュ・クールタイトなど最新技術を応用した4つのメニューが用意されています。

またワンクラフトでは業界でも長めの15年保証を提供しているため、末永くマイホームを大事にしたい方にもおすすめできる業者です。

相談・見積もり・診断に費用は発生しないため、まずは気軽に相談してみましょう。

リフォームストア

リフォームストア

本社所在地 〒791-1114 愛媛県松山市井門町52-1
電話番号 089-904-5683
設立年度
許認可

早く外壁や屋根のリフォームをしたいけれど手持ちの資金に余裕がない・きちんと外壁塗装や屋根塗装について知ってから業者へ依頼したい、という方はリフォームストアがおすすめです。

リフォームストアは愛媛県の松山市の本社を構える総合リフォーム業者で、外壁塗装・屋根塗装以外にも水廻りやエクステリアなど家のあらゆる部位を任せることができます。

またリフォームストアは現在3000万円枠限定でリフォームローン0円キャンペーンを提供しており金利と手数料を全て負担してくれるため、予算に不安がある方はまず検討するべき業者と言えるでしょう。

ネオペイント

ネオペイント

本社所在地 〒791-8032 愛媛県松山市南斎院町57-7
電話番号 089-921-3110
設立年度 2002年
許認可 愛媛県知事許可(般-26)第17353号

現在住宅の壁が「窯業系サイディングボード」を採用しているのであれば、ネオペイントの利用を検討しましょう。

ネオペイントは愛媛県の松山市に根付いた地域密着型の塗装専門店であり、豊富な知識に基づいた高品質な施工に定評があります。

例えば窯業系サイディングボードはデザイン性・防火性に優れ多くの住宅で採用されていますが、湿度や乾燥の影響を受けやすく外壁通気(サイディングボードの裏面と防水紙に隙間があるかどうか)で工法が変わるなど、きちんとリフォームするためには知識が必要です。

その点ネオペイントは国内有数塗料メーカーである日本ペイントから5年連続で表彰を受けるなどの実績があり、確かな技術力が伺えます。

またネオペイントは必ず3種類の見積もりを用意してくれるため、ニーズと予算のバランスが取りやすいのも嬉しいポイントと言えるでしょう。

菅野塗装

菅野塗装

本社所在地 〒791-0112 愛媛県松山市下伊台町1437番1
電話番号 089-948-9977
設立年度 1988(昭和63)年7月8日
許認可 愛媛県知事許可(般-29)第10619号

なるべく費用が抑えられる業者を利用したい・料金プランが分かりすい業者が気になる、という方は菅野塗装をおすすめします。

愛媛県の外壁塗装は50万円・屋根塗装は20万円近くかかることが多い中、菅野塗装では外壁塗装で30万円、屋根塗装なら16万円から施工が可能です。

こうした低価格を実現できたのはグレードの低い材料を使っているのではなく菅野塗装が下請け業者を使わない自社施工を採用しているからであり、リーズナブルながらも品質の高さをキープしているのは嬉しいポイントと言えるでしょう。

ペイント倶楽部

ペイント倶楽部

本社所在地 〒799-2661 愛媛県松山市勝岡町247−2
電話番号 0120-800-891
設立年度 1995年
許認可

きちんとニーズを汲み取ってくれる小規模の職人直営業者を利用したい、という方にはペイント倶楽部をおすすめします。

ペイント倶楽部は愛媛県松山市で自宅兼事務所を構える比較的小規模の塗装店であり、会社の代表自身が30年のベテラン職人です。

ペイント倶楽部の特筆するべき事項としてはリピート率が挙げられ、2016年には482名から600件以上の施工依頼を受けています。

また松山市の補助金である「わが家のリフォーム応援事業」に関して書類作成から提出までまとめて依頼できるなど、キメ細やかなサービスも魅力的なポイントとして挙げられます。

良しん塗装

良しん塗装

本社所在地 〒794-0832 愛媛県今治市八町西1丁目5-13号
電話番号 0898-22-6348
設立年度 1955(昭和30)年
許認可 愛媛県知事 許可(般-00)第00000号

10年20年後も同じ業者に施工を担当してもらいたい・保証の手厚い業者を利用したい・という方は良しん塗装を検討しましょう。

良しん塗装は親子3代続く由緒ある塗装店で、現在3代目の羽倉文太氏を筆頭に今治市で施工をおこなっています。

また羽倉文太氏は30歳と若く今後数年間で職人がいなくなる可能性は低いと言えるでしょう。

また良しん塗装は仕上がりに満足できなかった場合に全額の返金保証が受けられる「誠実施工100%全額返金保証」と、施工から何日が経過してもキャンセルできる「100%お客様ご自身で選べる保証」を提供しています。

影浦塗装

影浦塗装

本社所在地 〒790-0941 愛媛県松山市和泉南4丁目13-14
電話番号 089-957-2516
設立年度 1977(昭和52)年6月1日
許認可 愛媛県知事許可(般-28)第6356号

施工実績で業者を選ぶのであれば、影浦塗装は検討するべき業者の1つと言えるでしょう。

というのも影浦塗装の法人設立は1977年ですが、塗装業者としての創業はもっと前であり2021年7月時点で70年以上の歴史があります。

累計の施工実績は2021年7月時点で2万件を超え、それぞれのニーズ・外壁や屋根の状態・予算に合った最適なプランを用意できる提案力・豊富な施工実績から生まれる確かなノウハウなどが影浦塗装の大きな魅力と言えるでしょう。

愛媛県で利用できる独自の助成金

外壁塗装・屋根塗装業者を選ぶ前に、助成金制度について調べておきましょう。具体的な金額は制度によって異なりますが、平均すると塗装にかかる費用の5〜10%程度の助成が受けられることが多いです。

ただし助成金制度を利用する際には着工前の申請が求められる点や、本人や家族が税金を滞納していると利用できなくなる点には注意しましょう。

外壁塗装で助成金・補助金は受給できる?交付条件や申請方法・必要書類を解説

松山市わが家のリフォーム応援事業

補助対象の住宅 松山市内の住宅
補助対象の市民
  • リフォーム工事を行う住宅を所有し現在その住宅に住んでいる
  • 松山市内に営業所などを有するリフォーム業者と工事請負契約を締結する者
  • 実績報告後松山市が行う現地確認を受けることができる
補助金額の上限 30万円
補助対象工事
  • 屋根のふき替え・防水・塗装その他の屋根工事
  • 外壁の張替え・塗装・シールの打替えその他の外装工事
  • ガラスの取替え・雨どいの取替えその他の樋工事
補助金額 助成対象工事費の10%
受付期間
  • 【第1期】2021(令和3)年5月6日~2021(令和3)年5月24日
  • 【第2期】2021(令和3)年7月28日~2021(令和3)年8月16日
問合せ先 愛媛県松山市住宅課
電話番号:089-948-6349

伊予郡砥部町住宅リフォーム補助事業費補助金

補助対象の住宅 伊予郡砥部町内の住宅
補助対象の市民
  • リフォーム工事を行う住宅を所有し現在その住宅に住んでいる
  • 松山市内に営業所などを有するリフォーム業者と工事請負契約を締結する者
  • 実績報告後、砥部町が行う現地確認を受けることができる
  • 過去にこの制度による補助金の交付を受けたことがない
  • 町税を滞納していない
  • 暴力団員ではない
補助金額の上限 20万円
補助対象工事
  • 屋根のふき替え・防水・塗装その他の屋根工事
  • 外壁の張替え・塗装・シールの打替えその他の外装工事
  • ガラスの取替え・雨どいの取替えその他の樋工事
補助金額 助成対象工事費の10%
受付期間 2021(令和3)年4月12日~2021(令和3)年12月28日
※ 先着順
問合せ先 愛媛県伊予郡砥部町建設課
電話番号:089-962-6010

宇和島市住宅リフォーム補助事業

補助対象の住宅 建築から10年以上が経過した市内の住宅
補助対象の市民
  • 宇和島市内に居住している
  • 自らが所有している家(親または子の住宅を含む)をリフォームしようとする者
  • 住宅に居住する人全員の所得総額が550万円以下である
  • 住宅に居住する人全員が市税などを滞納していない
補助金額の上限
  • 一般世帯:20万円
  • 子育て世帯:30万円
補助対象工事
  • 住宅の機能や性能を維持・向上させるためにおこなうリフォーム
  • 宇和島市内に本店や支店を有する建築業者が主たる施工を担当する
  • 経費が50万円を超える
補助金額 住宅の修繕・補修・模様替え・更新(取替え)工事
受付期間 2021(令和3)年4月1日~予算がなくなるまで
※ 先着順
問合せ先 愛媛県宇和島市建築住宅課
電話番号:0895-49-7028

愛媛県のリフォーム費用相場

以下にこのページで紹介した業者で、公開している外壁塗装と屋根塗装の料金をまとめました。

業者名 外壁塗装 屋根塗装
ワンクラフト 49.8〜99.8万円(税抜) 19.8〜39.8万円(税別)
菅野塗装 30〜100万円(税抜) 16〜48万円(税別)
良しん塗装 37.4〜147.4万円〜(税込)
影浦塗装 49.8〜84.8万円(税込) 23〜43万円(税込)

なお上記の価格はホームページで公開している最高額と最低額をまとめたもので、扱う塗料・坪数・外壁や屋根の状態によって料金は大きく異なります。

そのため上記の表はあくまでも目安程度に考えて、きちんと見積もりを取ることをおすすめします。

愛媛県の外壁塗装・屋根塗装が必要な戸建て件数

平成30年度における愛媛県の世帯数と持ち家率、リフォームの取引件数は以下のとおりです。

世帯数 58万1000件
持ち家率 66.5%
取引件数 559件

愛媛県は世帯数58万1000件に対して持ち家率が66.5%%となっています。

つまり愛媛県は約38万6365世帯がマイホームを持っている計算になり、多くの方が外壁塗装や屋根塗装のリフォームを依頼しています。

なお四国地方(徳島県・香川県・愛媛県・高知県)の中では愛媛県が最も世帯数が多く、それに伴って取引件数も高い水準にあります。

愛媛県の外壁塗装・屋根塗装の気候条件

愛媛県(松山市)の平均気温の年間推移(2020年)

気温(℃)
1月 8.7℃
2月 8.4℃
3月 11.4℃
4月 13.3℃
5月 20.1℃
6月 24.2℃
7月 25.6℃
8月 29.7℃
9月 25.2℃
10月 18.8℃
11月 14.7℃
12月 7.9℃

愛媛県(松山市)の降水量の年間推移(2020年)

降水量(mm)
1月 93.0mm
2月 55.0mm
3月 100.5mm
4月 161.5mm
5月 108.0mm
6月 235.5mm
7月 551.5mm
8月 10.5mm
9月 135.0mm
10月 116.0mm
11月 56.5mm
12月 39.0mm

愛媛県(松山市)の湿度の年間推移(2020年)

湿度(%)
1月 68%
2月 64%
3月 66%
4月 58%
5月 67%
6月 74%
7月 80%
8月 69%
9月 73%
10月 71%
11月 71%
12月 65%

愛媛県(松山市)の日照時間の年間推移(2020年)

日照時間(h)
1月 124.8h
2月 157.4h
3月 170.3h
4月 237.9h
5月 226.0h
6月 177.2h
7月 108.1h
8月 286.6h
9月 149.2h
10月 189.8h
11月 183.9h
12月 151.6h

愛媛県の外壁塗装・屋根塗装におすすめの季節とは?

外壁塗装・屋根塗装を業者に依頼する際には季節にも注意しましょう。というのも外壁塗装・屋根塗装は屋外での作業になるため、雨天時などは施工が中断してしまうからです。

以下に愛媛県松山市の気温・降水量・湿度・日照時間の3ヶ月ごとのデータをまとめました。業者へ依頼する際の参考にしてください。

外壁塗装のベストなタイミング・時期はいつ?塗り替えに最適な季節・周期と抑えておきたいポイント

春(3〜5月)

平均気温 14.9℃
平均降水量 62.0mm
平均湿度 64%
平均日照時間 634.2h

外壁塗装・屋根塗装に最も向いているのは春(3〜5月)です。日照時間は年間でも最長ですし、降水量も少なく天気が原因で工期が遅れることはないでしょう。

しかし春は多くの方が外壁塗装・屋根塗装を依頼する時期でもあり、業者の規模によっては数ヶ月後の施工になってしまう場合も多いです。

利用したい業者が決まっている場合は、なるべく早く連絡をすることをおすすめします。

夏(6〜8月)

平均気温 26.5℃
平均降水量 797.5mm
平均湿度 74%
平均日照時間 571.9h

外壁塗装・屋根塗装に向いていない季節としては、夏(6〜8月)が挙げられます。愛媛県は雨の少ない瀬戸内気候ですが、それでも夏には秋の2倍近くの雨が降ります。

また真夏日(最高気温が25℃以上)や猛暑日(最高気温が35℃以上)では、晴れていても屋外での作業に支障がでるため、作業時間の確保が難しいという面もあります。

どうしても、という理由がなければ秋を待って施工を初めてもらうことをおすすめします。

秋(9〜11月)

平均気温 19.6℃
平均降水量 307.5mm
平均湿度 72%
平均日照時間 522.9h

秋(9〜11月)は外壁塗装・屋根塗装に向いている季節の1つと言えるでしょう。春ほど日照時間を確保できるわけではありませんが、夏ほど雨が多いわけではありませんし、屋外での作業にも支障はありません。

また秋口になると多くの業者がキャンペーンを打ち出します。うまくキャンペーンを利用できれば通常の半額程度で施工することも可能ですので、気になる業者のホームページはこまめにチェックしておきましょう。

冬(12〜2月)

平均気温 8.9℃
平均降水量 234.5mm
平均湿度 67%
平均日照時間 397.3h

なるべく施工を避けた方が良い季節としては冬(12〜2月)が挙げられます。

冬は雨というよりも雪によって施工が中断する日が多く、氷点下付近まで気温が下がると塗膜の凍結・ひび割れの原因になってしまいます。

また外壁塗装・屋根塗装の資材は車で運ばれるため、大雪が降ると現地まで材料が届かないケースも考えられます。冬も夏同様に次の季節を待った方が良いでしょう。

愛媛県の外壁塗装・屋根塗業者を探す時の注意点

このページでは主に愛媛県のおすすめの業者について紹介してきましたが、もっと自分でも業者を探したい・複数の業者から選びかねているという方も多いでしょう。

そこでここからは外壁塗装・屋根塗装業者を選ぶ上で必ず抑えておきたいポイントについて紹介していきます。

契約してから「あっちの業者にすればよかった」と後悔しないためにも、しっかりと確認しておきましょう。

外壁塗装業者の選び方はどうすれば失敗しない?優良塗装会社を見極めて選ぶポイント

複数社の見積もりを比較する

外壁塗装・屋根塗装業者を選ぶ上で必ずやっておきたいのが、同じ条件で複数社に見積もりを依頼する相見積もりです。相見積もりをすることでその地域の費用相場が把握できますし、どの工程にお金が掛かりやすいのかなども確認できます。

基本的に見積もりに費用が発生することはないため、気になる業者があれば取り敢えず見積もりを依頼しても良いでしょう。

ただし一部の業者は見積もりを取るための診断で立ち会いが求められるため、スケジュールは確認しておくことをおすすめします。

資格・建設業許可を保有している

外壁塗装・屋根塗装業者選びに困っている場合は、その業者に1級塗装技能士が何人いるか・建設業許可を取得しているかを判断基準にすると良いでしょう。

例えば1級塗装技能士を取得するためには最低でも7年の実務経験が必要になるため技術力の1つの指標になりますし、建設業許可を取得していれば過去の取引や財務状況に問題がないことが分かります。

なお資格や建設業許可についてはホームページの会社概要でチェックできます。気になる業者があれば、ホームページの右上のメニューボタンやサイトの一番下などを確認してみましょう。

複数社の見積もりを詳細までチェックして比較

外壁塗装・屋根塗装業者を選ぶ際には相見積もりが重要であることは説明したとおりですが、見積書は必ず細部まで目を通しておきましょう。というのも業者によって見積書の書き方は異なりますし、塗布面積・使う塗料・数量など前提条件が違う場合は単純な比較ができないからです。

また見積書の見方が分からない場合は、他社の見積書を見せながら費用について聞くのも良いでしょう。

なお多くの外壁塗装・屋根塗装の見積書は工程ごとにまとめられていますが、一式としか書いていない場合は費用のかさ増しがおこなわれている可能性があります。少しでも気になる部分があれば遠慮なく質問することをおすすめします。

実際の塗装現場の様子を確認する

外壁塗装・屋根塗装業者を選ぶ際には、実際に施工を担当した物件を見に行くのも参考になるでしょう。多くの業者は自社のホームページで施工をおこなった住宅の写真を掲載していますが、やはり直接見に行った方がイメージが湧きやすくなります。

物件を見に行く際には業者に案内してもらうのが手っ取り早いですが、個人情報保護などを理由に断られてしまった場合は、業者が提供しているショールームへいくのも良いでしょう。

例えばこのページで紹介した業者の中ではワンクラフトなどが大規模なショールームを展開しており、お客様アンケートや塗装サンプルを見ながら、施工についての相談ができます。

保証条件・瑕疵保険への加入の有無をチェック

外壁塗装・屋根塗装業者へ施工を依頼する前に確認するべきこととしては、保証や保険の条件なども挙げられます。というのも多くの業者は10年程度の塗り替え保証サービスを提供していますが、災害など不可抗力の場合も利用できるかどうかなど細かい部分で違いが見られるからです。

また同じ業者であっても扱う塗料によって保証期間が異なり、安価なアクリルやシリコン塗料だと3年程度の保証になってしまうため、注意しましょう。

なおこのページで紹介した業者の中ではペイント倶楽部などが保証に手厚く、メンテナンスを無料かつ無期限で受けることができます。また有料にはなりますが第3者による補償が受けられる保険にも加入できるため、万が一のことが気になる方には特におすすめできる業者と言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

塗装工事の見積もりをネットで比較する
※急に電話がかかってくることはございませんのでご安心ください。稀に当サイトより確認のご連絡を差し上げる場合がございます。
流れ